グルメ旭川 お勧めバー

北海道は食べモノがおいしい!!
海の幸、ラーメン、スウィーツ…。王道ですね、そして旭川にもあります。それ以外に絶対!!お勧めのお店!どこも個性たっぷり、味は保障済みのお店ばかりです!

旭川買物公園通りから…
☆Dining & Bar BLUE ☆
旭川市三条通7 エーワンビル B1F

本通にあります。開店は2005年くらい、知り合いの紹介で行ってみたのが始まりです。それからどっぷりこのお店の魅力にはまってしまい、仕事帰りに、土曜ランチに、飲み会に、いつでも通ってました…。
blueのチーズ盛り合わせ_convert_20080530065117

まずここのお勧めは、『チーズ』です。店長は旭川でチーズのことなら誰にも負けない!!というくらいチーズには自信を持っています。いつもお勧めで出してもらうチーズは最高に美味しくて、上品で、お酒に合う合う♪チーズの盛り合わせは是非店長のお勧めをいただきましょう。

そしてモチロンお酒もお勧め…♪
P1011586_convert_20080530071404.jpg

店員さんは『魅せる』カクテルを創るのがとっても上手で、これはグレープフルーツのをくりぬいてフローズンカクテル。そこに皮アートで『HAPPY』って切ってあるの☆☆本当に芸術的、ある時はドラゴンがカクテルを舞っていたり、かわいいお花が舞っていたり…。想像をはるかに超えるお酒が出てきますよ。是非「私をイメージしたカクテルでお願いします」と注文しましょう!!

甘いお酒が苦手な方に絶対お勧めしたいのが『ジンバッグ』です。ジンとジンジャエールのお馴染みのカクテル。でも、ここのはジュースではなく、本当の『生姜』と使ってるんです。さっぱり、きりりとうまい!「本当のジンジャエールはこれなんですよ」と店員さん。ついついおかわりしちゃいます。本当に!!

また、ランチもやってます。お料理専門のシェフが作るランチはどれも本格的、美味しい!おされ!それで1000円前後で頂けます。

店内は青、白、黒で統一されて、三日月形のソファに丸いテーブルなど、こんなオサレな場所旭川で見たことない!!といったところです。

旭川の方、旭川にいらした方、是非行ってみて下さいね!!




ランキングに参加してます!
見ている人が一緒にたびする気分になってくれたら♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
旭川、魅力的!!
fc2ranking
スポンサーサイト
07:39 | 北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

カリビアン諸国への行きかた

まずカリビアン諸国へたびをしたいなと思った場合、考えるのは

「どうやってカリブまで行くんだろう?」
P1013915_convert_20080525085351.jpg

ですね。残念ながら日本からカリブへの直行便は運行されていません。アメリカかカナダを経由してカリビアン諸国に入ると言うのが一般的な方法です。

カナダからはトロント(YYZ)がカリブへの玄関になります。
Air Canadaがトリニダード・トバゴ(POS)へ週3便、バルバドス(BGI)へ週7便、セントルシア(UVF)へ週2便、アンティグア・バーブーダ(ANU)に週1便運行しています。ANAを利用している方、スターアライアンス会員の方、アメリカ入国の際にビザが必要な方はカナダ経由をお勧めします。

アメリカからは各都市からカリブ諸国への直行便が運行しています。各航空会社に問い合わせてみるといいですが、カリブ諸国への主な経由地はニューヨーク(JFK)かマイアミ(MIA)が一般的です。
航空会社の拠点にもよりますが、例えばDelta Airlineはダラスからセントルシアへの直行便を運行しています。

珍しい航空会社に乗ってみたい方はトリニダード・トバゴの航空会社Caribbean Airlineがお勧めです。
SANY0046_convert_20080525084322.jpg

