裸の付き合いは国境を越える 後半戦 Addis Ababa エチオピア

ご無沙汰いたしました。
日本に帰国して、どたばたの生活が少し落ち着きそうです。しかし、現在ネット環境がない状態のため、ネットカフェにこもりきりの毎日が続いています。あぁ、不健康。

さて、前回の記事を読んでいない方はぜひぜひ前半戦からお読みください
アフリカの最終訪問国エチオピアで、裸の付き合いをすることになったTommi。さていったいどうなることやら。皆さんに受け入れてもらえるのか。。。

RIMG1395_convert_20090528003127.jpg
むんむんと熱気漂うサウナ内で、隣の人と肌が触れ合うくらいぎゅうぎゅうになりながら現地語のアムハラ語でしゃべりまくる女性陣、外では男性を立てて生活したり、家にいることが多いので、こんなときこそ、ストレスの発散??井戸端会議です。
あーあ。アムハラ語が理解できたら、どんなに楽しいだろうと思いながら、ふと前を見ると、ある一人の女性がサウナの熱源である石になにやら水分をかけました。


その瞬間!!
室内に一気に漂う強いミントのにおい。。。。。。
思わず私はあまりの強いにおいにむせてしまいます。でも、周囲は何のその、そうかと思いきやほとんどの人がすっ!!
と立ち上がって、熱源の石に背を向けます。用は座ってる向きと反対向きになりました。


そして、また次の瞬間…。

はいていた下着を膝まで下げて……


!!!


女性陣、石にお尻を向け、ドギースタイルをとるではありませんか???

ようは、オマタを大きく開いて四つんばいのポーズです。ヨガにもあるかしらこんなポーズ。少し似ている太陽礼拝のポーズ(笑)。そしてみんなそのまま静止…。顔を見ると気持ちよさそう。。。

ええ?これってどういうこと?



私が驚愕の表情を隠せないでいると、英語をしゃべれる女性がこう教えてくれました。

『みんなこうやって、大事な部分を消毒するのよ』と。

おまけにこれぞサウナの醍醐味よ…というではありませんか。。。

さすがに驚きました。みんなが下着を下ろしてお尻を一方に向け、四つんばいを取っているポーズと、気持ちよさそうな顔。。。その迫力に度肝を抜かされっぱなしです。


そして、毎回思うのですが、イスラム圏やそうじゃなくても外国圏の女性陣は『見えない部分』のおしゃれを怠らないなー。と…。感心いたします。このたびで女性のあり方、すごく考えました。見た目をブランドで飾ってスキニーなほっそいのが最高にかわいいなんて思っている女性陣は、海外に行ってもまれるといいと思います(笑)。

そんなことを言ってると日本にいれなくなるかも知れないわ。はは。



最後に、『どうして四つんばい、やらないの??』といわれましたが、さすがにオマタで楽しむことはできなかった(恥)。毛穴全体で楽しんできましたけどね。その後、何とかエチオピアの女性陣とコミュニケーションをとりながら、楽しいサウナ体験は終わるのでありました

P1012369_convert_20090528005930.jpg



たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!現在はアフリカたびのおもしろエピソード発信です。誰も見たことのないリアルアフリカをお伝えできたら…。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ
いかがでしたか?国境、ビザ情報を交えつつ、現地の面白話綴って行きマース!!
fc2ranking



スポンサーサイト
00:26 | 西アフリカ諸国 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 セネガル から ガンビアへ 

今回は国境越え、ビザ情報をお伝えします。
(情報は2008年12月時点です)

RIMG1013_convert_20090517210002.jpg
写真はガンビア側の国境です。のーーんびり。

ガンビアの首都バンジュールを越えずにセネガルからガンビアに入国する場合、セネガルのカオラック(Kaolack)からガンビアのファラフェミ(Farafemi) までセットプラス(7人乗りタクシー)で2200CFA+荷物代500CFA、2時間半で国境に到着します。
ここから同じターミナルにあるfarafemi の町行きの乗り合いタクシーに乗り換えます。そのまま中心部に行きたいか、次の町に行きたいかはしっかり伝えること!

注意したいのは、国境で、タクシーの運転手に『入国スタンプが欲しい!!』と伝えないと、素通りされてしまいます。地元の人はスタンプ要らないので。これは後で厄介なことになるので注意です。(私もその内の一人…)

もし、バンサング(bansang)、バッセ(Basse)方面に抜けたい場合、町で降ろしてもらったタクシー場からさらにタクシーかバスを乗り継がないといけないのですが、イチバンいいのは、タクシーの運ちゃんに行き先を告げて、その乗り場まで案内してもらうことです!徒歩で3分くらいですが、国営バスがあったり、乗り合いタクシーがあったり、ヒッチハイクがあったりとかなりごっちゃごっちゃです。一緒の方面に行く地元の人を探して、その人についていくのがイチバン賢い方法です。

ガンビアは川を何度もまたいで移動しないといけなく、そのたびにタクシーを乗換え…何てこともあります。ちなみにバンサング(Bansang)までは荷物代込みで150D、かなりの破格値でした。地元の人サマサマです!!

