マルタ お勧めのお土産いろいろ♪

マルタは地理上、イタリアや他ヨーロッパ、中東やアフリカの影響を受けている国。
お土産もいろいろあります!

このブログを参考にさせてもらいました。

マルタらしいお土産と言えば、
『銀製品、銀細工』
『マルタストーン:石製品』
『ガラス工芸品』
『レース編み』

その中でゲットしたものです。

R1025930.jpg

マルタストーンで出来た小物入れ。
様々な種類がありました。細かく彫ってあるのが素敵!
値段も手頃なので、お土産に最適です。
トルコのカッパドキアにも同じようなお土産があったな。。。彫り方が少し違うけど。

R1025931 2

私が選んだのは手のひらサイズ。
アクセサリー入れよう。


もう一つは、クラフトビレッジで購入したガラス製品!


R1025896.jpg

長方形のお皿は、我が家の朝食用にする予定です。
トーストをのせるのにいいかな。色はそれぞれ選びました。
リンゴのモチーフもおまけに購入。旦那は丸くてキレイなものが好きなので、記念に購入(笑)。


他はスーパーなどで買いました!


R1025793.jpg

食材でーす。

R1025796.jpg

リゾットはお水を混ぜてゆでるだけでとっても簡単。
こういった食材は、イタリアからの輸入品なので、パスタやリゾット製品は本格的!


トマトピュレはマルタ産らしいです。
ケチャップよりもトマトの濃厚な味がして、お料理に使いやすいです。


R1025794.jpg

プリンの素もイタリア産。
材料に牛乳があれば出来てしまうので、とっても簡単。
蒸したりする手間がありません。濃厚な牛乳で作るのがポイント!

他にもマルタはハチミツが有名なので、地元産の蜂蜜も購入しました。
(毎食パンにハチミツを塗って食べてました。濃厚で美味しかった!)

大きな写真に写っているバスのカンカンは『マーク&スペンサー』で購入。
マルタっぽくはないのですが、我が家のインテリアにしようと自分たち用のお土産に購入しました。


他にもスーパーには楽しい,珍しい食材がいっぱい!

にほんブログ村 トラコミュ 海外のスーパーマーケットへ
海外のスーパーマーケット

にほんブログ村 トラコミュ 銘菓・土産物へ
銘菓・土産物



R1025782.jpg
どの国でも、地元のスーパーを探索するのは楽しい!


R1025783.jpg

マルタ産のヨーグルトもまろやかでとっても美味しかったです。
(これもほぼ毎朝ホテルで食べてました。)


R1025785.jpg

ブイヨンの種類の多さにもびっくり!
オランダではだいたい3種類くらいですが、選べないくらいブイヨンがあって面白い。


R1025784.jpg

素敵な缶,瓶に入れられた商品もあるので、お土産にもお勧めです。
オリーブやソース類が多く,イタリアの影響かな。。。と思ったり。

野菜は輸入されているので、割高に感じますが、お土産などはとっても安い!
マルタは両方の親を連れて、また遊びにきたいなー。と思わせる素敵な国でした。




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
オランダ、寒い。寝付けない(涙)
スポンサーサイト
22:11 | 冬のマルタ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬のマルタ db SEABANK HOTEL食事編

食事の評判が良かったこのホテル

にほんブログ村 トラコミュ 海外ホテルへ
海外ホテル


ホテルの中にいくつかのレストランがあります。
☆メインダイニング(予約なし)のビュッフェレストラン
☆お肉を席で切り分けてくれる(予約必要)のブラジリアンレストラン
☆いろんなアジアの国の料理が堪能できる(予約必要)アジアンレストラン
☆メイン料理を選ぶ事が出来る(予約必要)イタリアンレストラン
☆子どもが喜ぶ仕掛けがいっぱい(予約必要)キッズレストラン

そしていつでもオープンしているバーラウンジ。

2週間近い滞在も、様々なレストランを楽しむ事が出来て、またそれぞれのレストランが行くたびに違うテーマのもと料理を提供してくれるので、全く飽きる事がありませんでした。料理とスタッフの評判がいいのが頷けます!!
(今回はお料理の写真ばかりになってます!)

