アフリカンスタイルのお誕生日会

知人のベイビーの1歳の誕生日会に行ってきました。
お父さん、お母さんからの手作り誕生日会。楽しみです♪

会場はなんと村の公民館とのこと。

R1024130.jpg

招待客は家族の人々や親しい友人たちでした。
ナイジェリア人の奥さん×オランダ人の旦那さんなので、招待客も国籍豊か!見ていて楽しくなります。

にほんブログ村 トラコミュ 海外生活、大集合!へ
海外生活、大集合!

他の皆さんの海外生活も楽しい!

R1024131.jpg

本日の主役です
奥の白いドレスを着たベイビーちゃんです。小さい!!


オランダのパーティは、好きなときに来て、好きなときに帰るといったスタイルが主流なので、誰かが挨拶をすると始まる。とか合図がある。とかありません。日本人にはちょっと慣れない。。。かんぱーい!!とかすればいいのにな。


しばらくして、ケーキが登場です♪


R1024132.jpg

立派な写真ケーキです。自然とケーキの周りには人が集まります。


R1024133.jpg

子どもたち、ケーキに釘付け!


R1024140.jpg

ろうそくの火を消し、ケーキカットして皆から拍手されます。
最近手が振れるようになったベイビーちゃん


R1024152.jpg

食事の前にケーキを頂きます(笑)
オランダのケーキはやっぱり甘い。。。ちょっと慣れてきちゃっているのが自分でも怖い(笑)


いろんな招待客とお喋りしながら思い思いの時間を過ごします。
特にイベントのようなものはないようなので、のーんびり、ゆるゆるな雰囲気です。
子どもがいっぱい来ていて、皆それぞれドレスアップして可愛い!
国籍ミックスなので、子どもたちも様々。


R1024146.jpg

ミックスの子どもって、肌の色、目の色、髪質、みんな違います。
白人と黒人の子どもでも肌の色はまちまち。とっても興味深いです。
でも、肌の色は明るい色が優性で、髪質は濃い色の人種が優性のような印象です。
ベージュのカーデガンを着た女の子。お人形さんみたいです!


R1024155.jpg

ナイジェリア出身のお母さん。
隣にいる友人と朝から招待客へのお料理を作ったのだそう。
アフリカは全てが手作りです!すごい!
パーティに行くと、いつでもお料理楽しみですよね。ナイジェリア料理なんて更に楽しみ!


R1024153.jpg

おつまみを頂きました。『サモサアフリカ風』です。
揚げワンタンのようなもの。中にはひき肉とネギが入っています。
ピリ辛でとっても美味しい!


メインのお料理の準備ができました。


R1024166.jpg

お肉3種類(鶏肉胸肉、鶏肉モモ、牛肉)のグリル。


R1024163.jpg

ライスとサラダです。
オランダ人らしく『オレンジ色』なのが憎い!
ライスは2種類ありました。アフリカ人も沢山お米を食べます。


R1024167.jpg

お野菜を沢山頂きます。
ご飯はこの日の為にアフリカンショップで購入したアフリカ米だそう。
タイ米よりも更に細長くぱさついています。
そしてちょっと米自体に独特の香りがあります。香りのついたお米というものは珍しいので、ちょっと慣れなかったけど、意外とぱさぱさしているお米もおいしいものです♪

お肉もジュージー。
お肉にこだわるアフリカ人は小屋で飼育されている動物の肉を買わず、放し飼いにされて育った動物の肉しか買わない。という人もいます。確かに味が全然違うのです。


アフリカンミュージックに合わせて、皆で踊ったり、写真を撮ったり♪


そろそろ帰ろうかな?と挨拶をしにいくと?
なんと。。。


R1024165.jpg

お母さん、お土産用の料理を一杯私たちに持たせようとしてくれます。
入れ物は。。。そう

『洗面器』

アフリカの皿代わりといったら洗面器です。
ここの中に家族全員分の食事を入れて家に帰って小皿に取り分けて食べるのがアフリカ流なのです。
思い出すわ〜アフリカ!
洗面器のことを書いた記事も是非!

友人は洗面器一杯に料理をよそってくれて私たちに持たせてくれました。
そしてこの洗面器にはベイビーちゃんの名前が貼られていて。
『引き出物?』のような感覚です!
とても実用的なお土産(笑)アフリカらしい!!

