オランダの妊娠、出産にかかる費用事情:医療保険、自己負担など

オランダはよく医療福祉、子どもの教育などの手当が厚い!国だと言われています。
しかしよくお世話になっている医療の面に関して、必ずしも手当が厚い!ばかりではない。と最近感じます。

オランダを取り巻く状況は年々変化していて。それの大きな原因は『高齢化社会』『移民』
どちらもここ数年で大きく変化していて、そのためにオランダの法律、決まりがめまぐるしく変化しています。

今回は日本の費用と比較しながらオランダで妊娠、出産、その後にかかる費用について書こうと思うのですが、毎年全く違う法律になっているので、あくまでも2016年9月現在(もしくは2016年)の情報としてみてただけたらと思います。


R1029528.jpg
オランダはベビーカーと言えば新生児からのものが主流。
ごっつくてレンガ道も楽々。数ヶ月後に座るタイプのイスに取り替えます。また1歳までのチャイルドシートも取り付けられるのがほとんどです。


まずは医療保険について。
日本では置かれている状況によって入る保険や自己負担額が変わって来ます。
プラス任意でもしものための保障をしてくれる保険に入る事もあります。
そして自己負担は基本3割負担。高額医療の場合は申請後払い戻される制度があります。

オランダは数ある民間の保険会社の中から、入りたい保険を自分で選んで必ず加入します。
種類は大きく分けるとベーシック保険と追加保険があって、毎月安くて1万円弱からそれ以上の保険料を支払います。
プラス保険の種類によってカバーされている治療、検査などが異なるので、それに応じて自己負担額を払います。

私の場合は追加保険の中でも一番上位のプランに加入しています。毎月の保険料は1万5千円くらい、そして1年間の自己負担上限額は約5万円です。(旦那の場合は保険料は月8千円くらい、年間の自己負担上限額は約10万円くらいです。)

オランダは医療費が安い!と言われていますが、タダなのはかかりつけ医。その後の専門病院での検査や治療は保険料を払いつつ自己負担上限額まではお金を払い続けなければなりません。

保険内容を変える事が出来るのは年末の限られた期間のみ。
なので、「来年は病院にかかるかも。」とか「来年は不妊治療、妊娠出産したい。」と思っている人は、ここで保険内容を変えるのです。


R1026669.jpg
我が家の1台目のベビーカー『Mutsy』に車のチャイルドシートを取り付けた様子。
車の中で寝ていたベイビーを起こさずお出かけ出来ます。日本でも流行って来てるかな。



妊娠中の妊婦検診について。
日本では出産までに約15回、1回当たり5千円くらいの費用がかかるとのこと。
市町村からの助成金がでるそうなので、実際の自己負担額はそれより少なくなります。

オランダは自然妊娠の場合、かかりつけ医にかかった後地域の助産婦さんから検診を受けます。
これは基本全て無料です。
ただし、オランダの医療の特徴は『最低限の医療を提供する』ということ。
妊婦検診は1ヶ月に一回。後期30週を過ぎてくると間隔が短くなります。
そして問診、血圧測定、触診と心拍の確認のみです。

エコー検査は妊娠10週と20週の二回のみ行われ、助産師さんが必要と判断した場合はエコーをしてもらう事が出来ます。
追加でエコーも。。。という場合は全て別料金です。

母親学級
日本は有料無料様々。

オランダはトータル12回程かよって3万円弱。
この料金は加入している医療保険によって全額自己負担もあれば、もしくは全額、一部負担してくれるところも。
私の場合一人目の時は(2015年)妊婦教室代全て保険で戻って来ましたが、今年受けるとしたら、最高で1万円のサポートしか受けられなくなったようです。。。


出産について。
日本は全国平均約45万円かかるというデータを見つけました。
(自然分娩、普通の入院の場合)
そして市町村から出産一時金として費用が戻ってくるとの事。
それでも自己負担は数万円からあると聞きます。

オランダは以前は全て無料でした。
ところが2016年から医療的処置が必要でない妊婦さんが病院出産を選択した場合、保険によって数万円の自己負担が生じるようになりました。
自宅出産の場合は無料だそうです。。。