アメリカ、カナダとトリニダードトバゴを結んでいます。
カリビアン流の明るい雰囲気の飛行機、カリビアン体系を考慮してか少し広めの座席(笑)、そして一番お勧めは、『機内食がつく』ことです。
当たり前のようですが、アメリカ、カナダ航空会社はカリブ線に機内食を出さないところが殆どです。飛行時間は5,6時間かかるのに…。
P1012431_convert_20080525084046.jpg

ニューヨーク→トリニダード線に乗ったときの朝ごはんです。

そしてプエルトリコを経由してカリブ諸国へ入る方法も一般的です。こちらの場合はAmerican Eagleが殆どの航路をカバーしています。ジェット機が着陸しないセントビンセントやドミニカ国などへ行くには必須となります。JALを利用している方、ワンワールド会員の方にはお勧めの路線です。

ちなみにカリビアン諸国内の移動はアンティグア・バーブーダの航空会社LIATちぃさいプロペラ機がカリブ中をカバーしています。しかし、遅れることが日常茶飯事のこの飛行機、余裕を持って乗り継ぎなど余裕を持ってたびの計画を立てることをお勧めします!
P1012452_convert_20080525084629.jpg

LIATのプロペラ機。かわいい~。でもしょっちゅう遅れる問題児…。

一方思い切ってヨーロッパ経由で来る方法もあります。
イギリスの植民地(だった)国は、Virgin AtlanticBritish Airwaysがトリニダード・トバゴ、バルバドス、セントルシアなどに就航し、フランスの植民地(マルティニーク、グアドループ、セントマーティンなど)にはAir Franceが就航しています。もう一つ、オランダの植民地(キュラソ、セントマーチンなど)にはKLM Royal Dutch Airlineが就航しています。

いろいろあります。カリブ諸国への行きかた。日本からはヒト手間かかりますし、実は旅行会社でも分からないことが多いのです。でも、是非行きたい憧れのカリブ海。長いお休みが取れたときは、是非地球の裏側の南の島にたびするのはいかがですか?

ランキングに参加してます!
見ている人が一緒にたびする気分になってくれたら♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
アジア人率低し。ここもアジア人には穴場です。南の島が好きなあなた!マイナーなところへ言ってみたいあなた!
fc2ranking
08:23 | 他カリビアン諸国Caribbean | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ラテンなアメリカ!プエルトリコへ

カリブのアメリカ!プエルトリコへ遊びに行ってきました。

P1010784_convert_20080525051415.jpg

ルトリコはカリブ各国へたびをする場合、中継点になります。もちろん北米からカリブ各国へ直行便も出ていますが、ジェット機が降りられない空港も沢山あるので、その場合はプエルトリコが中継点です。
今回は大して観光をしていないのですが、国の雰囲気がとてもおもしろかったのでレポートします。
P1000396_convert_20080525052925.jpg

プエルトリコは『アメリカ』なのですが、歴史背景からするとスペイン文化の影響を強く受けている国です。街並みもアメリカとは違う雰囲気、人々もスペイン語を主に話します。英語も通じるのですが、地方に行けばいくほど英語が通じません。(アメリカなのに??)
それでいてショッピングモールやレストランはもろに『アメリカ』です。久しぶりに何でも揃っている国に来て興奮した私。ファミレスのようなところやファーストフードの店にしか行きませんでした(恥)。
P1010844_convert_20080525053247.jpg

世界遺産『オールドサンファンの街並み』

プエルトリコの人々は、ラテンの文化が根付いているため、音楽に合わせながら大声で歌ったり、踊ったり、陽気です!街でもラテンミュージックが流れ、みんなたのしそう!ほかのカリブの国とは音楽が違うけれど、ノリは一緒ですね♪

プエルトリコは見所いっぱい、美味しいものもいっぱい!詳しくは他のブログさんにお任せするとして、私もちょこっとプエルトリコの紹介を。これ!美味しかった!というプエルトリコ料理。

