回顧録 アフリカ謎の国ブルンジ:両替をしに銀行へ

アフリカを一人たびした時の話です。
西アフリカから始まったアフリカ1周も南アフリカを回って後半戦、タンザニアの『キゴマ』という街を抜けて、バスに揺られること数時間。国境に到着です。

ブルンジでの国境トラブルの様子は是非こちらの記事を見てください♪

にほんブログ村 トラコミュ 秘境・マイナーな地域へ
秘境・マイナーな地域

にほんブログ村 トラコミュ ワーキングホリデー&バックパッカーへ
ワーキングホリデー&バックパッカー


ここで。
アフリカを旅行する人は南アフリカから北上して、タンザニアの海岸部や首都(東へ向かう)を目指してたびをするのが多いです。しかし、ひねくれ者の私は、言語がなかなか通じない困難さをもう一度味わいたくて(ブルンジの公用語はフランス語)、タンザニアから内陸方面(西側)へ向かうことにしました。


Tz-map.png

ザンビアから北上する場合、電車でタンザニアの首都ダルエスサラームへ向かい人が多い中、私は敢えて緑色のルートを選択しました。

国境の街というのはどこでも活気に溢れていて、両替屋さんや宿屋、道端に物売りやタクシーが沢山いるのですが、この国境はとっても静か。。。ちょっと不気味な位。。。

これから向かう『ブルンジ』という未知の国を象徴するような。。。
なんだかんだのすったもんだがあり、タクシーに乗ること30分ほど、麓の街に到着です。
タクシーの運転手がしつこいので、私の言い値だけ料金を払いそそくさと銀行に入りました。


銀行の中は守られるはず。。。

ほっと一息ついて、両替をすることに。

周囲から好奇の目で見られながら順番待ち。普通両替は窓口でささっ。と行うことが多いのですが、ここでは個室のような場所に案内されました。

私の相手をしてくれたのは女性の行員さん。なんだか安心して世間話なんかをしていたら。。。

「へぇ。あなた日本から来たの?へぇ〜!!アフリカ旅行しているの?私も日本へ行ってみたいわー。」

なんて始まり。まぁ。こんなのは慣れっこなのですが、そこから

「ねぇ。困ってることあったら何でも私にいって!何でも助けてあげるわ!ブルンジは人があまりよくないからだまされちゃだめよ!!何か私に出来ることない?」

とスゴい剣幕で話を続けます。。。まぁ、行員さんだし、悪い人じゃなさそうだし。。。

とまだ決めていなかった宿を探してもらうことに。

「それならここよ!」


RIMG2115.jpg


と国連関係者や外国人の出張でよく使われるという一泊約1500円ほどの宿を紹介されました。蚊帳付き、トイレあり、セキュリティも良さそうだし、やっぱり地元の情報は一番だな。。。とお礼を言うと。。。

「役に立った?よかった!それじゃあそのお礼として頼みたいことがあるの♪」

と始まるではありませんか(苦笑)タダでは終わらないアフリカ。。。

「私新しい家に引っ越したばかりなんだけど、寝室のベッドカバーを新調したいのよね。あなた、日本に帰ったら私の為にベッドカバーを買って私のところまで送ってくれないかしら。」

「私の家のベッドの大きさは○○で、私の好きな色は○○色、日本にも伝統的な布ってあるでしょ?そういう伝統的な布で出来たベッドカバーがいいわね。あ!お揃いでクッションカバーもあったら欲しいわ。」

「レースの付いたのでもいいわよ。あと、花柄もいいわね。。。♪」

「もしそのベッドカバーが届いたら、早速セットして、お客さんに自慢するの!だって素敵だと思わない??」

「私の住所はね。。。あ。住所はここ(銀行)でいいわ!!銀行宛に送って!!ねっ。よろしくね!!」



両替が終わると女性行員さんが一言。

「ちょっと彼女をホテルまで送ってきまーす♪」

というと、彼女は仕事中にも関わらず(驚)銀行を抜け出して、私の宿泊するホテルまで案内してくれました(いいの??)