オランダでは出産後、問題がなければ数時間で病院から退院しなくてはならず(我が娘を出産した時は3時間くらいだった気が。。。)その後のベイビーと母体のケアは産褥ヘルパーさんに任されます。

これも以前までは無料だったのですが、2016年から保険によって時間当たり500円ほどの自己負担額を払う事に。
500円×8時間=4000円
4000円×7日間=28000円

これにプラスして母乳育児をしないと決めているお母さんの場合、更に追加料金を払わないといけないのです。

今まで無料だったぶん、この自己負担額はかなり大きいです。。。



R1029202.jpg
我が家の2台目ベビーカー『Quinny Zapp Xtra2』
日本でも発売されていますが、オランダのメーカーです。二人目が生まれたらこのベビーカーに娘が立ち乗り出来るようにステップを追加する予定です♪



年々変わるオランダの医療保険のルール。
その他でいうと、遺伝子疾患のエコー検査(妊娠12週で実施)は35歳以上の妊婦さんは無料でしたが、2016年からは自己負担になりました(約2万円)。

『オランダでも妊娠、出産にお金がかかるようになって来た。。。』

これが私の意見です。
日本、オランダ、どちらがいい。とは一概には言えませんけど。
ちなみにtommiは二人目もオランダで出産する予定です。
(意外と病院で出産後数時間で自宅に戻り、自宅で介護を受ける。というシステムが気に入っています。)

おまけ:

R1029588.jpg

寒くて出番のなかったハンドメイドフリフリパンツがついに日の目を見ました(涙。。。)
腕にはタイ人からもらったタイ北部の民族のお土産。
鈴が付いていて、娘がどこにいったかよく聞こえます(苦笑)。。。



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
ミシンが、やりたい。。。
スポンサーサイト
05:31 | オランダで妊娠、オランダ妊婦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オランダで不妊治療体験談:IVF体外受精の場合

不妊治療の話の続きです。

IUI人工授精の話はこちらから。

人工授精をマニュアル通り6回失敗した我が夫婦は、1ヶ月お休み期間を経て体外受精にチャレンジする事になりました。
体外受精の前には、1ヶ月ピルを飲んで生理の調整(保険効きませんでした)、再度血液検査、そして夫婦揃って心理士さんとのカウンセリングを受けました(オランダではこれは必須のようです。)

体外受精のサイクルが開始、自己注射はデカペプチル(Decapeptyl)とゴナールF(Gonal F)です。
その間エコーでの検診は3回。最後の3回目に同時に血液検査をして、いつ採卵を行うかベストのタイミングを決定します。

私の場合、血液検査の結果思ったよりホルモン値の上昇が早かったため、翌日採卵を行う事になりました。


当日は日曜日。
採卵を担当してくれたのは不妊治療の医師ではなく、婦人科の当直医師と不妊治療専門看護師一人です。
7時半に病院へ到着。麻酔をして8時に外来診察室にて採卵の開始です。



採卵の痛みは。。。後半鈍痛がずっと続きました。
ひたすら卵子が採れる事を願いつつ我慢。。。

「沢山採れたわよ。」


と言われ、まずはホッと一息
麻酔でふらふらする中支えられて近くの回復室へ


ここからがこの病院の特殊なところなのですが、
採取した卵子をトランクに入れ、パートナーが(旦那が)隣の州の大学病院まで自家用車で運ばなければなりません。強調文
時間約片道1時間。。。
我が州の総合病院には、受精、移植をする施設がないので、提携している大学病院に行かなければならないのです。。。

準備が整い9時。旦那がトランクを抱えて一人大学病院へ旅立って行きました。


私はというと、採卵を担当したスタッフが帰宅するため、旦那が戻って来るまで産婦人科の一般病棟で休ませてもらう事に。
車いすで一般病棟へ連れて行ってもらいます。

1つベッドを空けてもらい、そこで一眠りです。。。


旦那は大学病院到着後、採精をしてスタッフに全て預け終了です。
再び私のいる病院へ戻ってきます。



旦那が戻って来たのは午後1時。
そこで帰宅となりました。


結果は翌日電話で伝えられます。
我が夫婦の結果は。。。


なんと採卵数:23個。。。(多すぎ?!)
実際に活性化している卵子:20個
受精卵になった数(embryo):17個

予想以上の結果に驚き!
それにしても卵子23個。完全に過刺激です。
同時に腹部の違和感と全身の倦怠感がありました。完全に卵巣過刺激症候群(OHSS)となってしまいました。


