国境越え情報 ルワンダからウガンダへ

ルワンダを朝10時ごろ出発するバスに乗り込むことにしました。
ルワンダウガンダは沢山のバスの行き来があるので、いろいろなバス会社が客引きをしています。泊まったホテルの人にたずねるのが一番ですが、ここら辺の地域のいいところは、国境行き。ではなく、首都~首都というところ。気を張って次のバスを探す必要がないのは、本当にほっとします

バスは大体値段も質も一緒のような感じです。

RIMG2183s.jpg

さて、今回私は大型バスに乗ることになりました。アフリカのバスは2×2のシートではなく、2×3というのが主流。新幹線みたいですね。3人がけの中央になって、巨大な方に囲まれたら、そのたびは身体的、精神的にかなりの苦痛に襲われるので、座席はとっても大事なポイント!こっそり口利きをしたりします。。。


RIMG2188s.jpg

バスは順調に走り出し、ルワンダの赤い大地を駆けぬけていきます。

さて数時間後、国境に到着です。
かなり活気のある国境です。物売りや人々がわんさか行きかっています!

ビザは事前取得は不要。ボーダーで取得可能です。(約5000円)


ルワンダの出国スタンプを頂き、ウガンダの入国へ。
いつも入国にはどきどき、神経を張り詰めて臨むのですが、ウガンダは『親日家』と言う噂をきいていていたので、いつもより安心した気分で入国審査に望みます

入国審査のおっちゃんは私のパスポートを見て、日本人だとわかると、途端にやさしくなります!!
「Tokyoから来たの?」
「僕も日本人の友達がいるよ。」
「ウガンダはとってもいいところだから楽しんでいってね♪」

とこんなに入国が簡単でいいの??!と言わんばかり。
「Enjoy!」と言われて、わたしもついつい嬉しくなってパスポートもらっちゃいましたが…。


ちょっと!おじさん!私にビザのスタンプ押してないよ
「あぁ、わりぃわりぃ。」とようやくビザのスタンプ(ここはシール)を頂きました。。。
はぁ、危ない、危ない。。。


RIMG2189s.jpg

ボーダーのラインが見えます。ついにウガンダ入国です


ウガンダは緑が豊かなとっても美しい国。
それは人々の国民性、性格にも表れていると感じました。またその話は別の機会にして。


デモ…。
暑い……


RIMG2196s.jpg

首都『カンパラ』には夕方到着。
現地のウガンダ人の家に1週間滞在予定です。
楽しみにしていたウガンダ滞在の様子、お届けします。


ブログランキングに参加しています


がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などなど、マニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
アフリカ話に戻ります!ウガンダ入国します。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
スポンサーサイト
20:46 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 ブルンジからルワンダへ…。 

またまた更新せずすみません!
長野はさらに寒くなってきました。
興奮のワイナリーフェスタが過ぎてすぐ寒くなり、一気に紅葉が進み、ブドウ畑の葉っぱも一面茶色に変わっています。ちょっと哀愁漂う季節になってきました…。


さてさて、そろそろブルンジを出発する話をしたいと思います。

ブルンジの宿の目の前がルワンダの首都、キガリ行きのバス乗り場。
こういうバスは個人会社が走らせています。
私の乗ったバスは20人乗りくらいのミニバスに乗ります。
ブルンジとルワンダは内陸の山間の国なので、なるべくゆれないような席を確保するのが重要!
こういうときは女子一人旅の強いところ。
「女の子一人なの??ほら!ここ特等席だよ!」

と、運転手近くの一人がけの席をゲットありがたい、ありがたい。。。


バスは軽快に走り出し、3時間ほどで国境に到着です。
かなりスムーズでびっくりTommi

RIMG2187s.jpg
紅茶畑

基本的に東アフリカはビザを事前にとる必要はなく、その場でお金を払うとビザがもらえます。でも今までどおり行かないのもアフリカ。今まで何度も苦労したことがあったので、出国審査を受けた後、入国審査の列に並びます…。

近隣のアフリカ人はビザは不要。なので、私だけ取り残されてビザ発給を待つことになります…。
今回も入り口でプチトラブル発生。

「ビザは事前に大使館に行ってもらってもらわないといけないんだけど…」
と入り口のお兄さん。。。でも引き下がるわけにはいかない

「え。そんなの知りませんでした。。。何とかなりませんか。。。」


……。


待つこと約3分。
偉い人のところに相談に行ったお兄さんは

「今回は初めてだから許すけど、次回からはここでビザは発給しないからね。。。」

と!ビザゲット~


3分なら早いほうです!!
まぁ、運転手のおじさんが口ぞえをしてくれたのもあるんだけどね♪


無事ルワンダ入国です!


