ケニア ナイロビの交通は、派手です!!

更新遅れました…

前回、エチオピアの国境までやっとの思いで辿りつき、泣く泣くナイロビへ戻ってきたTommi

300px-Ke-map3_20110117081850.png
赤い線で戻ってきました…。

何とかエチオピア大使館へで向き、ビザの申請。
国境で受けた冷たい、冷静な印象とは別に温かく迎え入れてくれた大使館のガードマンと職員。
異国の地でのお役所さんの温かさは、何よりも嬉しい…

RIMG2301s.jpg

どこの国も厳重な警備??です。
ここ、エチオピア大使館で、9時の開館を待ちます。
ナイロビの市街地は、がんばれば歩ける距離です。

手続きを済ませ、約2000円を払って終了。
「2時ごろ取りに来てくださいね。」と嬉しいお言葉

また歩いてくればいいや。と一日ナイロビ市街を歩いてみようと決めました。

ナイロビは危ないから気をつけて!!といわれますが、
地元の人やビジネスマンにまぎれながら同じ行動をとっていれば大丈夫だと思います。


高いビルの間をスーツ姿のビジネスマンが行き来します。
おしゃれなコーヒーショップもあるし、レストランも。

そして、他の国と比してひときわ目立っているのが…。


『バス


なんとも現代風?なバスをご覧ください。。。



RIMG2303s.jpg

全体をペインティングしているバス!あちらこちらで見かけます!



RIMG2308s.jpg

これは運転手さんが個性を出しているようです。ナイロビの街では、いろんなペインティングがあちらこちらで見ることが出来ます。


RIMG2307s.jpg

アフリカンママもこの通り!

特に観光をすることもなく、地元飯を食べて、ぶらぶら歩いて、ビザをゲット。

さて、そうなると、どうやってエチオピアまで行こうかまた考えなければなりません。
同じ道で行くのは余りにもしんどすぎるし、出来れば危険を伴わない別の方法があるといい。

そして時間はかかるけど、多くの地元民が使う交通手段を見つけました

明日の早朝出発のバスをゲットしました!



RIMG2304s.jpg

バスの乗り場は街の郊外、どやどやの下町といった感じ。
ここで一泊して夢のエチオピアに向け休みたいと思います。。。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
ナイロビ下町の様子、次回お伝えします。
スポンサーサイト
09:00 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 ルワンダからウガンダへ

ルワンダを朝10時ごろ出発するバスに乗り込むことにしました。
ルワンダウガンダは沢山のバスの行き来があるので、いろいろなバス会社が客引きをしています。泊まったホテルの人にたずねるのが一番ですが、ここら辺の地域のいいところは、国境行き。ではなく、首都~首都というところ。気を張って次のバスを探す必要がないのは、本当にほっとします

バスは大体値段も質も一緒のような感じです。

RIMG2183s.jpg

さて、今回私は大型バスに乗ることになりました。アフリカのバスは2×2のシートではなく、2×3というのが主流。新幹線みたいですね。3人がけの中央になって、巨大な方に囲まれたら、そのたびは身体的、精神的にかなりの苦痛に襲われるので、座席はとっても大事なポイント!こっそり口利きをしたりします。。。


RIMG2188s.jpg

バスは順調に走り出し、ルワンダの赤い大地を駆けぬけていきます。

さて数時間後、国境に到着です。
かなり活気のある国境です。物売りや人々がわんさか行きかっています!

ビザは事前取得は不要。ボーダーで取得可能です。(約5000円)


ルワンダの出国スタンプを頂き、ウガンダの入国へ。
いつも入国にはどきどき、神経を張り詰めて臨むのですが、ウガンダは『親日家』と言う噂をきいていていたので、いつもより安心した気分で入国審査に望みます

入国審査のおっちゃんは私のパスポートを見て、日本人だとわかると、途端にやさしくなります!!
「Tokyoから来たの?」
「僕も日本人の友達がいるよ。」
「ウガンダはとってもいいところだから楽しんでいってね♪」

とこんなに入国が簡単でいいの??!と言わんばかり。
「Enjoy!」と言われて、わたしもついつい嬉しくなってパスポートもらっちゃいましたが…。


ちょっと!おじさん!私にビザのスタンプ押してないよ
「あぁ、わりぃわりぃ。」とようやくビザのスタンプ(ここはシール)を頂きました。。。
はぁ、危ない、危ない。。。