P1000382_convert_20080525052702.jpg

『モフォンゴ』。バナナをマッシュして固め、それを揚げるのだそうです。お肉のような味がします。ソースは酢豚みたい。そしてパイナップルが乗っかってるみたいに見えますが、コンク貝です。コリコリしていておいしー。このモフォンゴは経験したことのない味。病み付きになるかも…。

そしてオールドサンファンの有名なカフェに行ってきました。
☆Cafe Berlin☆
P1000398_convert_20080525053508.jpg

中心の広場を目指していけば見つかります。ここはオサレな雰囲気がむんむん漂う、プエルトリコと言うよりはヨーロッパといった雰囲気のお店。お客さんもオッサレーなカップルたちがランチをしていました。有名なのはこのドリンク(名前忘れる…。)
P1010849_convert_20080525062401.jpg

お店にいる殆どの人が注文していたフレッシュオレンジを使ったフローズンドリンク。さわやかで甘酸っぱくてすごく美味しかった。ランチもとっても美味しそう♪

滞在したのはHumacaoという国南東部の地域でした。そこまでいく道中も手付かずの自然が広がっていてドライブしていてとっても気持ちがいい!そうかと思ったらアメリカ流のショッピングモールが出現したり、おもしろい国でした。プエルトリコ。またきっといくと思います。今度はきちんと観光しに!



ランキングに参加してます!
見ている人が一緒にたびする気分になってくれたら♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
アジア人率低し。ここもアジア人には穴場です。比較的来やすいですよ。
fc2ranking
05:06 | 他カリビアン諸国Caribbean | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

もうすぐ!セントルシアカーニバルその2

セントルシアのカーニバルは沢山の観光客が訪れ、1年で一番の盛り上がりを見せる時期ですが、3大カーニバルの一つ、トリニダード・トバゴに比べたらまだまだ認知度は低いです。その分、カーニバルを近くに感じ、体験することが出来ます。
さてさて、続きです。
DSC_0395_convert_20080518222105.jpg

首都のカーニバル中は全ての街の機能がストップします。お店も省庁もお休み!みんなこんな風にカーニバルを眺めています。
DSC_0396_convert_20080518222306.jpg

全国の予選会から選ばれた『カーニバルクィーン』です。デコレーションした軽トラックに乗って登場です(笑)。
DSC_0390_convert_20080518223214.jpg

パレードも最高潮に達し、参加者もヒートアップ!こんな給水車も大活躍です。(これは泡つき!なんで??)でもみんなぬれてぬれて大騒ぎ!
CIMG4268_convert_20080518222531.jpg

カーニバルのクライマックスは、身動きも取れないくらいの人人!皆歌って踊って騒ぎまくりです。
こんなカーニバル。今年はどんなパフォーマンスが見れるかな。

ランキングに参加してみました!
たび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
アジア人は目立ちますよー。セントルシアのカーニバルでは。是非いってみたいと思った方!
fc2ranking
22:49 | セントルシアSt.lucia | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

もうすぐ!セントルシアカーニバル

カリビアンで有名なカーニバルは『トリニダード・トバゴ』世界3大カーニバルです。爆音の音楽で男女入り乱れて踊りまくる!!と言うのがカリブ流。はじめは慣れないこの国のテンポにもいつの間にかはまってしまうこと間違いなしです!!
さて、私の住む国『セントルシア』にも、立派なカーニバルがあります。カリブの国各国ごとにカーニバルはあるんですが、セントルシアは7月にパレードが行われます。その華やかさ、楽しさは必見です!!観光客も来ますが、まだまだ知られていないのかな。
ちなみに皆さん、世界3大カーニバルはご存知ですか?
☆ブラジル:リオのカーニバル
☆イタリア:ベネチアのマスカレード
☆トリニダード・トバゴ:カーニバル    です!!

