オランダのお宝鑑定団!『Kunst en Kitsch』へ参加しました♪

今週に入って一気にマイナス気温へ。
どかっと雪が降りました。
遅すぎる冬の到来です。。。



1月の中旬に旦那がとっても楽しみにしているイベントへ行ってきました〜。
その名は『Kunst en Kitsch』
日本語の訳すと『ホンモノかまがい物か?』ということで、日本の『お宝鑑定団』のオランダ版のテレビ番組です。
毎回様々な美術館から放送して、司会の女性が痛快に笑いを取りながら進めていくというもの。

それが遂に我がフリースラント州へやってくるというのです!

日本と違うところは観覧席が無く、参加者全員が何かの鑑定して欲しいものを持っていくというもの。
家に眠っているお宝?であろうものを持ち込んでプロの鑑定士に見てもらえるのです。

事前予約をして(入場料10ユーロで一人3品まで持ち込むことが出来ます)、いざ当日!
旦那はひいおじいちゃんがどこから頂いたという大きな絵画を持って参戦です

。。。絶対価値なんて無い絵画だよー。。。ニセモノだったら恥ずかしいよ。。。と尻込む私を横目に
『見てもらうことに意義がある!』と意気揚々の旦那


R1022926.jpg

会場は『フリースミュージアム』

旦那はやる気満々!!


R1022927.jpg

ころころ絵画をおしていざミュージアムへ。
(この後玄関に待機していたカメラマンたちのインタビューに嬉しそうに答える我がオランダ人旦那。。。)


指定された時間に行って受付をすると???


R1022929.jpg

ロビーはものすごい人で溢れかえっています
番号札を見ると、150人ほどの人が私たちよりも先に待っています。。。
どこを見てもおじいちゃん、おばあちゃんで溢れかえっています(笑)

万国共通『お宝鑑定団!』

R1022932.jpg

参加者それぞれお宝を持ち寄っていますが、面白いのはどんなお宝でも、カバンの中に無造作に入れられていたり、スーパーの袋に詰められているものまで!!!

日本じゃ考えられない!
日本だったら手袋して、厳重管理ですよー!


R1022930.jpg

歩行器で歩くおじいちゃんも、車いすのおばあちゃんも、お宝をもってワクワク自分の番を待ちます。
オランダは、昔からの家に代々住むことが多く、物を大事にする人たちなので、古くてお宝臭い(笑)物が結構いっぱいあるのです。まぁ『古い』のと『価値がある』のは違いますけどね(笑)


さて、順番です


絵画は一番持ち込み率が高く、4人の鑑定士が在籍しているそうです。

R1022934.jpg

まず絵画入り口でスタッフが一つ一つの絵画に目を通し,だいたいの鑑定をしてくれます。
どきどき。。。

大きさだけは他の人に負けない我が旦那の絵画。ひときわ目を引きます。。。


R1022938.jpg

真剣に見つけるスタッフ。
(我が家のリビングルームに飾ってあった絵画なのですが、私はどうも色合いが暗くて好きじゃないのよねー。。。)

「大きくて迫力のある絵画だけど、あまり値段は期待しないでね」と言われ,奥の部屋へ。。。


R1022941.jpg

おぉ。テレビクルーが待ち構えています。。。
ドキドキ。。。いつもテレビで見るプロの鑑定士たちが目の前に

旦那の番です!


R1022940.jpg

旦那と比較してもかなり大きなサイズ。。。
鑑定士さん、絵画とにらめっこしています。そして辞書で作家のことを調べ始めました。

作家さんは(名前は忘れましたが)美術辞書にも載っているオランダ、ロッテルダム出身の画家さんで、花や風景を中心に書いていた人だそう。一番大きな作品はロッテルダムの美術館にも飾られているとか!

しかし。。。

鑑定士さんがぽつり

「大きい作品だけど、色合いがね〜。受けないんだよね。色合いと画法が目立ってないので、生涯あまり有名にならなかった画家さんでね。世の中に出るような目立った作品じゃないね。家で大切に飾ってくださいね〜

と。

旦那がっくり

もう少し何か期待していたそうで(それでも値段を付けるとしたら7万円だって言ってたんだけどな)、腑に落ちない様子。

そりゃあ、ここに参加した約1000人のうち,テレビで放送されるのなんてほんの十数組ですからね。。。
プロの鑑定士さんに見てもらえただけよかったじゃないか!