RIMG2119.jpg
麓の街!

いろんな物を賄賂として要求されることは多々ありましたが『私が帰国した後にベッドカバーを送って欲しい』という要望は初めてでした(笑)おまけにかなり彼女は真剣。詳細な注文までしてくれて、大興奮!なんだかブルンジの国民性を見たような。。。

その後ベッドカバーを送ったかって?
残念ながら送りましませんでした(苦笑)

そのかわり彼女との別れ際に、日本製の文房具を差し上げました。。。

出来るだけブルンジ人にお世話になることはやめよう。。。
そう思ったちょっと思い出に残る出来事でした。。。


RIMG2121.jpg
この街で食べ物を探してカフェへ。紅茶と固〜いパンが出てきました。。。


ちなみに前も書きましたが、ブルンジでは男女ともに『角刈り』の人が異常に多かったです(苦笑)
女性も。。。怖い。。。



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
語学学校スタート!
スポンサーサイト
22:09 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

回顧録:スイスで想定外のホームステイ

アフリカ旅の回顧録です。


アフリカの最終出発地は『エチオピア:首都アディスアババ』

ここからエジプト航空で、カイロ経由スイスのジュネーブに発つことにしました。
スイスには同業種のドイツ人の友人がいて、彼女に会う為にスイスへ。

RIMG2417.jpg

ジュネーブの空港へ降り立った時の自分と自分の持ち物の『汚さ、黒さ』といったら。。。
アフリカでは全く気づきませんでしたが、ヨーロッパ、それもスイス。。。で他の人たちと明らかに違う空気を醸し出していた私。。。

(昔21歳頃、中国を1ヶ月旅したときに洗濯をしてくれた母に『嗅いだこともないような匂いがするんだけど。。。といわれたことをそのとき思い出しました笑)


焦った私は空港のショッピングモールで、キレイな手提げバッグを購入しました(汗)
久しぶりに食べたマクドナルドのセットが1,000円近くしたことに非常に驚きながら『Rolleロール』という街へ。


RIMG2440.jpg

アフリカで刺激を受けてきた分ヨーロッパではがつがつたびをしたい。。。と思わず、友人に会いながら最終目的地へ進んでいこう。。。という気持ちで、のんびりしていました。

友人はスイスで住み込みをしながら働いていました。
彼女のところに泊まることは出来ないので、私の為に宿を取ってくれました。
(友人の住所を何気なく聞いたら、『Chateau de Vincy...』といっていました。これって『城』ってことですよね?!気づいてびっくり!世界的に有名な建築家さんの家に住み込みしていたようです!!)

RIMG2436.jpg

ロールという街はとっても静かで、特に何を見るというところもなく、友人と待ち合わせして『ローレンス』という街に移動。


RIMG2431.jpg

そこで、はじめて知った『Nespresso』のカフェで、素敵なコーヒーを頂きました♪

RIMG2422.jpg



そして盛り上がる女子トーク!!



RIMG2433.jpg

友人は世界中を旅しながら働いていて、ドイツ語、英語、スペイン語、そして今フランス語の勉強中。
いっぱい刺激を受けて予約してくれていた宿に行くことに。


指定された場所に行ってみると。。。


玄関なし。。。看板なし。。。



あれ??




必死になって探していると家の中から人が!!


「今日○○さんから紹介されて宿を予約したものですが。」


すると。





「あれ?聞いてないよ?今はシーズンオフだから宿やってないんだよ。」





との返事が



えぇ〜!!!


