私のたびに影響を及ぼした思い出④ ドラゴンクエスト マリ自然の偉大さと恐怖を味わう

たびの昔話です。

以前、ドラクエとアフリカのお話をしました。アフリカの大地は、子どもの頃に大好きだったドラゴンクエストそのものの世界だったのです。

その続きの話をしたいと思います。
マリ,ドゴンカントリーにいったときの話です。
『地球の裏側』といわれているマリドゴンカントリー、2泊3日でガイドを雇い、トレッキングをしました。
2日目は、がっつり移動日。滞在していた村から、砂漠を越えて、崖の上にあるゴールへ向かいます。

たびで『水』はとても大切なもの。
登山でも一日2リットル必要とかいいますよね。
私の手持ちは500ミリリットルをきるくらいの水。
滞在していた村で、購入しようとしたら『1500円』といわれました。

今思えば、ここまで運ぶ代金や手間賃などを考えれば妥当といえる値段だったのかもしれませんが、その値段があまりにも高いと感じた私は、購入せず、砂漠越えに挑むことになりました。
考えたらそれが間違いで。


RIMG1288.jpg

日を遮るものは何もなく,誰ともすれ違わず、
いろいろな砂漠あれど,ここは砂砂漠。足を取られて、うまく歩けない。
体力がどんどん奪われていく。
朝7時に出発したけど,日はどんどん高くなって。
平地ではなく,丘を越え、谷を下るの繰り返し。
息をすれば一緒に砂が口に、鼻に入ってきて。それをうがいしようとする水がもうほとんどない。。。
余りの暑さに半袖になりたいが、あまりに日差しが強すぎて、上着を脱ぐことができない。
暑くて、暑くてあせだらだらで、水を飲みたいけど,もうその水もない状態。。。

RIMG1287.jpg

写真を撮る気力も、どこをどのくらい歩いたかの記憶もない。
ギブアップするか、水代の何十倍もする助けを求めるか。
後どのくらいでゴールなのか。
全く分からない。点々で記憶があるけど、あのときのこと,本当に覚えていない。
このとき今思うと、完全な脱水状態だったんだと思う。


どのくらい歩いただろう。
砂漠を抜け、木陰でようやく休憩。
お昼を過ぎていたと思う。ガイドが、
「いけるなら、目の前の崖を登って,その上が今日のゴールだ。」という。

崖。。。って、グランドキャニオンみたいな、そんな崖。
でも、その上には集落があって、誰かが上り下りしながらそこに住んでいるのだ。
ゴールが分かったのであれば、水の何十倍の値段を払って、助けを呼び、ギブアップするのは、プライドが許さない。

その崖を水なしで登ることになった。
その崖を無心で登り、途中で水かめを頭にのせて登り降りする女性に何度もすれ違った。
上の世界には、十分な水がないようだ。
1時間30分くらい登ったところで、ついに集落を発見し,お昼休憩となった。。。

そこで、迎え入れてくれた家族の笑顔がどれがけ嬉しかったか。
水を購入し、半分は一気飲み、半分は頭から洋服ごと水をかぶった。
お昼寝をさせてもらって、崖の上のごつごつした大地をゴールに向けてひたすら歩きます。

人の足には、安定した大地がいかに大事か、水がどれほど大事なものか、平和ボケしている日本人の私にはきっつく体にしみました。。。


そして夕日が落ちかけたとき,本日のゴールに到着です。。。



ドラクエの話になりますが、そんな思いをして、ゴールの村の崖の縁でみた景色,この音楽がそのときの気持ちにぴったりだと思います。よかったら、音楽を聴きながら読んでみてくださいね。


