ジンバブエ ジンバブエ国民、強く生きる

ジンバブエのインフラの現実は前回の記事でお読みください。

インフラが続き、大統領の独裁政治が続くジンバブエ。
国民の皆さんはどのように考えているのでしょうか?

ジンバブエの人々と話していて感じることが『誰も今の政治の文句を言わない』と言うことです。
みんな口をそろえていうんです。
『今は生きていくのにも厳しい状況だけど最悪なときよりは良くなってきているから、乗り越えるしかない』と。
どうやって賢く生きていくか、ご飯を食べていくか考えているのです。

その一つは、南アフリカに出稼ぎに出て、外貨を稼ぐことです。
家族の誰かが海外に出ていて、仕送りをしてくれると、安定したお金を得ることが出来ます。
二つ目は、自分で食べるものは自分たちで作る。です。
みんな家庭菜園を持っていて、家族で食べるとうもろこし、緑の野菜、お豆などどの家も畑を持っています。
三つ目は、商品入荷情報などは地域全体では情報共有をする。と言うことです。
どういうことかというと、「あの店にお砂糖が明日入荷されるらしいよ。」とか「スパイスはあのお店に入荷したらしい。」とか生活必需品の入荷情報をみんなに流すのです。
大変なのはみんな一緒。皆が一丸となって生きようとしています。

RIMG1915s_20100629110223.jpg
線路沿いで食品を売る人々


さて、ある日の朝早く友人に起こされます。
「Tommi、物資が南アフリカから届くんだけど、一緒に行く??」
いきますいきます。南アフリカの旦那さんが送った物資が届く日のよう。


歩いてハイウェイまで1時間。長距離バスと一緒に荷物が届くようです。

RIMG1969s.jpg
朝4時。停留所に到着。ここでいつ届くか分からない物資を待ちます。


……。待つこと6時間。ようやくバスの到着です。



一緒に住んでいる数家族の男性陣が荷物の運搬を手伝ってくれます。


RIMG1971s.jpg


子どもたちも大喜び!
さて、何が入っているんだろう。

大袋のチキン、ラム、スパイス、子どものジュース、お菓子、インスタント食品…。
二人の子どもには学校用のシューズとリュックサックが入っていました。


驚いたのは、アイスクリームが入っていたこと
何でってこのクソ暑いアフリカにアイスクリームを常温で運ぼうとする旦那さんの気持ち。。。

ストロベリー味のアイスクリームはふたがずれてどろどろ、袋の中にこぼれて、床までびちゃびちゃになっています。でもそれを片付けるみんなの顔は幸せいっぱい

そして最後に、丁寧にビニール袋に包まれたものを友人が発見。
中をあけてみると。。。

それは、きれいなランジェリー。キャミソールとショーツでした。
そうです。
旦那さんから奥さんへのプレゼントだったのです。

彼女は本当に嬉しそう。
なんか、日本ならいやらしさが先立つかな。なんて思ったりもしますが、ここにはそんなものはなく、夫婦の温かいつながりを感じて、感動してしまいました。日本より自由がない国で、男性が女性下着を探すなんてさぞかし大変だろうと思います。でも奥さんのためにしてくれた。

「今度彼が帰ってくるまで使わないでとっておこう♪」
そういう彼女の笑顔が忘れられません。

ジンバブエの人は温かくて、そして強いです。
次回もジンバブエ続きます。

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

ジンバブエ、観光せずに地元の生活。はまります。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
スポンサーサイト
11:26 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジンバブエ インフラの現実

ジンバブエの話をしていきたいと思います。

Zi-map-ja.gif

南アフリカとの国境『ベイトブリッジ』から『ブラワヨ』第二の都市方面へ向かった途中に私の目的地『グワンダ』があります。グワンダはとってものどかな田舎町。

この国の経済は、ムガビ大統領の独裁政治によって崩壊状態にあると言われたのが2007年、私が訪問した2009年1月にはいったいどんな状態になっているんだろう。と想像もできません。

そこで友人が見せてくれたのは衝撃的なこれ。





RIMG1946s.jpg






500億ジンバブエドル札!!!

なにこれ??インフラがこんなに進んでいるのか???
このお札、あまりにインフラが進みすぎてお札の印刷が間に合わず、両面印刷ですが、透かしがない!!