帰り道も何だか腑に落ちない様子の旦那。。。
もう少しテレビで見ているようなドラマチックな結末を予想していた模様。。。



R1022939.jpg

私たちが会場にいる間にも、こうやってテレビ撮影されていた人たちもいました!
プロの鑑定士さんの食いつき方が違う(笑)

しかし。
家に帰るなり義父に電話。
今までの落ち込みとは反対に、誇らしげに絵画について説明する旦那を見てほっとする私でした

とっても楽しいイベントでした。
テレビにちょっと映ってるかな?放送日が楽しみな私でした♪


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
cntr:かcommand:ボタンと一緒にクリックすると、画面が変わらずクリックできるので是非よろしく!
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
いきなり初雪どっさり!でーす。
スポンサーサイト
19:44 | オランダ:フリースラント | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

思い出に残る記念写真を撮ろう @軽井沢写真館

日本にいたときのお話です。

同僚と長野県のリゾート地『軽井沢』に遊びにいきました。
観光シーズンだったので、軽井沢は人でごった返していました〜。
なんとか車を泊め、お目当ての場所に。。。

そこは?

R0010077.jpg
『軽井沢写真館』という場所です。
場所は、買い物ストリートのメイン通りにあります。歩いているとすぐ分かる場所。
ここで写真を撮ってもらう予定なのですが、勿論!普通の記念写真を撮ってもらう訳ではありません。

ここは、
『アンティークドレス』のコレクションから自分の好きな衣装を選んで、写真撮影をすることが出来るのです!

予約は不要。
いった順に撮影をします。夏場で混んでいるときは、順番待ちになります〜。

ホームページを見てもらっても分かる通り、アンティークドレスのコレクションがスゴいのです♪
何も予習せずにいくと、忙しくて時間を持って選ぶ余裕がないかもしれないので、ホームページを見ながらこんな形のドレス(コルセットの入ったふわふわ系やAラインのようなものなど)、色は何色系が自分で着たいか。などある程度イメージを持っていくのがお勧めです。
(店内でじっくりドレスを選ぶ時間はありません。)

私は一緒にたびをした同僚のイメージも事前に膨らませていて

☆同僚の彼女にはパステル系のフリフリのふんわりドレス
☆同僚の彼には袴に下駄!
(男性もアンティークの西洋の服が用意されているのですが、彼の場合は余り似合わないかな?と思い,3人のバランスも考えて大正時代!のイメージにしてみました)
☆私は、少し古めの、ふわふわしていない濃い色が入ったドレス

こんな事前イメージでドレス選びに望みました。
即決で彼女と選んだのは???
(今回の写真は顔を隠すため、ちょっと見にくいかもしれません。。。)



R0010034.jpg

ピンクのフリフリのドレスです〜。
ちょこんとかぶる帽子と、ふわっふわの傘を小物でチョイス!
サイズなどは余裕があるようにできていて、着るのも簡単!背中でサイズを調整してくれます。

そして私は?



R0010036.jpg

オレンジのサテン生地にアンティークレースが施されているドレスに決定!
小物は大きな羽帽子〜。
そして後ろに写っているのが、彼のチョイスした『袴』です。
着付けはあっという間で拍子抜けしたようですが、男前で決まってます

撮影は屋内か屋外か選べます(料金は変わらず)。

私たちはカメラマンのオーナーお勧めの屋外スポットで撮影することに。

カメラマンの所有するオープンカーに乗って移動するのですが、
周囲は観光客でいっぱい

「何だこの人たち???」の形相で私たちを見ていきます。
はじめは恥ずかしがっていた私たちですが、ここはもうモデルになりきって開き直るしか無い!!

笑顔を周囲に振りまき、
観光客が私たちに手を振ってくれるようになりました〜。
私たちを見ていた女の子たちの羨ましそうな顔が忘れられません。


R0010042.jpg
開き直った同僚たち♪


3分ほどで撮影スポットへ。
この軽井沢写真館さんの嬉しいところは、撮影の合間、またカメラマンのオーナーさんが準備や片付けをしている間、自分たちのカメラでも写真を撮ってOKというところです。

カメラマンは私たちにどんなポーズをとると格好いいか、かわいいか。指示してくれます。
「お兄さんは凛々しく、余り笑わないようにね。日本男児ってかんじで!腕は組んでね」
「ピンクのドレスのお姉さんはふんわり笑顔でね〜」
「オレンジのドレスのお姉さんは歯を出さないで笑ってみて〜」

R0010046.jpg


などなど。。。


どきどきの撮影はあっという間に終わり、私たちも記念に写真を撮りました〜。

女性2人で

R0010051.jpg

撮影スポットは深緑で、大木がいくつかあり、とっても素敵な場所。
ドレス選びも我ながらよかったな〜。と自画自賛(笑)