私の体調次第で新鮮4分割胚を移植する事になりましたが、まずは移植できる体の状態か病院へ受診しに行く事に。

移植の当日早朝に外来を予約し、OHSSの様子を見ます。
症状はありますが、重度ではないのでそのまま移植できるとの事。

ここから自家用車で大学病院まで移動して移植を受けます。。

「沢山卵子採れたわね!良かったね!」

そう医師は言いましたが、もう少し途中でフォローアップを入れて、その人に最適の自己注射の量かチェックして欲しいわ!と重い体で思う私。そうじゃなかったらもう少し数が少なくて質のいい?卵子が採れたかもしれないのに。(普通は15個くらい採れるのが良いと言われていますよね。)


移植前はトイレを我慢しなければならないので、水分をいっぱい摂りつつ大学病院へ移動。
そのまま移植となりました。


「とても状態のいい受精卵よ!」

と褒められ、ちょっと嬉しい私。
聞くと、17個全て分割が進んでいるそうです。

そして11個を選んで冷凍胚にするそうで。
(大学病院で3年間無料で保存してくれます。その後はその都度更新です)

移植はモニターを見ながらあっというまに終了。

そして帰宅となりました。

移植後ウトロゲスタン(Utrogestan)を1日3回。
その後は受診はなく、2週間後に自分で妊娠判定薬を試す事になります。
OHSSは、沢山水分を摂るように言われ、体がだるーくて重かったですが、学校も通い、普段通りに日常生活をしていました。

そして2週間後、妊娠検査薬の自己判定です。
私は嬉しい事に1回で待ちに待った陽性判定を見る事に

陰性判定の場合、次回の予約を取りに病院へ電話、
陽性判定の場合、妊娠確認は2週間か3週間後まで待たなければなりません。。。


オランダは
「初期の流産は誰にでもある事、妊娠が確実になる7−8週まで受診はしない。」というのが主流の考え。
自然妊娠の場合も、助産師さんに初めて会いにいくのは7−8週になります。

それまでいじらしい期間をひたすら待つのです。。。


1回ですが、体外受精の流れを書き留めてみました。
勿論地域によって違いがあるので、参考程度に。
何か質問があればコメ気軽にしてください!


R1026646.jpg



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
我が家の庭、ラベンダーの街道が満開になりつつあります。いい匂い〜♪♬
19:24 | オランダで不妊治療 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オランダで不妊治療体験談 IUI人工授精の場合

比較的穏やかな天気が続くと思いつつ、我が家は海に近く、近所に建物がないため、毎日強風。。。
そのため、ベイビーとお散歩に出たくとも強風のためいつも断念しています。
オランダは2週間頃からどんどんベイビーを新生児用のベビーカーにのせて散歩やお買い物、カフェに出かけます。
直で赤ちゃんに風があたらなければ大丈夫。とのこと。
日本じゃまた違うのでしょう。


不妊治療についてですが、我が夫婦は最高の6回、人工授精(IUI)を行いました。
ざっとこんな流れというのを説明したいと思います。
日本との違いを感じてもらえたらと思います。
興味がない方、ごめんなさい。スルーしてください。。。

私は特に排卵や体に異常があった訳ではないので『ノーマルコース』といった自己注射の内容でした。

生理3日目からフォスティモンFostimonを自己注射です。
(自己注射のやり方は病院の看護師さんが教えてくれます。)

生理10日目:外来受診にて医師のエコー診察が行われ、卵子の大きさからいつ頃排卵予定になるか予測されます。
排卵予測はエコー検査のみです。

必要であればもう一度12日目に診察に行きます。

そこで医師から自己注射プレグニールPregnylをいつ打つか指示され、人工授精当日の予約をします。
いちばん早い予約で8時半、予約は早い者勝ちなので、その日に人工授精をする人が多ければ予約時間は遅くなります。