村に荷物を置いて、一番景色のいい場所へ。
そして見た景色がこれ。



Mali Dogons

感動して,今自分がここに来れたことが嬉しくて、よかった。。。と心から思いました。
一日無事に終わったんだ。私は今,生きてるんだ。ってこの景色を見て思いました。


RIMG1328.jpg

あんなに暑くて、私を苦しめた気温も,夜には冬用のシュラフにくるまらないと眠れないくらいの気温になります。

最終日の最終目的地に到着し,馬車で、ドゴンカントリーを後にします。

RIMG1332.jpg

馬車の荷台に揺られながら、今まで起きたことを振り返ります。
でも、しゃべる気もなくて、達成感というより脱力感という方が近くて。
このドラゴンクエストのような夢の国から帰ってきた。という思いがしました。

ドラクエの世界、もう一つあります。
次回、お伝えしたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
街行く女性がレザージャケットにブーツとなってきました。寒い季節を恐れて、冬の準備始めました。
スポンサーサイト
00:57 | 旅行の影響力 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私のたびに影響を及ぼした思い出③ ドラゴンクエストとマリ ドゴンカントリー1

私が幼稚園のとき、父が買ったファミリーコンピューター。
そして、一番思い出深いのが小学校中学年ころ発売された『ドラゴンクエストⅢ』です。

いろんな種類のドラクエがでていますが、この頃のドラクエが私のたびのスタイルに影響を及ぼしていると思います。
というよりも、旅にでた先で、これがもしかしたらドラゴンクエストの世界だったのではないか。ここがドラクエの制作者たちが見て来た風景なのではないか。。。と思わされたといった感じ。

ドラゴンクエストが大好きで、
(ブログを見ている方にもこの思いに共感される方がいたら嬉しい!)
当時は必死の思いでカセットを手に入れて、弟と学校が休みになるとずーっと冒険をしていました
でも、私は敵と戦ったり、薄暗い洞窟に入るのが怖くて、自分では滅多にプレーせず、弟がプレーしているのを隣でじっと見ていました。攻略本を本が壊れるまで読んで、敵に負けないように必死にお願いして。。。洞窟を突破できるように必死に画面に頼み込んだり。。。(笑)

小学生の私たちにはドラクエをクリアするのはそう簡単なことでなく、かなりの時間をかけてクリアした思いがあります。
ドラクエには陸を歩いて回るシーン、町や村、お城を訪ねていくシーン、砂漠を歩くシーン,船に乗って島を目指すシーン。。。いろいろありますが、新しい世界に行くことが本当に楽しくて、実際の地図と見比べて、ここは本当はヨーロッパの辺かな?とか、アイスランドってこんなに氷に囲まれているのかな?とか(笑)

そしてもう一つドラクエで大好きなのは『音楽』です。
すぎやまこういちさんの音楽は、冒険を更に面白くさせてくれ、今聞いても当時の情景が一つ一つ鮮明に思い出せる位印象に残る音楽です。聞いたことがない人も,こんな冒険だったんじゃないかな?と思い描くことができるすばらしい音楽です。
アフリカをたびしているときに、ふと口ずさんでいたのがこのドラクエの音楽でした。なぜなら今たびしているアフリカの風景と、気持にぴったりだったから。

ドラクエ好きの記事はこちらも是非見てください♪

マリ、ドゴンカントリーをたびしたときのこと。
2泊3日のトレッキングはまさに『地球の裏側』といわれている場所の名にふさわしい風景でした。
そしてそのときに頭の中を流れたのがこの音楽です。
(ドラゴンクエスト 広野を行く)
よかったら音楽を再生しながら記事を読んでください。




車から降ろされた場所からトレッキング開始、ごつごつした岩場を必死についていきます。


RIMG1241.jpg

カラっからに乾いた大地をひたすら歩きます。


RIMG1244.jpg

ただいわれるがまま岩の合間をくぐり抜けて、でてきたその先は。。。



RIMG1247.jpg

見たことのない茶色の大地、サハラ砂漠のような砂の砂漠とは違う大地。
どこまでも続いていて、そしてふと自分がキャニオンの頂上にいるんだってことに気づく。
何にもなくて、寂しくて、でも壮大で、その寂しさに感激する。
アフリカのたびは、楽しくて元気が出るというものより、哀愁あるメロディが思い浮かんでくる。


