国境越え情報 ケニアからエチオピアへ

久しぶりのアフリカたびにいきたいと思います。

ケニアとエチオピアの国境『モヤレ』に2度目の到着、そして朝8時、国境の開門とともにイミグレーションへ再チャレンジです。


前回チャレンジした話はココからどうぞ!

国境には24時間オープンしているものと、夕方に閉められてしまうものがあります。それもしっかりチェックしないといけません。。。
今回は堂々とビザを見せて、すんなり入国

国境でどうにかならなかったのは、この国だけかもしれません。
エチオピアはアフリカじゃないアフリカだよ。ときいたことがありますが、その通りかもしれません。

国境からひたすら登り道。。。一本道をバス乗り場まで10分弱くらい歩きます…。


エチオピアの人々、かなり私をじろじろ見ます…。
そして冷やかしの声をかけてきます。こういうイヤラシイ感じ久しぶりかも。かわせどかわせど親切心じゃない声かけを受けます。



私、この国苦手かも…。



バスまで2時間くらい時間があるとのことなので、木の木陰で休憩。
満員のバスは走り出したはいいもののすぐに警察の検問に引っかかり、一人ひとり荷物を見せることに。。。
私から何か怪しいものを見つけたかったのかかなり念入りに探していますが、出てくるものはアフリカ布と汚い洋服のみ(笑)。ビザもあるし、難なく解放

他の人の食物などでかなり時間がかかり、このままでは目標にしていた首都『アディス・アべバ』まではたどり着けなさそうデス・・・。

260px-Et-maps.png

モヤレとアディスの中間、『アワサ』まで行くことにしました。

モヤレから小さいバスを乗り継いで、乗り継いで。。。



エチオピアの家。。。


RIMG2380s.jpg

東アフリカは大体こんな感じですが、エチオピアは壁に色を塗ったり、デザインをしたりしているのがほかの国と違うところ♪




RIMG2382s.jpg

「どやどや」

こうやってあちこちに人だかりが出来るのはアフリカどこも一緒(笑)



RIMG2388s.jpg

同じバスに乗っていた人にもらった『オヤツ』


夕方ころにはアワサに到着。かなりしつこい客引きを追い払いながら何とか寝る場所を確保。。。
「首都行きのバスはいくらでも出ているから大丈夫だよ。」という街の人の言葉を信じてしばしの休息です。。。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
アフリカレポに日本レポも入れていきます~♪
スポンサーサイト
20:55 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ケニアを北上する。最終回:ヒッチハイクで再びモヤレへ。

更新遅れてごめんなさい!
ケニアの壮絶たびクライマックス編をお伝えしたいと思います。
前回までの話はこちら

その1 ナイロビから北上編
その2 メルという街から、国境の街『モヤレ』へ編
その3 国境越えチャレンジ、しかし玉砕…編
その4 リベンジ!ケニアから別ルートワジールへ

RIMG2356s.jpg

早朝日の出前からトラックが通らないか道路に座るTommi
ブローカーが見つける前に、トラックが通ったらヒッチハイクして乗っけてってもらっちゃおう。。。なんて思って待てども待てどもトラック通り過ぎず…

やっぱり地元の人はわかってました。
お昼過ぎ、言ったとおりトラックが一台私を乗せてくれることになりました。。。


でも、今回は。。。
私に用意された席は。。。



RIMG2296s.jpg

ぶぉ~~ん

ぴんぽーん

『荷台』でーす!!


このたびのクライマックスについにきました。
私以外に10人くらいの若者が乗りあってて(モチロン男性)、私のために少しずつ場所を空けてくれて…。



午後1時、出発です!!