R1025683.jpg

メインダイニングとなる『コーラルレストラン』

広ーい店内には自由に吸われる十分なスペースとお料理の列がびっしり!
温かいお料理はその場でシェフが調理してくれ、前菜,デザートなどはこのように縦列にずらり!と並んでいます。

R1025625.jpg

海が見える窓際の席ゲット!
朝食はメインレストランのみで朝7時半から10時まで。
遅い時間に行くと、夜遊んだ人たちの遅い朝食でごった返すので、早めの時間がお勧め。

写真は第1回目の朝食バイキング。
こんなに食べれるのか??という量をもらってきています。。。これがビュッフェのいけないところ。
つい見慣れない美味しそうな料理をちょこちょこよそってしまいます。。。そしてそれがこの結果。。。
さすがにお昼ご飯は食べれませんでした。。。

でもバラエティに富んでいておいしぃ!

最後の1週間は結局。。。

R1025807.jpg

これが毎日の朝食の定番となりました♪
ハッシュポテトにマルタパン(外側ぱりぱりで中がふわふわのパン。その日のうちに食べないと固くなってしまうそうです。。。)そこにクリームチーズとマルタ産のハチミツを塗って頂きました。
マルタ産のヨーグルトもまろやかで美味しかった!


R1025699.jpg

パンは種類が豊富!
家族連れはバゲットをそのままテーブルに持っていって、切り分けていたり、
普通の食パンあり、マルタパン(数種類)あり、デニッシュやマフィン系のパンもありとバラエティ豊かでした。

R1025673.jpg

メインダイニングでのある日の昼食。
魚介類も種類豊富、そしてスープが毎日違うスープが用意されていて、
具材たっぷりのドロドロ系やあっさり系のスープと、とっても美味しかった!



朝食を食べ過ぎた日は15時から18時まで開いているイタリアンレストランで遅い昼食をとります。

R1025690.jpg

といっても豊富な品揃え。
アフタヌーンティータイム。とありますが、ピザやサンドイッチ、パスタも用意されており、ついつい食べ過ぎちゃう!


R1025692.jpg

結局がっつりと食事を頂いていました。。。
フライドポテトも常に揚げたてで美味しかったー。
日本人にはケチャップが当たり前(?)ですが、オランダ人はフリッターソースというマヨネーズをポテトにかけます。
それがなかったのが旦那には不満だったらしく、サラダコーナーを徘徊して、ポテトにこっそりマヨネーズをかけていました(苦笑)。

メインダイニングの夕食もまたスゴい!
予約なしなので、いつでも気軽に立ち寄れます。


R1025682.jpg

毎晩いろんな国の料理をメインとし,材料で飾り付けをするプレゼンもまた楽しい!
この日はイタリアとアメリカ!


R1025680.jpg

アメリカの料理として、ドーナッツとチョコレートフォンデュが用意されていました。
(さすがに食べれなかった。。。)

ある日はメキシコ料理として、タコスやチリビーンズがあったり、
スペイン料理の日はパエリア、
フランス料理の日はお肉のクリーム煮?
バレンタインの日は一口サイズのチョコレートデザート、
カーニバルが始まると、カーニバル時期に食べられている料理やケーキも用意されていました。
(料理の周りの飾り付けも毎回とっても素敵でしたー)






R1025684.jpg

夕食もがっつり頂きます。
(頂いた後に、お腹がはち切れそうで後悔するのですが。。。)
パスタもお肉もとってもおいしかった!
お肉は焼きたてで、お客さんの開店も早いので、常に温かく、柔らかい状態。大満足です。


R1025681.jpg

チーズも種類豊富でしたよー。


メインダイニングで食事をするのが好きだったのですが、せっかくある他のレストランも満喫したい。と予約していってきました〜。


ブラジリアンレストラン!

R1025711.jpg

夕食のみで週2回ほどオープンしてます。
一日2回入れ替え制。

前菜のコーナから好きなものを頂き、メインのお肉が来るまで楽しむ、というスタイルでした。

R1025713.jpg

メインを楽しみたいなー。と控えめの前菜。

メインは7種類のお肉が用意されていて、スタッフの人が一つ一つを持って、席を回ります。
そして気に入ったお肉を気に入った量だけ切り分ける。といった感じ。

R1025714.jpg

「豚肉のブロック、いかがですかー?」
こんな感じでやってきます〜!さすがに7種類は食べきれないー。。。
そしてボリュームのあるお肉だけ食べる。。。というのはさすがにキツかった。。。
(でも周りを見ると、7種類全部頂いている人がほとんどでした。。。すごい。。。)

最後のデザートは一人ひとりにサーブされ、リンゴのクランブルケーキ、バニラアイスのせ。でした♪
これは美味しかった!
でも、がっつりお肉メインはもういいかな。。。


お次はアジアンレストラン!