RIMG1250.jpg

下界に下りて集落へ到着。


RIMG1256.jpg

崖の縁にそって続く集落、ここに沢山の部族がすんでいる。
ドラクエの勇者たちもこうやって村々を渡ってきたんだろう、どこまで続くんだろうという無限の大地に現れる集落がこんなに嬉しいものなんて知らなかった。



RIMG1264.jpg

集落をでると、すぐに無限の大地が広がっている。
こうやって歩いていると、自分たちが勇者のパーティになった気分になって、いつ敵がでてきてもおかしくない状況だって思えてくる。

そうして夕焼けが訪れて。

RIMG1284.jpg

このたびは、まだまだ続くんだと明日への英気を宿屋で養います。。。
ドゴンカントリーは私にとって、ドラクエの世界そのものでした。
いくつかの印象に残るアフリカたびとドラゴンクエストのコラボ、もういくつかしてみようと思います。




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
最近のフリースラントは20℃後半をキープ!半袖、着ました!!
00:23 | 旅行の影響力 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 マリからブルキナファソへ

昨日アメリカから二人の友人が日本に到着しました。
来週にはまた二人、その友人を迎える準備に飛び回ってます♪
まったく日本のことを知らない友人が言った言葉は…
『どうして日本人はみんな顔が隠れるくらいマスクをしているの??』・・・うーん!ごもっとも

さて、国境越え情報行きたいと思います。
マリへ入国後、怒涛のドゴンカントリー砂漠トレッキングを行ってまいりました。
せっかくまりの北東部に来ているのだから、そのままブルキナファソへ抜けたい。

…ありました。ドゴンからブルキナへ抜けるルートが。

ドゴンカントリートレッキングから牛車に乗ってのんびり数時間、バンカス(Bankass)という町に到着。一泊します。朝、9時ごろ、朝市から帰る地元の人に混ざって国境の町コロ(Koro)行きのバスに乗ります。(3000CFA) 砂漠の中を走ること3時間、コロに到着。ここから国境を越えるバスに乗り換えます。2500CFA、乗り場は微妙に違うので、いつでも地元の人に聞くのがイチバン。

バスに乗れたことはラッキーなのですが、乗ったからといって安心してはいけません。人数が集まるまでバスは出発しませんし、国境でのビザチェックは一人ひとり気が遠くなるような待ち時間。。。

RIMG1342a.jpg
気長に待つしかない

砂漠の中ですので、食べるものはなくても我慢できますが、水分は必須!
リッターのお水は持ち歩きましょう。

RIMG1343_convert_20100304072309.jpg

これブルキナファソ側のビザチェック。この国境越えは何故か3回ビザチェックがありました。
ビザチェック+パスポートチェック+荷物チェックを各チェックポイントでやります。諦めるしかない。。。

ブルキナファソ側の町
Burkina_Faso_carte.png
ワヒグヤ(Ouahigouya)に到着したのは夜の7時でした。

たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!現在はアフリカたびのおもしろエピソード発信です。誰も見たことのないリアルアフリカをお伝えできたら…。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

アフリカ、不思議いっぱいの大地!応援よろしくおねがいします。
fc2ranking
11:20 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 セネガルからマリへ

エキサイティングなアフリカ旅をしているあなたに!
ちょっと情報提供♪国境越え情報。セネガルからマリへの越え方です(2008年12月現在)

RIMG1151_convert_20100228220119.jpg

ガンビアからセネガルに無事戻ってきて今回はTambaconda からのマリ国境行きの情報です。
前情報では、ここから直接Bamako行きのバスをつかまえる事ができる!!なんて聞いていましたが全く嘘。
正直、セネガルからバマコへ行きたい場合は、ダカールから長距離バスをつかまえるのが一番だと思います。