衝撃的です。。。

さらに、恐ろしいことに、このお札はもう何の価値もないということです。
私が訪問した2009年1月時点で、

1USドル=100兆ジンバブエドル




百兆ドルお店に持っていかないとパン一つ買えないのです。

『こんな時代のあったのよ。』と友人が見せてくれたのが…

RIMG1947s.jpg

RIMG1951s.jpg

ジンバブエは緑豊かな農業、酪農の国でした。
沢山の食品を輸出して、国の経済は安定してました。他のアフリカの国よりも自然の条件は整っていると思います。でも経済が崩壊し、白人を国外追放したり迫害したり、国が機能しなくなって、今は農業も酪農も野ざらし状態です。。。

そのときに良く使っていただろうお札とコインです。


国民は歯向かおうとすれば大統領に押さえつけられ、何も出来ない状態でした。
でもこんな状態でも国民は強くいきなけらばいけない。

生き残る方法は『海外とつながっていること』です。
そして外資を得ることです。
この国で有効なのはUSドルと南アフリカランドです。
ジンバブエ国民の多くが職を捨てて、南アフリカに出稼ぎに出かけています。
そして仕送りで家族が生き延びれるのです。

私の友人は外資の職場なので、大丈夫。
でも旦那さんは学校の先生、公務員でした。
日本で公務員は経済状況に関係なく、安定した給料をもらえますが、ジンバブエは違う。
だって給料がジンバブエドルで支給されるからです

インフレが急速に続き、その当時の彼のお給料は50兆ジンバブエドル。
でも紙幣の価値は下がる一方でUS1ドル=100兆ジンバブエドルとなっていました。

一ヶ月のお給料で『パン』も買えなくなっていたのです。


彼は退職し、今は南アフリカで自動車関連の仕事をしています。
なんとか家族で生きていくことが出来ますが、南アフリカに行く事だってかなり厳しい関門なのです。

人を伝って、なんとかビザを取得しないとジンバブエ人に対するあたりはかなり厳しいものになっていました。

私の友人家族は恵まれたほうかもしれません。
でも、家族がばらばらになって暮らしている、そんなのが当たり前なんて私たち日本人にはあまり考えられません。いつ次にあえるのか、それさえ分からないのです。

でもジンバブエ人は必死に生きようとしていました。
その様子を次回伝えようと思います。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

さて、ディープなアフリカ。ジンバブエ編にうつっていきたいと思います。お楽しみに。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
07:43 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 南アフリカからジンバブエへ

南アフリカの首都『プレトリア』からジンバブエ行きのバスに乗ります。
(ヨハネスブルグよりもプレトリアは治安がいい。とことこバスに乗って、バスターミナルに行きます。)

RIMG1970s.jpg

私のバスは夜発。翌早朝に目的地ジンバブエのグワンダへ到着予定です。
値段はR330(3000円強)。

皆さん、ジンバブエをご存知でしょうか?
ムガビ大統領の独裁政治により、国内の経済が崩壊、非常に不安定な状態の国です。インフラの様子は次回お伝えするとして…。

早朝にジンバブエの国境に着きます。ジンバブエに物資を運ぶトラックやバスが長蛇の列を作っています。(写真を撮るのが怖く、何も残っていませんが、すごかった…。こんなに物資を運ばなきゃいけないのか、ジンバブエには。と思うほど個人もお店なども何かを運んでいます。)

バスの乗客の荷物チェックをしてもらっている間にイミグレーションへ。
あまりの人で私はあっけにとられます。私はここでビザを買わないといけないのに、どこにいったらいいかわからない、とにかく申請書を書いて並びます。
ようやく順番…。となるとここではない。といろんな窓口をたらいまわしにされて…。
あまりに私が遅くて、運転手が私を見つけてくれました。

「ビザを買うには滞在先の住所と友人の名前を言え。」といわれ、友人の住所なんて知らない私は必死に運転手に友人の電話番号を伝えて、彼ら同士で喋ってもらうように伝えます。
窓口のお兄さんが運転手の携帯電話で私の友人と話をして、住所を聞き出してくれました。

このとき朝の4時…。もうしわけない

私がビザを購入(US20ドル)した時には、一緒の乗客は周囲にはいない。。。

外にでてみると、まだバスの乗客が外で荷物チェックを待っています。
数時間待って、ようやくバスの入国許可がでました!!

はぁ!!遂にジンバブエに入国です。

RIMG1911s.jpg

道は悪いし、穴ぼこだらけ。。。
これがジンバブエか。。。と思いながらでも私がジンバブエにいるということが感慨深い…。
外を見ると、ものすごい澄んだ青空に緑と赤い大地。
昔、ここの大地が農業の盛んな肥沃な大地だったことが良くわかります。

しばらくジンバブエに滞在です。
友人の家に居候。とっても素朴で厳しくて、でも温かかったジンバブエの様子をお伝えします。

RIMG1938s.jpg

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

さて、ディープなアフリカ。ジンバブエ編にうつっていきたいと思います。お楽しみに。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
08:40 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソト 空の王国。出国

