回顧録 アフリカ謎の国ブルンジ:両替をしに銀行へ

アフリカを一人たびした時の話です。
西アフリカから始まったアフリカ1周も南アフリカを回って後半戦、タンザニアの『キゴマ』という街を抜けて、バスに揺られること数時間。国境に到着です。

ブルンジでの国境トラブルの様子は是非こちらの記事を見てください♪

にほんブログ村 トラコミュ 秘境・マイナーな地域へ
秘境・マイナーな地域

にほんブログ村 トラコミュ ワーキングホリデー&バックパッカーへ
ワーキングホリデー&バックパッカー


ここで。
アフリカを旅行する人は南アフリカから北上して、タンザニアの海岸部や首都(東へ向かう)を目指してたびをするのが多いです。しかし、ひねくれ者の私は、言語がなかなか通じない困難さをもう一度味わいたくて(ブルンジの公用語はフランス語)、タンザニアから内陸方面(西側)へ向かうことにしました。


Tz-map.png

ザンビアから北上する場合、電車でタンザニアの首都ダルエスサラームへ向かい人が多い中、私は敢えて緑色のルートを選択しました。

国境の街というのはどこでも活気に溢れていて、両替屋さんや宿屋、道端に物売りやタクシーが沢山いるのですが、この国境はとっても静か。。。ちょっと不気味な位。。。

これから向かう『ブルンジ』という未知の国を象徴するような。。。
なんだかんだのすったもんだがあり、タクシーに乗ること30分ほど、麓の街に到着です。
タクシーの運転手がしつこいので、私の言い値だけ料金を払いそそくさと銀行に入りました。


銀行の中は守られるはず。。。

ほっと一息ついて、両替をすることに。

周囲から好奇の目で見られながら順番待ち。普通両替は窓口でささっ。と行うことが多いのですが、ここでは個室のような場所に案内されました。

私の相手をしてくれたのは女性の行員さん。なんだか安心して世間話なんかをしていたら。。。

「へぇ。あなた日本から来たの?へぇ〜!!アフリカ旅行しているの?私も日本へ行ってみたいわー。」

なんて始まり。まぁ。こんなのは慣れっこなのですが、そこから

「ねぇ。困ってることあったら何でも私にいって!何でも助けてあげるわ!ブルンジは人があまりよくないからだまされちゃだめよ!!何か私に出来ることない?」

とスゴい剣幕で話を続けます。。。まぁ、行員さんだし、悪い人じゃなさそうだし。。。

とまだ決めていなかった宿を探してもらうことに。

「それならここよ!」


RIMG2115.jpg


と国連関係者や外国人の出張でよく使われるという一泊約1500円ほどの宿を紹介されました。蚊帳付き、トイレあり、セキュリティも良さそうだし、やっぱり地元の情報は一番だな。。。とお礼を言うと。。。

「役に立った?よかった!それじゃあそのお礼として頼みたいことがあるの♪」

と始まるではありませんか(苦笑)タダでは終わらないアフリカ。。。

「私新しい家に引っ越したばかりなんだけど、寝室のベッドカバーを新調したいのよね。あなた、日本に帰ったら私の為にベッドカバーを買って私のところまで送ってくれないかしら。」

「私の家のベッドの大きさは○○で、私の好きな色は○○色、日本にも伝統的な布ってあるでしょ?そういう伝統的な布で出来たベッドカバーがいいわね。あ!お揃いでクッションカバーもあったら欲しいわ。」

「レースの付いたのでもいいわよ。あと、花柄もいいわね。。。♪」

「もしそのベッドカバーが届いたら、早速セットして、お客さんに自慢するの!だって素敵だと思わない??」

「私の住所はね。。。あ。住所はここ(銀行)でいいわ!!銀行宛に送って!!ねっ。よろしくね!!」



両替が終わると女性行員さんが一言。

「ちょっと彼女をホテルまで送ってきまーす♪」

というと、彼女は仕事中にも関わらず(驚)銀行を抜け出して、私の宿泊するホテルまで案内してくれました(いいの??)

RIMG2119.jpg
麓の街!

いろんな物を賄賂として要求されることは多々ありましたが『私が帰国した後にベッドカバーを送って欲しい』という要望は初めてでした(笑)おまけにかなり彼女は真剣。詳細な注文までしてくれて、大興奮!なんだかブルンジの国民性を見たような。。。

その後ベッドカバーを送ったかって?
残念ながら送りましませんでした(苦笑)

そのかわり彼女との別れ際に、日本製の文房具を差し上げました。。。

出来るだけブルンジ人にお世話になることはやめよう。。。
そう思ったちょっと思い出に残る出来事でした。。。


RIMG2121.jpg
この街で食べ物を探してカフェへ。紅茶と固〜いパンが出てきました。。。


ちなみに前も書きましたが、ブルンジでは男女ともに『角刈り』の人が異常に多かったです(苦笑)
女性も。。。怖い。。。



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
語学学校スタート!
スポンサーサイト
22:09 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブルンジ 憧れのタンガニーカ湖に再会する!