自分のアフリカ旅をふと思い出すような嬉しい出来事でした。
またアフリカ記事、書きたくなりました〜!!




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
お庭のラベンダーが咲き始めました
スポンサーサイト
07:52 | オランダ:異文化共生 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アフリカ料理 カラバッシュ 浜松町

東京での仕事帰り、南アダイスキAちゃんとご飯を食べに行くことになりました。
私のリクエストでアフリカ料理を食べに行くことになりました。

『カラバッシュ』浜松町

R0010808s.jpg

アフリカのごちゃごちゃした屋台??を想像してましたが、こじゃれた雰囲気。


西アフリカで良く見る木彫りのイスがありました。私の部屋にもほしいなぁ。

R0010811s.jpg


早速ビールで乾杯。
ビールはナイジェリア。


R0010817s.jpg


今回注文したものは…。


R0010815s.jpg

『ヤッサ』
たまねぎとチキンをマスタードソースで煮込んだシチューです。
とろっとしたソースにマスタードの酸味が効いて、ご飯が進みます。



R0010816s.jpg

『チェブ・ジェン』
西アフリカ版ピラフ。魚とお野菜がのって、なつかしい味
思わず手で食べてしまいそう。。。


今日の従業員は殆どがブルキナファソだったそうです。
美味しいご飯をありがとう。ご馳走様でした♪


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

だいすき。レソトの話、続きたいと思います。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
20:26 | 東京 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ナイジェリアのごはん! おやつ!

ナイジェリア、ラゴスに48時間ビザで滞在したときの話です。
ナイジェリアは本当に何も情報がない。インターネットもなく、いってみようと乗り込んだラゴスアイランド。人々の暮らしとビジネス街と、マーケットが存在する忙しい勢いのある街です。
(どうしても街でカメラを出すのが怖くて写真がないのです…。)

マーケットをぶらぶらしているときに、地元の人から聞いたナイジェリアのご飯を食べに行きました。

私が教えてもらった場所は、ビジネス街のど真ん中にあるテント張りのご飯街。隣にはコピー屋さんやインターネットカフェがテントの中にあります。

いろんなご飯があるようですが、私が頼んだのはこれ

RIMG1579s.jpg
『エグシ』ご飯かヤムイモのマッシュを選べます。こくがあって癖になる味。

隣で食べているのは、スーツを着たビジネスマン。
なんかヘンな感じ(笑)。


マーケットをぶらぶらするといろんな人がいて、あまりいいイメージのなかったナイジェリアだったけど、マーケットの人たちは気さくに話しかけてきてくれて、優しくて、印象に残る場所でした。迷路のような複雑なマーケットで迷子になるけど、いつの間にか戻ってくる…みたいな。

おやつ発見。
いたるところに売ってる焼き芋ならぬ…



RIMG1583s.jpg
焼きバナナ~
甘くて身がしまってて、フレッシュなバナナはおいしい♪


夕ご飯は宿に帰ってきて店の前のおねぇさんが売っていたご飯を食べることに。


RIMG1590s.jpg
お肉の赤唐辛子ソース。


から~~い

でもんまい

ナイジェリア、病みつきになりそうです(笑)。
最も印象的な国の一つになりました。



ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

ナイジェリアのお話♪ハプニング続出です。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
17:50 | 飲・食・旅 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ナイジェリア ラゴスの空港はちょっと違う??

たった48時間の滞在しか許されなかったナイジェリア滞在ですが、感じたことはたくさん!いいことも、おかしな事も…。そのうちの一つが『空港』です。

なんとか空港まで公共の交通機関で到着、チェックインは3時間前なので、それまで辛抱強く待ちます。


列に待てない人たちと順番待ちをするということはなんと大変なこと…。それでも辛抱強く待ちようやく私の番。。。


すると、チェックインカウンターの前で止められます。

「あなたのかばんの中身を見せなさい。」と。



RIMG0225s.jpg
私のバックパックなんて、汚い洋服しか入っていないよ。。。と思いながらも、私のヘビーバックパックを手渡します。思ったより重かったのかよろめきながら私のバックパックを調べ始めた係員。

…。



……。




………。




でてくるものでてくるもの洋服のみ。あとアフリカ布。

それでも10分くらいかかってようやくバックパックを返されます。こんなに荷物チェック受けるなんてナイジェリアだけかなーなんて思って、他の人を見ていると、でて来るでて来るいろんなもの、いろんな人から…。


