ジンバブエ 地元の料理を習う


ジンバブエの話です。

友人の家で、ジンバブエ料理、夕ご飯のお手伝いをしました。
『アフリカの女性はこれが出来ないとね』と言うことで、
『ミル』

RIMG1931s.jpg

この白いマッシュポテトのようなものがミル。他の国ではウガリ(ウガンダ)とか、シマ(ザンビア)とかいいますが、ほぼ全てのアフリカの国にあります。
よっし!!がんばるぞ!!

RIMG2012s.jpg

まずは、ミルの粉を水で溶かし、火にかけます。ひたすらころころ両手でかき混ぜます。まだまだ序の口…。

RIMG2016s.jpg

こんな面白い道具でころころ混ぜていくのです。まだとろとろでなんだか形にもなっていない。。。どうなるんだろう。


そして混ぜること数十分…。
んんん!!どうやら重くなってきました…。ころころからしゃもじに切り替えて、本格的に混ぜないと負けてしまいます。みよ!私の前腕を


RIMG2023s.jpg

お。。。重い

毎日マニュアルでこれをこなしているアフリカ女性はすごい。。。


RIMG2027s.jpg

私のしゃもじの持ち方絶対おかしいもん(笑)。


何はともあれ、数十分格闘してをいただき、夕ご飯完成です!!



RIMG2029s.jpg

じゃーん!!
今日はミルとチキン、そして緑野菜の炒め物です。


お味のほうは…?


RIMG2032s.jpg

『Tommi おいしいよ!』との言葉をいただきました!

はぁ、疲れたけど、いい経験でした。
食べ物を大事に、そのときに食べるだけのものを作って、残さず食べる。
全て美味しくいただきました。
そろそろジンバブエを発ち、次の国へ旅立ちます。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

次の国へ旅立ちます。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
スポンサーサイト
19:18 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジンバブエ インフラの現実

ジンバブエの話をしていきたいと思います。

Zi-map-ja.gif

南アフリカとの国境『ベイトブリッジ』から『ブラワヨ』第二の都市方面へ向かった途中に私の目的地『グワンダ』があります。グワンダはとってものどかな田舎町。

この国の経済は、ムガビ大統領の独裁政治によって崩壊状態にあると言われたのが2007年、私が訪問した2009年1月にはいったいどんな状態になっているんだろう。と想像もできません。

そこで友人が見せてくれたのは衝撃的なこれ。





RIMG1946s.jpg






500億ジンバブエドル札!!!

なにこれ??インフラがこんなに進んでいるのか???
このお札、あまりにインフラが進みすぎてお札の印刷が間に合わず、両面印刷ですが、透かしがない!!

衝撃的です。。。

さらに、恐ろしいことに、このお札はもう何の価値もないということです。
私が訪問した2009年1月時点で、

1USドル=100兆ジンバブエドル




百兆ドルお店に持っていかないとパン一つ買えないのです。

『こんな時代のあったのよ。』と友人が見せてくれたのが…

RIMG1947s.jpg

RIMG1951s.jpg

ジンバブエは緑豊かな農業、酪農の国でした。
沢山の食品を輸出して、国の経済は安定してました。他のアフリカの国よりも自然の条件は整っていると思います。でも経済が崩壊し、白人を国外追放したり迫害したり、国が機能しなくなって、今は農業も酪農も野ざらし状態です。。。

そのときに良く使っていただろうお札とコインです。


国民は歯向かおうとすれば大統領に押さえつけられ、何も出来ない状態でした。
でもこんな状態でも国民は強くいきなけらばいけない。

生き残る方法は『海外とつながっていること』です。
そして外資を得ることです。
この国で有効なのはUSドルと南アフリカランドです。
ジンバブエ国民の多くが職を捨てて、南アフリカに出稼ぎに出かけています。
そして仕送りで家族が生き延びれるのです。

私の友人は外資の職場なので、大丈夫。
でも旦那さんは学校の先生、公務員でした。
日本で公務員は経済状況に関係なく、安定した給料をもらえますが、ジンバブエは違う。
だって給料がジンバブエドルで支給されるからです