その内の一つ、トリニダード・カーニバルの様子はまた次の機会に…。今回はセントルシアのカーニバルを紹介します。オオトリのパレードの前には約1ヶ月間に渡り、いろいろなイベントが行われます。
SANY0247_convert_20080518221847.jpg

各、チームごとにこんな大きなモニュメントがあります。これが一つ一つのチームの先頭を切って歩くのです。担ぐ人も大変!!
DSC_0362_convert_20080518221329.jpg

そしてもう一つ欠かせないのが『音』です。一つ一つのチームにこんなバンドがつきます。生演奏で踊りまくります。うーん贅沢!!
DSC_0311_convert_20080518222803.jpg

さて、バンドは実に華やか!!赤ありオレンジあり…。
DSC_0354_convert_20080518223615.jpg

ムラサキあり!!みていてうっとりします。
これを朝から晩まで…。数日間。
さて、第2弾、次回に続きます♪

ランキングに参加してみました!
たび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
カーニバル・ナイス!!是非見てみたい方!!
fc2ranking
20:06 | セントルシアSt.lucia | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旭川で一番好きなカフェ

旭川市街からは離れているのですが、陶芸の里付近に、私が一番お気に入りのカフェがあります。
☆モケラモケラ☆
P1012408_convert_20080515065315.jpg

websiteがないのですが、常連さんは、メールで情報をもらったり、実際お店に行って情報をゲットするようですね。。。

って何の情報かというと、ライブと展示を行ってるんです。奥さんが大好きなアーティストの方の作品を展示したり、踊りや弾き語りなどのライブが行われます。旦那さんも画家さんです。

仕事帰りに琵琶のライブ『耳なし方一』を観にいったことがあります。皆でカフェの床に座ったり、階段に座ったりしてこじんまりした雰囲気。その分アーティストさんとの距離も近く、迫力も臨場感も満点でどれだけ鳥肌が立ったことか…。

またカフェのお話に戻りますが、簡単な食事と飲み物を楽しむことが出来ます。カフェ全体がギャラリーになっているので、お気に入りの飲み物を飲みながら天井から壁からのんびり見回して楽しみます。ふと見ると、器たちもアーティストさんの作品だったりして。
P1012404_convert_20080515065821.jpg

大好きな作家さん『清水しおり』さんの作品。
冬は週末のみの営業になっていました。また訪れたいなー。
素敵なカフェは、時間を贅沢に、心を豊かにしてくれますね。

ランキングに参加してみました!
たび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
やっぱりこの夏は北海道へ行こうそれも旭川に!!と思った方(笑)!!
fc2ranking
06:35 | 北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

セントビンセントへ遊びに行く

ほんのお隣の国、『セントビンセント』に遊びに行ってきました。

正式名称は『セントビンセントおよびグレナディーン諸国』。本島といくつもの小さな島々からなる国です。肉眼で見えるくらい近いのに、いざ!行くとなると第3国を経由して正味2時間のたび。。。近くて遠い、カリビアン諸国です…。
stv

今回の目的はこの国最南端の島『ユニオン島』です。飛行機を3つも乗り継いでやっと到着…。
20070217105638_convert_20080514120123.jpg

ようこそー。ユニオン島へ♪
この国のおもしろいところは、人口も少ない、ちっさな島なのに、個人ヨットで優雅に旅行をしている人たちの寄港地になっているため、珍しい食材が意外と手に入る。かなり高いがわさびやのりも発見!!むむ。
そして、ここの一番のお勧めはやはり『海』満喫コース。キャプテンヤニス号と言う船で周囲の小さな無人島めぐりに出かけました。
P1013894_convert_20080514120448.jpg

飲み放題、食べ放題の贅沢たびです。そしてこの海の色!!隣の国なのに、ぜんぜん場所によって海の色が違うんだってことを実感…。
P1013901_convert_20080514120551.jpg

ほら、こんなに透明!!魚だって驚くほどいるんです。海の中の世界に生まれて初めて感動したのがここの海でした。(他の海あまり知らないけど…)
20070218151800_convert_20080514120644.jpg

あっ!!大事なこと言うの忘れてました。『セントビンセント』ってどこ??と思っているあなた。「パイレーツオブカリビアン」の撮影現場になっているんです。この国一帯。これはジョニーディップが女優さんと踊っていた無人島。映画苦手の私もさすがに観ました。この国来る前に…!