怪しい粉物のスパイス。
ナイジェリアの郷土料理、漬物のようなにおいのした袋いっぱい。
機械類。
武器(??)。。。


ナイジェリア人は、海外に出て、ひと稼ぎしようという人が多いらしく、チェックはかなり厳しいのです。。。



チェックインカウンターでも罵声が飛んできます。

「宿泊先はどこだ??」
とか
「知り合い入るのか?」
とか
「何のためにいくんだ??」
とか。。。


そんなやり取りを聞きながら、チェックインカウンターで無事チケットをゲット。


出国手続きです。


ここでは手荷物の検査。かなり厳しく行われます。
またいい合いが起こっていたり

何とか出国もでき、搭乗口で待っていると、



再び荷物検査です(涙)。


飛行機に乗る前に3度の荷物チェックって。。。
ナイジェリア人さん、いったいどうなってるの??



追伸:南アフリカに到着後、さらに入国審査で何人もの人が止められてるのを見ました…。いったいどうしてこんなことが起こるんだろう。。。


なんだかやけに疲れたナイジェリア、ラゴスの空港でした。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

ナイジェリアのお話♪ハプニング続出です。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
12:51 | 西アフリカ諸国 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 -ベナンからナイジェリア編-

国境越え情報いきたいと思います。
ベナンは首都はポルトノボ、ですが、それよりも大きい都市はコトヌー。海岸沿いを都市間乗り合いタクシーで移動していきます。ポルトノボの街の中心に行く上り坂を逆に降りて、街の入り口がナイジェリアへの国境行乗り合いタクシーになります。

RIMG1569s.jpg
この坂を下ったところが国境行の乗り合いタクシー乗り場!


タクシーは5人。
ポルトノボはナイジェリアの国境に近いので、1時間も走らないうちに国境に到着します。


国境前で降ろされ、後はみんなぞろぞろ歩いていきます。
毎回のことですが、国境の町は、人の行き来が多くて、街も活気付いています。物売りも、宿も、いっぱい!
タクシーを降ろされたところから国境までは1キロくらいあったので、そんなお客を狙って、バイクタクシーが待ち受けています。

ここで、絶対注意して欲しいのが、値段!
絶対吹っかけてくるので、注意です。ナイジェリアのナリアで払わなきゃいけないのか、西アフリカ通貨のCFAで払うのか、ベナン側なので、CFAで払うことが多いのですが。言葉を喋れないと思って、手で適当に表してくることもあります。たった1キロ程度なので、絶対お金はかかりません。

大きな荷物、重いバックパックを持っている人はバイクをハイクした方がいいと思います。道はぼこぼこであまり良くありません。


そしてもう一つ注意が、地元の人は、入国審査を受けなくていいので、イミグレーションを素通りされないように注意です!!うるさいくらい言うのがベターです。


ナイジェリア側のタクシー乗り場は、ミニバス、乗り合いタクシーなど順番などなく、とにかく客引きにつかまります。地元の人がいれば、(特に女性の方がいい!)一緒に乗せてもらうことがいいと思いますが、とにかく、冷静に車を見たり、他の客がいるか確認することがイチバンです。ナイジェリアの客引きは、どんな嘘もついてきます(苦笑)。。。




両替も国境でしないといけません。
ナイジェリアの通貨、ナリアは国外では両替できないので、どのくらい両替するのかポイントになります。他の西アフリカよりは多少物価が高いので、そのくらいの気持ちでいった方がいいでしょう。


私の見つけた乗り合いタクシーは、まあちゃんと目的地まで行ってくれたので良かったのですが、天下のナイジェリア、一筋縄では行きませんでした。
細かい話をすると何日もかかりそうなので、また日を改めて落ち着いて(笑)話したいと思います。


RIMG1584s.jpg

ナイジェリア…。最も警戒した国のうちの一つです。
世界のロンプラ『Lonely Planet』にもほとんど情報がない。というラゴスに潜入です。
脅すつもりもないですが、すごかったです。

でも、それ以上に、地元の人のやさしさにも触れたナイジェリア48時間滞在滞在でした。
もう少し居たかったな。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

ナイジェリアのお話♪ハプニング続出です。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
07:35 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