アフリカ話が随分遅れました。
気合入れてアフリカの話にいきたいと思います

現在はブルンジと言う世界の中でも最貧国と言われている国です。
忘れた方は、入国審査で苦戦したときの話をご覧ください。

首都ブジュンブラ行きのハイエースは朝の8時発。
時間が決められているのが珍しい。整理券まででたりして、すごいなー。

RIMG2122s.jpg

道はぼっこぼこですが、時間は30分送れで出発するくらいなので、で出し好調です
また、ハイエースの場合、どこに乗るかがその後のたびの快適さを左右します。これはカリブ時代からの教訓です。助手席に乗れたらベスト!!ワインディングがそれほどない場合、運転席と助手席の間に乗れるとまあまあです。
後ろは無理やり人を詰め込んだりするため、かなり苦しいたびになります。。。

今回私は、助手席と運転席の間をゲット!!吹っ飛ばされないようにどこかにつかまっていれば、たびは快適になりそうです。

RIMG2129s.jpg

運転手も乗客も、かなりカッとなりやすいようで、スピードは飛ばすわ、遅い車がいるといちいち怒っている。この国の国民性を見たきがします。。。

ハイエースは一気に峠を降りていきます。そして。。。



RIMG2134s_20101024192536.jpg

え??海??!
いいや、違います。タンガニーカ湖です。
タンザニアで泣く泣くお別れをしたタンガニーカ湖との再会となりました。
湖の向こうはコンゴです。いきたかった国…。


RIMG2136s_20101024192712.jpg

数時間、タンガニーカ湖に沿って走ることが出来ました。感動の再会です


RIMG2140s.jpg

集落に差し掛かると、待ってましたとばかりに人々が押しかけて、何かを売ろうとしています。
これは、観光客目当てではなく、乗客のご飯を売っているのです。

私の顔を見た瞬間、その場を立ち去るって言うのが面白い(笑)!

何を売っているのかと言うと、バナナやおいも、バナナの皮にくるんであるのは、鶏肉が入っているそうです。気性の荒い運ちゃんも、バナナの皮にくるまれたものを購入してご満悦の様子…。


5時間くらいのドライブを終えて、無事、Tommiはブジュンブラ、首都に到着しました。

……さて、宿を探さないと。。。
初めての街についた時が一番緊張して、顔が引きつる、怖くなる瞬間です。

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋を満喫してますか?長野はきのこがんんまいです。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ブルンジの首都、ブジュンブラを散歩してみたいと思います。
19:35 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブルンジ イミグレーション 入国審査で苦戦する



前回、『棒一本』ですんなりブルンジの国土へ入ることが出来たTommi
そのときの記事はこちらをご覧ください。

ハイエースは、ブルンジ側の入国審査に止まりました。
審査官はみんなのパスポートを持って部屋の中に入っていきます。
私たちはよばれるまで外で待機。一人ひとりよばれるのを待ちます。
これはいつもの光景…。

私はビザ代US20ドルを払わないといけないので、お金を用意して待っていました。
タンザニアのキゴマの銀行で、USドルをちゃーんと用意したから大丈夫
……とスムーズに行かないのがアフリカ!
審査官のお兄さんは、私のUSドルを見て、

「この紙幣は使えないよ。」

と言うのです…。



RIMG2123s.jpg

へっ??

どういうこと??
話をきいていると、どうやら私の紙幣は2005年以前に発行されたものらしく、アフリカでは2005年以前のUSドルは偽札防止のために使うことを自粛しているらしい…。

え```````

じゃあ、タンザニア銀行が悪いんじゃないかーー
「みて!これタンザニア銀行から両替してもらったんだよ!」と明細書を見せますが、効果なし…。
この地域の国は国ごとにお金の単位が違うため、あまり余計なお金を持っていなかった私は、タンザニアシリングでビザ代を払うことも出来ませんでした…。闇両替のおっちゃんも、そんな紙幣じゃ両替しないよ!とか言うし…。