レソト、モコトングからサニパスという国境に向かってバスに乗ります。

lesotho_sm05s.gif
Mokhotlong からまっすぐ南に下りたところがサニパス。


RIMG1798s.jpg

あまりにもレソトが気に入ったTommiは、そのまま国境を越えるのが惜しくなり、飛び入りで国境に立つ宿に泊まることにしました。宿以外本当に何もない天空の王国です。
ドラゴンクエストのクリエーターってきっとこういう場所を旅して作ったんじゃないかなと思う風景です。
世界には本当にあるんです。リアルドラゴンクエストが。
左側のがけの下が南アフリカ、国境です。


サニパスやレソトには、南アフリカから日帰り旅行で遊びに来る人が多いようです。
日帰りじゃ絶対伝わらないのに。。。この国の良さは。。。


この国境越えは、ホテルから徒歩3分のイミグレーションにいってスタンプをもらうだけ。
あとは。。。バックパッカーの私。ヒッチハイクです。
もしくは
「いつか乗り合いタクシーが通るから、そこで待っていなよ。」と地元の人に言われます。
ぽつーんと待つこと2時間。
同じ宿に泊まっていた夫婦が私をふもとまで乗せてくれることに…。

ありがたい!!


RIMG1814_convert_20100625065121.jpg


その夫婦は写真が好きで、峠を少し進むたびに泊まって写真撮影。
私にも好都合、のんびり景色を楽しみながらふもとへ降りていきます。


RIMG1802s.jpg


壮大な景色にまたまた感動。レソトってすごい!!


RIMG1820s.jpg

そして私のアフリカたびはまだまだ続くのでありました。

お次はジンバブエ。
……少し緊張しています。無事に入国できるのでしょうか??

RIMG1829s.jpg





ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

さて、ディープなアフリカ。ジンバブエ編にうつっていきたいと思います。お楽しみに。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
11:23 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

名古屋 クリエーターズマーケット vol.22

レソトの話は次回に回して(ごめんなさい!)

週末は名古屋に行ってきました。
そこで行われていたイベントに行ってきました。

『名古屋クリエーターズマーケット vol.22』

中部地方最大のマーケットということで、出品者のリストを見ても、興奮してきます。面白そう!

R0010830s.jpg

開場の30分前。もう既に長蛇の列。。。このイベントの人気をうかがわせます。
お客さんはふわふわ、かわいい女の子たちや、個性的なファッションをしている人、おまけにロリータ、コスプレ系の人もいてなんだか不思議。
さて、11時開場。


R0010835s.jpg

それぞれのお店が個性的にブースを飾っています。小さなお店がいっぱい開いてます。そこで作品を作っていた人もいたり、本当に面白い。個性的、自分が普段興味がないようなジャンルも、並んでいて、それを見るのも新鮮。面白い。

私が特に気になったブースやお店を


R0010839s.jpg
最近はまっている『切り絵』。いくつかブースが出ていましたが、そのなかでもきり絵をかわいいアクセサリーにしている方がいました。切り絵の雰囲気もかわいくてポップ♪




R0010854s.jpg

次は好きな色のレザーを選んでブレスレットにしてくれるブース。こういったカラフルなブースについ足を運んでしまいます。沢山の人がいました。



R0010840s.jpg

大きなキャンバスに作品を作り上げるブースもありました。
この作品は、色が印象的でイチバン残っているもの。それぞれが独特の書き方で作品を仕上げてました。



このマーケットでイチバン私が見たかったブース。
『Omni-berry』

あみぐるみの作家さん、あみぐるみの個性的な、精巧な作品が見ていて感動に値します。
作品を作るのに、かなりの時間を要するため、今は作品を売ったりすることはないようですが、(過去の作品は売っているようです)作品を見ると納得。感動します。

ホームページの動くあみぐるみ、アニメーションも必見!!

R0010842s.jpg

作家さんとお話しすることが出来て、アニメーションに出ていたあみぐるみに出会うことが出来て興奮冷めやらぬTommiです。


私が購入したのは『帽子』

R0010846s.jpg

作家さんも素敵な帽子をかぶっていて、試着して一目ぼれ。


相方が購入したのは、洋服。

R0010850s.jpg

手作りの洋服がラックに並びます。
実用的な、でもおしゃれな作品が並んでいました。若い女性の作家さんでした。


R0010851s.jpg

こんなにくい演出も嬉しい!!

