国境越え情報 タンザニアからブルンジへ

キゴマという街にやっとの思いで到着したTommiです。
キゴマという街は、国連難民基金の総本部があるという難民援助のベースになっているところだそうです。またタンガニーカ湖沿いにあるため、交通の要所になっているようです。。。
確かに、それっぽい人はちらほらいるけど、街はいたって典型的なアフリカののどかな街です…。

さて、キゴマの街滞在は別の機会に話すとして、キゴマの次は『ブルンジ』という国を目指すことにしました。

キゴマのバス乗り場でブルンジへの国境行きのバスを探します。
朝早く(5時とか)にバスが出てしまうことがあるので、念のためにと朝日が昇る前にバス乗り場へ到着。バスはミニバス。私が一番乗り…。と言うことは、このシートが定員(多分30人くらい)に達するまでここをでることはないということになります。。。

いったい何時間待ちぼうけになるんだろうか…
お昼くらいに出たら万歳だな。。。


予想通りバスはお昼ごろ出発。6時間待つなんて慣れっこです(涙)。。。
山の尾根のような標高の高い場所をひたすら進み、国境の街に到着です。
メインストリートにちらほらお店が並ぶだけの寂しい国境。
普通国境の街って賑わってるんだけどな…。

とことこ歩いて国境へ。

RIMG2114s.jpg

これが国境…??



…棒一本のみ。。。



おまけに常時開いてる…。

タンザニア出国はスタンプポンっ!!で難なく
こんなもんかな。。。

RIMG2113s.jpg

普通に地元の人はとことこ国境越えてるし…。


さて、ブルンジ側の入国審査、ビザ発給はこのハイエースに乗っていくようです。。。


何の問題もなく『棒一本』の国境を越え、ブルンジに入国です。。。



同じ乗客はタンザニア人かブルンジ人。
ブルンジは再びフランス語に戻ります。

どのくらいの人がブルンジのことを知っているでしょうか。


RIMG2131s.jpg

ブルンジはタンザニアとルワンダに挟まれたかなり標高の高い国。
決して裕福な国とはいえない、世界の中でも『最貧国』と言われている中にリストアップされます。観光も力を入れてなく、政治的にも最近まで不安定な状態が続いていました。

By-map.png



棒一本であっさり入国できてしまった未知の国ブルンジ。
意外とこの調子で順調なたびが出来るかな…。なんて思っていましたが。。。


さすがブルンジ。
そうもいきませんでした

ブルンジ奮闘記。
続きます。。。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
ブルンジ。一筋縄ではいきませんでした…。
スポンサーサイト
20:22 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

秋晴れの日にはフリーマーケット♪

秋らしい天気になってきました。
そんな日は、ふらっといらない洋服を車に詰めて、ドライブがてらフリーマーケットに出店です

R0011404s.jpg

秋らしいといっても、今日の朝の気温は7度でしたけどね…

今回は、友人のNさんと一緒に出店。
カラフルなストリート系の洋服を出店している私とは正反対の、白黒中心のフリフリ系の洋服を出店する彼女とでお店のラインナップはえらいことになっていましたけどね(笑)。


R0011402s.jpg

それでもお客さんはやってくる


R0011405s.jpg

秋を感じながら、友人とペチャクチャオシャベリ。私が友人と会うときは、いつもイベント付です。
ちょっと違った形での友人との再会を楽しむTommiです。

雪が降る前に、もう何回か出店しようと思います。
皆さんも、不用品をリサイクル。いかがですか?

R0011407s.jpg

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
次回、国境越え、いきます。すごい国に入国です…。
20:32 | 日常生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

美容師の大会。自分の知らない『プロ』の世界

美容師の大会があるというので、モデルの友人を連れて岡谷というところにいきました。
そこで弟と合流。

美容師の大会なんて興味津々。

自分の分野とは違うプロの世界を見るというのはとっても面白いものです。
大会といっても、緊迫したムードと言うものはなく、様々なジャンルにそれぞれの美容師がエントリーしていると言ったかんじ。

友人はメイクをしてもらって、会場でいろいろ見学してみます

R0011277s.jpg
ふらふら会場を歩き回れて、面白い。
いろんなジャンルがあります。事前に髪型を作っている人もあれば、ライブでやる人、デッサン部門やネイル部門も。。。