R0010057.jpg

似合ってるぞー。二人とも〜。


R0010052.jpg

これを年賀状の写真にしようと思った位楽しかった写真撮影でした。
終わる頃には恥ずかしさが消え、私たち3人楽しくてやや興奮状態

写真館に戻って写真を選び、後日自宅に送られてくるシステムになっています。


後日送られてきた写真を見るものとっても楽しいです。
写真を見た瞬間、3人で大笑い!!
この笑いは自分たちが仮装したことにじゃなくて、プロの写真家が撮った写真に私たちそれぞれのベストショットがおさめられていて、お互いが『似合ってる!!』と大満足したためです。

軽井沢にたびをした際には、是非お勧めのスポットです。
今でも思い出すとニンマリしてしまう思い出なのでした。




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
12月5日はオランダの良い子にサンタクロースがやってきまーす♪
18:57 | 長野・東信地方 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東京のB級スポット?明治大学博物館

東京のたびの話をしたいと思います。


東京へは、仕事でいく事が多いのですが、なにかのイベントがあると,ついふらっと泊まり,もしくは日帰りでも出かけてしまいます。

今回はずっと気になっていた場所へ行ってきました。


R0026155.jpg
『明治大学博物館』です。
この情報は、よくお世話になってますこのサイトから参考にさせていただきました。
『日本珍スポット100景』

ここは、衝撃的でした。
日本で唯一の『拷問器具』を集めた博物館なのです。。。
日本だけでなく,世界でも人を裁くために拷問器具がどの世界にもあるなんて、やっぱり、人間の根源は同じなのかなと思ったりします。
友人を誘って、いってみました。


(こんかい、あまり写真は撮っていません。
というか、撮りたいと思っていたけど,見ているうちに、そんな気は失せてしまいました。。。
詳しくは,上のウェブサイトに写真が載っているので,みてください。)


明治大学の博物館は、お茶の水駅から徒歩圏内にあります。
近代的な建物の中に、地下に通じるエスカレーターがあります。


博物館の中は,明治大学の歴史を学ぶフロアがあって、その下に進むと,3つのセクションに分かれています。


そのうちの拷問器具は『刑事部門』というところにあります。

おおくは、日本でどんな道具が使われていたかというものですが、
海外の道具もあります。
どうやって罪人を捕まえるかに始まって、自白のさせ方,裁判の仕方、そしてどうやって裁くか。です。
はじめは、興味深く写真を持っていた友人も、いつの間にかやめてました(笑)


最後には、有名なギロチンや、鉄の処女(アイアンメイデン)のレプリカもあり,かなり、リアルです。
ギロチンは、つい何十年か前まで実際に使われていたというのだから驚きです



ちょっと怖くなってきたときに隣のセクションへ。。。
考古学〜!!!



R0026156.jpg

ほっ。。。

はにわさん、気分をいやしてくれるわー♪よかったーあなたがいてくれて。
3セクションは
日本の工芸品
刑事部門
考古学
から成り立っています。
入場は無料なので,東京に行った際は話のネタに、お勧めです。


帰りにお土産コーナーでこんなものを発見!!



R0026157.jpg
『どぐうマグカップ』です。
かわいぃ〜
その他にも,土偶グッズ、はにわグッズ盛りだくさんで、ほんわかした気分で博物館をあとにしました。。。
次回,東京話、もう一ついきたいと思います。



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
オランダに到着しました。今日もどこかを地図を片手に歩いてますよ。
00:23 | 東京 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東京散歩 初競艇!!@江戸川競艇場

忙しいお仕事も終わり、少しブログ更新を急ごうと思います!

東京散歩は、一緒に行った仲間がそれぞれやりたい事,食べたいもの,見たいものを合わせてできたたびです。
では、Fくんのリクエスト!



R0026261_20121127130610.jpg

『江戸川競艇場』でございますーーー
これで彼は東京の全ての競艇場にいったらしい。


どきどき!初めてなので,ちょっと楽しみなのであります♪


しっかし、周りを見ると、
「おじいちゃん」
「おじちゃん」ばかり

それも何故だかみんな眼がキラキラしています〜

こういうところに日本の年金は使われていくんだろうナーーー。



R0026260.jpg
おっちゃんたちは自転車でー。
私たちは無料送迎バスでー。



中に入ってみると?