アフリカではこういうときなんとかなっちゃうもんだけど、ヨーロッパなんてわからいよ〜。

どうしよう。。。



途方に暮れた私を見て宿主さんが

「困っているなら、どこか泊まれるところを探してあげるよ。」



といろんな場所に電話してくれることに。




そして見つけてくれた場所が


『一人暮らしのおばあちゃんが住むお家』でした。



おばあちゃんのお家は、カントリー+北欧調のインテリアで、綺麗にお花が飾ってあったり手編みのドイリーが飾ってあったりととっても素敵な雰囲気。


私を娘さんが使っていたというお部屋に案内してくれました。


スイスの方、とっても優しくて良かった

素泊まりで一泊約6000円位でしたが、朝や夕方になるとおばあちゃんが軽食に誘ってくれました。




RIMG2442.jpg


そこで頂いたパンやコーヒーがどれほど美味しかったことか。。。!!

おばあちゃんは80歳くらい?
もちろんフランス語で英語は喋れませんでした。



今までアフリカで頑張って喋ってきたフランス語で必死にコミュニケーションをとりました。
きっとフランス語を喋る最後のチャンス。


RIMG2443.jpg
このはちみつも美味しかった〜


寝る時間までずっと喋って、一生懸命おばあちゃんも私の話聞いてくれて、
見ず知らずの旅人にとっても優しくしてくれたおばあちゃんのおかげで、スイス滞在が本当に貴重なものになりました。


スイス、滅多にいく機会はないかもしれないけど、このおばあちゃんとの温かい思い出は、絶対に忘れない大切な思い出になりました♪








ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
cntr:かcommand:ボタンと一緒にクリックすると、画面が変わらずクリックできるので是非よろしく!
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
朝晩は零下になることも〜。
17:43 | 他ヨーロッパ諸国 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

回顧録:ロンドンのアフリカン美容室でパーマをかける

私のトレードマークは18歳の頃から変わらない『ぐりんぐりんパーマ』
長短ありましたが必ず何かしらのパーマをかけていた私のヘアースタイル。

現在は弟夫婦にヘアースタイルを作ってもらっているのですが、昔あまりにロングヘアーだった私の髪と髪質から「なかなかパーマかかりづらいんだよね。」といわれたことがありました。
(その当時弟が勤務していた美容室は私のようにぐりんぐりんパーマをかける人なんていなかったので、私の希望に合ったパーマ液がなかったようですが。)

『ぐりんぐりんパーマがなくなったら私らしくないっ

そう危機感を感じた私は、旅の最中にあることを思いつきました。

『アフリカンな美容室だったら、私の髪の毛でもパーマかけてくれるかもしれない

そう思いロンドンを旅したときに、アフリカン美容室を探してうろうろすることに。。。


RIMG2548.jpg

そして見つけました。私の住む安宿の近所にアフリカン美容室

中に入っていくと、黒人さんたちが思い思いのスタイルを作っています。
はぁ。落ち着くわ。。。


思い切って美容師さんに尋ねました。

「私の髪の毛にぐりぐりのパーマをかけて欲しいんです。」

お店の中にいた人びっくり!!
アジア人がここでパーマをかけて欲しいと言ってきた!
おまけにそのとき私の髪の毛の長さは有に背中を超していました。。。


私の髪の毛を触り、眺め、悩んでいた美容師さんはこういいました。

『アジア人の髪の毛を触るのははじめてだけど、頼まれたものは断りたくない。気合い入れてやるから明日の午後きてくれる?』


承諾してくれました〜〜




RIMG0294.jpg

そして翌日ワクワクして美容室に。

美容師さんは「あなたの髪の毛にパーマかける為に、午後の予約はあなた一人だけだから」と言うではありませんか

はぃっ。よろしくお願いします!!!



アフリカの美容室って、とっても面白いです。
なんでもごちゃごちゃ積んであって、アフリカンの女性はエクステンションをつけて変幻自在な髪型を作り出します。なので、その髪の毛や材料もお店に所狭しと並べてあります。
興味津々♪

美容室に買い物くるひとくるひと私のことを眺めていきます(笑)


1845026.jpg

1時から始まったパーマも終わった頃にはすっかり周囲は暗くなっていました。
昔の美容室で見たような丸い機械を頭にかぶせてみたり、
カーラーが足りない!と近所まで調達しにいったり、
美容室に来た人に「今日はこの子の髪やってるから。」とお客さんを断ったり。


そして出来上がりました〜!!