R0011271s.jpg


こんな髪型絶対にしないけど(笑)、かわいい♪
こうやっていろんなデザインが生まれていくんですねー。

R0011274s.jpg

どーん!!
信じられないような作品まで。美容師さんの想像力はすごい。アーティストです。。。


ネイル部門もすごい。。。

R0011272s.jpg

私は仕事柄ネイルには無縁ですが、こういうネイルをする人はきっと家事よりもファッションなのでしょうね。。。


着物部門も。。。


R0011300s.jpg

振袖は日本の素敵な文化。うっとりしちゃいますね。どちらかと言うとキリッ!!とした雰囲気です

さて、弟の出番

30分の間にカットとブローとスタイルを作ります。


R0011289s.jpg

それぞれの美容師がスタイルを作って、30分が終了


R0011296s.jpg

見るもの全てが新鮮でとっても楽しかったです。
何より、プロフェッショナルの精神が違った分野で見ることが出来たのが一番良かった。自分の仕事にしても、よっし!がんばるぞーという気持ちにさせてもらいました。

珍しい、面白い体験をした一日でした。

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
信じられない冒険が待っています。
20:19 | 体験の旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

信州はブドウが旬を迎えています♪

信州には秋の風がふき、朝晩は毛布を使うほど冷え込んできました。
私の愛する北海道は、大雪山がまさに紅葉の見ごろを迎えているという話ですが、過ごしやすい季節ですね。

Tommiのすむ街にはぶどう棚が沢山あって、私のアパートもブドウに囲まれて、甘いにおいがします。職場もぶどう棚のなかにあるというブドウだらけの環境なのです。

私が住む街は食用とワインのブドウ。
ワイナリーが9つもあるんですよ。

そのブドウが収穫のときを迎えています。

P1010163s.jpg

職場の隣にワイナリーが二つあります。そのワイナリーのぶどう棚を覗いてみます

美しい。。。
こぼれ日が差し込んで、緑のじゅうたんが広がってます。。。


P1010165s.jpg

あまりにも沢山の種類があるので、良く分かりませんが(笑)


P1010166s.jpg

これは縦に伸びるブドウ。またお隣のワイナリーです。なんと私は恵まれた環境に住んでいるのしょうか

そして私の実家は食用ブドウが有名です。
特に『巨峰』の生産が日本一なのです。

P1010192s.jpg

はねだし巨峰~!!ぷっちプチのキラッキラです。
巨峰の後は、美味しい林檎のシーズンになりますよー。

10月末に塩尻ワイナリーフェスタが開催されます。
どうですか?みなさん。いらっしゃいませ~!!

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

秋の味覚、満喫していますか??

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
信じられない冒険が待っています。
16:25 | 逸品! | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

軽井沢でクリスチャンの結婚式に参加しました

大学時代の同級生が軽井沢で結婚式を挙げました。私も幸せな瞬間に参加させてもらいました。
彼女はクリスチャン。
日本人がホテルの教会で挙式を挙げるのではなく、教会で式を挙げるのです。アメリカの友人の結婚式に参加したことはあるけど、いったいどうすればいいのだろう。マナーは?服は?分からないことだらけで参加することになったのです。。。でも一ついえることは、クリスチャンでない私も招待してもらえたと言うことは、クリスチャンでなくてもその場にいてもいい。と言うことです。。。


会場は西軽井沢の国際福音センターという教会です。
彼女は東京、彼は福岡なのに、この場所を選んだというのも何か意味のある教会なのでしょうか。。。
大学の友人がこのために各地から長野へ集ってきて、私ので会場へ。

秋晴れの空に、心地いい風がふいていました。

R0011316s.jpg

シンプルな明るい教会。ウェルカムボードには『Love』の一言。
私たちはきっと挙動不審だったのでしょう(笑)。誰かが中へ案内してくれました。


何百人入るんだろうというその部屋に、沢山の人々が集まっています。
新婦はシンプルな白のドレスを来てニコニコしていました。声ははきはきして昔とちっとも変わらないのに、表情はとっても穏やか

