東京 安宿情報『荻窪温泉なごみの湯』

グ秋休みが終わり、学校が始まる初日、何と暴風警報で、私の住む地域の最大瞬間風速が40キロ以上という驚異的な大荒れの天気となっています。。(涙)
本当にスゴい嵐だったので、また次回にお伝えしたいと思います。

今日は東京でお勧めの安宿情報です。
都心(新宿)でとにかく安く泊まりたい場合の
グリーンプラザ新宿
ルビーパレス新宿

安宿街北千住のお勧め宿
ホテル丸忠CLASSICO


山の手圏内で大浴場付きのお勧め安宿
人形町ホテル住庄

今回は、地下鉄で行ける圏内の安宿。

旅にでて、やっぱり日本をの良さを再認識して、空港に戻ってきます。
真っ直ぐ家に戻るのもよし、またここで休憩して帰るのもよしです。

『荻窪温泉 なごみの湯』

ここは丸ノ内線の終点駅『荻窪』から徒歩数分
ホテルではなく、健康ランドです♪
ここのお勧めは
アカスリ〜!!

P1012709.jpg



旅にでて、日本のいろんなところが恋しくなりますが、
お風呂に思いっきりはいりたーい!
思いっきりごしごししたい!!

と私は思うのです(笑)

ここのアカスリ、ちょっと強くて、でもサイコーーー!!に気持ちいい!!!
セントルシアに行っていた2年間終わって,日本に帰ったときに、ここに直行しました

3000円位で泊まることができます。
そして、食事のついたセットもあり,お得に宿泊することができます。

東京滞在のお勧め宿泊施設です。
ちなみに個人的には、アカスリをしてもらったときは、頭皮マッサージ&シャンプーもしてもらいます。
人間の皮は一枚ですから、体だけじゃなく,さっぱり、綺麗になりたいときは、頭部も一緒にお手入れしてもらうのが最高にきもちいです!皆さんも覚えていたら是非♪

追伸:
秋深まってきました。
秋と言えば。。。スウィートポテト!
日本一のスウィートポテトといったら、そう!


R0023166.jpg

北海道帯広『クランベリー』のスウィートポテトです♪
にたようなものはありますが、ここの味にはかなわない!!



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
冬用の洋服、ブーツゲット!
スポンサーサイト
18:16 | 宿、宿代わり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私のたびに影響を及ぼした思い出⑧ セントルシア生活

ただいまオランダは、『秋休み』の真っ最中。
9月に新学期が始まったばかり。。。なんて思っていたのに,国中バケーションモードです。
街には移動遊園地も来ていたり、イベントが行われたり,お休み大好きのオランダ人。。。

オランダは、普段は節約して、バケーションにはどん!!っとお金を使う。という人が多いです。
バケーションは、南の島にいって、思いっきり日焼けしてくる人も多く,
休み明けは、必ず「どこに行ったの?」という、必ずどこかに行ったという前提の会話から始まります。。。

まとまった休みがあると、私もふらっと旅に出ることがありました。
昔は、時間があればあるほどいろんな場所を巡る、移動距離の長い旅が多かったのですが、セントルシアという環境が、私のたびの概念を大きく変えてくれました。


SANY0018.jpg

セントルシアは、カリブ海に浮かぶ小さな島。そこに2年間住んでいました。
日本のように、ものが溢れ,便利すぎる環境に慣れていた私は、セントルシアの小ささに驚き,やることがない。。。とはじめのうちは嘆いたものでした。


でも、地元の人を見ていると,セントルシアの自然を楽しみ,時間を気にせず、ただありのままに過ごす。。。という生活をしていることに気づき、時間があるから何かしなきゃ。。。と思っていた自分の考えを変えてみることにしました。
天気がよければ、海まで散歩して泳いでみる。
雨が降ったら家で読みたかった本を読んだり、勉強する。
時間があるときは、寄り道して、地元の人たちとおしゃべりを楽しむ。


P1012547.jpg

自然そのものを楽しむこと,時間を気にせず、ゆっくり過ごしてみること。
当たり前のことですが、「何かしなきゃ」と思っていた私にとっては、大きな変化でした。


P1013537.jpg

のんびり景色を眺めながら、ビールを飲むことも〜。
読みたかった本を片っ端から読んで、お腹が空いたら地元の食堂へご飯を食べにいく。
自分で挑戦したかった料理にチャレンジすることも、セントルシアが教えてくれました。