インフレが急速に続き、その当時の彼のお給料は50兆ジンバブエドル。
でも紙幣の価値は下がる一方でUS1ドル=100兆ジンバブエドルとなっていました。

一ヶ月のお給料で『パン』も買えなくなっていたのです。


彼は退職し、今は南アフリカで自動車関連の仕事をしています。
なんとか家族で生きていくことが出来ますが、南アフリカに行く事だってかなり厳しい関門なのです。

人を伝って、なんとかビザを取得しないとジンバブエ人に対するあたりはかなり厳しいものになっていました。

私の友人家族は恵まれたほうかもしれません。
でも、家族がばらばらになって暮らしている、そんなのが当たり前なんて私たち日本人にはあまり考えられません。いつ次にあえるのか、それさえ分からないのです。

でもジンバブエ人は必死に生きようとしていました。
その様子を次回伝えようと思います。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

さて、ディープなアフリカ。ジンバブエ編にうつっていきたいと思います。お楽しみに。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
07:43 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 南アフリカからジンバブエへ

南アフリカの首都『プレトリア』からジンバブエ行きのバスに乗ります。
(ヨハネスブルグよりもプレトリアは治安がいい。とことこバスに乗って、バスターミナルに行きます。)

RIMG1970s.jpg

私のバスは夜発。翌早朝に目的地ジンバブエのグワンダへ到着予定です。
値段はR330(3000円強)。

皆さん、ジンバブエをご存知でしょうか?
ムガビ大統領の独裁政治により、国内の経済が崩壊、非常に不安定な状態の国です。インフラの様子は次回お伝えするとして…。

早朝にジンバブエの国境に着きます。ジンバブエに物資を運ぶトラックやバスが長蛇の列を作っています。(写真を撮るのが怖く、何も残っていませんが、すごかった…。こんなに物資を運ばなきゃいけないのか、ジンバブエには。と思うほど個人もお店なども何かを運んでいます。)

バスの乗客の荷物チェックをしてもらっている間にイミグレーションへ。
あまりの人で私はあっけにとられます。私はここでビザを買わないといけないのに、どこにいったらいいかわからない、とにかく申請書を書いて並びます。
ようやく順番…。となるとここではない。といろんな窓口をたらいまわしにされて…。
あまりに私が遅くて、運転手が私を見つけてくれました。

「ビザを買うには滞在先の住所と友人の名前を言え。」といわれ、友人の住所なんて知らない私は必死に運転手に友人の電話番号を伝えて、彼ら同士で喋ってもらうように伝えます。
窓口のお兄さんが運転手の携帯電話で私の友人と話をして、住所を聞き出してくれました。

このとき朝の4時…。もうしわけない

私がビザを購入(US20ドル)した時には、一緒の乗客は周囲にはいない。。。

外にでてみると、まだバスの乗客が外で荷物チェックを待っています。
数時間待って、ようやくバスの入国許可がでました!!

はぁ!!遂にジンバブエに入国です。

RIMG1911s.jpg

道は悪いし、穴ぼこだらけ。。。
これがジンバブエか。。。と思いながらでも私がジンバブエにいるということが感慨深い…。
外を見ると、ものすごい澄んだ青空に緑と赤い大地。
昔、ここの大地が農業の盛んな肥沃な大地だったことが良くわかります。

しばらくジンバブエに滞在です。
友人の家に居候。とっても素朴で厳しくて、でも温かかったジンバブエの様子をお伝えします。

RIMG1938s.jpg

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

さて、ディープなアフリカ。ジンバブエ編にうつっていきたいと思います。お楽しみに。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
08:40 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソト 空の王国。出国

レソト、モコトングからサニパスという国境に向かってバスに乗ります。

lesotho_sm05s.gif
Mokhotlong からまっすぐ南に下りたところがサニパス。


RIMG1798s.jpg

あまりにもレソトが気に入ったTommiは、そのまま国境を越えるのが惜しくなり、飛び入りで国境に立つ宿に泊まることにしました。宿以外本当に何もない天空の王国です。
ドラゴンクエストのクリエーターってきっとこういう場所を旅して作ったんじゃないかなと思う風景です。
世界には本当にあるんです。リアルドラゴンクエストが。
左側のがけの下が南アフリカ、国境です。