R0011337s.jpg

新郎と新婦の入場。

R0011338s.jpg

牧師さんの説教や歌やで1時間の挙式は無事に終わりました。

さて、隣の部屋で茶話会があるそうです。
R0011342s.jpg

テーブルは40強。かなり沢山の人が参加しています。9割は同じ教会の仲間だと思われます。テーブルには美味しそうなホールケーキが二つずつ
これらが全て参加した仲間の手作りだと言うから驚きです

茶話会は、バイオリン、チェロ、フルートの演奏や、新郎新婦から生い立ち、信仰に至った経緯や相手のことをどう思って結婚まで至ったか、彼ら自身の言葉で語られます。
少々暗い過去やネガティブな話も皆が笑顔で、時に笑いながらきいていました。
不思議な空間です…。

でも一つ分かったのは、彼らの結婚式は決して涙や感動を演出するようなエンターテイメント性のあるものではなく、結婚というものを人々と共有し、執り行う儀式なのだってことです。

最後まで私にとっては不思議な空間でしたが、でもとても幸せに包まれたひと時でした。
秋の軽井沢は過ごしやすく、緑がきれいです。
是非皆さん、遊びに来てくださいね。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

3連休は皆さん何をしましたか。。。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
信じられない冒険が待っています。
15:22 | 異文化交流 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

長野 グリーンプラザ白馬のランチビュッフェ

ちょっとお出かけして、白馬にいってきました。
ホテルグリーンプラザ白馬の自然派ランチビュッフェが狙いです。
自家菜園で取れた野菜たちを美味しくいただくメニューと、野菜を使ったスウィーツをいただけるそうです。それは楽しみだー!!

R0011388s.jpg

白馬連邦がとても美しくてついつい見とれてしまうR148号を進んでいきます。
目的地は白馬コルチナスキー場にあります。くねくね道を進むと…。



R0011363s.jpg

どーん!!
みよこの存在感と美しい景観。。。
思わず見とれてしまいます。これを見るだけでも来たかいがありました。


R0011366s.jpg

どきどきしながらホテルの中へ。。。
ランチビュッフェは日曜日のみ。既にレストランには沢山のお客さんがランチを楽しんでいます。でも席は沢山あるから待つなんてことはなさそうです。


早速お料理取りにいきます。
野菜中心のメニューはシェフの方が考えた創作料理だったり、素材を生かしたシンプルな料理だったり。面白いです。美味しかったのは、その場で揚げてくれる天ぷらやサラダにかける手作りのドレッシングが美味しい♪
インゲンも、おかひじきも、きのこも…。

R0011369s.jpg

でも料理を敢えて控えめにしているのは…そうです。

スウィーツのためです

今回は野菜のスウィーツ。

R0011370s.jpg
ブドウとなすのコンポートに。


R0011371s.jpg
トマトとクリームチーズ。


R0011373s.jpg
私がイチバン気に入ったもの。キャベツのシュークリームです。小さく刻んだキャベツがお口の中でシャキシャキするんです♪甘くなくて、不思議なシュークリーム!


お皿にどーんととってきました。。。

R0011379s.jpg

豆乳のティラミス。
キャベツのシュークリーム。
かぼちゃのチーズケーキ。
サツマイモのガトーショコラ。
ブドウとなすのコンポート。

右のお皿は…
ニンジンのムース。
高原牛乳の濃厚プリン。
ハチミツロール。

奥にはビネガーバーで作っていただいたミックスベリー酢の炭酸割り
これまた美味しい!

どれもこれもとても美味しくて。
高原のホテルで食べる美味しいランチビュッフェは毎月テーマを変えて行われているそうです。

大満足のランチとなりました。

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

3連休は皆さん何をしましたか。。。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
信じられない冒険が待っています。
00:01 | 長野・北信地方 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

タンザニア さあ!最終目的地『キゴマ』へ…。

前回、夜中にタンザニアの内陸の街、タンガニーカに到着したTommiです。
頼みの綱は一緒に旅をしていたタンザニア人のみ…。
彼も早くゴール『キゴマ』に到着したいらしく、次の移動手段を探しています。
周囲は真っ暗…。でもなんとかなってしまうのがアフリカのすごいところ。