R1025774.jpg

店内は『寿司』『刺身』などと書かれた赤提灯が飾られ、いかにも外国人が考える日本のイメージ。
白ご飯は苦手な旦那も寿司になると沢山食べられるので、喜んでいきました。
お寿司はこんなラインナップ。

ちょっと寂しいかな?

R1025776.jpg

日本食としてはお寿司とサーモンの刺身(というかスモークサーモンでしたけど。きっと北欧産笑)のみで、あと美味しかったのが春雨サラダや酢豚(最高に美味しかったー!!)、タイのカレー2種類、インドネシアの焼きそば、これがお気に入りの料理でした。

酢豚手間がかかるのにジューシーで、自分ではなかなか作らないので何度もおかわりしちゃいました!
そしてカレーも!
他のお客さんはチャーハンのような味付きご飯を食べている中、カレー用に用意された白ご飯とカレーを黙々と食べる私。

この酢豚とカレーだけのために別の日にもう1回予約してアジアンレストランで食事をしたくらいです。
(でも2回目はカレーがなく、ショックのため,寿司と酢豚を食べまくって帰ってきました苦笑)
ちなみにシェフはインドネシア人でしたー。

デザートはこんな感じ。


R1025771.jpg

タピオカやココナッツ系のデザートが多かったので、パス。

でもこのレストランで残念だったのは、温かい飲み物が用意されていなかった事。
和食食べるのにお茶がないって。。。どういう事ー!!
ジューズとビールとワインと水!しかなかったのは残念。。。ずっとお水飲んでましたけど。

そして周りにいたお客さんは(白人さんが多かった)、ナイフとフォークで食事をしている様子。
アジア料理、和食ブームとはいえ、まだまだお箸は浸透していないのかな???と不思議に思ったのであります。


イタリアンレストランも予約していってきました。

R1025693.jpg

屋外のプールサイドにあるイタリアンレストラン、夕食(と時々ランチ)にオープンします。
食事の時間に合わせて、生演奏も行われていたり、なんとワインをサーブしにきてくれます。


R1025802.jpg

注ぎ終わった瓶なのですが、これが『マルタワイン』です!
マルタは特産品にワインがあって、小さい島の中にもいくつかのヴィンヤードがあります。
材料はイタリアから輸入する事が多いらしいのですが、マルタ島にも沢山のワイン用の葡萄畑を見る事が出来ます。

頂いたのは有名なワイン会社『マルソヴィン』のもの。
白、ロゼ、赤、と惜しみなくサーブされて、周囲のお客さんも嬉しそう!
旦那も赤を頂いていました。マルタワインは甘いらしく、日本の人好きかも。


メインを事前にオーダーして前菜をビュッフェコーナーから頂いてくるというスタイルでした。


R1025803.jpg

パスタがオイシィ〜。そしてメロンと生ハム。。。
美味しかったー!!

メインはお肉,魚料理とピザから選べます。

私は豚肉のイタリアンカツ。

R1025805.jpg

美味しかったけど、ボリュームありすぎて完食できず。。。

旦那はステーキを。

R1025804.jpg

まぁ、スゴいボリュームのステーキでした。
店員さんに「大きさは普通でいい?」なんて聞かれていたのに、来たらこのボリューム。
肉好きの旦那は勿論完食。

一つ一つオーダーされてから作られていたので、とっても美味しかったです。
ピザを頼んでいる人もいましたが、すっごい大きさ。。。

デザートは店員さんに
「ここのアイスは本物のイタリアンジェラートだよ!」と教えてもらい、ケーキに目移りする事なくアイスクリームを頂きました♪


最後にメインレストランやアフタヌーンティーで用意されていたデザート類の紹介です。
(長くてすみません。。。)


とにかく種類が豊富で、デコレーションも凝っていました!!