P1013825.jpg

セントルシアの家は、山の上にあり、山と海の眺めが良かったので,友人をよんで、のんびりおしゃべり。。。なんてことも。


P1012595.jpg

セントルシアは、観光に力を入れて、今までののんびりした姿が変わりつつあると言われていますが、まだまだ夜には蛍が一面に舞う姿を見れる位綺麗な、のんびりした国。

旅をしたときは、急がずのんびりも必要。
できるだけ日本人のいない場所へ行きたい。
普段の忙しさから解放されて、日本という情報に溢れた世界から解放されて、ふと自分のことを考え直すことができるようになった。
一番大きいのは、苦手だった海が、島国が好きになった。
やったこともなかった料理や編み物をすることが楽しくなった。

自分の価値観を大きく変えてくれた『セントルシア』という国での生活でした


P1020588.jpg
オランダでよく見る風景。
バケーション期間が始まると、自家用船で旅する人が増え,道路が一時閉鎖されます。
道路を開けて、船が通る。
それをのんびり待つ。
オランダのよく見かける風景です。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
木々の葉っぱがほとんど落ち,冬を迎えようとしています。。。
17:45 | 旅行の影響力 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

バックパッカー 女性の一人旅は危険か?

アフリカ1周の旅の話をすると、絶対に聞かれることがあります。

『女性一人で旅をするなんて、危険じゃないの?』

うん。確かに危険だと思います。
でも、それは、日本を旅しても一緒。世界中どこを旅しても一緒です。
幸い私は自分の命に関わる出来事はこのたびの中ではありませんでした。

言えることは

女性一人ということより、お金を持っているような身なり、人より目立つ仕草、曖昧な態度をしていると絶対に狙われる

ということです。

RIMG2279.jpg
ケニアーエチオピア 国境の街。
国境の街は、何か不思議な雰囲気が合って、最果てにも関わらず、人が行き交って、にぎわっています。
旅の中でも,とっても面白い場所であり、危険な場所の一つです。

どんな場所が危ないか?

一番危ないのは『バスターミナル』だと思います。

バスやタクシーなどで移動して、その街に入るとき,バスターミナルにつくまでに、
その街はどんな雰囲気なのか、
人々はどんな感じか、
バスターミナルに、客引きのおっちゃんのような人たちがたむろして、バスが到着するたびにバスに群がっていないか。

移動している最中に見極めることが大切です。
バックパッカーをしている人なら分かると思いますが、わざと客引きに引っかかることもあります。
その街で事前に宿を見つけていなかった場合などです。
客引きの方が、地元の安宿をよく知っています。

その場合は,
無理矢理連れて行こうとしない人、
立ち止まって、紳士に(淑女に)しっかり話をしてくれる人、
事前にお金の交渉をすること、

こんなことが大事になってきます。
(なれると客引きとの交渉も楽しくなります笑)

私的な結論を言うと
一人旅は危険ではない
それよりも,複数の日本人で旅をし、通じないだろうと思って、日本語でべちゃくちゃお喋りしながら旅をしている人たちの方が、よっぽど目立って、狙われます。自分たちは、外国人です!と主張しているようなもんですから。
女性だからといって危険とは限らない
女性であることで、助けてくれる人の方が沢山います。男性は、強いから大丈夫だろう。。。と思われることもしばしば。私は女性の一人旅は得だなー。と思いました(笑)

RIMG0637.jpg
セネガルのミニバス
こんな移動手段に慣れてしまえば、地元を最も感じられる瞬間です。

あとは、『体調管理』です。

アフリカのようなハードな環境をマニアックに回ろうとすると、体調を崩すこともしばしば。
日本から整腸剤や解熱剤、鎮痛剤など持っていくことをお勧めしますが、その土地で体調を崩した時は、そのときの薬でしか治らないこともあります。大事なのは、宿の人と仲良くなっておくこと。
何かあったら、病院を紹介してもらわなければなりません。
もう一つは、気を張って旅をすること!
崩してしまったらどうすることもできないので,地元の人に病院を紹介してもらうしかありません。