当日病院で採精を行い、検査室に提出します。
ここから約2時間待ち。

病院のカフェでのんびりしたりしながら時間になったら人工授精です。
特に特別な部屋というものはなく、診察台にのり、専門看護師さんが人工授精を行う。
その時間わずか数分の出来事。。。


終わりです(苦笑)。

結果は2週間後に自分で妊娠検査薬を行います。
妊娠しやすくするフォローアップなどはありません。

以前の記事にも書きましたが、6回必ず人工授精を行ってから体外受精に移らなければならないため、それによるストレスもありました。自分で排卵検査薬を行ったり、自分の体で何となく感じる排卵の兆候がある日より、医師の指定する人工授精日が明らかにずれているのです。
その旨を何度も医師に確認しましたが、追加検査や変更などはいっさいありませんでした。

この6回は無駄に行っているような気がして、とてもしんどい期間でした。
時間がもったいなくて、焦ったりもしましたけどこれがオランダの医療事情、どうもこうも出来ませんでした。


そして6回の人工授精が不成功となり、数ヶ月のお休み期間を経て体外受精に挑む事になります。
次回の記事でお伝えします。

おまけ♪

産褥ヘルパーさんと一緒にランチをしました。
母が作ってくれたちらし寿司と卵焼き&からあげ〜。


R1026508.jpg

桜デンブはベイビーが女の子という事で、母親に頼んで日本から持ってきてもらったもの。
華やかになります♪


R1026506.jpg

ヘルパーさん、お箸初挑戦!!
母のお箸の持ち方を真似してみますが、どうしてもうまく行かず。。。
結局フォークでちらし寿司を頂いていました。

オランダの出産、育児事情やお互いの家族の事。国の文化の事。
お仕事の事。。。

話は尽きずにベイビーが泣き始めるまでずっとお喋りに花が咲いていました。
楽しかった♪


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
我が家の庭、オダマキが満開です。
01:05 | オランダで不妊治療 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オランダで妊活&不妊治療の流れ

我が夫婦はオランダで不妊治療を受けました。
ブログでオランダでの不妊治療の様子の記事がなかったため、誰かの役に立つよう記事にしたいと思います。

子どもが欲しい意思がある場合、まずはかかりつけのホームドクターの元へ行きます。
必要な検査の処方箋をもらい、他の病院へ検査に行きます。
その結果は全てホームドクターに伝えられます。

私たちは不妊治療が必要と判断されたため、専門外来に処方箋を書いてもらいました。

この間約1ヶ月。

不妊治療をしている病院を探し、紹介状がある旨を伝え予約をします。
すぐに予約が取れる場合と取れない場合があるらしく、都市部では大分待つ(数ヶ月)ようです。
私たちの場合は田舎の州の総合病院であったためか、数日後には初診の予約をとることが出来ました。

もう一度検査を行い(私たちの場合は9月頃初診)、初めてIUIを受けたのは、1月になっていました。

オランダの不妊治療の良い点は、

『各々の年間医療自己負担額さえ払えば、医療費はかからない。』

というところです。
日本や他の国では莫大なお金がかかる事があります。
しかしオランダはほぼタダ。これはありがたいです。
私の場合は、年間医療自己負担額が5万円弱だったので、それを支払い、他の治療費はかかりませんでした。

しかし欠点?も。

『自分の思うように治療プランが立てられない。』

という点があります。
治療費を払わないので、仕方のない事?かもしれませんが、
例えば、
オランダの不妊治療は流れが決まっていて、
『人工授精6回。その後調整期間を経て体外受精3回まで。』
と決められています。

私たちがいくら医師に
『体外受精にチャレンジしたい。』
と懇願しても、人工授精をまず6回受けてから。と、受け入れてもらえませんでした。

必ず6回の人工授精を行ってから、体外受精に切り替えるのです。
そして3回体外受精にチャレンジしてうまく行かなかった場合、その後のサポートはありません。
なので、皆さん近隣のドイツやベルギーに不妊治療に行くそうです。

R1024316.jpg

私たちは結果体外受精1回目でベイビーを授かる事が出来ましたが、もしものために日本に行って治療を受ける。。。という選択肢も同時に考えていました。

また体外受精を受ける事の出来る病院は限られていて、フリースラント州には体外受精の出来る病院はなかったので、採卵をフリースラントの総合病院で、卵子を戻す作業をお隣の州フローニンゲンの大学病院にいく。といったかなりの大掛かりなことをしました。
旦那が採卵した私の卵子を隣の州の大学病院に車で運び。。。なんて事もしなければならず、これもまた大変でした。。。