1845035.jpg

じゃじゃーん!!
(私が猫なのは受け狙い笑)


ぐりんぐりんにパーマかかりました♪
私も大満足でしたが、一番満足していたのは美容師さん!
達成感でスゴく興奮してました(笑)

みんなで記念撮影


やっぱりぐりぐりパーマ大好き!
異国の地で、大冒険のアフリカン美容室体験でした。

後日談:

帰国して弟が私の髪を見て一言:

『髪、スゴく痛んでるね。。。』


どうやらアフリカン美容師さんはなんとかパーマをかけるということに重きを置いていたので、その後どうなるとかケアとか考えずにひたすらパーマをかけてくれたよう(苦笑)


その後は弟夫婦の美容室で毎回パーマかけていますが、私の予約が入ると弟が業者さんに特別な(強い)パーマ液を取り寄せてくれているそうです(笑)

最初で最後?の海外でパーマ!体験でした♪




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
cntr:かcommand:ボタンと一緒にクリックすると、画面が変わらずクリックできるので是非よろしく!
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
春コート出動!
19:43 | 体験の旅行 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

バックパッカー 女性の一人旅は危険か?

アフリカ1周の旅の話をすると、絶対に聞かれることがあります。

『女性一人で旅をするなんて、危険じゃないの?』

うん。確かに危険だと思います。
でも、それは、日本を旅しても一緒。世界中どこを旅しても一緒です。
幸い私は自分の命に関わる出来事はこのたびの中ではありませんでした。

言えることは

女性一人ということより、お金を持っているような身なり、人より目立つ仕草、曖昧な態度をしていると絶対に狙われる

ということです。

RIMG2279.jpg
ケニアーエチオピア 国境の街。
国境の街は、何か不思議な雰囲気が合って、最果てにも関わらず、人が行き交って、にぎわっています。
旅の中でも,とっても面白い場所であり、危険な場所の一つです。

どんな場所が危ないか?

一番危ないのは『バスターミナル』だと思います。

バスやタクシーなどで移動して、その街に入るとき,バスターミナルにつくまでに、
その街はどんな雰囲気なのか、
人々はどんな感じか、
バスターミナルに、客引きのおっちゃんのような人たちがたむろして、バスが到着するたびにバスに群がっていないか。

移動している最中に見極めることが大切です。
バックパッカーをしている人なら分かると思いますが、わざと客引きに引っかかることもあります。
その街で事前に宿を見つけていなかった場合などです。
客引きの方が、地元の安宿をよく知っています。

その場合は,
無理矢理連れて行こうとしない人、
立ち止まって、紳士に(淑女に)しっかり話をしてくれる人、
事前にお金の交渉をすること、

こんなことが大事になってきます。
(なれると客引きとの交渉も楽しくなります笑)

私的な結論を言うと
一人旅は危険ではない
それよりも,複数の日本人で旅をし、通じないだろうと思って、日本語でべちゃくちゃお喋りしながら旅をしている人たちの方が、よっぽど目立って、狙われます。自分たちは、外国人です!と主張しているようなもんですから。
女性だからといって危険とは限らない
女性であることで、助けてくれる人の方が沢山います。男性は、強いから大丈夫だろう。。。と思われることもしばしば。私は女性の一人旅は得だなー。と思いました(笑)

RIMG0637.jpg
セネガルのミニバス
こんな移動手段に慣れてしまえば、地元を最も感じられる瞬間です。

あとは、『体調管理』です。

アフリカのようなハードな環境をマニアックに回ろうとすると、体調を崩すこともしばしば。
日本から整腸剤や解熱剤、鎮痛剤など持っていくことをお勧めしますが、その土地で体調を崩した時は、そのときの薬でしか治らないこともあります。大事なのは、宿の人と仲良くなっておくこと。
何かあったら、病院を紹介してもらわなければなりません。
もう一つは、気を張って旅をすること!
崩してしまったらどうすることもできないので,地元の人に病院を紹介してもらうしかありません。