私のアフリカ旅で、2回体調を崩したことがありました。

RIMG1092.jpg
ブルキナファソの滞在した宿。
季節によりますが、外に蚊帳を張って寝る。なんてこともざらでした。

1回目:
体調を崩したのは、ブルキナファソからガーナにほぼ24時間かけて移動し、ガーナの首都『アクラ』に到着したときでした。立っていられないような怠さと、熱感になんとなく、これはおかしいな。。。と気づきました。

幸い、そのときは、友人が首都の大学病院に勤務していたため、そこの救急外来を受診し、点滴を打ってもらいました。どこが悪かったかは分かりません。でも、長期間の移動による疲労と、移動中はトイレに行きたくない為に、水分を控えめにした結果だと思います。

友人の家に2週間近く滞在し、体調を万全にして、次の目的地に向かうことができました。

2回目:
アフリカ最終目的地、エチオピアでのことです。
エチオピアに入国したときから、しつこい客引きやアジア人を差別するような声かけなどで、ちょっとエチオピアに苦手意識をもつようになっていました。
客引きについていった宿もあまりいい環境ではなく,けんかして自力で宿を探し、食事も私の好みではなく,ちょっと精神的に参っていたときです。

今まで経験したことのない下痢に襲われました。。。
一晩中眠れないくらいです。
歩いても,寝ていても,水分をとっても止まりません。。。

自分の体がどうなっちゃったんだろう。。。と思う位ひどい状態でした。
数日かけてエチオピアの首都『アディス・アババ』に到着し、早めに出国しよう。。。と決め、

エチオピアを出国し、飛行機でスイス、ジュネーブに到着した途端、、、

下痢がぴたっ。。。と止まったのです(驚)


このときに,自分の気持ちや精神的な安定が、どれだけ体調に影響するのか身をもって感じたのでした。

RIMG2371.jpg
ケニア北部の村にて
野生のダチョウが迷い込んだ〜。と村人が楽しんでいました(笑)

幸い、私はマラリアやデングどにかかることはありませんでした。
冒険家の本などを読むと、決まってマラリアにかかって生死を彷徨った。。。という話を聞きます。

出国前にマラリアの注射をしますが、マラリアには沢山の種類があって、予防接種が必ず聞くとは限らない。
無駄に肌を露出しない
必ず蚊帳で寝る。

などで、自分を守ることが大事だと思います。
旅の途中で体調を崩す、何か危ない目に遭う、ということは、何らかの警告だと思っています。

これから旅をする人が少しでも参考になりますように。。。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
木々の葉っぱがほとんど落ち,冬を迎えようとしています。。。
17:14 | 世界旅行への準備 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ロッテルダム『Wereld Museumワールドミュージアム MANGA展』

先日、オランダ第2の都市『ロッテルダム』に行ってきました〜。

お出かけ大好き=私
マンガ、アニメ、デザイン大好き=旦那

ということで、マンガ展をやっていると聞きつけた私たちは、ロッテルダムへー!

今回は公共交通手段を利用。
週末に使える一日フリー切符を事前に購入しておきました。


R1021894.jpg

普段一日フリー乗車券は50ユーロ近くするのですが、
事前に季節限定で売られる(それも、ドラッグストアやスーパー、カフェで販売される)激安乗車券をゲットするのがお得です。
一人、約14ユーロ。かなりお得♪

R1021892.jpg

週末は、電車もガラガラ〜。
何度か乗り換えをしてロッテルダムへ。

R1021899.jpg
(乗り換えの途中で、フランス、パリ行きの特急列車を発見♪いいな〜)


ロッテルダムは、アムステルダムと比して、超近代的!
現在も開発が進んでおり,アムステルダムは昔の姿を残そうと努力していますが,ロッテルダムは新しい,残心的なものをどんどん取り入れていこう。のような、対照的な街です。


