ドバイ 日帰り砂漠ツアーを満喫する

消えた記事を一気に書こうと思います(笑)

ドバイのショッピングモールに出かけた際に見つけた、臨時出店の旅行会社のパンフレットで、『日帰りドバイツアー』の特集をしていました。

ショッピングに興味はないし,このまま帰るのもな。。。と思い,お店の人に
「日帰り砂漠ツアーは明日まだ空いてる?」と聞いてみると,
「全然オッケイだよー!」との返事。明日のツアーだけど,案外簡単にいけちゃうもんですね。
夕方出発のランドクルーザーで巡る砂漠ツアー(3000円くらい?)に決めました。


当日は15時にランドクルーザーがホテルまで迎えにきてくれます。
私の運転手兼ツアーガイドさんは、インド系の若い男性。長髪とサングラスでびしっと決めてます。



R0027568.jpg

参加者は、助手席にインド系の女性一人と、その後ろにシンガポールから来た家族3人、そして後ろの席に私一人の5人。

運転手は、今日の日程を運転しながらしゃべってますが、車をぶっ飛ばしすぎてエンジンをふかす音で何も聞こえない〜




とりあえず、最初の目的地(集合場所?)に到着です。


R0027569.jpg
辺りは見渡す限りの砂漠です。
ここら辺は砂砂漠のようですね。

ここに、同じツアー会社のランクル、ハマーなどが集合して、一斉に砂漠爆走ツアーへ突入します。
ここで、砂漠を走りやすくするために、タイヤの空気を抜くのです。



同じツアー会社の車は10台くらい。
すごい参加者ですねー



さて、ここから、砂漠の中へ〜。
ここが、メインイベント!
砂砂漠をぶっ飛ばして、スリリングなドライブを味わう事ができます。
砂漠には道がないので,リーダーのような人が先頭を切って、後の車が後ろをついていきます。
どこを走ればいいのか,砂漠の中じゃ分からないですもんね。


うちの運転手は、かなりアグレッシブだったので,リーダーのすぐ後ろを陣取り、豪快に運転しますよ〜〜!!
動画を撮ったが、なかなか迫力が伝わらない!

R0027583.jpg

シートベルトをして、車のどこかに掴まっても、まだ吹っ飛ばされるくらいの勢い〜!!
砂漠の中にできた山谷をものすごいスピードでぶっ飛ばすのは、スリリングで迫力満点!!



R0027580.jpg
みえますか?車が横にかしがってるの。。。





R0027586.jpg

時々こうやって、撮影タイム〜!
皆さん、砂漠に野のぼって、大興奮です。
よく見ると,大家族で参加している人もいて、歩くのもやっとなくらいのおばあちゃんとかがいますが,このツアー大丈夫なのかな???



R0027587.jpg

ちょうど、夕ぐれどきで、雰囲気もとっても良かったです〜。


R0027592.jpg


さてさて、このまま砂漠爆走し、ふっとばされること30分。
幹線道路に戻り、次のスポットに向かいます


次のスポットはキャラバンのような感じ。
各旅行会社ごとにキャンプサイトを設置してあって、そこで、アトラクションを楽しんだり,夕食やショーを楽しむ事ができます。
ここで、知り合ったブラジル人の女性と一緒に回る事に♪



R0027595.jpg
ラクダさんにのって写真を撮ったり。
トイレに行ったり。
ドリンクフリーなので,好きな飲み物もらったり,
砂漠の山をそりで滑ったり。



R0027594.jpg
ヘナアートをしてもらったり。
イスラム女性の格好をさせてもらったり。
水タバコをしたり。


R0027596.jpg

軽食を頂いたり。
寒くなってきたので,焚き木にあたったり。。。


こんな感じで思い思いに時間を楽しみます。
そして夕食の時間です〜。


R0027600.jpg
様々な国の人々が参加しているので,料理の数も半端なく多い。
洋食の他にハラル料理?(イスラム系の人のための料理など)とか豆,お肉、野菜、いも。。。
そこからそれぞれ好きなものを選んでいただきます。



夕食を頂きながら、中央のステージで、ショーが始まりました

R0027597.jpg

これ、アラブ地方の伝統的な踊りのようですが、男性が回りながら、衣装を変えたり,持ち物を変えたり,電飾をつけたりとパフォーマンスしていきます。
男性がスカートはいているのも不思議だし,
なにより、このお兄さん、中央でぐるぐる。。。15分くらい回り続けているんですよ


ショーが終わると、すたすたっと歩いていくし。。。すごかったです。。。

メインイベントは、勿論ベリーダンス〜♫♪


R0027602.jpg

「私の方が上手に踊れるわ〜。」
とブラジルはリオ出身の彼女がぼそっと一言(笑)