RIMG2364s.jpg

突き抜けるほどの青空。
真っ赤な大地。
そして白いトラックが爆走ものすごい砂煙……。



私の居場所は荷台の一番前の右隅。



RIMG2366s.jpg

時々こんなオアシスの街で休憩したり、運転手のお祈りの時間に止まって待ったり。
同情した兄ちゃんたちが歌を歌えば手拍子をして盛り上げて。
車が通り過ぎたときに起こる砂煙を避けてトラックの荷物にもぐりこんだり。。。



RIMG2369s.jpg

北ケニアは、砂漠地帯で、俗に見るアフリカの貧困のような地域。
水も貴重で、食べ物も皆が分け与えて。
そこで強くたくましく生きていく彼らは本当に格好いい。
エアコンがなきゃ、シャワーを浴びなきゃ。なんていっている私たちよりずっとずっと強くて美しい。



RIMG2360s.jpg

若者男子はいろんな話をしていました。(私は聞き役)
自分の仕事の話。
家族について。
地元の自然について。
女の子について。
結婚について。


そんな話をしながらあたりは真っ暗
国境の街『モヤレ』に再び到着です。
もう9時を過ぎて、前回お世話になった宿に泊まり、
最後の夜になるだろうケニアのたびをベッドの上で思いおこすのでした。。。


さて、次回は国境越え、アフリカ最終国『エチオピア』です。
お楽しみに!

ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
東京に遊びにいってきました。ちょっと寄り道で次回お伝えします。
19:57 | 東アフリカEast 諸国 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ケニアを北上する。その4リベンジ ワジールへ

再びエチオピアへの国境を目指し、今回は別のルートで挑戦することにしました。
前回までのたびの様子はこちらへどうぞ。

その1 ナイロビから北上編
その2 メルという街から、国境の街『モヤレ』へ編
その3 国境越えチャレンジ、しかし玉砕…編


まだ暗い朝5時、大型バスに乗ってナイロビを出発します。
バスは満員。こんなに旅する人が多いんだなぁ。
今回のたびのルートは…。

300px-Ke-map4_20110117081850.png

水色のルートです。
国の東側を迂回して生きます。時間はかかりますが、確実な方法だとのこと。
このバスは『ワジール』行きです

RIMG2339s.jpg

再び郊外へでて、砂漠地帯を走っていきます。ちょこちょこ集落が見えますが、ひたすら広い大地を見つめます。



RIMG2344s.jpg

大きな集落『ガリッサ』を経由します。

RIMG2353s.jpg

こういうところでアフリカ布や食料、飲料などを買います。

このルートは安全といわれているけど。。。



RIMG2355s.jpg

こういう人を見ると少し怖くなります…。


隣に座ったお兄さんとたびの話をしました。
すると。。。

「ワジールから国境へいきたいの?公共の交通手段がないからヒッチハイクしないといけないね。。。」


へっ??


またヒッチハイクしないといけないの???




ふぇ~ん。。。


「大丈夫だよ。僕が探すの手伝ってあげるよ。」


本当??優しいお兄さんの言葉を信じて、私はまただだっ広い大地で次の交通手段を探すことになるのでした。



ここまできたら何とかなるさ…。


夜7時。ワジール到着。。辺りは真っ暗
さすがにこの夜じゃ通り抜ける車もなく、お兄さんはトラックを探してくれるブローカーさんを私に紹介しておうちに帰っていきました…。

「もう今日はどの車も通らないから、その宿に泊まって。
明日必ずトラックに乗ってモヤレ(国境の町)にいけるから。。。」


ちょっとブローカーは胡散臭いが、地元の人の方がよっぽどここの情報を知っている。
ここは信じるしかない。


そして十数時間の長旅を終えたTommiはしばしの休息につきます。
明日、無事にこの街を出発できますように…。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
ナイロビへ…戻りました。なので、エチオピア入国再度挑戦します
07:46 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ケニア ナイロビ 下町物語

翌日のエチオピア国境行きを目前に、ナイロビの下町で一晩することになりました。


余りにもごちゃごちゃ、町の喧騒とは違った勢いにさすがの私もカメラを向けることが出来ませんでした…。

でも、バスの運ちゃんに教えてもらってお勧めの食堂で、一緒になったおっちゃんをパシャり♪


RIMG2311s.jpg

ケニアの人は親日の人が多い印象があります。
日本は電化製品や技術が発達してるから、とっても努力家ですごい人たちだね。。。といわれます。
地元の人と話すとき、ビザを取るときなど日本人で良かったなーと感じます

お店の人に「これ、うちのお勧め!飲んでごらんよ!」と出されたのが


RIMG2310s.jpg

これっ

ジュースじゃなくて、フレッシュフルーツ(マンゴー、パパイヤ、アボガド)をミキサーでどろどろにして、作った超フレッシュジュースです!!!

