国境越え情報 ケニアからエチオピアへ

久しぶりのアフリカたびにいきたいと思います。

ケニアとエチオピアの国境『モヤレ』に2度目の到着、そして朝8時、国境の開門とともにイミグレーションへ再チャレンジです。


前回チャレンジした話はココからどうぞ!

国境には24時間オープンしているものと、夕方に閉められてしまうものがあります。それもしっかりチェックしないといけません。。。
今回は堂々とビザを見せて、すんなり入国

国境でどうにかならなかったのは、この国だけかもしれません。
エチオピアはアフリカじゃないアフリカだよ。ときいたことがありますが、その通りかもしれません。

国境からひたすら登り道。。。一本道をバス乗り場まで10分弱くらい歩きます…。


エチオピアの人々、かなり私をじろじろ見ます…。
そして冷やかしの声をかけてきます。こういうイヤラシイ感じ久しぶりかも。かわせどかわせど親切心じゃない声かけを受けます。



私、この国苦手かも…。



バスまで2時間くらい時間があるとのことなので、木の木陰で休憩。
満員のバスは走り出したはいいもののすぐに警察の検問に引っかかり、一人ひとり荷物を見せることに。。。
私から何か怪しいものを見つけたかったのかかなり念入りに探していますが、出てくるものはアフリカ布と汚い洋服のみ(笑)。ビザもあるし、難なく解放

他の人の食物などでかなり時間がかかり、このままでは目標にしていた首都『アディス・アべバ』まではたどり着けなさそうデス・・・。

260px-Et-maps.png

モヤレとアディスの中間、『アワサ』まで行くことにしました。

モヤレから小さいバスを乗り継いで、乗り継いで。。。



エチオピアの家。。。


RIMG2380s.jpg

東アフリカは大体こんな感じですが、エチオピアは壁に色を塗ったり、デザインをしたりしているのがほかの国と違うところ♪




RIMG2382s.jpg

「どやどや」

こうやってあちこちに人だかりが出来るのはアフリカどこも一緒(笑)



RIMG2388s.jpg

同じバスに乗っていた人にもらった『オヤツ』


夕方ころにはアワサに到着。かなりしつこい客引きを追い払いながら何とか寝る場所を確保。。。
「首都行きのバスはいくらでも出ているから大丈夫だよ。」という街の人の言葉を信じてしばしの休息です。。。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
アフリカレポに日本レポも入れていきます~♪
スポンサーサイト
20:55 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 ウガンダからケニアへ

楽しかったウガンダ。美味しいものを食べ、パワーを充電し、次の国へ旅立ちます。
ウガンダから次の目的地は『ケニア』です。
ウガンダの首都カンパラからケニアの首都ナイロビまでは十数時間。Tommiは迷わず夜行便を選びます。

カンパラからケニアへ出発するバスは数多くあります。
ホテルの人にきいて、信頼できるバスを選ぶといいと思います。

私はお昼にカンパラを出発するバスにしました。
予定では朝にナイロビに到着して、そのままたびを続ける…。という予定です。


RIMG2236s.jpg

私の乗ったバスです。
天井も汚いし…。なんて思うかもしれませんが、これは私にとって最高のバスたびとなりました
何故なら??


1.シートが2+2だったこと!(普通アフリカのバスは3列シートが多いのです!!)
  これはゆったりです♪

2.お客さんが少なくて、隣に誰も座らなかったこと!!
  ありがたい!!横になって寝ることが出来ます♪

3.シートのクッションがいくらかクッション性が残っている!!
  おしり痛痛にならなくてすみます!


快適なたびが始まります!!

カンパラを抜けて、田舎へ向かっていきます。



RIMG2237s.jpg


バスはある湖のほとりを走っていきます。


あっ
ビクトリア湖




RIMG2240s.jpg

世界一長い川、『ナイル川』の源流、ビクトリア湖です。
ウガンダからケニアへ向かう際は、ビクトリア湖に沿って移動するんですね。

美しい湖を堪能して、バスは深夜に。。。


国境は24時間オープン。

ケニアへの入国はその場でビザをもらうことが出来ます。
約50US$支払ってケニアに入国です!!
簡単な質問に答えるだけのスムーズ入国です。

(深夜のため、画像なし…)


さて、朝8時ころ、ケニアの首都『ナイロビ』へ到着です。


RIMG2305s.jpg

うわぁ。。。
すごく都会。。。

日本とそれほど変わらない街並みに、Tommiは、たった今ナイロビに到着したばっかりでしたが、更に旅をすすめて、次の目的地に急いでしまおう。。。と決めたのでした。


Tommiのアフリカ旅、数あるアドベンチャーのうち、かなりトップにランクインしそうなたびがここから始まります…。
ナイロビを通り過ぎただけのTommi、さて、どんなたびになっていくのかお楽しみに