彼は次の村に相乗りで行くというランドクルーザーを見つけました。誰かのたびに便乗するといった形です。ここには公共の交通手段がありません。とりあえず夜通し車を飛ばして次の村にいくらしいです。もうついていくしかない。助手席と運転席の後ろがコの字型になっていて、他にはなんと10人くらいの人が乗るようで、もうぎゅうぎゅうです。。。隣の人に足は踏まれているは肩は当たるはで快適どころじゃない。。。
(あまりの状況に写真もなく…)ごめんなさい。


それにみんなの荷物もぎゅうぎゅうに詰められて、もう隣の人にもたれて寝るしかない…。人がぎゅうぎゅうすぎて窓さえ見れない。。。早く朝日を拝みたい…。
こんな思いでひたすら林の中を進むランドクルーザー。うとうとから覚めてみてもまだ周りは真っ暗です…。


こんなに長い夜も此のアフリカたびで味わったことのないものでした…。


朝6時ころ、次の街に到着しました。。。
みんなきったない格好で街をぶらぶら。当然次の交通手段を探すことになります…。

「ねぇ、次どうするの?」
彼に聞いてみると…。
「まぁ、何とかなるよ。その前にどこかでシャワー浴びさせて

シャワーねぇ。。。シャワー浴びたって次の旅したらまたきったなくなるのに…。

アフリカ人ってことこんきれい好き
これは全アフリカ共通ですね。

私はきったないままで次の交通手段が決まるのを待ちます…(笑)。

RIMG2069s.jpg

村の市場を見たり、うろうろすること数時間。
最終目的地『キゴマ』に郵便物を取りにいくというランドクルーザーを発見しました。

とりあえず交通手段は確保…。ほっ…。良かった。

その様子は以前記事にしたことがありました。見てくださいね!!

両手両足を踏ん張っていないと車から吹っ飛ばされるほどのスピードと悪路を約8時間くらい進みます。
空は突き抜けるような青空と白い雲。
大地には緑と赤い土。

あぁ、私はアフリカにいるんだなーと感じます。
タンザニアの野生動物を見に行かなくても、キリマンジャロを見に行かなくても、ここはアフリカです。地元の人たちにまみれて、このランドクルーザーの上で手足を踏ん張っている私の方がよっぽどアフリカを感じていることでしょう。。。


RIMG2088s.jpg

同じ旅人は、荷物置き場で昼寝をしたり、私の隣で話をしたり、数人のタンザニア人とキゴマでの悪路を共にしました。私はあまりに気持ちが良くて、この気持ちをいつまでも感じていたくて、ずっと景色を見ていました。。。

RIMG2092s.jpg

遂に激動のタンザニアたびは最終目的地『キゴマ』に到着です。
久しぶりのベッドで、ゆっくり眠れそうです…。


RIMG2105s.jpg

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

キゴマのあとは再びフランス語圏にいきたくて。。。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
信じられない冒険が待っています。
09:27 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

タンザニア 西部をバスで移動する。 国境からキゴマへ

タンザニアに入国したTommiです。
目的地は『キゴマ』と言う場所に決めたのですが、さてどうやっていったらいいんだろう(笑)
情報が何もないまま、ザンビアのムプルングで出会った同じくキゴマにいくというタンザニア男性と旅を共にすることになります。。。

「まぁ、なんとかなるだろう」ポジティブシンキングにもほどがあります…。

地図でみてみると、

260px-Tz-map.png

タンザニアにザンビアから入ると、普通は「Mbeyaムベヤ」と言う場所から、インド洋沿い首都の「ダルエスサラーム」へ向かい、「ザンジバル」や「キリマンジャロ」などへ向かう人が殆ど。

え?私?タンガニーカ湖が忘れられず、西側のタンガニーカ湖沿いを北上することに。
ひとまず国境からは『Sunbawangaスンバワンガ』という街行きのバスに乗ることにしました。。。

RIMG2085s.jpg

朝5時に出発し、夕方前には目的地に着く予定だと言うバス。
日本の観光バスと同じ大きさのバスが、こんなぼっこぼこの道路を信じられないスピードでぶっ飛ばしていきます

すきま風が入ってくるので快適ですが(笑)。。。


順調に飛ばしていたバス、10時ごろある橋の真ん中で止まってしまいました。前には数台の車が止まっています。
興味津々のタンザニア人、次々とバスから降りて何が起きているのか見に行きます。
そしてそれは『事故』でした…。
事故の様子は機会があったら話すとして、橋をすべて覆ってしまっているために動けず、目的地までの迂回路もない。。。事故の状態は「絶対に動かしちゃいけない!!」とタンザニア人…。