ビザは国境で取れます。事前に大使館でとるとかなりの高額を要求され、また「国境では取れないよ」と嘘を疲れるので要注意。

ガンビアは、のんびりで素晴らしいアフリカを見ることの出来る国の一つです。有名じゃないけど、それだから面白い!という人、是非、首都ではなく、地方に行ってみてはいかが??


たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!現在はアフリカたびのおもしろエピソード発信です。誰も見たことのないリアルアフリカをお伝えできたら…。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ
アフリカを旅する人々に有用な情報を発信していきます。質問も大歓迎!
fc2ranking



21:29 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

裸の付き合いは国境を越える Addis Ababa Ethiopia エチオピア

前回の記事で19カ国訪問したアフリカ諸国に『レソト Lesotho』を忘れていました!
南アフリカに囲まれたちっさなちっさな国です。いった国の中でも最も好きな国のうちの一つです。
いまどき交通手段が

『ロバ』と『ウマ』

なんて国、いまどきないでしょう(笑)。ダイスキな国レソトのお話はまた次回にしまして、今日はアフリカ最終訪問国エチオピアです。

RIMG2400_convert_20090517131711.jpg
ケニアから怒涛の国境越えを終え、エチオピアの首都、アディスアベバに到着。すでにへろへろですが、ここは最終訪問国。しめはきっちり行きたいと、最後の元気を振り絞ります。

エチオピアは、前評判ではいい評価が多かったのですが、私の場合、人の評判と正反対の印象を受けることが多いです。今回も、観光地化した客寄せなどにうんざり来ていたところです。
そこで、気持ちを上げる為に、うわさで聞いていた地元の人に大人気の温泉施設に泊まってみようと思いました。アポなしで即OK。そうこなくっちゃ!

朝から地元の人でごった返しているこの施設。日本でいう温泉保養施設のような、そんなたたずまいです。ここには湯船のある温泉コーナーと、温泉成分のあるサウナコーナーに分かれています。宿泊者はサウナコーナーを利用できるようで、早速乗り込んでみましょう!!みんな気になる??!裸の付き合い in エチオピア

サウナコーナーにはグレードがあるようで、
グレード4:人数制限のあるサウナに着替えルーム、シャワーつき。50円くらい。
グレード3:人数制限のあるサウナに着替えルームつき。シャワーなし。30円くらい。
グレード2:人数制限のないサウナに着替えルームつき。10円くらい。
そしてグレード1:人数制限のないサウナに着替えルームなし。5円くらい。

…っていうか、着替えルームのないサウナって、いったいどうなってるの??そこを冒険する気にはなれず、グレード4にご案内。
さて、女性の花園に潜入しまーす。日本代表として、立派にエチオピア女性と張り合ってきます(何を張り合うんだって??)

RIMG2393_convert_20090517132007.jpg
エチオピアの女性は、アフリカ系黒人と違って、中東の雰囲気がミックスされてます。イスラム教の方と、エチオピア正教(キリスト教徒似ている)が多いようです。

着替えルームにはいった私は絶句です……。
まさにごった返し…着替える、休む場所もない。私もびっくりしたけど、エチオピア人だって私を見てびっくりしてます。こんなアジア人が何でこんな場所に??顔にそう書いてあります(笑)。何とか着替える場所を確保し、周囲を見ると、パンティだけはいてサウナに入っていきます。そっか。かわいいパンティはいてきて良かった

周囲のダイナマイトバディを観察しながら、いざサウナに…。

私が入った瞬間、みんなが私を見て静まり返ります(笑)。それはわたしがダイナマイトバディだったからか、それとも貧弱バディだったからか。。。じっと見られて、おまけに中は隙間もないほどぎゅうぎゅうの状態です。
(あんたの座る場所なんてないわよ)。じっと目で訴えられ、つい私は外に出てしまいました…。

さて、、、どうしようか。
どうやって中に入ろう。
どうやってみんなに受け入れてもらおう。。。

そんな私を英語が喋れる一人の女性が話しかけてくれました。(基本的にエチオピアは独自の言葉、アムハラ語です。英語はあまり通じません。)一緒に行こう。と。

よっしゃ。よかったー。もう一度中へ。今回はみんなの冷たい視線も和らぎ、無事、自分のお尻の分だけ空きを確保。サウナ内に座ることが出来ました。
皆さん、普段男性と一緒のときは静かなんですが、ここは女性の花園、皆さん喋る喋る~♪ あぁ。アムハラ語喋れたらなー。

エチオピアの女性は、胸も大きくて、お尻も大きくて、足は細くて女性的な魅力的なスタイル。おまけしてお腹も出てますけどね。)女性はやっぱこうでなきゃ!!

