回顧録:世界中にいる!切手コレクターin Lesotho レソトにて

日本でも人気の『切手コレクター』

世界中でもたびをしながら各国の切手を集めている人たちがいます。
そんな人にレソト行きのバスの中で出会いました。

RIMG1682.jpg


私のたびは基本一人旅ですが、誰かと一緒になる場合も勿論ありました。
南アフリカのケープタウンからやってきたというバックパックを背負ったおじさん。


RIMG1692.jpg


私がレソトの『セモンコング』という村に行こうと思っていたのを聞いて、行き先を決めていなかったおじさんは一緒に私について来ることになりました。
その前に首都『マセル』で物資調達。

その後,おじさんはやりたいことがある。。。と郵便局へ向かいました。

RIMG1695.jpg
右の建物が郵便局。首都には大きな建物がありますが、標高の高いマセルなだけに、首都でもとっても清々しい♪

おじさんは世界中をたびして切手を集めるコレクターでした。
レソトの切手を買いにきたのが今回の目的。

日本で記念切手を買う場合、もしくは他のアフリカの国でも切手を買う場合、窓口で買える切手を見せてもらいその場で選んで切手を購入します。

RIMG2078.jpg
近隣ガンビアで買った切手♪


レソトの首都マセルの郵便局では。。。
記念切手を購入したい。とのおじさんの言葉に少し待つように言われ、しばらくして私とおじさんは郵便局の係の人に連れられて手厚い待遇とともに普段は入れなさそうな2階の個室に案内されました。。。



個別待遇。。。なんか仰々しい感じもしますが、そこに係のお姉さんが山ほど抱えた記念切手コレクションを持ってきてくれました。

す。すごい。。。

ファイルの中にものすごい量の切手が入っています。

日本だったら、記念切手ってその時に買える期間限定という感じですが、レソトは違う!
今まで発行したほとんどの記念切手をこういったコレクターのために売っている。といった印象。
レソトではこういったコレクターからの購買が、貴重な収入源なのでしょう。。。

おじさんは好みがあるようで、歴史物、風景、などなどを次々に選択。
結局3万円位の買い物をしていましたす、すごい。。。

RIMG1690.jpg


そしてびっくり!

記念切手の中に中国や日本の風景や人物、歴史画が描かれている切手シリーズがわんさか出てきました。
ええ?ここアフリカなのに。。。
なんで日本のようなものが描かれた切手があるの??


するとコレクターおじさんは教えてくれました。

「アジアのこういった歴史的なものが描かれた切手はスゴくコレクターに人気なんだ。
だからアフリカでもいろんな国でコレクターに人気のあるような切手を独自に作っているんだよ。」

。。。そうなのです。
このような切手は、収入を得る為の国ごとの戦略だとのこと!

なるほど。そりゃこんな個室に案内されて、個別対応で記念切手を見せて頂き、おまけにコレクターは何万円単位で買い物をしていく。

納得です。。。

「そちらの方は何かお買いになりますか?」

・・・私は旅先でちまちまはがきを送る為に必要なレソトらしい記念切手を少々購入です(笑)

RIMG1691.jpg


このおじさんのおかげで面白い経験をすることが出来ました。

ちなみに今いるオランダには余り記念切手がなく,クリスマス期間に割安で購入できる期間限定の切手やぽつぽつお店に並ぶくらいです。。。ちょっと寂しいけど、実はレソトのように壮大なコレクションがコレクターの為に保管されているかも。。。!

首都マセルで泊まった教会つながりの宿。

RIMG1683.jpg

ちなみにレソトの紙幣です。
原住民が描かれていて、とっても素敵でした♪


RIMG1720.jpg

アフリカで最も好きな国『レソト』の風景を最後に!!

RIMG1711.jpg
ぽつぽつと建てられている集落、
馬やロバで移動する人々。。。です。





ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
語学学校スタート!
スポンサーサイト
18:02 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私のたびに影響を及ぼした思い出⑤ ドラゴンクエストと天空の王国レソト 馬で往く 

昨日に続き、ドラゴンクエストとアフリカの思い出です。

アフリカは厳しく、美しく、大好きな土地です。
いろいろな思い出がありますが、共通していえるのが、『ドラゴンクエスト』の世界ってこんな場所だったんじゃないか?ドラゴンクエストを作った人たちって、アフリカを見て作ったんじゃないか。ということ。


よかったら音楽を聴きながら読んでみてください。


私が好きなアフリカでも特に好きな国。『レソト』
レソトは南アフリカに囲まれた小さな国。標高が2000メートルを超える『天空の王国 Kingdom of the sky』と呼ばれています。