RIMG2189s.jpg

ボーダーのラインが見えます。ついにウガンダ入国です


ウガンダは緑が豊かなとっても美しい国。
それは人々の国民性、性格にも表れていると感じました。またその話は別の機会にして。


デモ…。
暑い……


RIMG2196s.jpg

首都『カンパラ』には夕方到着。
現地のウガンダ人の家に1週間滞在予定です。
楽しみにしていたウガンダ滞在の様子、お届けします。


ブログランキングに参加しています


がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などなど、マニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
アフリカ話に戻ります!ウガンダ入国します。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
20:46 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 ブルンジからルワンダへ…。 

またまた更新せずすみません!
長野はさらに寒くなってきました。
興奮のワイナリーフェスタが過ぎてすぐ寒くなり、一気に紅葉が進み、ブドウ畑の葉っぱも一面茶色に変わっています。ちょっと哀愁漂う季節になってきました…。


さてさて、そろそろブルンジを出発する話をしたいと思います。

ブルンジの宿の目の前がルワンダの首都、キガリ行きのバス乗り場。
こういうバスは個人会社が走らせています。
私の乗ったバスは20人乗りくらいのミニバスに乗ります。
ブルンジとルワンダは内陸の山間の国なので、なるべくゆれないような席を確保するのが重要!
こういうときは女子一人旅の強いところ。
「女の子一人なの??ほら!ここ特等席だよ!」

と、運転手近くの一人がけの席をゲットありがたい、ありがたい。。。


バスは軽快に走り出し、3時間ほどで国境に到着です。
かなりスムーズでびっくりTommi

RIMG2187s.jpg
紅茶畑

基本的に東アフリカはビザを事前にとる必要はなく、その場でお金を払うとビザがもらえます。でも今までどおり行かないのもアフリカ。今まで何度も苦労したことがあったので、出国審査を受けた後、入国審査の列に並びます…。

近隣のアフリカ人はビザは不要。なので、私だけ取り残されてビザ発給を待つことになります…。
今回も入り口でプチトラブル発生。

「ビザは事前に大使館に行ってもらってもらわないといけないんだけど…」
と入り口のお兄さん。。。でも引き下がるわけにはいかない

「え。そんなの知りませんでした。。。何とかなりませんか。。。」


……。


待つこと約3分。
偉い人のところに相談に行ったお兄さんは

「今回は初めてだから許すけど、次回からはここでビザは発給しないからね。。。」

と!ビザゲット~


3分なら早いほうです!!
まぁ、運転手のおじさんが口ぞえをしてくれたのもあるんだけどね♪


無事ルワンダ入国です!


RIMG2158s.jpg

ルワンダは山のすそを切り開いて家を建てて、畑を耕す、長野のような、カリブのような妙に落ち着く風景。
朝出発したバスはお昼過ぎにはルワンダの首都『キガリ』に到着しました。

RIMG2184s.jpg

バスターミナルも大きいし、ブルンジとはえらい違い!
かなり開けた街です。

ちなみにブルンジから私を運んでくれたバス会社の名前は…



RIMG2182s.jpg

Yahoo エキスプレス

え?パクリ?
いやいや『Yahoo!』とは一切の関係はありません

特許も何もありません!隣国も目じゃないです。アフリカ!さすがアフリカ!!
やるなら堂々と!ですね~。

坂の街、キガリを次回はぷらぷら歩いてみたいと思います。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。

面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

しばらく海外逃亡する時期がやってまいりました(笑)
チケット購入♪
Tommiどのへ逃亡するのかな

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ルワンダ、かなり発展している街です。
19:50 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最もとりづらい?ビザ。西アフリカ ナイジェリア

国境越え情報の前に、西アフリカビザ取得で、最も取得が難しかった国についてお伝えしたいと思います。
これからアフリカたびの参考になれば。
また行く予定のない人も、「へぇ…。アフリカってすごーい…。」
と思ってもらえると面白いと思います


西アフリカは、どの国に入国するにもビザを取得しなければなりません。
それもその国に入る前に、各国の大使館へ申請をしにいかないといけません。
西アフリカボーダーで取得できる国は『ガンビア』『トーゴ』『ベナン』でした。(私の旅した国のうち。)
またビザがいらなかった国は『セネガル』でした。


さて、毎回毎回ビザ発行に大使館の場所を探し、そこまでいって現地の公用語(ほぼフランス語…)で申請書を書き、お金を払い、写真を撮り、そして待つときは何日かその国で待たないといけないのです。。。プラス今回、イチバン大変だった国『ナイジェリアビザ』についてお話したいと思います。


RIMG1477s.jpg
マリのビザ!