ちなみにケニアの地図です。ただ通り抜けようとしたケニア、この広い土地を縦横無尽にたびすることになるとはこのときは知る由もありませんでした。。。

300px-Ke-map.png


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
アフリカ、過酷パートに入っていきます!
20:51 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 ルワンダからウガンダへ

ルワンダを朝10時ごろ出発するバスに乗り込むことにしました。
ルワンダウガンダは沢山のバスの行き来があるので、いろいろなバス会社が客引きをしています。泊まったホテルの人にたずねるのが一番ですが、ここら辺の地域のいいところは、国境行き。ではなく、首都~首都というところ。気を張って次のバスを探す必要がないのは、本当にほっとします

バスは大体値段も質も一緒のような感じです。

RIMG2183s.jpg

さて、今回私は大型バスに乗ることになりました。アフリカのバスは2×2のシートではなく、2×3というのが主流。新幹線みたいですね。3人がけの中央になって、巨大な方に囲まれたら、そのたびは身体的、精神的にかなりの苦痛に襲われるので、座席はとっても大事なポイント!こっそり口利きをしたりします。。。


RIMG2188s.jpg

バスは順調に走り出し、ルワンダの赤い大地を駆けぬけていきます。

さて数時間後、国境に到着です。
かなり活気のある国境です。物売りや人々がわんさか行きかっています!

ビザは事前取得は不要。ボーダーで取得可能です。(約5000円)


ルワンダの出国スタンプを頂き、ウガンダの入国へ。
いつも入国にはどきどき、神経を張り詰めて臨むのですが、ウガンダは『親日家』と言う噂をきいていていたので、いつもより安心した気分で入国審査に望みます

入国審査のおっちゃんは私のパスポートを見て、日本人だとわかると、途端にやさしくなります!!
「Tokyoから来たの?」
「僕も日本人の友達がいるよ。」
「ウガンダはとってもいいところだから楽しんでいってね♪」

とこんなに入国が簡単でいいの??!と言わんばかり。
「Enjoy!」と言われて、わたしもついつい嬉しくなってパスポートもらっちゃいましたが…。


ちょっと!おじさん!私にビザのスタンプ押してないよ
「あぁ、わりぃわりぃ。」とようやくビザのスタンプ(ここはシール)を頂きました。。。
はぁ、危ない、危ない。。。


RIMG2189s.jpg

ボーダーのラインが見えます。ついにウガンダ入国です


ウガンダは緑が豊かなとっても美しい国。
それは人々の国民性、性格にも表れていると感じました。またその話は別の機会にして。


デモ…。
暑い……


RIMG2196s.jpg

首都『カンパラ』には夕方到着。
現地のウガンダ人の家に1週間滞在予定です。
楽しみにしていたウガンダ滞在の様子、お届けします。


ブログランキングに参加しています


がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などなど、マニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
アフリカ話に戻ります!ウガンダ入国します。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
20:46 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 ブルンジからルワンダへ…。 

またまた更新せずすみません!
長野はさらに寒くなってきました。
興奮のワイナリーフェスタが過ぎてすぐ寒くなり、一気に紅葉が進み、ブドウ畑の葉っぱも一面茶色に変わっています。ちょっと哀愁漂う季節になってきました…。


さてさて、そろそろブルンジを出発する話をしたいと思います。

ブルンジの宿の目の前がルワンダの首都、キガリ行きのバス乗り場。
こういうバスは個人会社が走らせています。
私の乗ったバスは20人乗りくらいのミニバスに乗ります。
ブルンジとルワンダは内陸の山間の国なので、なるべくゆれないような席を確保するのが重要!
こういうときは女子一人旅の強いところ。
「女の子一人なの??ほら!ここ特等席だよ!」

と、運転手近くの一人がけの席をゲットありがたい、ありがたい。。。


バスは軽快に走り出し、3時間ほどで国境に到着です。
かなりスムーズでびっくりTommi

RIMG2187s.jpg
紅茶畑

基本的に東アフリカはビザを事前にとる必要はなく、その場でお金を払うとビザがもらえます。でも今までどおり行かないのもアフリカ。今まで何度も苦労したことがあったので、出国審査を受けた後、入国審査の列に並びます…。

近隣のアフリカ人はビザは不要。なので、私だけ取り残されてビザ発給を待つことになります…。
今回も入り口でプチトラブル発生。

「ビザは事前に大使館に行ってもらってもらわないといけないんだけど…」
と入り口のお兄さん。。。でも引き下がるわけにはいかない

「え。そんなの知りませんでした。。。何とかなりませんか。。。」


……。


待つこと約3分。
偉い人のところに相談に行ったお兄さんは

「今回は初めてだから許すけど、次回からはここでビザは発給しないからね。。。」

と!ビザゲット~


3分なら早いほうです!!
まぁ、運転手のおじさんが口ぞえをしてくれたのもあるんだけどね♪


無事ルワンダ入国です!