滞在時間が少なかったので、また次回(12月)に再訪しようと心に誓うTommiなのでした。
楽しい名古屋滞在でした。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

レソトの話、次回クライマックスです。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
10:58 | 名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大学病院でお得フレンチ 

大学病院に入っているレストランやカフェ、行ったことありますか?
地下の喫茶店…。のような雰囲気はいまや素敵でお得なレストランに早変わりしています。
私の近所にも沢山大きな病院がありますが、今日はランチがお得と言う『松本歯科大学病院』でランチしてきました。


大学のおしゃれーな学食(定食とか500円以下!!学生、職員さんは150円????)も魅力的ですが、今回はその中にあるフレンチレストランに行ってみたいと思います。


『フレンチレストラン雷鳥』

R0010822s.jpg

素敵なグラス。暑くてついごくごくお水飲んじゃった…。
いつもはランチがあるようなのですが、今日は大学関係者の貸切があるようで、普通のセットを。
私はとりモモ肉のドミグラスソースを注文。



R0010823s.jpg

手作りのドレッシング。たまねぎの味が甘くてオイシィ。
がぶがぶお水飲んでも、すぐにウェイターさんが注いでくれます

R0010824s.jpg

スープは濃厚ポタージュ。


R0010826s.jpg

メインの登場です。
鶏肉はジューシー。やわらかくて、皮はパリパリ。。。
幸せ~。

パンは焼きたての自家製だとか。

ミニコースのような感じで800円でした。



帰りは病院関係者に混じって、コーヒーをお持ち帰り

R0010827s.jpg

私はいつも職場にこんなスタンド型のカフェがあったら仕事はかどるのになぁ。と思います。
24やグレイスアナトミーとか、医者がコーヒーを片手にカルテをチェック…。

私もカリブで働いていたときはそうしてましたし、気が休まって、アタマも働きやすいと思うのに。。。

日本の職場に、美味しいコーヒーが飲める場所、もう少し増やしませんか??
もしくは、もっとコンビニに淹れたてのコーヒーを飲める場所を増やしてくださーい

話がそれました。。。
大学病院へランチ。。。ちょっとドライブしてみるのもお勧めです。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

だいすき。レソトの話、クライマックスです。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
15:55 | 長野・中信地方 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソト 空の王国の移動

楽しかったセモンコングの滞在を終え、次のたびに出ることにしました。

lesotho_sm05s.gif

今は地図の左下のほうにいます。
山の合間をぬって走るドライブが気に入って、そのままマセル(首都)に戻り、右の稜線沿いに走って、Mokhotlong(モコトング)へいき、まで行ってみたいと思います。

RIMG1767s.jpg

首都行きのバスは午前4時半出発
うっすら明るくなってきた空に虹が出ていました。


5時間バスに揺られ、10時前に首都に帰ってきます。
その後、どこまでいけるかなー。と情報収集…。地元の人に聞いて、右の稜線に沿って、いけるところまでいってみようと言うなんともアバウトな決断となりました。
各町には必ず宿があるし、まぁ。何とかなるでしょう

RIMG1792s.jpg

おんぼろハイエースを乗り継いでいきます。。。


RIMG1779s.jpg

こんな谷に沿っていきますよー。くねくね。くねくね。。。


RIMG1801s.jpg

途中でこんなきれいなお花を見たりしながら、出発します。


RIMG1793s.jpg

まさに『Kingdom of the sky』空の王国です…。気持ちい。



RIMG1781s.jpg
こんな高い標高を走っています。


宿なんて全く決めていなかったけど、バスの中で皆が心配してくれて、宿をいくつかピックアップ、私に選ばせ、予約をしてくれて、バスの運転手さんは宿の目の前まで送ってくれました

温かいレソトの人に助けられ、また大自然を大いに楽しんだ一日ドライブでした。



ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

だいすき。レソトの話、クライマックスです。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
06:42 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アフリカ料理 カラバッシュ 浜松町

東京での仕事帰り、南アダイスキAちゃんとご飯を食べに行くことになりました。
私のリクエストでアフリカ料理を食べに行くことになりました。

『カラバッシュ』浜松町

R0010808s.jpg

アフリカのごちゃごちゃした屋台??を想像してましたが、こじゃれた雰囲気。


西アフリカで良く見る木彫りのイスがありました。私の部屋にもほしいなぁ。

R0010811s.jpg


早速ビールで乾杯。
ビールはナイジェリア。


R0010817s.jpg


今回注文したものは…。


R0010815s.jpg

『ヤッサ』
たまねぎとチキンをマスタードソースで煮込んだシチューです。
とろっとしたソースにマスタードの酸味が効いて、ご飯が進みます。



R0010816s.jpg

『チェブ・ジェン』
西アフリカ版ピラフ。魚とお野菜がのって、なつかしい味
思わず手で食べてしまいそう。。。


今日の従業員は殆どがブルキナファソだったそうです。
美味しいご飯をありがとう。ご馳走様でした♪


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

だいすき。レソトの話、続きたいと思います。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
20:26 | 東京 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アフリカンフェスタ 2010 in 横浜