サニパスやレソトには、南アフリカから日帰り旅行で遊びに来る人が多いようです。
日帰りじゃ絶対伝わらないのに。。。この国の良さは。。。


この国境越えは、ホテルから徒歩3分のイミグレーションにいってスタンプをもらうだけ。
あとは。。。バックパッカーの私。ヒッチハイクです。
もしくは
「いつか乗り合いタクシーが通るから、そこで待っていなよ。」と地元の人に言われます。
ぽつーんと待つこと2時間。
同じ宿に泊まっていた夫婦が私をふもとまで乗せてくれることに…。

ありがたい!!


RIMG1814_convert_20100625065121.jpg


その夫婦は写真が好きで、峠を少し進むたびに泊まって写真撮影。
私にも好都合、のんびり景色を楽しみながらふもとへ降りていきます。


RIMG1802s.jpg


壮大な景色にまたまた感動。レソトってすごい!!


RIMG1820s.jpg

そして私のアフリカたびはまだまだ続くのでありました。

お次はジンバブエ。
……少し緊張しています。無事に入国できるのでしょうか??

RIMG1829s.jpg





ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

さて、ディープなアフリカ。ジンバブエ編にうつっていきたいと思います。お楽しみに。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
11:23 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソト レソトの奥の奥へ…。セモンコング

レソトの首都マセルで一泊して、次に行く場所を検討します。
地図をもらって各地の情報を調べます。

レソトは首都マセルを出発地として、全国各地へバスが出ています。国の周囲を回るような右、左両方向への道路、そしてマセルから南下して各町を結ぶバスもあります。

どうせいくなら一番奥地へ行ってみたいな。。。

人と少し違うところへいきたい。とおもう傾向にあるTommiはマセルから南下して5時間くらいの『セモンコング』という町に行くことにしました。



朝8時。バス乗り場に到着。バスは10時半出発だそうです。


RIMG1696s.jpg

なかなかいいバス。よかった~!!
それにしても山の中を走っていくのに、こんなバスで大丈夫だろうか。。。


RIMG1701s.jpg

時間になるとバスは満員。
こんな小さな国の、それも小さな村に行くのに、こんな人がたびするのかな。
セモンコングっていったいどんなところなんだろう。

全く想像もつかないまま、バスは出発して、どんどん山を登っていきます。周りにはランドクルーザーのような4WDの車しか見えなくなります。


RIMG1704s.jpg

山の中に畑と家がぽつらぽつら…。


こんなところに住んでいるんだなぁ。



バスの中の人々の会話も笑い声が耐えない、ほんわかした雰囲気。
乗り物に乗っていると、その国の人々の性格が伝わってきます。
レソトの人々はとっても温和。過ごしやすい、話しやすい人々。
現地語で話しかけるとわからなくて困ってしまうけど、お菓子をもらったり、でもそれ以上話しかけられることはなく。少しシャイな人たち。



RIMG1709s.jpg


こんなところを走っていきます。意外とガタガタせず、でもずーーーーっとダートとアップダウンが続きます。
蛇のようなくねくねした道をひたすら5時間。
のんびり窓の車窓を見るのがとっても楽しかった


夕方になる前に終点に到着。

そこはトタンのお店がいくつか並んでいるだけの何もない場所。。。。。。



みんなバスを降りると、馬に乗ったり、歩いたりしてそれぞれの場所に散っていきます。



さて、私も宿に行かないと。



RIMG1714s.jpg

砂利道をとことこ。。。


歩くこと10分。宿に到着です。


レソトの人々が住む建物に数日滞在します。


なーーーンにもないセモンコング滞在。
RIMG1723s.jpg

どうやって過ごそうかな。。。



ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

こんな青空の日は何をしますか?

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
09:20 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