ベリーダンスは、トルコでもみましたが、見ている観客を巻き込んで一緒に踊っていきます。
お子だったり,おじさんだったり。。。会場を沸かせます。

ラストはこのお兄さん♪


R0027606.jpg

南米系のお兄さんがステージに。
お兄さんもダンス上手〜♪


R0027605.jpg

大歓声でショーが終了です。
終了すると、このツアーもおしまい。
みんなでそれぞれ乗ってきたランクルにのってホテルに帰ります。


ホテルに到着したのは9時過ぎ頃。
なかなか楽しいツアーでしたよ、ドバイに来たら経験すると、面白いです。

そして私は、ホテルの1階で大音量で開催されているクラブの音を聞きながら、すやすや眠りにつきました。
ドバイ話もそろそろおしまいです〜。



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
今日もオランダのどこかを地図を片手に歩いてます。

スポンサーサイト
00:39 | 中東ドバイ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ドバイ 豪華すぎるショッピングモールを探索

今までにない位更新しています

ドバイのショッピングモールは常識を覆すような仕組みで一杯
行くたびに町並みが変わっていくと言われるドバイの、いくつかの有名ショッピングモール、ふらふら散歩してまいりました。


まずは?R0027525.jpg

まずは、イブン・バトゥータ・モール

ここは、地下鉄のレッドラインをずっと乗っていくと到着します。
結構街の外れにあるモール。
ここの、面白いところは、6つの世界(エジプト、チュニジア、中国、インド、ペルシャ、アンダルシア)の館があって、その国々ならではの装飾がされているのです。


R0027527.jpg

まずは、エジプト館から
まるで、エジプトの遺跡のようでしょ?


中に入ると、突き抜けるような天井、広い空間にたっくさんのお店が並びます。(私はあまり買い物目当てではないので,お店の方は素通り〜笑)



R0027530.jpg
ペルシャ館?彫刻まで再現されています。
これだけみるのでも、ここに行く価値ありです!!


R0027532.jpg

モスクを再現したホールは、ここがどこの国かを忘れる位。。
ここで、コーヒーなんて、ステキですね


ぐるぐる回って気が済んだら(笑)
もう一度地下鉄レッドラインへのって街の中心部へ向かいます。

次にいくのは?

モール・オブ・ジ・エミレーツ



R0027541.jpg

ここの、必見アトラクションと言えば???



R0027540.jpg
じゃーん!砂漠のど真ん中のショッピングモールに『スキー場』を作ってしまったのです。この国の方々は。。。
何でもありです。。。



R0027539.jpg

中を見学する事もできます。
スキー場利用料金は、2時間で2000円弱。
まぁまぁの値段設定。リフトは4人乗りと子供用のロープリフトの二つ。


これがまた、かなりの人でにぎわってました
まぁ、皆さんレンタルウエアーにレンタルスキーなので,どこのおじさんも,中東の家族も,若者も、お子たちも、みんな一緒の格好。多国籍修学旅行みたい



このモールで,久々にチーズケーキファクトリーによって、スタンダードなチーズケーキを食べました。
初めてアメリカに行って、その迫力に感激した記憶がありますが、あまりにも量が多すぎて、完食できず。。。悔しい(涙)



それでは、次のモールへ???


次は、ドバイの中で最大の大きさを誇ると言われているドバイモールへ!



R0027552.jpg

もう、自分がどこを歩いているかさえ,分からなくなります。
全てのお店を回ろうなんて、到底無理な位おおきなショッピングモール。。。


モニュメントも見所満載!


R0027559.jpg
贅沢なお水の使い方です。。。


ここで、ちょっと発見!!


R0027554.jpg
GUCCIのショップのディスプレイに荒木さん(ジョジョの著者)の作品が
「ちょっと、みんな!みてみて!!これは日本の人の作品だよ!!」と周りにいる人に言いたくなりましたが、我慢我慢。。。



また、先のモールにはスキー場がありましたが
このモールには?



R0027557.jpg

はひっ
巨大水族館がありました恐れ入りました〜。


そして、このモールにはもう一つ、必見のものがあります。
それは???




R0027546.jpg
そうです。ブルジュ・タリファです。
世界一高いと言われるこのビルには、当日券4000円、前売り券1500円くらいで入場する事ができます。値段にかなりの差があるので,行きたい方は、予約するのがお勧め!!

でもこの建物、すっごく存在感があって、何よりも美しかったです。
太陽の光に照らされて、キラキラ光っているんです。
形も、すごくキレイでした。。。


R0027551.jpg


さて、このドバイモールですが、地下鉄駅から、直通道路があります。歩くと10分くらいかかりますが、
駅を降りて、すぐにバス乗り場がありますので、地下鉄のカードを持っていると、30分以内の乗り換えなら、無料でモールまでバスに乗っていく事ができます。
また、ブルジュタリファもいろんな角度からきれいに見る事ができるので,バスに乗ってモールに行ってみるのもお勧めです♪



R0027547.jpg

ぴっとカードをかざすだけ。
このバスの事は知る人ぞ知る。
地元の人に混ざって、バスに揺られて、楽しかったです♪



夕暮れのブルジュタリファもキレイでした〜。。。




R0027562.jpg

そして、結局購入したのは、チョコレートのみ(笑)
でも、このチョコレートは、ドバイで生産され、ラクダのミルクで作られているとの事!