R1025678.jpg

タルト系やムース系、こってりのチョコレートケーキまで種類豊富!

R1025704.jpg

ストロベリームースケーキ(この類いは甘すぎて食べれませんでしたが、上に飾られている果物などが美味しかった!)


R1025708.jpg

マンゴームースケーキ。


R1025705.jpg

色々な嗜好をこらしたチーズケーキ(スターフルーツや食用ほうづきが飾られていて、美味しかった!)


R1025706.jpg

ブルーベリーのバニラケーキ。


R1025691.jpg

一口タルトにチョコレートブラウニー。

これにプラスして、アイスクリームや日替わりの果物、フルーツポンチなどが用意されていました。
スゴい。。。


最後の方にはお気に入りのデザートを見つけて冒険せずに頂いていましたが、食事の高得点が納得できる内容でした。

ホテルレポは今回で終了です。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
オランダ、寒い。寝付けない(涙)
18:37 | 冬のマルタ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬のマルタ db SEABANK HOTEL ホテルの設備、アクティビティ

私たちが滞在してホテルはマルタの北部にあるとても大きなリゾートホテル。
オールインクルーシブで、大人から家族連れまで楽しめるように工夫がされていました。

外には大きなプールがあるのですが、勿論冬なのでクローズ。
その代わり、インドアプールでのーんびり。

R1025700.jpg

ジャグジーもあります。
ジャグジー貸し切りー♪


R1025701.jpg

プールが苦手な旦那もジャグジーなら喜んで入ってくれます。
この後,プールでアクアビクスのコースが開かれていて、沢山の人が参加していました。
他にもヨガやモーニングストレッチのプログラムも毎日組まれています。

子供用の遊技場兼プールでは、毎日キッズ体操やゲーム、ビンゴなど盛りだくさん。
午後には大スクリーンでアニメを見たり、映画が上映されていたり、飽きません。


ホテルに滞在した時の楽しみ☆
『エステ』もしっかり楽しんできました。
別料金ですが、マルタの物価は割安なので、とってもお得だと思います。


R1025686.jpg
私がどうしてもやりたかったエステコースのエステティシャンがなんと長期休暇中。。。(涙)というハプニングもありましたが、「インディアンヘッドマッサージ」というものをやってもらいました。


R1025718.jpg
旦那はマッサージが苦手なので、足のお手入れコースを選択。
アロマのいい匂い〜♪

R1025703.jpg

エステに併設されて、サウナルームとリラックスルームがあります。ひんやりしたお部屋で、サウナ後の体を冷ましてくれます。

エステを楽しんだ後は、ラウンジのバーで飲み物を頂きます。
ラウンジもオールインクルーシブ。
朝の10時から夜中まで飲み物を提供してくれます。

R1025696.jpg

周りを見ると、午前中からビールやワインを飲んでいる人が多かったな〜。


R1025689.jpg

ノンアルコールカクテルもあります。

夜はあまり出かけませんでしたが、毎日異なる種類のライブショーが開かれ、ダンスの日だったり、若者向けのテクノミュージックライブだったり、懐かしポップスの日だったり。。。ちょうどカーニバル時期だったので、カーニバルのショーも行われていました。

夜になるとロビーにはおしゃれをした夫婦がいっぱい集って、お酒を飲んだり、踊ったり。
朝から夜まで楽しいイベントがいっぱいのホテルでした〜。
はぁ。楽しかった!

R1025668.jpg




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
久しぶりの飛行機でーす。
18:17 | 冬のマルタ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬のマルタ島 db SEABANK HOTEL in Mellieha に宿泊しました。

今回宿泊したホテルは。

R1025628.jpg
db SEABANK HOTEL です。
マルタ島の北側、空港、首都から約1時間の場所にあり、とーっても静かでのんびりな雰囲気。
のんびり過ごしたい今回の旅の目的にぴったりの場所でした。