仕事で東京に行きました。そのときにちょうど横浜でアフリカンフェスタを開催していると言うことで、いてもたってもいられなくなって仕事前にいって来ました。

『アフリカンフェスタ2010』

会場はみなとみらい駅から歩いて。。。
赤レンガ倉庫です。

R0010795s.jpg

開園1時間前にいったけど、もういっぱいの人。
ジャンベドラムのセッション。
アフリカ各地の現地語。
アフリカ布の鮮やかな展示。
民族衣装を着た素敵な女性たち。
アフリカの空のような澄んだ青空…。

R0010801s.jpg


私のダイスキな『レソト』セクション。
皆がかぶってる帽子が飾ってあります。
懐かしい…♪



各国のセクションとNGOのような団体のセクションがありました。
こう集まるといろんな団体があるんだなーと感心。


そしてお昼ご飯食べてから仕事に行こうとフードコーナーへ。
各国のご飯の中から見つけました。


R0010802s.jpg

セネガルです!!
セネガルにいたときにたべたなー。


R0010803s.jpg

『マフェ』はピーナツソースのお野菜が入った煮込みシチュー。
『ビサップ』はハイビスカスのジュース。
私のブログでも紹介したことあると思います。


お味は…。


おいしぃ♪♪♪
オイシィなー!まさに向こうで食べた味。そりゃそうだ。現地の人が作ってくれてるんだから。
アフリカの人は、国ごとに微妙に顔が違って、セネガルの人とすぐにわかる。
なんだか嬉しくなっちゃって、

開会式を横目に見ながら仕事に向かったのですが。
来て良かった…。


久しぶりにアフリカを感じた一日でした。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

その日の夜はさらにアフリカ料理を堪能。次のブログでお伝えします。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
19:07 | 東京 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソト レソトに住む人々

レソトの人々は、温和でやさしくて、シャイで。
必要以上に話しかけてこないし、困っていたらさり気なく助けてくれる。
そんな国民性なのかなと思います。

そんな中、山国ならでは??の服装をしているのです。
まずは『毛布』です。


RIMG1772s.jpg

こんな風に包まっています。
柄はいろいろありますが、カカオの実のような種が書いてある柄がとっても多いのです。
若い女の子も…。


RIMG1771s.jpg

ほら。ちょっとチェックでおしゃれ♪



そして帽子はわらで編んだ帽子をかぶります。
写真はないんですが、こんな形。


RIMG1807s.jpg
この真ん中に書いてある形です。
国旗にも描かれている大事な帽子です。
さすがに実物は持ち合わせませんが、ミニチュア帽子はかわいくていくつか購入。


でも南アフリカに近いこともあり、普通の格好うをしている人も多いです。
RIMG1775s.jpg
洋裁店で働く女性たち。


そして毛布じゃなく、こんなのに包まっている人もいます…。










RIMG1773s.jpg

おばちゃん``それは商品をくるむためのビニールじゃないかしら。
気温の差が激しい山国ならではの着こなしでしょうか(笑)。。。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

空の王国『レソト』もう少し滞在続きます。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
20:02 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソトへの 調達食料


レソトセモンコングの話の続きです。

セモンコングにはスーパーや売店が殆どないので、数日間の食料を調達していくようにという話を聞いていたので、私がどんなものを持っていったかお話したいと思います。


私の基本は『パン』です。
なので、
RIMG1688s.jpg


右からジャムと、ピーナッツバターと、マヨネーズスプレッド。
ちょっと贅沢しました普段はジャムだけなんだけど、南アフリカの豊富な食材に誘惑されて、こんなに買ってしまいました。こういうものがあれば、パンが何倍も美味しくなります♪



そして

RIMG1687s.jpg

即席めん。いろんな味がありますが、当たり!はずれ。。。が激しい
いつも買っていると、だんだんわかってきます。好みの味が。。。


さらに


RIMG1689s.jpg

右からお豆のトマト煮、パスタのトマト煮。そしてインスタントコーヒー。
コーヒー中毒の私にはコーヒーは必須。でもコーヒーはかなりのぜいたく品、ここ以外では買いませんでした。。。
そしてたまにはパンにトマト風味のものを挟みたくて購入。
これも私にとってはぜいたく品かな(笑)。
ときどきキャベツを買って、コールスローにしたりします。


最後に…

RIMG1686s.jpg

じゃーん!
チョコレート
だめだめ!食べちゃう!!と思いながらも、アフリカ産のチョコレートがあるので、それを買ってしまいます。それもお手ごろ価格!!厳しいたびの一つの癒しですね。。。

宿にもレストランがありましたが、一食2000円ほどします。
誰かと行くということになったら行きますが、やっぱり自炊が基本です。

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

空の王国『レソト』もう少し滞在続きます。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
06:48 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソト セモンコング 乗馬で大地を回る