レソトの内陸『モコトング』という村にしばらく滞在することにし、村の人々の移動手段、『馬』にのせてもらうことに。


ここでみた風景がドラゴンクエストの世界のようでした。



RIMG1726.jpg

4輪のついている乗り物は、バスか国連関係者のみで、地元の人たちは馬やロバに乗っています。
風の音しか聞こえない位壮大な自然です。



RIMG1724s_20130916023604d52.jpg

本当に何もない。。。


RIMG1702.jpg

時折見える集落は、家族ごとにできていて、近所への移動はやっぱり馬。。。


RIMG1707.jpg

馬で移動すると、地元の人にすれ違うのですが、にっこりはにかんですれ違います。
とってもシャイな人たちなのです。


RIMG1729.jpg

まだ世界にはこんな場所があったのか。。。と感激。
観光スポットとして他の国ではお金をとるような場所とか、柵がはられている様な場所がそのままの状態で、普通にあります。びっくり。
馬でとことこ歩いていると、谷に到着。。。



RIMG1734.jpg

大きな大きな滝が流れていました。

RIMG1751.jpg

山生まれ、山育ちの私は、こういう丘のような囲まれた空間、ほっとします。
どこまでいってもこんな風景。変わらない風景なのですが、これが本当に貴重です。

RIMG1785.jpg

空がとっても近い。
昼はとっても暖かくなりますが、夜はとっても寒いのです。


RIMG1793s_201309160236386ed.jpg

街と街を結ぶ道は一本道。
3000メートル近い峠を越えていかなければなりません。


RIMG1825.jpg

今思い出しても鮮明に残っている風景、人々。
大好きな場所。いつかもう一度いきたい国です。
まだまだマイナーな国ですが、絶対お勧めの国です。




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
街行く女性がレザージャケットにブーツとなってきました。寒い季節を恐れて、冬の準備始めました。
00:21 | 旅行の影響力 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私のたびに影響を及ぼした思い出③ ドラゴンクエストとマリ ドゴンカントリー1

私が幼稚園のとき、父が買ったファミリーコンピューター。
そして、一番思い出深いのが小学校中学年ころ発売された『ドラゴンクエストⅢ』です。

いろんな種類のドラクエがでていますが、この頃のドラクエが私のたびのスタイルに影響を及ぼしていると思います。
というよりも、旅にでた先で、これがもしかしたらドラゴンクエストの世界だったのではないか。ここがドラクエの制作者たちが見て来た風景なのではないか。。。と思わされたといった感じ。

ドラゴンクエストが大好きで、
(ブログを見ている方にもこの思いに共感される方がいたら嬉しい!)
当時は必死の思いでカセットを手に入れて、弟と学校が休みになるとずーっと冒険をしていました
でも、私は敵と戦ったり、薄暗い洞窟に入るのが怖くて、自分では滅多にプレーせず、弟がプレーしているのを隣でじっと見ていました。攻略本を本が壊れるまで読んで、敵に負けないように必死にお願いして。。。洞窟を突破できるように必死に画面に頼み込んだり。。。(笑)

小学生の私たちにはドラクエをクリアするのはそう簡単なことでなく、かなりの時間をかけてクリアした思いがあります。
ドラクエには陸を歩いて回るシーン、町や村、お城を訪ねていくシーン、砂漠を歩くシーン,船に乗って島を目指すシーン。。。いろいろありますが、新しい世界に行くことが本当に楽しくて、実際の地図と見比べて、ここは本当はヨーロッパの辺かな?とか、アイスランドってこんなに氷に囲まれているのかな?とか(笑)

そしてもう一つドラクエで大好きなのは『音楽』です。
すぎやまこういちさんの音楽は、冒険を更に面白くさせてくれ、今聞いても当時の情景が一つ一つ鮮明に思い出せる位印象に残る音楽です。聞いたことがない人も,こんな冒険だったんじゃないかな?と思い描くことができるすばらしい音楽です。
アフリカをたびしているときに、ふと口ずさんでいたのがこのドラクエの音楽でした。なぜなら今たびしているアフリカの風景と、気持にぴったりだったから。

ドラクエ好きの記事はこちらも是非見てください♪

マリ、ドゴンカントリーをたびしたときのこと。
2泊3日のトレッキングはまさに『地球の裏側』といわれている場所の名にふさわしい風景でした。
そしてそのときに頭の中を流れたのがこの音楽です。
(ドラゴンクエスト 広野を行く)
よかったら音楽を再生しながら記事を読んでください。




車から降ろされた場所からトレッキング開始、ごつごつした岩場を必死についていきます。


RIMG1241.jpg

カラっからに乾いた大地をひたすら歩きます。


RIMG1244.jpg

ただいわれるがまま岩の合間をくぐり抜けて、でてきたその先は。。。



RIMG1247.jpg

見たことのない茶色の大地、サハラ砂漠のような砂の砂漠とは違う大地。
どこまでも続いていて、そしてふと自分がキャニオンの頂上にいるんだってことに気づく。
何にもなくて、寂しくて、でも壮大で、その寂しさに感激する。
アフリカのたびは、楽しくて元気が出るというものより、哀愁あるメロディが思い浮かんでくる。