R1025667.jpg

ホテルの前にはキレイな海とビーチがあります。
さすがに海で泳いでいる人はいませんでしたが、とってもキレイな海だったので、お散歩するのも気持ちがいいです。


R1025675.jpg

ホテルは大型のリゾートホテルで、オールインクルーシブ。
ホテルの反対側には、広大な大地が広がっています。


R1025677.jpg

天気のいい日は、テラスで沢山の人がお茶をしながら日向ぼっこしてました♪
私たちが滞在した時期はちょうど閑散期で、本当にのーんびりでした。
年配のカップル、小さな子ども連れファミリー。という人たちが多かった印象です。
チェックアウトする頃は(今週末)は、ちょうどマルタのカーニバルがあるので、急にお客さんが増えました。
若い人たちのグループも増えてかなり騒がしくなって来ました。
ホテル中急にイモ洗い状態(驚)!!
いい時期に滞在できたようです。

R1025694.jpg

ロビー。
広々していて気持ちがいい。


R1025697.jpg

ウォーターサーバーもあってペットボトルにはいつも新鮮なお水を補給する事が出来ます。

オールインクルーシブは、3食の食事は勿論、遅くなった時の朝食、昼食後のアフタヌーンティー、夕食後の夜食コーナーも設けられていて、いつでも好きなときに食事が出来るシステム。これはスゴい。だらだらしていても大丈夫!
(食事については後日♪)

スタッフはいつも朗らかで笑顔。十分な心遣いとサービスを提供してくれます。
おかげで待たされたり、嫌な思いをする事はほとんどありませんでした。

お部屋へご案内♪


R1025619.jpg

広いなーと思ったら、4人用のファミリールームにアップグレードしてくれたようです☆
十分な広さ。大満足♪


R1025620.jpg

海辺のホテル。と言ったイメージ。ベッドの広さも十分。
必要なものは揃っています。
バルコニーが付いていて、外でのんびりする事も可能。


R1025621.jpg

バスルーム。

R1025622.jpg

細かなアメニティはありませんでしたが、清潔で毎日お風呂を楽しむ事が出来ました♪
冬のマルタは寒い!と言われていましたが、お部屋では半袖短パンで十分過ごす事が出来たし、私たちとしては大満足です。
ホテルのサービス、食事についてはまた後日に♪



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
久しぶりの飛行機でーす。
20:24 | 冬のマルタ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬のマルタ 現地ツアーに参加!古都MdinaとクラフトヴィレッジTa'Quli

マルタはたいていの場所に公共のバスで行く事が出来ますが、旅先で現地ツアーに参加するというのも楽しみの一つ。
(現地に行ってからツアーを申し込むというのがお勧め。割安で多国籍で楽しめると思います。)

ホテルに到着して翌日に、興味のある現地ツアーに申し込みしました。
マルタの旅行会社のツアーは、各曜日ごとに行き先が決まっていて、1週間単位でツアーが組まれています。
なので、参加したいツアーが自分の滞在日に重なっていればラッキー。
私が選んだのは『マルタハイライト:古都とクラフトビレッジ探索』
一日ツアー、ホテル送迎、ランチ付きで52ユーロでした。

当日朝8時にガイドさんと待ち合わせ〜♪


R1025855.jpg

大型バスがお迎えです。
首都近辺で南部方面からのホテルの人たちと合流。
ガイドさん二人とドライバーさんが一人。
参加者はこのバスがほぼいっぱいの約50人くらい。

かなりの大所帯です!!


何故ガイドさんが二人いるかというと?


多国語を喋るためです。
今回の参加者は
『英語:イギリスから来た人がほとんど』
『フランス語:フランス、スイスから来た人』
『ドイツ語』『オランダ語』
とバラエティ豊か。
そのため、一人のガイドさんが『英語、フランス語』を、もう一人のガイドさんが『ドイツ語、オランダ語』を喋るという感じでした。

参加者50人ほどいましたが、ドイツ語とオランダ語圏の参加者は私たちを含めてたった5人
5人でガイドさんを独り占めできたのはお得なポイントでした♪


まずはモスタMostaという街へ。


R1025854.jpg

ここにはヨーロッパの中で最も古い教会の一つと言われる教会があります。
この教会は第2次世界大戦中、ドイツの爆弾を受け、教会を貫通したにもかかわらず、不発弾となり、教会内でお祈りをしていた市民が全員助かった。というエピソードをもっています。


R1025839.jpg

内部もとっても素敵!
モスクを思わせるような、エキゾチックな内部。。。色使いもターコイズブルーとか。
他のヨーロッパの国ではあまり見かけません。
これは必見です。

お次はマルタの工芸品が集まるクラフトビレッジTa'Quliへ。

ガラス工芸を見学します。
材料はイタリアから輸入しているようですが、何と言っても魅力は価格!
現代的なデザインであるのに、お手頃価格!