R1021945.jpg

まだ、工事中の中央駅。
私が4年前に来たときは,なーーーんにもなかったのに,ずいぶん変わりました。そして綺麗。。。


トラムに乗って目的地へ向かいます。

R1021903.jpg

工事中の為,案内通りにはトラムは動いておらず、何度か乗り換えをしなければなりません。
道を探すのは、私の得意技ー♪


R1021906.jpg

トラムで約15分、トラム7番の最終目的地で下車します。

R1021910.jpg

なんとも近代的なビルを横に見ながら、到着です。

R1021916.jpg

『Wereld Museum』
建物がとってもステキー。
ミュージアムカードを持っていると、入場料が無料です♪

海外の人が、漫画、や日本の文化を表現するとどのようになるのか。
どのように日本の文化を発信しようとするのか。とっても興味があります。
私たちが思いもよらない方向から、日本の文化を、漫画文化を表現するからです。


今回もまず入ってびっくり!

R1021922.jpg
分かりますか?
『閻魔大王』です。。。

そして?

R1021927.jpg
分かりますか?
『風神、雷神』です。

漫画の文化は、葛飾北斎から始まっていて、葛飾北斎が残した書物の中には、沢山の鬼や神様、妖怪がイラストで残されているそうです。
そこから、日本の漫画の中には、少なからず、日本で話されている神様や妖怪の存在があって、ドラゴンボールやストリートファイターのキャラクターなど、日本の鬼,妖怪、神。からキャラクターやストーリーが出来上がっている。ということでした。ほー。。。。


現在のかわいらしいキャラクターの漫画の中にも、なにかドロドロしたものが隠れていたり、かわいい主人公が実は恐ろしい一面を持っている。。。なんていうのも、この日本の思想が影響していると言われています。


ふーーーーん

『漫画』という世界を、宗教的、日本人の思想などから説明していくとは思いませんでした。おもしろい。。。

他にも,鬼の模型や、仁王(あ、うんの呼吸のお寺の前でお寺を守ってる二人)など、飾られていました。



後半は、今活躍する漫画の画家さんの作品などが飾られていたり、
漫画の世界と現実の世界の境目をなくすようなコスプレをしていたり,
海外で活躍する日本人漫画家さんたちの紹介などがありました。


R1021933.jpg

私の旦那も、知らない画家さんばかり。。。
でも、絵がスゴく綺麗で、うっとりしちゃいます。さすが日本が誇る漫画文化!

その中でも、私が一番好きだったのは?
これ!

R1021934.jpg

『加藤アカツキさん』という方の作品です。
どの作品にも自転車が組み込まれていて,この主人公の女の子はイギリス在住。
イギリスの自転車と言えば。そう!!


R1021936.jpg

『BROMPTON』です!!
私の愛車ブロンプトンが忠実に再現されて作品になっていました。
かわいぃ〜♪

その他の作品もとっても素敵でほれぼれします。。。


思っていたイメージとかなり違った展示でしたが、海外の人がこういう目線で漫画文化を表現しているのかー。というのがとても面白かったです。
漫画文化が葛飾北斎から来ている。というのも、はじめて知りましたし。。。


最後に、お土産コーナーは、日本のもの、アジアのもの,いっぱいおかれていて、子供用、大人用の着物も売られていたのですが、かなりの頻度で皆さん購入されていきます。。。
こういう、海外のひとって、着物を壁に飾る人が多いんですよね。家が広いので,着物を飾っても余裕がある!


そして見つけたびっくりなもの。。。それは。





R1021941.jpg

『お仏壇』

説明書きもなく、置かれているお仏壇。。。
どのように理解するんだろう。。。謎。
でも、キラキラしたもの,何か特別なもの。。。というのは見ても伝わるのか,沢山の人が見ていきます。


そして気になるお値段は???


R1021942.jpg

約20万円といったところでしょうか(驚)

誰かのオランダ人の家にいったとき,突如,お仏壇が飾られていたら、私、ショックだろうな。。。
でも、日本にいたとき,遊びにきた外国人さんたちは、みんなお仏壇に興味津々でした。
こういったもの、日本の文化,海外で注目されていますよー!!

意外な発見をした美術館巡りでした。
検索すると、日本関連の展示会がいろいろありそうなので,また機会があったら行ってみたいと思います




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
20:53 | オランダ:その他の街 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アムステルダム『Singel Bloemen Markt』シンゲルの花市場で球根探索

毎日雨の日が続いています。
アムステルダムに出かけました。そこで、行きたかった場所へ〜。

今回の目的は??これ!