私は朝4時30分、ヒッチハイクでmini bus をゲット。4000CFA支払い、約4時間のドライブ、写真のような牢獄にいるみたいな車中、朝日とともにお祈りを始めるイスラム教徒をのんびり待ち、着いたのが国境の町、Kidra キドラです。国境とイミグレーションは、少々離れていて、街の外れまで徒歩20分くらい。町の人に聞いた方がいいかもしれません。まるで分からない…。
出国スタンプは案外あっさりいただけ、そこで、私はBamako 行きのバスの客引きにつかまります。個人で運営しているバスのようで、本来そんな早くにバスは出ていないので、ラッキー。その人に連れられてマリに入国します。
マリ側の町におっきなオンボロバスが止まっています。
12500CFA(日本円で約3000円)払い、バスに乗り込みます。10時30分出発です。

しかし、アフリカのバス選びの鉄則!!
口コミで評判のいいバス会社に必ず乗ること!!

私が乗った個人経営のバスは、定員を軽くオーバーし、要所要所で検問に引っかかり、マリの警察官に賄賂を要求され(私はビザを持っていたので大丈夫だったけど)、首都バマコに到着したのは、夜中の2時でした。。。

もうどうにも身動きがとれず、おっちゃんたちに混ざって野宿しましたよ。バス乗り場で…。
はぁ~思い出してくるわ。


たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!現在はアフリカたびのおもしろエピソード発信です。誰も見たことのないリアルアフリカをお伝えできたら…。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

北海道に行ってきました。極寒北海道報告したいと思います。
fc2ranking
21:50 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Mali Dogon country その2 砂漠で地獄を見た。。。

ドゴンカントリーの話を続けます。私のトレッキングは3日間、2日目が始まりました。2日目がイチバンきついとのこと。
Dogon Country`s trecking 2nd days started... Our guide said 2nd days will be the hardest part...

9時出発。昼間は日差しが強いので、午前2時間お昼ご飯を挟んで3時ごろから2時間のトレッキングが通常です。でも、今回はガイドが彼の村を離れるのを惜しんだために出発が1時間送れ。既にものすごい日差しです。おまけにトレッキングにイチバン必要な水をものすごいお金で売ろうとするではありませんか!!(500円くらい)?これを我慢して買うべきだったのですが、私たちは悔しくて買わなかったのです。。。
トレッキング開始直後、すごい上り坂が続きます…。足元は砂砂漠。体力をどんどん奪っていきます。いつの間にか汗もでなくなり、飲む水も減り、喋る言葉もなくなり、完全に暑さにノックダウンです。私。これを『熱射病』というのでしょうか?たぶん…。
でも止まったってあたりは砂漠。助けを呼んだら何万円もする。ただ、前に進むしかない。ふらふらになりながらタダひたすら先の見えない砂漠を進みます…。
RIMG1288a.jpg

残された水もあと数口になり、ガイドが『崖の上の村までいけるか』と私に尋ねます。崖を上るのが目的地にイチバン近い方法だとか。もう意識もうろうで『Yes』と答えるしかない。どのくらいゴールまでかかるかガイドのみ知る、相方さんが私のバッグを自分のリュックにくくってくれました。
RIMG1293a.jpg

登りつづける事約1時間、中継地点の村に到着です。。。

はぁ。私、生きてる…。
よかったーー。

水を購入して、ここで食べたパスタがどれだけ美味しかったか。具はサツマイモだけだったけど、甘くてしょっぱくて、美味しかったー。
RIMG1289a.jpg

昼休みは、井戸の水を汲んで、洋服を着たまま全身水浴びです。髪の毛から足の先まで何度も何度も水を浴びて、ようやく体が楽になってきました。。。
この村の子どもたちは観光客すれしてなく、とっても優しくて嬉しかった。
こうして後半戦のトレッキングも無事乗り越え、二日目の宿がある村まで無事到着することが出来ました。
RIMG1292a.jpg
次回ドゴンカントリー最終日です。

たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!現在はアフリカたびのリアルタイム発信です。誰も見たことのないリアルアフリカをお伝えできたら…。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ
ドゴン最終章。次回続きます。
fc2ranking

20:08 | 西アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