R1025856.jpg

全てガラスで出来ています。

R1025857.jpg

ツアー客の皆さん、真剣に作品作りを見学するの絵。
こうみると、ツアー客(観光客全体に)はシニア世代の方が大半でした。
私たちが一番若い位。

R1025859.jpg

ランプシェードもモダンで素敵!


R1025858.jpg

ゴッホの有名な作品もガラスの作品になっていました。


その他にも

R1025863.jpg

銀製品作成のデモンストレーションを見学しました。
銀製品はとっても繊細でお土産に最適!
ピアス欲しいな〜。


R1025864.jpg

ここで自由時間になったのですが、なんとクラフトヴィレッジでの自由時間は約20分
たった20分です(涙)。
これは日本のツアーでは考えられません。。。
おまけに閑散期のため、それぞれ独立しているお店はどこのお店が開いていて、閉まっているのか分かりづらく、時間がたりなーい!!
私たちは記念にガラス製品を買おうと決めていたので、銀製品や石製品、他の民芸品は見るのを諦めて(涙)、ガラス製品屋さんをいくつか回る事に。

そしてお目当てのものを買う事が出来ました
詳細はまた次回に!

ぎりぎりでバスに戻ると、他の皆さんはほとんど何も買っていない様子。。。
素敵な物いっぱいあったのにな〜。ヨーロッパのツアーは買い物する人が少ないから自由時間が少ないのかな。。。


次は古都イムディーナMdinaです。


R1025865.jpg

昔この街が首都でした。
今も城壁に囲まれ、交通手段などを制限しているために、キレイなまま古都が残っています。

1時間位かけて街の中を回りました。
ここでも5人グループだったので移動楽チン♪


R1025873.jpg

精巧な建物の作りもキレイに残っています。
こういうのが好きな旦那は色々質問したり、写真を撮ったり大満足。


R1025878.jpg

全く違った建物の雰囲気。
これはイタリアのシチリア調とのこと。
デコレーションが全く異なります。

お次はラバトという街の古い教会を見学したり、島の東側の絶景ポイントディングリクリフという断崖絶壁の風景を見に行ったり。

R1025879.jpg

島の東側はあまり人が住んでいません。


そしてランチタイム〜

R1025882.jpg

小さなレストランを貸し切ります。

R1025885.jpg

地元に愛されている食堂兼バーといった雰囲気。

R1025883.jpg

ハーブのいっぱい効いた濃厚野菜スープをマルタのパンといただきます。
マルタのパンは皮がパリパリ、中がふわふわでとっても美味しい!
焼いたその日のうちに食べないと固くなってしまうそうです。


メインは

R1025884.jpg

ひき肉の牛薄切り肉巻き。
温野菜とポテトが付いていました。
チキンのトマトソースも選べました。
私たちが泊まっているホテルの食事の方が美味しかったな。。。


デザートはバニラアイスとシンプルな食事内容。

同じテーブルはオランダ語を喋るアントワープから来たベルギー人女性二人と、ナイジェリア出身のイギリス人夫婦と同席し、お喋りで盛り上がりました。
一番盛り上がっていたのは、マルタワインの事。
ヨーロッパの人はワインにこだわる人が多いので、旦那やベルギーの女性たちにしてみると、マルタ産のワインは甘すぎてちょっと。。。という感想だそうで。日本人にしてみれば、甘いワインの方が飲みやすそうな印象だけどな。私はよくわかりません(苦笑)。


ツアーの最後は首都ヴァレッタで5Dでマルタを体験できるフィルムを鑑賞し終了。
5Dは普通の3Dの映画に動く座席と匂いや風が来るというところ。

ホテルに戻ってきたのは5時半ころでした。
もう少し自由時間が欲しかったツアーでしたが、行きたかった場所を巡る事が出来たので満足です。


楽しい一日になりました♪



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
久しぶりの飛行機でーす。
07:31 | 冬のマルタ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