レソトの話を続けます。
レソトは『空の王国』と言われていて、標高が高く、険しい山山が続いています。なので、そこに住む人々は、車ではなく馬で移動するのです。一家に一頭馬。というとっても魅力的な場所。

私はカリブにいるときから馬に乗る機会が多く、今回もセモンコングにきたら、素晴らしいトレッキングが出来るかなと思ったのです。

半日トレッキングに出発です。
宿に泊まっているのは仕事関係の国際協力関係の人々のみ。ユニセフとかユニサとか。なので、当然参加者も私のみ。引き馬とかそんなのなしでトレッキングに出発です

RIMG1725s.jpg

当日はとてもいい天気。空がとても近くに感じます。


RIMG1724s.jpg

あのゲートがホテルの出口。
アバウト


丘を越えると小さな集落がぽつぽつと見えてきて、放牧をする人、町まで買物に出かける人、そして緑の自然しかありません。静かで、少し寂しくて、美しい大地。

RIMG1727s.jpg

通り過ぎる私に声をかけることもなく、目が合うと微笑んでくれる、自然なこの国の人々の雰囲気も好き。
私のガイドをしてくれた男性。

RIMG1728s.jpg

馬で草原を駆け抜けたり、気を遣ってくれたり。


RIMG1733s.jpg

大きなキャニオンに到着。
キャニオンって、アメリカのグランドキャニオンしかないのかなって思ってたけど、アフリカのいろいろな場所にキャニオンがあって、そこで人々は暮らしています。観光地じゃない。人々の暮らしの場所ってのが、すごい。


RIMG1760s.jpg


私の馬は、優しくて、必ず私のいうことを聞いてくれました。
この国の馬だからかな


数時間のトレッキングも終わり、丘を越えるとセモンコングの町が見えてきました。本当に小さくて、秘境ですね。
素晴らしい体験ができました。
ガイドのお兄さん、ありがとう。奥さんと子どもたちのためにこれからもがんばって働いてね。
RIMG1759s.jpg

レソトのはなし、まだまだ続きます。

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

こんな青空の日は何をしますか?

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
07:00 | 南アフリカ諸国 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ルピナスの花が満開です。

私のダイスキなお花は『藤』です。

山藤も、しだれ藤も、登藤もすきです

仕事に行く道をちょっと遠回りしてみたら、こんなきれいな花がさいていました。


R0010761s.jpg
ルピナス・登藤♪


北海道にいるときは、良くバイクを走らせて群生まで見に行っていました。
長野ではあまり見れないかなと思っていたので、嬉しい。それも近所に咲いていました。
存在感とビビッドな色が好き。


R0010762s.jpg

紫、ピンク、白のほかに濃いピンクもありました。
北海道には『赤』もあったな。



R0010756s.jpg

はい。ここはブドウ畑の真ん中です。私の職場は有名なワイン工場がいくつもある場所にあります。
ぶどう棚の緑も茂ってきましたよ。

毎日変わる景色を見るのが楽しみです。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

こんな青空の日は何をしますか?

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
16:08 | 日常生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レソト レソトの奥の奥へ…。セモンコング

レソトの首都マセルで一泊して、次に行く場所を検討します。
地図をもらって各地の情報を調べます。

レソトは首都マセルを出発地として、全国各地へバスが出ています。国の周囲を回るような右、左両方向への道路、そしてマセルから南下して各町を結ぶバスもあります。

どうせいくなら一番奥地へ行ってみたいな。。。

人と少し違うところへいきたい。とおもう傾向にあるTommiはマセルから南下して5時間くらいの『セモンコング』という町に行くことにしました。



朝8時。バス乗り場に到着。バスは10時半出発だそうです。


RIMG1696s.jpg

なかなかいいバス。よかった~!!
それにしても山の中を走っていくのに、こんなバスで大丈夫だろうか。。。


RIMG1701s.jpg

時間になるとバスは満員。
こんな小さな国の、それも小さな村に行くのに、こんな人がたびするのかな。
セモンコングっていったいどんなところなんだろう。

全く想像もつかないまま、バスは出発して、どんどん山を登っていきます。周りにはランドクルーザーのような4WDの車しか見えなくなります。


RIMG1704s.jpg

山の中に畑と家がぽつらぽつら…。


こんなところに住んでいるんだなぁ。



バスの中の人々の会話も笑い声が耐えない、ほんわかした雰囲気。
乗り物に乗っていると、その国の人々の性格が伝わってきます。
レソトの人々はとっても温和。過ごしやすい、話しやすい人々。
現地語で話しかけるとわからなくて困ってしまうけど、お菓子をもらったり、でもそれ以上話しかけられることはなく。少しシャイな人たち。