待ちくたびれたハイエースは、私だけをおいて、先に出発してしまいました…。。。

交通手段もお金もなくなったワタクシ…。入国検査にポツン。。
お金もないし、どうも出来ないし、でも急ぐ気持ちもなく、彼らと喋っていました。

自分が持っているお金で何とか通してもらえないかと、持っている外貨を出してみます。




結局、15EUROとUS5ドルでビザを発行してくれることになりました。。。
損はしたけど、まぁいい。入国は何とかできたのです。

入国審査の兄さんがよんだ個人タクシーでふもとの街まで乗せてもらうことに…。
まずはブルンジのお金を手に入れないと…。ぼったクリをたくらんでいるのはみえみえだったので、こっちだって言いくるめてやろうじゃないの。
片言の彼の英語には勝つ自信がありました(笑)。

「両替が出来るふもとの街まで乗せてって。」
「両替は首都まで行かないと出来ないよ。」
「んなはずないじゃん。ある程度大きい街まで連れてって。」
「じゃあ、2万円(日本円で約)だよ。」
「はぁ?そんなかかるはずないでしょ?私を誰だと思ってんのよ?あんたぼったくろうと思ったってそうはいかないからね。そんなぼったくるなら、お金払わないからね。」
「ぶつぶつ・・・」

私は思う存分彼に言ってやりました。彼はそれでもぼったくろうとしましたが冗談じゃない。
1000円だけ払って、ふもとの街でとっとと降りてやりました。
(ちなみにハイエースはふもとの街まで300円くらいだったと思います。)

溜まっていたうっぷんが一気に爆発した感じです…。
自分で両替をして、ホテルを探して、食べるものを探して、明日の首都行きのバスのチケットを購入して、なんとか一日終了です。

RIMG2118s.jpg

ブルンジ、まだまだ続きます。
みなさん、一つだけアドバイス、アフリカに行く際は、2005年以降のUSドルを用意していきましょう。アメリカなどでは普通にその紙幣も使えるようですが、アフリカ全土で2005年以前の紙幣を受け付けないという決まりがあるそうですよ…



ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ブルンジ。男女角刈りがはやっている不思議な国です…。
07:27 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 タンザニアからブルンジへ

キゴマという街にやっとの思いで到着したTommiです。
キゴマという街は、国連難民基金の総本部があるという難民援助のベースになっているところだそうです。またタンガニーカ湖沿いにあるため、交通の要所になっているようです。。。
確かに、それっぽい人はちらほらいるけど、街はいたって典型的なアフリカののどかな街です…。

さて、キゴマの街滞在は別の機会に話すとして、キゴマの次は『ブルンジ』という国を目指すことにしました。

キゴマのバス乗り場でブルンジへの国境行きのバスを探します。
朝早く(5時とか)にバスが出てしまうことがあるので、念のためにと朝日が昇る前にバス乗り場へ到着。バスはミニバス。私が一番乗り…。と言うことは、このシートが定員(多分30人くらい)に達するまでここをでることはないということになります。。。

いったい何時間待ちぼうけになるんだろうか…
お昼くらいに出たら万歳だな。。。


予想通りバスはお昼ごろ出発。6時間待つなんて慣れっこです(涙)。。。
山の尾根のような標高の高い場所をひたすら進み、国境の街に到着です。
メインストリートにちらほらお店が並ぶだけの寂しい国境。
普通国境の街って賑わってるんだけどな…。

とことこ歩いて国境へ。

RIMG2114s.jpg

これが国境…??



…棒一本のみ。。。



おまけに常時開いてる…。

タンザニア出国はスタンプポンっ!!で難なく
こんなもんかな。。。

RIMG2113s.jpg

普通に地元の人はとことこ国境越えてるし…。


さて、ブルンジ側の入国審査、ビザ発給はこのハイエースに乗っていくようです。。。


何の問題もなく『棒一本』の国境を越え、ブルンジに入国です。。。



同じ乗客はタンザニア人かブルンジ人。
ブルンジは再びフランス語に戻ります。

どのくらいの人がブルンジのことを知っているでしょうか。


RIMG2131s.jpg

ブルンジはタンザニアとルワンダに挟まれたかなり標高の高い国。
決して裕福な国とはいえない、世界の中でも『最貧国』と言われている中にリストアップされます。観光も力を入れてなく、政治的にも最近まで不安定な状態が続いていました。

By-map.png



棒一本であっさり入国できてしまった未知の国ブルンジ。
意外とこの調子で順調なたびが出来るかな…。なんて思っていましたが。。。


さすがブルンジ。
そうもいきませんでした

ブルンジ奮闘記。
続きます。。。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ブルンジ。一筋縄ではいきませんでした…。
20:22 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