RIMG2158s.jpg

ルワンダは山のすそを切り開いて家を建てて、畑を耕す、長野のような、カリブのような妙に落ち着く風景。
朝出発したバスはお昼過ぎにはルワンダの首都『キガリ』に到着しました。

RIMG2184s.jpg

バスターミナルも大きいし、ブルンジとはえらい違い!
かなり開けた街です。

ちなみにブルンジから私を運んでくれたバス会社の名前は…



RIMG2182s.jpg

Yahoo エキスプレス

え?パクリ?
いやいや『Yahoo!』とは一切の関係はありません

特許も何もありません!隣国も目じゃないです。アフリカ!さすがアフリカ!!
やるなら堂々と!ですね~。

坂の街、キガリを次回はぷらぷら歩いてみたいと思います。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。

面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

しばらく海外逃亡する時期がやってまいりました(笑)
チケット購入♪
Tommiどのへ逃亡するのかな

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ルワンダ、かなり発展している街です。
19:50 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブルンジ イミグレーション 入国審査で苦戦する



前回、『棒一本』ですんなりブルンジの国土へ入ることが出来たTommi
そのときの記事はこちらをご覧ください。

ハイエースは、ブルンジ側の入国審査に止まりました。
審査官はみんなのパスポートを持って部屋の中に入っていきます。
私たちはよばれるまで外で待機。一人ひとりよばれるのを待ちます。
これはいつもの光景…。

私はビザ代US20ドルを払わないといけないので、お金を用意して待っていました。
タンザニアのキゴマの銀行で、USドルをちゃーんと用意したから大丈夫
……とスムーズに行かないのがアフリカ!
審査官のお兄さんは、私のUSドルを見て、

「この紙幣は使えないよ。」

と言うのです…。



RIMG2123s.jpg

へっ??

どういうこと??
話をきいていると、どうやら私の紙幣は2005年以前に発行されたものらしく、アフリカでは2005年以前のUSドルは偽札防止のために使うことを自粛しているらしい…。

え```````

じゃあ、タンザニア銀行が悪いんじゃないかーー
「みて!これタンザニア銀行から両替してもらったんだよ!」と明細書を見せますが、効果なし…。
この地域の国は国ごとにお金の単位が違うため、あまり余計なお金を持っていなかった私は、タンザニアシリングでビザ代を払うことも出来ませんでした…。闇両替のおっちゃんも、そんな紙幣じゃ両替しないよ!とか言うし…。

待ちくたびれたハイエースは、私だけをおいて、先に出発してしまいました…。。。

交通手段もお金もなくなったワタクシ…。入国検査にポツン。。
お金もないし、どうも出来ないし、でも急ぐ気持ちもなく、彼らと喋っていました。

自分が持っているお金で何とか通してもらえないかと、持っている外貨を出してみます。




結局、15EUROとUS5ドルでビザを発行してくれることになりました。。。
損はしたけど、まぁいい。入国は何とかできたのです。

入国審査の兄さんがよんだ個人タクシーでふもとの街まで乗せてもらうことに…。
まずはブルンジのお金を手に入れないと…。ぼったクリをたくらんでいるのはみえみえだったので、こっちだって言いくるめてやろうじゃないの。
片言の彼の英語には勝つ自信がありました(笑)。

「両替が出来るふもとの街まで乗せてって。」
「両替は首都まで行かないと出来ないよ。」
「んなはずないじゃん。ある程度大きい街まで連れてって。」
「じゃあ、2万円(日本円で約)だよ。」
「はぁ?そんなかかるはずないでしょ?私を誰だと思ってんのよ?あんたぼったくろうと思ったってそうはいかないからね。そんなぼったくるなら、お金払わないからね。」
「ぶつぶつ・・・」

私は思う存分彼に言ってやりました。彼はそれでもぼったくろうとしましたが冗談じゃない。
1000円だけ払って、ふもとの街でとっとと降りてやりました。
(ちなみにハイエースはふもとの街まで300円くらいだったと思います。)

溜まっていたうっぷんが一気に爆発した感じです…。
自分で両替をして、ホテルを探して、食べるものを探して、明日の首都行きのバスのチケットを購入して、なんとか一日終了です。

RIMG2118s.jpg

ブルンジ、まだまだ続きます。
みなさん、一つだけアドバイス、アフリカに行く際は、2005年以降のUSドルを用意していきましょう。アメリカなどでは普通にその紙幣も使えるようですが、アフリカ全土で2005年以前の紙幣を受け付けないという決まりがあるそうですよ…



ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ブルンジ。男女角刈りがはやっている不思議な国です…。
07:27 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