RIMG1709s.jpg


こんなところを走っていきます。意外とガタガタせず、でもずーーーーっとダートとアップダウンが続きます。
蛇のようなくねくねした道をひたすら5時間。
のんびり窓の車窓を見るのがとっても楽しかった


夕方になる前に終点に到着。

そこはトタンのお店がいくつか並んでいるだけの何もない場所。。。。。。



みんなバスを降りると、馬に乗ったり、歩いたりしてそれぞれの場所に散っていきます。



さて、私も宿に行かないと。



RIMG1714s.jpg

砂利道をとことこ。。。


歩くこと10分。宿に到着です。


レソトの人々が住む建物に数日滞在します。


なーーーンにもないセモンコング滞在。
RIMG1723s.jpg

どうやって過ごそうかな。。。



ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

こんな青空の日は何をしますか?

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
09:20 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国境越え情報 南アフリカ共和国からレソトへ

今日はとてもいい天気。そんな日にぴったりのアフリカたび報告『レソト』についてお伝えしたいと思います。

レソトは聞いたことのない人も絶対に地図で見たことがあるはずです。何故なら。。。




map_lesotho.gif

南アフリカに囲まれた国だからです!!

「なに??この国。。。」
って思ったこと、一度はないでしょうか?

レソトは『Kingdom of the sky』空の王国と言われています。

ソト族という民族が大半を占めるこの国は、山国で標高が高い。空に近い国なのです。


詳細な地図はこんな感じ

lesotho_sm05s.gif

首都はマセル。今回はマセル側の国境からアプローチします。(他にもいくつかアプローチポイントがあります)


RIMG1677s.jpg

ヨハネスブルグ(Johannesburg)からマセル行きの長距離バスを探したのですが、あいにくそのときは出発日じゃなかったようで、私はヨハネスブルグからバスで8時間のブルームフォンテイン行きのバスに乗ります。ブルームフォンテインはレソトへ近い場所にある大きな都市。


夜中に着いたバス、そのまま宿を探す気もなく、バスターミナルで他の人と混じって仮眠します。
ターミナルのスタッフに聞くと、長距離バスのターミナルとレソト行きのバスの乗り場は違うとのこと。

ターミナルから出て、乗り合いタクシーを停めてもらい、レソト行きのバス乗り場に案内してもらいます。


載ること約10分。バス乗り場に到着です。


RIMG1677s.jpg

まるでカリブのようなハイエースのミニバスたち。愛着わきます。
このとき7時。


「その内来るよ」と言われ、散々待つことに。大きな気持ちで待つことは、はい。私慣れております
待つこと3時間。少し大きめの20人乗り位のバスが到着。他の乗客と一緒にバスはレソトの首都「マセル」に向かって出発しました。


車窓からはこんな風景が見えます。

RIMG1681s.jpg


広大な台地、南アフリカは自然が豊か。そしてグランドキャニオンのような台地が見えてきました。レソトです。



走ること2時間弱。レソトの国境に到着です。


沢山の人について国境へ。
国境でビザをゲットできるのでとっても便利。
お金を払ったような気がするけど、それほど高くなく、南アフリカのランドで払う事が出来ます。
旅程によりますが、2週間のビザをゲット。



そこから乗り合いタクシーで宿まで乗せてもらいます。



マセルの市街地まで約5分。


首都マセルはビルも並び、なかなかの都会。でも忙しくなく、過ごしやすい。市街地を歩いて回れちゃいます。


RIMG1694s.jpg

さて、夢だったレソトのたび。はじまりはじまり~♪

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

こんな青空の日は何をしますか?

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
23:01 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

南アフリカ 週末はカジノ&ビーチへ!

南アフリカはとっても住みやすい国。
インターナショナルな民族に、どこにでもいける交通網。
何度か南アフリカについてはブログで取り上げました。

南アフリカの人は、何をして遊んでいるのか?
ダーバンに住む私の友人家族の週末の過ごし方をお伝えしたいと思います。


金曜日、私が昼寝から起きたのは、大音量の音楽でした。
…なんだろう。この爆音は。。。ちょっとクラブにいるような大音量です。
一階に下がるとお友達がいっぱい集まって、お酒を飲んでいます。
そして
「Tommi、着替えてクラブにいくよ。」と。



アフリカにいてクラブに行くとは思いませんでした。
友人曰く、おしゃれをしていくと。。。私、バックパッッカーの汚い洋服しか持っていないのに、どうしようー

結果、自前の汚いブラックジーンズに黒のキャミソールを借りることに。髪をたらせばそれなりになりました。。。
クラブはカジノが併設したナイトスポットで、カジノを楽しむ人々がいーーッぱいいます。
そして私たちは地下のクラブへ…。