ナイジェリアビザは、西アフリカの各国の大使館で取れますが、私はガーナのナイジェリア大使館でとりました。ガーナのナイジェリア大使館は途中までミニバスで行けるので、タクシー要らず。


まず受付時間が朝の10時から昼の12時の二時間のみ。それを知らなかった私は、セキュリティで受付終了のことを聞き、次の日に出直すことになりました。

次の日。朝9時には到着。セキュリティさんと仲良くなり、必要なものを聞いておいたので、10時には大使館に案内され、順番を待ちます。大使館の受付嬢にビザを取りたいと話をすると、

「招待状はありますか?」


といわれました。招待状とは、ナイジェリアに住むナイジェリア人からのお手紙。私が招待してるので、ナイジェリア入国を許してください。という手紙が必要とのこと。

「ありませんけど。」


では、入国を許可できません。どうしても入国したい理由があるのなら、全ての旅程と行程、宿泊先と移動手段などを詳細に記載して提出するように…。とのこと(涙)。。。


自由旅行をしているTommiにとってみればそれは不可能のこと。仮に仮旅程を立てるとしても、私にはガイドブックがないので、宿の名前すら書くことが出来ません。。。


「ナイジェリアに入国してからの詳細な旅程はないけど、ナイジェリアから飛行機に乗らないといけないんです。」と航空券をみせる。


仕方ないわね。と航空券をコピーしてくるように言われ(その場ではしてくれない)、コピーしてくれるお店を探しに行き、また戻る。。何人も順番待ちしてようやく書類を提出しました。


RIMG1486s.jpg



では、ビザ発給は72時間後です。


72時間。。。3日足止めです。





3日後、ビザ発給の午後2時に合わせて大使館に行くと、散々待たされた挙句
「今日は大使が忙しくてビザの準備が出来なかったので、明日また来て。」と。。。



おもーいバックパックをふらふら背おってここまで来たのに、なんてことだ。


やむなく次の日まで待ち、ビザ受け渡しの2時よりかなり早い12時に到着。


既にセキュリティさんと仲良しになっていて、事務所で待たせてもらうことに

「ビザを取りにきているこが来ているんだけど」と大使館の受付嬢に直接電話をしてくれて、なんと予定時間よりも早くビザを受け取ることができました~♪


最終的にはビザゲットできたのですが。。。


ビザの有効期限は










48時間。。。


たったの48時間、二日間です。。。



最後までけちー!!一筋縄ではいかなかったビザ取得話でした。

でも、もっと大変だったのは、ナイジェリアへの入国でした…。
その話は次回!

RIMG1532s.jpg


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

どんどん国情報進めていきます♪

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
23:10 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 マリからブルキナファソへ

昨日アメリカから二人の友人が日本に到着しました。
来週にはまた二人、その友人を迎える準備に飛び回ってます♪
まったく日本のことを知らない友人が言った言葉は…
『どうして日本人はみんな顔が隠れるくらいマスクをしているの??』・・・うーん!ごもっとも

さて、国境越え情報行きたいと思います。
マリへ入国後、怒涛のドゴンカントリー砂漠トレッキングを行ってまいりました。
せっかくまりの北東部に来ているのだから、そのままブルキナファソへ抜けたい。

…ありました。ドゴンからブルキナへ抜けるルートが。

ドゴンカントリートレッキングから牛車に乗ってのんびり数時間、バンカス(Bankass)という町に到着。一泊します。朝、9時ごろ、朝市から帰る地元の人に混ざって国境の町コロ(Koro)行きのバスに乗ります。(3000CFA) 砂漠の中を走ること3時間、コロに到着。ここから国境を越えるバスに乗り換えます。2500CFA、乗り場は微妙に違うので、いつでも地元の人に聞くのがイチバン。

バスに乗れたことはラッキーなのですが、乗ったからといって安心してはいけません。人数が集まるまでバスは出発しませんし、国境でのビザチェックは一人ひとり気が遠くなるような待ち時間。。。

RIMG1342a.jpg
気長に待つしかない

砂漠の中ですので、食べるものはなくても我慢できますが、水分は必須!
リッターのお水は持ち歩きましょう。

RIMG1343_convert_20100304072309.jpg

これブルキナファソ側のビザチェック。この国境越えは何故か3回ビザチェックがありました。
ビザチェック+パスポートチェック+荷物チェックを各チェックポイントでやります。諦めるしかない。。。

ブルキナファソ側の町
Burkina_Faso_carte.png
ワヒグヤ(Ouahigouya)に到着したのは夜の7時でした。

たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!現在はアフリカたびのおもしろエピソード発信です。誰も見たことのないリアルアフリカをお伝えできたら…。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

アフリカ、不思議いっぱいの大地!応援よろしくおねがいします。
fc2ranking
11:20 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