RIMG2158s.jpg

ルワンダは山のすそを切り開いて家を建てて、畑を耕す、長野のような、カリブのような妙に落ち着く風景。
朝出発したバスはお昼過ぎにはルワンダの首都『キガリ』に到着しました。

RIMG2184s.jpg

バスターミナルも大きいし、ブルンジとはえらい違い!
かなり開けた街です。

ちなみにブルンジから私を運んでくれたバス会社の名前は…



RIMG2182s.jpg

Yahoo エキスプレス

え?パクリ?
いやいや『Yahoo!』とは一切の関係はありません

特許も何もありません!隣国も目じゃないです。アフリカ!さすがアフリカ!!
やるなら堂々と!ですね~。

坂の街、キガリを次回はぷらぷら歩いてみたいと思います。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。

面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

しばらく海外逃亡する時期がやってまいりました(笑)
チケット購入♪
Tommiどのへ逃亡するのかな

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ルワンダ、かなり発展している街です。
19:50 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 タンザニアからブルンジへ

キゴマという街にやっとの思いで到着したTommiです。
キゴマという街は、国連難民基金の総本部があるという難民援助のベースになっているところだそうです。またタンガニーカ湖沿いにあるため、交通の要所になっているようです。。。
確かに、それっぽい人はちらほらいるけど、街はいたって典型的なアフリカののどかな街です…。

さて、キゴマの街滞在は別の機会に話すとして、キゴマの次は『ブルンジ』という国を目指すことにしました。

キゴマのバス乗り場でブルンジへの国境行きのバスを探します。
朝早く(5時とか)にバスが出てしまうことがあるので、念のためにと朝日が昇る前にバス乗り場へ到着。バスはミニバス。私が一番乗り…。と言うことは、このシートが定員(多分30人くらい)に達するまでここをでることはないということになります。。。

いったい何時間待ちぼうけになるんだろうか…
お昼くらいに出たら万歳だな。。。


予想通りバスはお昼ごろ出発。6時間待つなんて慣れっこです(涙)。。。
山の尾根のような標高の高い場所をひたすら進み、国境の街に到着です。
メインストリートにちらほらお店が並ぶだけの寂しい国境。
普通国境の街って賑わってるんだけどな…。

とことこ歩いて国境へ。

RIMG2114s.jpg

これが国境…??



…棒一本のみ。。。



おまけに常時開いてる…。

タンザニア出国はスタンプポンっ!!で難なく
こんなもんかな。。。

RIMG2113s.jpg

普通に地元の人はとことこ国境越えてるし…。


さて、ブルンジ側の入国審査、ビザ発給はこのハイエースに乗っていくようです。。。


何の問題もなく『棒一本』の国境を越え、ブルンジに入国です。。。



同じ乗客はタンザニア人かブルンジ人。
ブルンジは再びフランス語に戻ります。

どのくらいの人がブルンジのことを知っているでしょうか。


RIMG2131s.jpg

ブルンジはタンザニアとルワンダに挟まれたかなり標高の高い国。
決して裕福な国とはいえない、世界の中でも『最貧国』と言われている中にリストアップされます。観光も力を入れてなく、政治的にも最近まで不安定な状態が続いていました。

By-map.png



棒一本であっさり入国できてしまった未知の国ブルンジ。
意外とこの調子で順調なたびが出来るかな…。なんて思っていましたが。。。


さすがブルンジ。
そうもいきませんでした

ブルンジ奮闘記。
続きます。。。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ブルンジ。一筋縄ではいきませんでした…。
20:22 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

タンガニーカ湖を北上する。ザンビアヵらタンザニアへ

いつも日にちをあけてすみません…。

早速ザンビアの国境越えについてお話したいと思います。
無事にザンビアの国境の街『ムプルング』へ到着した私。

街のはずれにあるタンガニーカ湖の船着場に行ってみます…。
歩くこと15分。ちょっと寂しい船着場…。船も誰もいません
ぐるぐる回れど誰もいない…。船もいないし、今すぐ出港することはないだろう…。と思いながらも事務所らしき場所をひたすら回る私。
ようやくおじさんと接触成功。