私のアフリカ旅で、2回体調を崩したことがありました。

RIMG1092.jpg
ブルキナファソの滞在した宿。
季節によりますが、外に蚊帳を張って寝る。なんてこともざらでした。

1回目:
体調を崩したのは、ブルキナファソからガーナにほぼ24時間かけて移動し、ガーナの首都『アクラ』に到着したときでした。立っていられないような怠さと、熱感になんとなく、これはおかしいな。。。と気づきました。

幸い、そのときは、友人が首都の大学病院に勤務していたため、そこの救急外来を受診し、点滴を打ってもらいました。どこが悪かったかは分かりません。でも、長期間の移動による疲労と、移動中はトイレに行きたくない為に、水分を控えめにした結果だと思います。

友人の家に2週間近く滞在し、体調を万全にして、次の目的地に向かうことができました。

2回目:
アフリカ最終目的地、エチオピアでのことです。
エチオピアに入国したときから、しつこい客引きやアジア人を差別するような声かけなどで、ちょっとエチオピアに苦手意識をもつようになっていました。
客引きについていった宿もあまりいい環境ではなく,けんかして自力で宿を探し、食事も私の好みではなく,ちょっと精神的に参っていたときです。

今まで経験したことのない下痢に襲われました。。。
一晩中眠れないくらいです。
歩いても,寝ていても,水分をとっても止まりません。。。

自分の体がどうなっちゃったんだろう。。。と思う位ひどい状態でした。
数日かけてエチオピアの首都『アディス・アババ』に到着し、早めに出国しよう。。。と決め、

エチオピアを出国し、飛行機でスイス、ジュネーブに到着した途端、、、

下痢がぴたっ。。。と止まったのです(驚)


このときに,自分の気持ちや精神的な安定が、どれだけ体調に影響するのか身をもって感じたのでした。

RIMG2371.jpg
ケニア北部の村にて
野生のダチョウが迷い込んだ〜。と村人が楽しんでいました(笑)

幸い、私はマラリアやデングどにかかることはありませんでした。
冒険家の本などを読むと、決まってマラリアにかかって生死を彷徨った。。。という話を聞きます。

出国前にマラリアの注射をしますが、マラリアには沢山の種類があって、予防接種が必ず聞くとは限らない。
無駄に肌を露出しない
必ず蚊帳で寝る。

などで、自分を守ることが大事だと思います。
旅の途中で体調を崩す、何か危ない目に遭う、ということは、何らかの警告だと思っています。

これから旅をする人が少しでも参考になりますように。。。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
木々の葉っぱがほとんど落ち,冬を迎えようとしています。。。
17:14 | 世界旅行への準備 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旅と通信機器

爽やかな秋晴れの朝を迎えました。
昨日雨降ったからお庭の花たちに水やりしなくていいし、今日はお家にこもって一日オランダ語と格闘します

今の時代は、海外に滞在していても、日本と簡単に連絡を取ることができます。欲しい情報はすぐに手に入るし、まるで海外に来ているのか、日本にいるままなのか分からないくらい便利。

携帯電話も、中に入っているSIMを各国でかえれば、どの国でもプリペイド携帯など簡単に使えるし、日本の携帯もプラン次第では海外で自由に使えるとのこと。。。
海外では、通信回線に衛星を使っているところもあるので,圏外なんてこと、聞いたことありません。

みなさんが、バックパックで旅に出かけるとき,持っていく通信機器は何でしょうか?