またまた大音量の音楽、個別のソファがあったり、がちゃがちゃのミラーボールがまわっていたり、豪遊の場のようです。クラブ自体はまぁまぁ。それなりに。。。って感じだったけど、面白かったのは、殆どが「インド系」の人々だったこと。

友人に聞くと、こういうクラブはまず白人の人でいっぱいになるの。でも、その後インド人がそこにいくようになると、白人が来なくなるの。白人は他の人が好きになり始めたら同じ場所には居たくないのかも知れないね。と。


興味深い発言です。今の南アフリカを繁栄してるかも。



クラブより朝帰りした私たち。
次の日の午後、友人は私をビーチに連れてってくれました。


RIMG1840s.jpg
いい天気

ダーバンはインド洋に面した大きな都市。ワールドカップの会場も作られてますよ!
首都プレトリアから8時間くらいかかるかな。


週末のビーチは沢山の人でにぎわってます。
そしてフリーマーケットが開かれています。
ここのフリーマーケットは不用品を売るのではなく、いろんな手作りのお店がありました。


RIMG1847s.jpg

そして南アフリカ、食、食、食です
私が食べたのはこーんなおおきいホットドッグ


RIMG1849s.jpg
「南アフリカにきたらソーセージを食べないとね!」と。あちこちで大きなソーセージ入りのホットドッグを売っています。


そしてスウィーツ

ドーナツ、ケーキ、アイス。。。いっぱいありますよーーー!!

RIMG1857s.jpg


ぶらぶら。青空の中、美味しいものを食べて、買物をする。。。
贅沢で幸せだな~♪



こんな週末を過ごすことができました。
私の友人に感謝です。
RIMG1843s.jpg
ちなみにイチバン左の子はまだ小学生。。。
色気たっぷり、でもお茶目で、素直でかわいいこたちでした。

さて!
次回は私の最も好きな国。『レソト』についてお伝えしたいと思います。
山の王国と言われているレソト。お楽しみに。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

梅雨の前のいい季節に、ちょこっとお出かけしましょう!

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
07:12 | 南アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

創作活動 完結編

以前の記事できり絵についてお話しました。


今日は切り絵教室2回目。今日で作品が完成する日です。
わくわく…


ちなみに一日目の作品はこんな感じ。




RIMG0685s.jpg


これだけでも嬉しかった…。今日はさらに色付けをしました。


そして出来た作品がこちらです









R0010750s.jpg

こういうものを作ってみたのって本当に初めてだったし、出来上がって嬉しかった♪
調子にのって額なんて用意してみたり。。。


嬉しくて嬉しくて毎日眺めることにします(笑)。
新しいことにチャレンジするのっていいですね。


ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

ちょっとしたお出かけに絶好の季節になってきましたね。。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
18:53 | 体験の旅行 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FDAフジドリームエアラインズ 松本就航♪

私の一日はラジオをつけることから始まります。

朝のラジオで今日はしきりに松本空港の話をしています。



はっ!!!


そうだ、今日はFDAフジドリームエアラインズが松本に就航するはじめての飛行機が発着するひなのでした!!
FDA">FDA

日本一年間利用者数の少ない(年間数百人…)信州松本空港。
唯一就航していたJALさんが、一連の騒動で路線から撤退することになりました。。。

そのとき、続けて就航をしてくれることになったFDAさん。
正直あまり松本から飛行機を使うことはありませんでしたが、今回はFDAの就航で福岡、札幌便が毎日飛ぶことになりましたそして何が魅力的かって…。

飛行機の色が何色もあるのです!



現在ある飛行機の色、赤、ピンク、そして水色、どの色に乗るかは当日になってのお楽しみなのです。なんと魅力的でしょう。。。


そして朝のラジオで、福岡からの第一便が到着するのが約9時ごろと言うことで、「いったい何色の飛行機が到着するのだろう!!!」と言う話題になりました。



そりゃ行って確認するしかない

5分後には松本空港に向かって出発していました


福岡便の到着には間に合いませんでしたが、札幌行きの一便の離陸を見ることが出来ました!


どきどき。。。


何色かな???




R0010744s.jpg


はっ!!走ってきたよ!!




R0010745s.jpg


わー!!水色だー


76人乗りのプチジェットは松本の真っ青な空とアルプスの合間をぬって羽ばたいていきました。


R0010746s.jpg

水色はエアドゥにちょっと似てたな(笑)。
ピンクの飛行機なんて見てみたい…。
ヨーロッパやアメリカなんかはカラフルな飛行機がいっぱいあるけど。
日本の飛行機もいろいろな色になったら素敵ですね。
また見にこよう♪

ブログランキングに参加しています
たび情報満載~♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

ちょっとしたお出かけに絶好の季節になってきましたね。。

fc2ranking

コメントなくても、拍手とかもらえると嬉しいです!!
18:32 | 長野・中信地方 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