R0029004.jpg



秋植え球根をゲットすること!

今年チューリップ畑で育った新物の球根が市場に出始めました。
ぷりっぷりで新鮮なチューリップを来春に咲かせたく、意気込んで参上です

もともと花超初心者の私。
どのお花が球根で咲くのか、種で咲くのか、どうなのか全く分かりませんでした。

市場に行くと,いろんなお花の球根があったので,とっても勉強になります。
オランダは、本当にたくさんの種類のお花が咲き乱れる、お花好きにはたまらない場所。
そして、なにより安い(笑)


R0029001.jpg
(画像見ても覚えていないのもありますが。)
アマリリス?だったと思います。(間違えてたら教えてください。。。)


R0029002.jpg

球根って、球根の形しているのかとおもいきや。そうでもないんですね。
どうやって植えるのか興味津々ですが!


R0029003.jpg

咲いたときに、ボールのように花がまとまる、アリウムのようなお花。
魅力的ですが、背丈が高いと、我が家では風で倒れてしまうので選べない(涙)


R0029006.jpg

お店ごとにいろいろな球根が揃えてあって、見ているだけで楽しいし,勉強になります。
シクラメンとか、赤血球みたいな形の球根でした。おどろき!


R0029008.jpg

日本のお庭ではなかなか見かけないこのような背丈の高いお花も、こっちのお庭ではなぜか合ってしまう。

さて、今回の私のお目当ては。。。


R1021833.jpg
一つ目はチューリップです♪
お庭作り2年目に向けて、球根ものを植えてみたい。
これが私の目標。
オランダ=チューリップという方程式に乗ってみたいと思います♪

我が家は海沿いで、年中突風が吹くので,背丈の高い花は、倒れてしまいます。なので、
チューリップもできるだけ低めのものを選ばないといけません。。。

今回購入したのは、赤と白のストライプとぷっっくりかわいいピンクのチューリップ(どちらも背丈30センチ以下)を購入。背丈が低いのは、原種ものが多いんですね。

あとは、勢いで、
『チューリップ100球 赤,ピンク、淡い色系』を購入してしまいました。
だって、約700円ですよ(笑)
花壇に密集させたらいいなー。と思いを馳せます

後もう一つ!

R1021830.jpg
『オランダアイリス』です。
アヤメとか、ジャーマンアイリスとか日本では有名ですが、
オランダアイリスは『球根』なのです。

前述のそられより、こぶりで育てやすいとのこと。
ちょっと日本らしいかな?という思いを込めて購入!楽しみです!


さて、チューリップは本当にいろんな種類があります。
「こんなの写真のように育つの??」という位(笑)


R1021831.jpg

ひときわ目を引くのが、『フリフリ、フリル系』です。
こんなかわいいのが育ったら、感動だろうなー。。。と思いながら、
我が家には背丈が高すぎる。。。と諦める私。(というより、育てるのに自信がないと言うのが正しいかな)

そのなかで、面白いチューリップ発見!


R1021834.jpg
赤い根元に白い花先。
その名も『アイスクリーム

かわいいーーー!!
衝動買いしておけばよかったー(笑)


R0029009.jpg

日本への持ち込みも99個までオッケイ♪というルールがあるそうです。
日本の皆様。興味のある人は、チューリップ送りますよー!
かなり安くお買い物ができて、大満足の一日でした。



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
17:44 | オランダ:アムステルダム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

毎週金曜日はマーケットの日!in Leeuwarden

オランダのスーパーでは何でも買えますが、新鮮な食材を買うならやはりマーケットです。オランダ人もマーケットで大量に食材を購入していく人がいっぱい!
あと、スーパーで魚を売っているところが余りありません。。。なので、魚を食べたかったら、マーケットへ行くのです。

我が州都『レーワールデン』のマーケットは毎週金曜日。
行けるときは行けるようにしています。
毎回行ったときに,どんな食材が旬なのか見るのも楽しいですからね!

P1020554.jpg

メインストリートには、毎週金曜日になると、いつも以上の自転車が並びます。
金曜日にかけて、買い物にやって来る人が沢山!