R0026269.jpg
予想屋さんが大きな声を上げてお客さんの眼を引いています。
すごーーーい!!
未知の世界です!!
何度か、予想買っちゃったし


R0026277.jpg

おっちゃんたちは、出走のデータを見ながら賭けます
お馬さんは、毛並みだったり,芝だったり?見ると言いますが、
競艇は?



R0026264.jpg

波のたち具合とか,ボートの部品の変更の有無とか、
カーブの曲がり方とか。
レースの前に一回一台一台走ってみてくれます。

そして、券を買いにいきますよ



R0026266.jpg

同僚たちの様子を見ながら??



R0026271.jpg


こんなかんじーーー!!キャーーーー興奮!!


レースは何レースもあって、
私も結構当てましたよ♪♪


それでも最高で8倍くらい。
100円しか賭けてませんからー。
結果的にちょいマイナスくらい。


たのしぃ



R0026279.jpg

最終レースになると、お客さんがわんさか!!
景色もきれい!!



R0026278.jpg

モーター音がたまらん!
ファンファーレと中継も癖になります



R0026284.jpg

最終レースが終わる頃にはすっかり夕日です。
そして、
おっちゃんたちに混ざりながら最寄り駅までバスで送っていただくのでした♪

たのしい初体験!ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
残り少ない日本。満喫中です~。

15:05 | 東京 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

草津 吾妻 キャニオニング初体験!

おはようございます

同僚と夜な夜な飲み明かした次の日は、待ってました


『キャニオニング』初体験です!!

今回お世話になったのはここ!
キャニオンズ 草津 吾妻


キャニオニングとは?
一言でいうと、『タキクダリ♪』




DSC01471.jpg

そうです。
『滝下り』


。。。これには、連れて行った同僚も苦笑い。

Tommiにだまされたかと(笑)
ちょっと川遊びしにいかない?位で誘いましたから。はい

この写真は実際に降りた滝。

ロケーションは、草津、吾妻、六合村 世立八滝

ホームページを見ると分かると思いますが、
観光名所です(笑)


さて、専用の靴下、靴、ズボン、ジャケット、お尻滑り用のパンツ、ヘルメットをかぶって準備完了!




DSC01467.jpg

本日のメンバーは、私たち4人と前橋から来ていた姉妹2人の6名。
そこへガイドが4名という豪華なサポート体制となりました。


ガイドさんのLee と Red
もう二人はフトシさんとリョウジさん。
二人のガイドさんに怒られながら
もう二人のガイドさんになだめられながら進むといった感じ(苦笑)



さて、出発して急斜面をお尻滑りしながら、
到着しました♪川の向うには既に先の見えない滝があるではありませんか



いきなり、説明で始まります。

この滝は25メートル
初めは斜度75°
そこから90°になって
もっと鋭角になったらロープにぶる下がって滝壺までおりますよー♪



ひょえ〜
どんなコースかみたくても、一気に落ちている滝を見る事ができない!!



Tommiがなぜか一番手になる事に!!!
大変だー


でも行くっきゃないぞ!
降りるのは、ロッククライミングの要領。
お尻を下げて足を張ってロープを自分でコントロールして降りていきます。。。。。



ロープを握っているがいたいよー!!!

でも、いかなきゃ。。。(涙)




いってみると_???



DSC01478.jpg

こんなんです(驚)

はぁ。なんとか、降りきりましたよ。。。




一人一人が降りるのを応援し、、、



無事全員降りてきました!






DSC01551.jpg
ちなみにこの滝の名前は
殺人の滝』というらしい。。。
降りた後に教えてもらって良かった。。。



これでパワーを使い果たした気がしますが。。。


ロープで降りる滝もあれば





DSC01910.jpg
見えますか?
体一つで降りる滝も!!!




DSC01894.jpg

天然の岩を滑るコースもありましたよ。


こんなのもあり



DSC01601.jpg

滝壺に向かって後ろ向きでドボーン





あと、二つ大きな滝がありましたが、そこはやはりロープです。




DSC01614.jpg

こけでつるつるするコースでしたが、無事降りましたよ!




最後にはカメラに向かってポーズできるくらいの余裕が!!!




DSC01862.jpg

最後の滝を終えたときの安堵感と疲労感はものすごかった。。。

久しぶりに大興奮と笑い、恐怖。。。
いろいろな感情を味わったキャニオニング初体験でした。。。


いろんな場所にあるようなので,皆さんも興奮と恐怖を味わいにいきませんか?



DSC01922.jpg


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本も楽しんでますよ〜!
08:47 | 他日本たび | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