そして、時々サウナの石に水のようなものをかけるのです。ミントのような強いにおいがサウナ内をおおい、慣れていない私はむせてしまいます…。

その時!!

サウナ内の女性の皆さんが、あるとんでもない行動にでたのです
それは…。また次回!!

たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!現在はアフリカたびのおもしろエピソード発信です。誰も見たことのないリアルアフリカをお伝えできたら…。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ
次回明らかにされるエチオピア女性の美の秘訣。。。
爆笑エピソードお楽しみに!!
fc2ranking



12:27 | 西アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

みんなただいま。無事に帰ってきました。

みなさん!!ご心配かけました。無事にtommi帰国いたしました。
ブログのリアルタイムは西アフリカでとまっており、どうなってるの・???心配してくれた友達のみんな、本当にごめんなさい。無事に帰ってきております。

Tommi came back safely from Africa. Sorry not to update my web log such a long time. Im so so sorry that I made you all worry so much.

そして新しい一歩を歩むべく、怒涛の勢いで新生活の準備を進め、今に至ります。
しばらく日本にいます。
目指すはアフリカ、それともほかの国か。またみんなに伝えていきたいです。

Ill be in Japan for a while. I would like to contact to you all...:-)

西アフリカ編でストップしています私のアフリカ旅、西アフリカもしんどかったし、はちゃめちゃでしたが、その後、南アフリカ、東アフリカとさらにしんどい状況が続き、私がこうして日本で暮らせることが本当にありがたいなと感じます。
危ないことはしていないし、無理もしていないけど、やはり、アフリカはしんどかった。。。
でも、いろんな思いをして帰ってきました。これをやってのけたら、どんなしんどいことでも、困難でも、なんとも感じないと思う(笑)。
本でも、出版しようかしら。。。。。

I really appliciate that I am in my home country now.

人それぞれに感受性は違うし、感動したり、興味を持つことは違います。私は世界遺産や有名な観光スポットには余り興味がありません。地元の人とのふつうの暮らし、地元の人と同じことをすることに興味を持っています。
ですので、私のブログにはあまり観光名所は出てこないかもしれません。一人一人の旅に個性があるように、私も個性たっぷりのたびをしてきたつもりですし、それは世界一周などの本を書いている人のたびとはまったく違う魅力があると思っています。

これからなるべくたくさんたびの旅行記を皆さんにお伝えしていけたらと思います。少しでも旅をする気持ちになってわくわくしてもらえれば。私が経験したことと同じことを経験できる人は誰もいないから。

最終的に私が約半年かけて回ったアフリカの国は…

モロッコ Morroco
セネガル Senegal
ガンビア The Gambia
マリ Mali
ブルキナファソ Burkina Faso
ガーナ Ghana
トーゴ Togo
ベナン Benin
ナイジェリア Nigeria
南アフリカ共和国 South Africa
レソト Lesotho
ジンバブエ Zimbabwe
ザンビア Zambia
タンザニア Tanzania
ブルンジ Brundi
ルワンダ Ruwanda
ウガンダ Uganda
ケニア Kenya
エチオピア Ethiopia

以上19カ国です。
駆け足のところもあったけど、どっぷり数週間滞在した国も多くあります。

基本的に陸路で移動したので、国境越え情報、ビザ情報、交通手段情報などこれから旅をする人の役に立てるような情報も発信する予定です。

それにしてもアフリカ1周をしていた女の子は私は誰にも会わなかった…。
世界中に日本人は旅行をするといわれている中で、私はこのたびの間にたった3人の日本人としか会いませんでした。そういう意味で、私もかなり個性的といえるかもしれません。

I didn meet anybody who traveled only woman like me for whole Africa. and I only met 3Japanese travelers through my travel. In that way I might be a strange person...

女の子の一人旅は危険だ!!といわれ続けていたけど、女の子一人によってうけた恩恵もそれ以上に多かったのも事実です。

今回は写真なしでごめんなさい!
これから続々面白エピソードアップしていきます。
本日もぷちたびの最中です。
ではみなさん。またね。See ya!!

Tommi in Nagoya




11:37 | 西アフリカ諸国 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