お店の人も超フレンドリー。
「日本人が来たよ!」「日本人と話したんだよ。」「日本人で知っている人いるよ!」
ということが『誇り』のような感じだそうです。
日本人というネームバリューはかなり強いです。。。


RIMG2313s.jpg

今日の私のお昼ご飯はこれでした。
お豆の煮物?ソースがおいしぃ♪


お店の人に教えてもらって、近所の安宿を紹介してもらいました。。。
アフリカで泊まったなかで一番狭い部屋かも。。。


一泊1200円なり。


RIMG2333s.jpg
ベッドの広さしかありませーん。
それでもありがたいです!!雨風をしのげます


そしてある家族に出会いました。

RIMG2314s.jpg

子どもたちと遊んでいると、「私たちのお部屋へ来て!」と招待されました。

イスラム系の家族は、おばあちゃんと、子どもたちのお父さん、それとお父さんのお姉さんです。
家族は住む家をなくし、ナイロビのここにやってきて、この宿を家代わりにしているそうです。働き手はお父さん。お父さんは日雇いで働きに出かけ、家族全員を養っています。


なんと写真の部屋に皆で住んでいるのです
さぞかし大変な生活だろうと思いますが、みんなとっても笑顔です。
むしろ「遠い国から来た知り合いが出来てとっても嬉いよ。」
と感謝されてしまいました…。

大変な生活の中にも、こういった小さなハッピーを大切にして、出会いを喜び合う人々がいます。
そんな彼らに幸せを分けてもらって、温かい気持ちをいただきます。
日本にいて、モノに溢れた、なんでも手に入る生活を離れてみると、何が大切なのか、価値観が変わります。
人への接し方も変わります。
こんなことこそが、このたびで一番学んだことだと思います。

さて、いよいよ明日はエチオピア越え。リベンジです。
お楽しみに!!
(一筋縄ではいきませんよー笑)

ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
ナイロビへ…戻りました。なので、エチオピア入国再度挑戦します。
11:22 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ケニア ナイロビの交通は、派手です!!

更新遅れました…

前回、エチオピアの国境までやっとの思いで辿りつき、泣く泣くナイロビへ戻ってきたTommi

300px-Ke-map3_20110117081850.png
赤い線で戻ってきました…。

何とかエチオピア大使館へで向き、ビザの申請。
国境で受けた冷たい、冷静な印象とは別に温かく迎え入れてくれた大使館のガードマンと職員。
異国の地でのお役所さんの温かさは、何よりも嬉しい…

RIMG2301s.jpg

どこの国も厳重な警備??です。
ここ、エチオピア大使館で、9時の開館を待ちます。
ナイロビの市街地は、がんばれば歩ける距離です。

手続きを済ませ、約2000円を払って終了。
「2時ごろ取りに来てくださいね。」と嬉しいお言葉

また歩いてくればいいや。と一日ナイロビ市街を歩いてみようと決めました。

ナイロビは危ないから気をつけて!!といわれますが、
地元の人やビジネスマンにまぎれながら同じ行動をとっていれば大丈夫だと思います。


高いビルの間をスーツ姿のビジネスマンが行き来します。
おしゃれなコーヒーショップもあるし、レストランも。

そして、他の国と比してひときわ目立っているのが…。


『バス


なんとも現代風?なバスをご覧ください。。。



RIMG2303s.jpg

全体をペインティングしているバス!あちらこちらで見かけます!



RIMG2308s.jpg

これは運転手さんが個性を出しているようです。ナイロビの街では、いろんなペインティングがあちらこちらで見ることが出来ます。


RIMG2307s.jpg

アフリカンママもこの通り!

特に観光をすることもなく、地元飯を食べて、ぶらぶら歩いて、ビザをゲット。

さて、そうなると、どうやってエチオピアまで行こうかまた考えなければなりません。
同じ道で行くのは余りにもしんどすぎるし、出来れば危険を伴わない別の方法があるといい。

そして時間はかかるけど、多くの地元民が使う交通手段を見つけました

明日の早朝出発のバスをゲットしました!



RIMG2304s.jpg

バスの乗り場は街の郊外、どやどやの下町といった感じ。
ここで一泊して夢のエチオピアに向け休みたいと思います。。。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
ナイロビ下町の様子、次回お伝えします。
09:00 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