あ、忘れちゃいけない、首都の写真。1枚だけ撮ってました。
20070220115418_convert_20080514120816.jpg

なかなか、趣のある街並みでしたよ。
顔つきはセントルシアと殆ど一緒なのに、喋る言葉が違う。フランス語由来の現地語がセントルシアにあるのに対して、この国はなまりの強い英語のみ。一つ一つの国が似ているようでそれぞれの文化を持っている、だからおもしろいんです。カリブの国々。
海、大満足のたびでした。


ランキングに参加してみました!
たび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
カリブの国々魅力がいっぱいです!!
fc2ranking
11:56 | 他カリビアン諸国Caribbean | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

道民ライダーはフェリーでたびをしない?

日本は初夏ですね。そろそろたび好きの皆さんは夏に向けてどこに行こうか地図を見ながらうきうき計画を立て始めてるんじゃないでしょうか?ライダーさんは今年は北へ行こうか、南へ行こうか悩んでるかもしれませんね。
私が北海道に住んでいたころは毎年友人がたびがてら私を訪ねてきてくれました。そんな友人に北海道をもっと楽しんでもらいたくてもっともっと北海道を勉強したものです。

さて、内地(本州)のライダーさんは必ずフェリーで北海道に来ます。でも、反対に道民が内地へ行く場合、殆どフェリーは使いません。「内地をバイクで移動するなら飛行機で行った方がいい」と言うのが本音のようです。道民ライダーさん、沢山の信号機や細い道になれてません(笑)ワタシ含。

どうしても実家にバイクで帰りたくて北海道からフェリーに乗ったことがあります。いっちょまえにタンクにつける地図入れバッグだけは購入し、深夜のドンキホーテで自転車用の荷物ロープを購入し後買ったものと言えば深夜のドンキホーテで自転車用の荷物ロープ。え??勿論後部シートに荷物をくくるため。今思えば自殺行為のような準備でしたが…。
sr400

こんなお粗末なパッキングで出発。
フェリーには北海道旅行から帰るライダーさんでいっぱいでした。勿論北海道から旅をしているのは私のみ…。
ferry1

フェリーって個人的にあまりきれいではない印象がありましたが、見事に裏切られます。ラウンジやお部屋(雑魚寝部屋)、お風呂や食事も大満足です。
時間があるので、次のルートを確認したり、読書をしたり、お昼寝をしたり。フェリーのたびはのんびりとそして時間に贅沢なたびです。
ferry2

時間を気にせず、普段の忙しさからちょっと外れて見るなら、ぽん!!っとフェリーに乗って北へ、南へ行くのもいいかもしれません。
今回のたびに利用したのはこのフェリーです。
☆新日本海フェリー☆小樽→新潟線
☆商船三井フェリー☆大洗→苫小牧線 (フェリー会社変わったんですね。)
お得なバスセットなどもあるようです。フェリーターミナルから街までのアクセスがどうしても悪いことが大いんですよね。




ランキングに参加してみました!
たび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
今年のたびはのんびりフェリーもどうですか?
fc2ranking
23:59 | 体験の旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

美瑛の奥へ奥へ…

美瑛は旭川から車で30分ほどでいけるご近所さん。『丘の街』と言うだけあって、沢山の丘陵とそこに植えられた色とりどりの野菜畑とお花畑を見ることが出来ます。北海道の観光案内写真の殆どが美瑛で撮られたものと言うくらい美瑛には素敵な場所がいっぱいあります。
観光シーズンは人人…。でも意外と奥の奥に進んでいくと、「観光シーズン?」ってくらい人がいなくて静かな美瑛を味わうことが出来るのです。
地図を見なくたってそこにあるわき道をちょっと入って進むとそこには自分だけの美瑛の風景が広がっている。
だから美瑛は魅力でいっぱいなんです。いつも新しい発見が出来るから。