「タンガニーカ湖からタンザニア行きの船はいつ出ますか?」


そしたらおじさん。。。



いつ来るかわからないけど、、、」
「昨日出航したばっかりだから、来週くらいだと思うよ。」



……来週??
と言うことは、私の夢の船のりは限りなく不可能に近いのか。。。
いくらアフリカ時間と言っても、Tommiには一週間の足止めは長すぎる…。


一応、いろんな事務所を回ってみますが、どこも同じような意見。。。

来週までその街で船を待つことも可能ですが。いつ来るかわからない船をひたすら待つまでの余裕は私にはなかった…。


残念…ここからの船移動は諦めました。。。
さて、次はタンザニアを陸路で移動する方法を考えないといけません…。ここまで遠回りをしているので、そんなバスはあるのだろうか…。

ひたすら街の人から情報収集をし、どうやらタンザニアの国境行きバスがあるらしい…。(でもどこのタンザニア国境に着くか見当もつかない…)

そこを信じて次の日の早朝バスを待つことにしました。
一緒の宿だったタンザニア人の男性も同じルートで旅をすることになりました。

ここからは本当に自分では未知のルートとなるので、地元の人とたびが出来るのは本当に心強いです

次の最終目的地はタンザニアの『キゴマ』と言う街になりました。

何もないちょっと寂しい国境の町をふらふらし、ちょっとさみしぃ安宿で青空沐浴をし(水はモチロン雨水をためたドラム缶から…)
次の日に備えます…。


いったんタンガニーカ湖とはお別れ…これからはタンガニーカ湖沿いを旅するルートの予定なので、いつかタンガニーカ湖と再会できることを願って…。

Carte_du_lac_Tanganyika_EG.gif

上がタンガニーカ湖。
この一番したから何日かかけてイチバン上のほうに向かう予定だったんですね…。


さて!次の日、5時出発の国境行きのバスは、10数人をのせ、これって道????と言うようなでこぼこをひたすら進んでいきます。確かに国境沿いっぽいけど…。


お昼過ぎにタンザニアとの国境の街に到着。。。
トラック、車、行きかう人々、国境の街って感じです…。

ビザUS20ドルを払い、ビザを国境でゲット。

次の日までバスは出ないそうなので、その街に宿泊することになりました。

RIMG2063s.jpg

宿の主人。一泊1500円くらい。



RIMG2066s.jpg

宿の前の国境メイン道路。がやがやです

さて、私のアフリカ旅。どうなってくるのでしょうか。。。

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

Tommiのたびのなかでも過酷だったパートに突入していきます。
私って本当に女?!と言わんばかりのたび報告、お伝えしていきます。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
07:27 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 ジンバブエからザンビアへ

ジンバブエのグワンダと言う町から、乗り合いバスを乗り継いで首都の『ハラレ』に到着。

ハラレは白人に対してあまり治安が良くない。(政府が白人を敵だとみなしているため、)
バスを下ろしてもらった場所から長距離バスの乗り場はひたすら歩かなくてはならない。左右を見ず、ひたすら街のはずれのバスターミナルに

(比較的大きなバスターミナル。用のない人が入ってこれないように大きな囲いがしてあります。)


そのとき既に夜の7時半
宿の予定はなかったので、次の目的地『ザンビア ルサカ』行きの夜行バスがあるかどうかひたすらバスのブースを回ってみます。

すると8時発の夜行バス、ルサカ行きを発見!!


野宿しなくて良かったー
バスのチケットを買って、座る場所を確保。夜行なので、隣に誰もいない方が寝れるんだけど、今回はシスターが隣に座ってました。まぁ、体格が大きい人じゃなくてラッキーだったけど。

(あまりに緊張して街を移動していたため、写真はなしです。。。ごめんなさい!)


走ること数時間。。。朝3時ごろジンバブエとザンビアの国境に到着。
朝7時ごろ国境が開くとのこと、門の前でバスはとまり、仮眠タイムです


国境はとっても立派な建物、出国スタンプを並んでもらい、次にザンビアの入国の建物にバスで移動します。ザンビア側のイミグレーションも立派な建物。少なくともプレハブではない(笑)。

US20ドル(1900円)を払って、他の人より時間はかかりましたが、無事に国境でビザをゲットです。

国境でビザを取れる南、東アフリカの場合、他のバスの乗客に自分のことを置いて出発しないようアピールすることが大切です!!ビザをゲットするのは、少し、手間がかかるので、スタンプだけの人たちは次々とバスに戻り、人数確認なんてしないアフリカは先に出発してしまうことがあります!

国境からザンビアの首都『ルサカ』には午後1時に到着です。

RIMG2049s.jpg

ルサカは高い建物もなく、治安も悪くなさそうなので、歩いて街を散策できそうです;)


バスターミナルから重いバックパックを背負って宿探しです♪


RIMG2046s.jpg

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

ザンビア、歩きやすくてのんびりでとっても過ごしやすい街です。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
20:20 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