オランダの不妊治療の成績。。。はほぼ日本と同じかなという印象です。
しかし日本のように決め細やかな検査、評価、治療とは行きません。

人工授精(IUI)の場合、生理10日目に受診、エコー検査でもう一度受診するかいつ人工授精をするか決定します。
評価基準はエコー検査のみです。
卵子がある一定の大きさに成熟した段階で医師が人工授精日を決定します。
体外受精の場合はエコープラス血液検査を行いました。
また自己注射で卵子の成熟を促すのですが、個人の体調に合わせてといった個人に合わせた治療の内容とは行きません。私も人工授精の治療中6回ともずっと同じ自己注射の内容でした。。。
本当にこの注射が私に合っているの?人工授精のタイミングは合っているの??と疑問に思う事も多々ありましたが、仕方ない。

そして日本との大きな違いは、

『人工授精は専門の看護師さんが行う。』

というところです。医師はエコーでいつ人工授精をするか決定するのみ。
人工授精後は2週間後の自己妊娠検査薬まで受診はなしです。

その他のサポートとして、人工授精から体外受精に移行する際、必須で心理カウンセラーさんの面談を受ける事になっています。

私も1年近く不妊治療外来に通いました。
不妊治療を受ける人はオランダでも多く、受診には必ずパートナー同席で来ている人が多かったです。

オランダでの不妊治療、やっている最中は先も見えずに不満も疑問もありましたが、余計な検査をしない割り切った治療で私たちは結果的にうまく行きました。幸い不妊治療スタッフは、とても親身で感じのいい人たちばかりだったので、その点でストレスを感じる事はありませんでした。

もし何か疑問に思う事があればコメで質問してもらえると分かる範囲で答えたいと思います。



おまけ:
R1026514.jpg

天気がよく、風の弱い日に自分の家の庭をベイビーとお散歩しました。
でも芝生はモグラやネズミの作った穴ででこぼこ(涙)必死にベビーカーを押しながらのお散歩となりました。。。


R1026517.jpg

我が家の玄関前。
両親のおかげで、玄関らしいアプローチが出来上がり、季節の花も咲いて華やかな小道が出来上がりました。
お花いっぱいの我が家の玄関。やっと人が住んでいるように見えるかな??







ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
我が家の庭、オダマキが満開です。
04:10 | オランダで不妊治療 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

嬉しい報告3つ♪

たびブログで個人的な連絡ですみません。。。

嬉しい報告3つあります。

<1つ目>
前回の記事にも書きましたが、我が両親が無事来蘭し、穏やかな(時に嵐な)気候のオランダをのんびり楽しんでいます。
今回は近所の市場や村散策しか出来ませんでしたが、何事もなく父が先に週末帰国しまーす。
来てくれてありがとう!

<2つ目>
6月2日。報告していました通り、お腹の中にいたベイビーが無事誕生しました。
新しい家族との生活を楽しんでいます。
彼女が生まれるまでオランダでいろんな事を経験しました。
オランダでの不妊治療から妊婦中の合併症、そして出産時はバースプランがほとんど叶わなかったという予想もしていなかった出産。陣痛誘発剤開始から出産までトータル4時間という脅威のスピード出産で、一部覚えていない部分もあるのですが(苦笑)。


2517432.jpg

しばらくたびが出来ないので(涙)誰かの役に立つ事を願って&妊娠出産の異文化を感じてもらえればと思い、私の妊娠、出産期をアップしていければと思います。需要あるかな。。。


<3つ目>

先月受けたNT2オランダ語試験。
4教科全て合格しました〜
出産前に届いた合格通知。。。嬉しかった〜。。。
これで新学期からまた一歩前進出来そうです

これからも 『たびのもと。』 よろしくお願いします。 


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
出産までカウントダウン〜。いつで出てきてもいいよ〜♪
11:22 | ご連絡private | comments (28) | trackbacks (0) | edit | page top↑