そして素敵なカフェやショップが点々と佇んでます。それを探すものまたおもしろい!
私がよく通っていたお気に入りのカフェを二つ紹介します。(このころ、デジカメをあまり持ち歩かなかったので、写真がないのよねーグスン…)

☆ ries cafe ☆
美瑛町五稜
riescafe

観光スポットからは離れた場所にある大好きなカフェ。いつも週末とか友だちとオシャベリしに、内地から遊びに来てくれた友だちを連れてきてました。私のお勧めは窓側にセッティングされた長テーブルから外をのんびり眺める席♪
riescafe2

全て手作りのおやつ、お料理は本当に美味しい♪お気に入りはカレーです。酸味が利いていてあっさり、量は少食の私には少し多いくらい。ここのカレーを食べてから、自分で作るカレーも酸味の利いたカレーを好むようになりました。
お店の方とお話したときに、材料にこだわっているのが伝わってきて、ベーコンなどは私の地元長野から取り寄せているとのこと。
その後、カリブに旅立ち、しばらく行ってないけど、また行きたいなー。美味しいコーヒーとカレーを食べに。

☆Cafe Birch☆
美瑛美沢
birch

白金温泉へ向かう一直線の道路にあります。ここも大好きで何度も通った場所。素敵な夫婦二人でお店を開いています。木のぬくもりいっぱいの店内にはフェアトレード商品が並んでいて、手にとることもできます。そして今日は何のデザートがあるかな♪と棚を覘くのもお忘れなく!
全てのものがおいしいのですが(笑)、一番のお勧めはビーフシチュー。パンを器から取り外すと酸味の利いたシチューが出てきます。その中にも地元産の沢山の野菜が入っていて、食べ応え満点。デザートはあんこを挟んだトースト、甘すぎず、ついついパクパク食べてしまう美味しさです。
私はいつもカフェオレを飲みます。ここの楽しみは、お料理もそうですが、素敵な器たちにも注目です。
最後に訪れたとき、年末の寒い夕方だったのですが、旦那さんが外でお仕事をされていて、今日はおやすみとのこと。ガーン…。と思っていたら、奥さんが出産予定とのお話をお聞きしました。
あれから2年、お子さんは大きくなったかな♪

もっともっといっぱいのカフェ。美瑛、必見です。
ランキングに参加してみました!
たび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
美瑛のお勧めカフェいかがでしたか?
fc2ranking
02:48 | 北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お勧めスポットーアーチ橋、然別湖ー

旭川からぐるっと大雪国立公園を回ると、北海道で一番標高の高い峠『三国峠』に到着します。そこから見る大迫力の景色を見ながら数十分、北海道遺産にも登録されている『旧士幌線アーチ橋』付近に到着です。(入り口はかなり分かりづらいので事前確認必要!!)

☆旧士幌線アーチ橋☆
bridge

なんともいえない存在感と哀愁漂うこの風景にぞっこんになりました…。ただボーっとして、ごはんをもってピクニックによく来ていました。他にもいくつモノ素敵な橋を見ることが出来ます。季節によっては湖の中に沈んでしまうと言うものまた神秘的です。

そして、帯広方面に抜けるときは、道は狭いけど、こっちに進んでみて!!
☆然別湖☆
なかなか行きにくい場所のため、観光客でごった返すことのないこの然別湖。行ってみてびっくり。道路が面しているのはほんの一部分で、後は手付かずの自然が残っています。ここに行ったら絶対お勧めなのが『シーカヤック』。湖面と自分の目線が一緒で、自分がぽつーんと自然中に佇んでいるのを実感。時間がある時は北海道3大秘湖のうちの一つ、東雲湖までお散歩コースもお勧めです。
shikaribetu

然別湖ネイチャーセンターさんのカヤックコースにはもう10回くらい行ってます!!
ちなみに旭川から然別湖までは約3時間の道のりです。
北海道の魅力、大自然の魅力いっぱい!!