RIMG1250.jpg

下界に下りて集落へ到着。


RIMG1256.jpg

崖の縁にそって続く集落、ここに沢山の部族がすんでいる。
ドラクエの勇者たちもこうやって村々を渡ってきたんだろう、どこまで続くんだろうという無限の大地に現れる集落がこんなに嬉しいものなんて知らなかった。



RIMG1264.jpg

集落をでると、すぐに無限の大地が広がっている。
こうやって歩いていると、自分たちが勇者のパーティになった気分になって、いつ敵がでてきてもおかしくない状況だって思えてくる。

そうして夕焼けが訪れて。

RIMG1284.jpg

このたびは、まだまだ続くんだと明日への英気を宿屋で養います。。。
ドゴンカントリーは私にとって、ドラクエの世界そのものでした。
いくつかの印象に残るアフリカたびとドラゴンクエストのコラボ、もういくつかしてみようと思います。




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
最近のフリースラントは20℃後半をキープ!半袖、着ました!!
00:23 | 旅行の影響力 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

千葉 月の砂漠公園に大感激

今回の千葉たびで一番感激したスポットです!
憧れの九十九里浜にでました!


R0027304_20130205051029.jpg

九十九里浜の沿岸には有料道路があって、単線ですが、ずーっと浜沿いを走っていきます。
天気もいいし,サーフィンしている人もいっぱいいて,珍しい風景

そして、御宿町というところに,『月の砂漠記念館』というものを発見!!


たいした観光もしていなかった私たちは、名前に惹かれて、寄り道してみる事にしました。
ちょうど日も落ちてきたところで、正月のため,記念館自体はお休み?でしたが、

車を止めて、ちょっと歩くとキレイな砂浜の海岸が続いていました。



そこで見た風景がこれ。。。







R0027308_20130205051030.jpg


なんと?月の砂漠じゃないですか???
思わず歌いたくなっちゃいます
今まで,砂漠は中国、マリ,ケニア、ドバイなど行ってきましたが、一番感動したかも(笑)



キレイな砂浜に、砂漠を旅するラクダとお姫様。。。

はぁ。。。ステキ。。。
思わず感嘆の声が漏れちゃいました。



R0027315_20130205051030.jpg


ここは、砂漠ではないけれど、海岸だけど,この風景がとってもキレイで、月の砂漠を想像させたのでしょう。

周りには、公園とか、温泉街?がありました。私たちは、ここしかいかなかったけど,他の季節には、もっと沢山の人でにぎわうんでしょう。


ここ、『月の砂漠公園』千葉に行く機会があったら、是非お勧めです。

追記:少し調べてみると?童謡『月の砂漠』の作者が、この海岸を見てあの曲を作ったそうです。
なるほど。。。月の砂漠は、シルクロードかと思っていましたけど、
起源は『千葉県』だったんですね〜(笑) 意外な発見です



R0027307_20130205051030.jpg


追伸:同僚夫婦より、プレゼントを頂きました。
ありがとう。風呂敷は、ワインなど包むときに、おしゃれに使いたいなー♪


R0026732_20130205051051.jpg
R0026687_20130205051029.jpg




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
オランダに到着しました。今日もどこかを地図を片手に歩いてますよ。





05:13 | 他日本たび | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

志賀高原 白根山 湯釜観光

草津温泉たびの帰りは、白根山に立ち寄ります。

湯釜見れるかな〜???






CIMG0875.jpg

がーん

霧が立ちこめて、何も見えませんでした。。。
おまけに、危険区域になってしまったのか,湯釜の真近までいけなくなってしまってました(涙)


で悔しいので,何年か前にいった白根山と湯釜の写真。どーぞ



CIMG1172.jpg

駐車場から上に登る事約10分。
木が生えない風景は、恐怖さえ感じますが、見晴らしがとってもいいです♪

湯釜は??


CIMG1170.jpg

エメラルドブルーの不自然な感じ。。。
毒々しい感じもしますが、青空だとかなり映えます



CIMG1175.jpg

志賀の白根山にたどり着くまでいろいろな風景を見られるのもたのしいところ!


CIMG0874.jpg

草津から志賀方面へあがっていくと、
『駐停車禁止!』
の恐ろしい看板が見えてきます。
ここは、写真を撮ろう♪なんて停車してしまうと、猛毒の硫化水素が充満しているので,体に影響を及ぼすというもの
木も生えていません。。。自然のすごさ。


CIMG1158.jpg

日本の国道最高地点!
ここまで来ると、夏でも長袖を羽織らないと寒いですよー!!


長野県と群馬県の県境にはこんな絶景スポットも散在!

CIMG1139.jpg

天気が変わりやすいですが、長野のすばらしい景色を是非楽しみたいです。
(白根は昔の方がよかったな、、、と密かに思うTommi)です。

ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本も楽しんでますよ〜!
10:05 | 長野・北信地方 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