いつ来るかわからない警察をそこで待つことになりました…。


RIMG2077s.jpg

ぼろぼろのTommiセカンドバッグからノートを取り出し、たびの記憶を記録してみたり…。

次に行く国のためにフランス語の教科書を広げてみたり…。

外にでて、事故に群がるひとびとの様子を観察したり…。

ボーっと端から見える広い川と空を眺めてみたり…。

RIMG2073s.jpg

あ。みてみて!

洗濯してる♪


RIMG2074s.jpg


そんなことをしても、一向に事故処理は進みそうになく…(涙)。
アフリカのような大きな心を持ち始めていた私もさすがにめげてしまいました…。

……








結局、道路が開通し、バスが動き始めたのは夕方の5時でした。


お腹も減って、ちょっと疲れてしまったが、さらにバスがスンバワンガ、目的地に着いたのは、夜の10時でした。。。

どうしよう…。

次の行き先もわからず、夜中に知らない街にポツン…。
私に残されたのは、一緒に旅をしていた相棒のタンザニア人です。

彼だってどうにかしたいはず。

夜中の知らない街でわたくし、どうなるのでしょうか…。
次回に続きたいと思います。。。



ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

Tommiのたびのなかでももっとも過酷だったパートに突入していきます。
私って本当に女?!と言わんばかりのたび報告、お伝えしていきます。
地図にはない街をひたすら進んでいきます(涙)。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
信じられない冒険が待っています。
続きを読む
17:56 | 東アフリカEast 諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

タンガニーカ湖を北上する。ザンビアヵらタンザニアへ

いつも日にちをあけてすみません…。

早速ザンビアの国境越えについてお話したいと思います。
無事にザンビアの国境の街『ムプルング』へ到着した私。

街のはずれにあるタンガニーカ湖の船着場に行ってみます…。
歩くこと15分。ちょっと寂しい船着場…。船も誰もいません
ぐるぐる回れど誰もいない…。船もいないし、今すぐ出港することはないだろう…。と思いながらも事務所らしき場所をひたすら回る私。
ようやくおじさんと接触成功。

「タンガニーカ湖からタンザニア行きの船はいつ出ますか?」


そしたらおじさん。。。



いつ来るかわからないけど、、、」
「昨日出航したばっかりだから、来週くらいだと思うよ。」



……来週??
と言うことは、私の夢の船のりは限りなく不可能に近いのか。。。
いくらアフリカ時間と言っても、Tommiには一週間の足止めは長すぎる…。


一応、いろんな事務所を回ってみますが、どこも同じような意見。。。

来週までその街で船を待つことも可能ですが。いつ来るかわからない船をひたすら待つまでの余裕は私にはなかった…。


残念…ここからの船移動は諦めました。。。
さて、次はタンザニアを陸路で移動する方法を考えないといけません…。ここまで遠回りをしているので、そんなバスはあるのだろうか…。

ひたすら街の人から情報収集をし、どうやらタンザニアの国境行きバスがあるらしい…。(でもどこのタンザニア国境に着くか見当もつかない…)