とっても珍しいので,(試食もできますよー)買って帰りました♪
お土産にお勧めです!
あり得ないくらい豪華なドバイの情報は、ここからどうぞ〜


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
今日もオランダのどこかを地図を片手に歩いてます。

00:00 | 中東ドバイ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ドバイ 市内を散歩する&地下鉄巡り

ドバイに到着したのが朝の4時。。。

さすがにホテルは対応してくれないかもしれないと少々空港で時間をつぶし、5時半頃ホテルへ向かうと、飽いている部屋でよかったら休んでいいよ!と何とも親切な対応


夕方頃から、ふらふら町歩きをしました。
私がとったホテルは、運河の西側『ブルドバイ』地区。地下鉄のグリーンラインの駅前で、どこに行くにも便利。(ホテルの話はまた!)

a403f737.jpg

地図の場所から、東へ(ディラ、旧市街地区)西へ(高層ビルが並ぶ、マリーナ地区)散歩してみました。
旧市街をのぞむ運河までは、徒歩10分くらい。


R0027502.jpg

ここら辺は、マーケットなどが立ち並ぶ地域,客寄せも多い場所です。でも、そんなにしつこくない。
商品などを見るが、それほど安くないか?
聞いてみると,ドバイは特に物価が高く,他の都市に行くととっても安いけど,ドバイはあまり安い買い物をするところではない。とのこと。。。


R0027511.jpg

運河の向こう側(ディラ地区)には、こうやって渡し船があって、向こう岸の各地へ連れてってくれます。
定員が決まっていて、お金を払うと(安かった)、次々と出発していくシステム。
観光客や、外国人労働者が利用するようです。
人々がボートで行き来する姿を見ながらもう少し歩いてみます。



R0027512.jpg

街中を走っている車は、新しい車が多く,渋滞だらけ。
トリニダードトバゴみたいです。インフラに道路整備が追いついていない様子。
どこまでも渋滞は続き,クラクションが鳴り響きます。。。



運河近くに,歴史地区のようなものがありました。


R0027516.jpg
昔の家の形を残して、なかは、おしゃれなレストランやホテルになっている様子。
暗くなったので,誰もいない。。。みんな商売終えちゃったのかな?という位だれもいません。


R0027518.jpg

ドバイの街は、治安がそれほど悪くないので,日本と同じだと思います。
がやがやした繁華街の裏通りを歩かない。とか、金目のものをつけて目立って歩かない。とかそういうところを注意して町歩きをすれば、比較的安全だと思います。


砂漠の街なので,喉が渇く。。。
そう言うときは、街角の食堂で、搾りたてのオレンジジュースとかおすすめです!!!


翌日西側、ショッピング街の多い,西側地区へ地下鉄に乗っていってみました〜。



地下鉄は、レッドラインとグリーンラインに分かれていて、日本のスイカのようなカードで入ります。
(私はシルバーカードをスーパーマーケットで購入!)


中心街を抜けると地上にでるのですが。。。



R0027521.jpg
突如現れる巨大なビル街。。。
会社、ホテル、様々ですがまだまだ建設ラッシュ


あれがかの有名なブルジュ・アル・アラブがみえましたよ〜。


R0027520.jpg

すみません。地下鉄からで。
このホテルは、7つ星ホテルとして有名で,利用客しか入れないというVIPホテル。。。
(朝食やランチを予約すると入れるそうなので、その豪華なホテルの内部を見たい方は、予約してみるといいかもしれません)


高層ビル街が終わると突然砂漠地帯に。。。

そうですよね、ここは、砂漠地帯なんです。
R0027524.jpg
お金があると,砂漠の街も緑,お水溢れる街に変える事ができるんですねー。。。こわい。。。



地下鉄の外観はこんな風になってます。


R0027535.jpg
モダンな作り。
すっごくキレイです!!
だいたいの観光地には、地下鉄で行く事ができるので,タクシーもいいですが、庶民の足,地下鉄を利用するのがお勧めです。
ちなみに、地下鉄は、1等車両と(運賃2倍)、2等車両、2等車両の中にも女性専用車両があります。結構混むので,女性の方は専用車両を利用するといいと思います。様々な人種の女性がいて、おしゃれチェックも面白い!ドバイの他民族性を見れるようで、毎回地下鉄の乗るのが楽しかったです♪


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
今日もオランダのどこかを地図を片手に歩いてます。

17:12 | 中東ドバイ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