P1020558.jpg
ちょっと前の写真なので,半袖ですが。。。(汗)
この野菜屋さんは、いつも大盛況!
日本の八百屋さんのような威勢の良さ!
積極的に試食もさせてくれて、野菜,果物の旬がここに来ると分かります。
なので、買うものを決めてなくても,旬の果物など,ここで買うようにしています♪

このときは?


P1020555.jpg
『メロン2個で1.5ユーロ!』
フリースラントは田舎なので,家も広く,ストックルームが広いので,みんな箱でがんがん買っていきます。

P1020562.jpg

紅茶屋さんとスパイス屋さん。
ここも大盛況!
他には、漬け物屋さんとか(オリーブの漬け物!)も大人気。


P1020572.jpg

スナックとナッツ屋さん。
ここも大人気。そして私も大好き!
ナッツやドライフルーツのミックスなど、量り売りで買うことができます。
面白いのが、意外とスナックの中には日本の『おかき』のようなものもあります。
『Japanese snack』といって売られているものも。
(人気なのは、わさびパウダーが表面にかけられているおかき!)

P1020561.jpg

パン屋さんもかかせません。
どこのパン屋さんも簡易のオーブンをマーケットに持っていって、そこで焼きたてを買える。。。なんてこともあります。
総菜パン(甘いものが主)やケーキ、食パン、産地特有のパンなど何でも手に入ります。
(こっちの人は、ずっしりしたブラウンパンを選びます。白くてふわふわのパンは、ハンバーガーを作るとき位かも。好まれるのは)


P1020563.jpg

そして、チーズ屋さんです〜。
オランダ人はチーズ大好き♪
パンにチーズとハムを挟めばもう立派なお昼ご飯!という位チーズはかかせません。

日本では余りお見かけしないブロックでチーズを購入します。
日本のような切れているチーズよりも、ずっと使い勝手がいいのです。
試食も楽しみの一つ♪


そして大事なのが?

P1020575.jpg

『お花や』さんです。
切り花、ブーケ、鉢の花、何でも手に入ります。
ここに行くと、どんな花が旬なのか、すぐに分かります。そして、旬の花がとっても安くまとめて買うことができます。9月直前の写真です。
この日も、いっぱいお買い得なお花を購入し、早速家に植えましたよ♪

ちょっと魚屋さんに立ち寄って。。。


P1020559.jpg

白身魚の唐揚げ『キブリング』をつまむのがオランダ人流♪
大人気なので常に揚げたて!!とってもおいしいです。
オランダに来て、日常的に魚を食べなくなりました。。。
魚が手に入るのは、マーケットだけだし、サケとかも日本では気軽に食べれるけど,こっちは意外と高い。
日本では今さんま食べれるのかなー?
なんてふと日本の魚料理がこいしくなる私です。

ちなみに今回の戦利品は?


R1021641.jpg
はねだし品の赤パプリカ』袋にどっさり入って200円でした〜!!



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
19:12 | オランダ:フリースラント | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フローニンゲンの名産品『マスタード』工場へ♪

我が家から車で約30分、お隣のフローニンゲン州の『アブラハムマスタード工場』へ行ってきました。

R1021772.jpg
Abraham's Musterd Fabrik

見た目は、ここでいいの???というような建物。
フローニンゲンの北にある小さな街の中にあります。日本のような工場見学をイメージするというよりも、小さな街の工場に遊びにいった感じ
他にお客さんはいなくて、スタッフの人が私たちが中に入って来るのを、入り口でニコニコ見ていました(笑)

入場料は2ユーロ
スタッフの人が、マスタードについて説明してくれます。

R0029522.jpg

そもそも、何故『マスタード』なのか?
むかし、フローニンゲンは環境的に非常に厳しく,農業もできない状況で、貧乏な州だったそうです。そこで、インドや中国から輸入したマスタードの種を使って,マスタードを作ることが唯一できることだったとか。
今では,北の都として栄え、北海沿いに地下油田も見つかって、かなり潤った州なんですけど。