そこを信じて次の日の早朝バスを待つことにしました。
一緒の宿だったタンザニア人の男性も同じルートで旅をすることになりました。

ここからは本当に自分では未知のルートとなるので、地元の人とたびが出来るのは本当に心強いです

次の最終目的地はタンザニアの『キゴマ』と言う街になりました。

何もないちょっと寂しい国境の町をふらふらし、ちょっとさみしぃ安宿で青空沐浴をし(水はモチロン雨水をためたドラム缶から…)
次の日に備えます…。


いったんタンガニーカ湖とはお別れ…これからはタンガニーカ湖沿いを旅するルートの予定なので、いつかタンガニーカ湖と再会できることを願って…。

Carte_du_lac_Tanganyika_EG.gif

上がタンガニーカ湖。
この一番したから何日かかけてイチバン上のほうに向かう予定だったんですね…。


さて!次の日、5時出発の国境行きのバスは、10数人をのせ、これって道????と言うようなでこぼこをひたすら進んでいきます。確かに国境沿いっぽいけど…。


お昼過ぎにタンザニアとの国境の街に到着。。。
トラック、車、行きかう人々、国境の街って感じです…。

ビザUS20ドルを払い、ビザを国境でゲット。

次の日までバスは出ないそうなので、その街に宿泊することになりました。

RIMG2063s.jpg

宿の主人。一泊1500円くらい。



RIMG2066s.jpg

宿の前の国境メイン道路。がやがやです

さて、私のアフリカ旅。どうなってくるのでしょうか。。。

ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

Tommiのたびのなかでも過酷だったパートに突入していきます。
私って本当に女?!と言わんばかりのたび報告、お伝えしていきます。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
07:27 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

船でアフリカを渡りたい。。。 ザンビアからタンザニアへ Tommiディープな路線へ

活発に日本を歩き回っていた今年の夏、Tommiは、すっかりアフリカたび更新を怠っておりました。
反省…

今までのTommiは西アフリカから南アフリカへ、そして北上をし、現在『ザンビア』と言う国の報告でした。


ザンビアの後は、北へ北へ。
向かうとすると、普通バックパッカーは、タンザニアの首都を目指し、東海岸のほうへ向かっていきます。行きかたは電車やバス。

しかし、私はとことんディープな路線を行ってみようと、内陸部、西側へ向かってみることにしました。地図で見えますか?向かうはコンゴとタンザニアの国境にあるタンガニーカ湖

首都ルサカから16時間かけてタンガニーカ湖畔の街、『ムプルング』を目指します。ここから船!!にのってタンガニーカ湖を北上したい!!(出来るかどうかは別として。。。)そんな思いで北上することにしました。
出発は午後。ムプルングには次の日の早朝に到着する予定です。まぁ1.5倍の時間がかかることは覚悟の上です。

260px-Za-map.png

さて、乗り込むといつもの通り首都で買い物をした人々がものすごい荷物を積んで乗り込んできます。幸い私の選んだバスは指定席(約3000円)だったので、隣にビッグなマダムが座らない限り、快適です。おまけに今回はひ弱な女の子(笑)をかわいそうに思ったのか、席を決めている男性の一存で私は窓側の前方の席をいただくことが出来ました。隣にはコンゴ出身の男性。数十時間のバスのたびは、何とか快適に過ごせそうです。

窓にはアフリカらしい景色が広がります。
ザンビア周辺は赤い土に緑の大地、肥沃な大地です。


RIMG2050s.jpg

バスは猛スピードでヒッチハイクにも見向きもせず、目的地へ向かっています。


RIMG2052s.jpg

夕焼けです。
途中でトイレ休憩があるのですが、このときは意外とTommiの尿意は落ち着いていて、トイレに行かなくてもすんだりします。なんて便利な体かしら


次の日、起きてみると、既に景色は変わって、赤い大地がむき出しになっています。

RIMG2055s.jpg

地方に向かっています。お子たちが裸で遊んでいます。通り過ぎるバスを珍しそうに眺めながら…。


RIMG2060s.jpg

山がなくなり、景色がさらに変わってきました。
もうすぐ国境、タンガニーカ湖に近いんだという感じが伝わってきます。
アフリカの過酷な陸移動は続きます。


朝8時。国境の街、ムプルングに到着です。
さて。。。
Tommiは、無事タンザニア行きの船をゲットすることが出来るのでしょうか…。
次回に続きます…。


ブログランキングに参加しています

たび情報満載~♪
カリブ、北海道、アフリカ中心にたび情報載せてます。
Could you click the buttons below to cheer me up:-a
面白い!と思ったら一日一回クリックしてもらえると嬉しいです!Tommi がんばるぞ!
にほんブログ村 旅行ブログへ

Tommiのたびのなかでも過酷だったパートに突入していきます。
私って本当に女?!と言わんばかりのたび報告、お伝えしていきます。

fc2ranking

コメントなくても、是非、拍手ください。嬉しいです!!
16:32 | アフリカ旅:国境越え、ビザ情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