ランキングに参加してみました!
『たび』情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
大雪山国立公園に行ってみたくなった方!!
fc2ranking
06:51 | 北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Viva!! Caribbean 日本人が知らない南の島

日本人は南の島とかリゾートと言うものが好きだけれど、今私が住んでいる国を知ってる人はどのくらいいるだろうか??
カリブの島はキューバやジャマイカだと思ってる人、地図を南に南に下ってみてください…。あるあるちっこい島々。これ殆どがひとつの国になってます。それぞれの国がいろんな人種と文化が混ざっていてみんな違う魅力を持つ南の島。
その中でも現在私は人口16万人、面積が淡路島とほぼ同じと言う『セントルシア』と言う国に住んでいます。なぜ日本人が知らないかと言うと、日本人観光客とは会ったことがないから。日本語ガイドブックに載っていないから!
アジアのように物価激安ではないし、飛行機で一っ飛び♪と言うわけにはいかない。でも、海外に来てまで日本語を聞きたくない。本当に異国を味わいたい…という人には是非お勧めの場所です。
そして私が住む街は世界遺産のある『スフレ』と言う街です。
piton

ガイドブックを超える(てか日本語版ガイドブックないんだけど)現地情報を乞うご期待♪
お子たちもきゃわゆいー。
kids club


ランキングに参加してみました!
たび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
北海道、カリブ海の情報載せていきます!
fc2ranking
11:56 | セントルシアSt.lucia | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

なぜ北海道なの?

「そうだ!日本の一番北に行ってみよう。」

そう思ったのは19歳の夏。大学に入って親の下を離れ、18年間私の全てだった水泳もあっさり辞めた。大学に入ったらやりたいことやろう!とひたすらバイトに夢中になった時期がありました。お金が貯まって、夏休みに何か大きなことしたいなーって思ったときに知ったのが青春18きっぷでした。『南に』…じゃなかったのは、私が山国出身で、島に行こうというより、広い大地に行ってみたい…と思ったから。

たびの計画はそこそこに、時刻表と北海道のガイドブックを購入し、ある日朝7時、上野発の北行きの鈍行列車に乗り込んだのが北海道への第一歩でした…♪そんな無計画なたびをしてみたかった。
rishiri


まる2日かけて夕方、遂に日本の最北の地、稚内へ到着。線路がぷつんと切れていて、何となく哀愁漂う寂しい雰囲気の稚内の街がなんだかすごく好きになってしまいました。また北海道の車窓から見える、うわさでしか聞いたことのなかっただだっ広い大地…美しい山々、道北本線の何となく寂しい無人駅。ことこと列車が進むたびに目にする珍しいアイヌ語から来ている駅名の看板…。
そこで同じようなたびをしている人たちからの情報、刺激、たび話。。。

はぁ……。圧倒。

稚内まで来ているのに、利尻、礼文島のことは何も知らず、秘境の温泉やグルメなんて考えたこともなかった…ワタシ。このたびで私は何でもやろうと思ったら出来るんだ!!ってこと。それと、まだまだ私は北海道の表面しか舐めていないんだということを痛感。

「絶対来年もここに戻ってこよう。」

そう誓って、私はどんどん北海道の魅力にとりつかれて行くのでした。そして気づいたら毎年北海道に来て、就職してました(笑)。


『北海道で一番好きな場所は?』
そう聞かれたら、私は迷わず答えます。

道北!!

札幌でも、富良野でも函館でもどこでもない。道北です。
(マニアックな事言うと、道北本線『抜海駅』から南稚内駅に向かう路線から見える丘陵とそこから突然望む日本海の景色が最高の景色です…分かってくれる人いるかしら)

景色も空気も人々も最高だけど、食べ物も温泉もなんでもお勧め!そんな情報をピンポイントでお伝えできたらと思います。(もう北海道にいないしね…ぐすん)
20:01 | 北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