私は、機能的なものが好きなのですが、新しいものとか流行のものには余り興味がないので『機能的に使えて,丈夫なこと』が一番の条件になります。

アフリカ旅にもっていったものは、
CF-W5AWDBJR_236764.jpg
パナソニックのレッツノートシリーズ12インチ。
電気機器はパソコンとデジカメの二つでした。

厳密にいうと,私がセントルシアに滞在している時に買ったもの。
砂埃や熱気などに強いものはどれだろう。(そんな電子機器ないとおもうけど(笑))ととにかくタフで持ち運びやすいパソコンを探した結果これになりました。

結果、アフリカ旅があまりに過酷だったため(涙)パソコンは無事ですが、クリックボタンとCDの再生ができなくなりました。そしてとどめは帰国後、旦那がスクリーンをパッキーン。。。と割って使用不可になってしまったんですけど。。。

どの通信機器がいい!!というのは私にはいえないのですが、様々な通信機器がある中、持ち運ぶのは、一つか二つにしておいた方がいい。ということはいえると思います。

アフリカは思っている以上に砂、埃の影響が強いです。。。

また、アフリカでは、スマートフォンで音楽を聴きながら旅行〜♪なんてことは絶対にやめた方がいいです。なぜなら、

そういう電子機器を持っている=お金持ち=狙われやすい

からです。
私の場合は、パソコンは、デジカメでとった写真を外付けハードディスクに入れ直すときの仲介として使用していたことが多く、人前では使わず、日本と連絡がとりたいとき,安否の連絡をするときは、地元のインターネットカフェを利用するのが一番でした。よっぽどの僻地でない限り、いや、僻地であっても今の世の中はどこにでもインターネットカフェがあります。

バックパッカーの場合,それだけでも目立つので「どれだけ地元の人にとけ込めるか,目立たないようにするか。」が安全に旅行をするには大事だと思うので,その音楽,その動画、どうしても今見たいの?聞きたいの?と考え直してみましょう。周囲の音を遮断するのは、海外ではキケン!!です!
むしろ,地元の人の訳の分からない会話を聞いたり、活気溢れる町並みと、壮大な自然の風景を眺めている方がよっぽど楽しいと思います。


さて、スマホの普及により、旅を取り巻く環境も大きく変わったなーと最近感じます。

アフリカたびをしていた数年前、私が感じたヨーロッパ人の印象に
「携帯を全くいじらない人たちだなー。」ということがありました。
アフリカから帰国した日本の電車では、全ての人がメール、ネット。。。ほぼ全員が携帯をいじっていたのを覚えています。
それがヨーロッパにはなかったのです。
みんな楽しくおしゃべりをしたり、ぼーっと窓の外を眺めたり。本当にそういう感じでした。
唯一日本に近かった?のはスイスの電車に乗ったとき。

RIMG2415.jpg
ヨーロッパは2階建てが主流〜


スイス人は、電車に乗ると、雑誌か本を必ず読んでいました。
電車の中で必ず何かする。。。ということは日本に似ているなって思いました。


それがどうでしょう。
今回オランダで電車に乗ったり、バスに乗ったり、カフェでお茶したり,図書館にいても、
ほぼ全員の人が携帯をいじっているではありませんか(驚)
これは数年前にはなかった光景です。

びっくりしました。

RIMG2464.jpg
私は電車でランチしたり、おやつ食べるのが好き〜

スマホの出現により,まち行く人や旅する人の楽しみ方も大分変わっちゃったな。。。と思いました。

RIMG2481.jpg
ドイツ、ケルン駅

旅は多少不便な方が燃えるんですけど,スマホさえ持っていれば、いつでも情報が手に入りますからね。。。



ただし、唯一日本と違うのは、
「子どもは携帯を持っていない。」ということ。

どっちがいいとかは分かりませんが。
これも数年経ったら、日本と同じように、携帯を持つ子どもでヨーロッパが溢れかえるのでしょうか。。。

RIMG2484.jpg
4年前、ヨーロッパの新幹線『ICE』スイスのジュネーブからドイツのケルンまで乗りました。
ちょうど帰宅ラッシュにあたったこともあり、車内はビジネスマン、ウーマンでいっぱい!
この車内は、ほぼ全員がパソコンをいじったり,新聞や本を読んでいました。日本みたいで、不思議な車内でした。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
21:18 | 旅行と○○まるまる | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