写真は『マスタードスープ』フローニンゲンの名産品です。

R0029524.jpg

イメージするよりとってもマイルドで、食べやすい。
寒い日に体を温めてくれるおいしいスープです。(食べ過ぎると胃がもたれますが。。。)
他にも,オランダ人はコロッケにマスタードをつけて食べるので,マスタードはオランダ人の食卓に欠かせない調味料なのです。

R1021763.jpg

工場の中はレトロで、置いてある機械もねんきを感じます。。。
アルコールやビネガーを蒸留して上から下へ流していきます。

マスタードの種をすり鉢で細かくし、
他の調味料と混ぜ、塩を加えていきます。

R1021769.jpg

貸し切り状態の工場で、私たちの為に一生懸命説明してくれるおじさん。
味がある。。。(笑)


工場の機械はレトロで、石臼やベルトコンベアーなど、町の工場みたいで、親しみがもてます。
説明はオランダ語のみなので、残念でしたが、旦那は大満足の様子。
さて、併設のレストランでマスタードスープを飲もうと思いましたが、夏のシーズンしかやっていないようで、売店でマスタードを買って帰ってきました。
もちろん、今晩のメニューはオランダコロッケ♪


R1021804.jpg

選んだのは『ハニーマスタード』柔らかい味でほのかに甘い。。。

R1021800.jpg

ラベルとかもかわいい♪そして工場価格!250グラムで手作りで300円しないのが嬉しい♪

そしてコロッケに〜

R1021803.jpg
試食したときに、あまりにも美味しくて、コロッケにもたっぷり!
変な苦みなく,とってもおいしいマスタードでした。
オランダのマスタードと言えばフローニンゲン!
楽しい工場見学でした。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
21:08 | オランダ:フローニンゲン | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フローニンゲン『Verhildersum』家とお庭公開満喫

秋晴れのお休みにちょっとお出かけしました

出かけたのはお隣の州『フローニンゲン』なぜか旦那も私も大好きな州です。

R1021715.jpg

行ってきたのは『Verhindersum』という場所。
オランダでは、大きなお屋敷を持つ家族は、一般の人にお庭や家を公開していることが多く,ここフローニンゲン州にも沢山のお屋敷が一般に家を開放しています。

ここはそのうちの一つ。
入場料は併設の美術館の観覧料込みで6ユーロ(ミュージアムカードを持っていると無料です♪)

ちなみに併設の美術館は、この地域の絵画クラブ?の皆さんの作品が飾られていました。色々な作品があって、なかなか面白い!小さい規模ですが、見た甲斐がありました♪

R1021718.jpg
行った割には、余り写真を撮ってこなかったのですが、この日はとてもいい天気で、凛とした雰囲気が伝わって来るような風景。母屋は池に囲まれています。そこを取り囲むように木々が茂り、いくつかは紅葉して、池に写り、本当に綺麗でした。

R1021721.jpg

秋に咲いたバラがあちらこちらに。トーーってもいい匂い!
クレマチスとバラの街道が続きます。
その中にぽつんとティールームがあったり。。。ステキ!


R1021723.jpg

お庭も綺麗に手入れされていて、
この植木に生クリームを塗って、ウェディングケーキにしたい(笑)

余り写真を撮ってこなかったのが残念!久しぶりに見応えのある素晴らしいお庭でした。

母屋の中は、昔のオランダ人の裕福な暮らしを再現してあり、とてもステキ。。。

R1021738.jpg

女の子のお部屋。まるで映画の世界みたい!
コルセットやドレスもあり、お茶のセットやかわいい陶器。。。
見応えがあります。


R1021745.jpg

家族でゆっくりくつろぐお部屋。
中心の青いシャンデリアがとっても素敵でした。。。
家具も、洋服も、布も、綺麗に飾ってあって、どの部屋も個性があって楽しい。

他にも台所やストックルーム,
男性の為のタバコの部屋
それを待つ女性専用のお茶の部屋
ここで働く人たちの家々など、

ヨーロッパには、立派な美術館や豪華な建物を見る機会が多いですが、
こういうある家族のお屋敷って、生活感とゴージャス感が合わさって、親近感感じるし、見ていて飽きません。

R1021744.jpg

母屋に入ると飾ってあったのが『家系図』
英語では『family tree』
まさに『木』です。歴史を感じます。

のんびり散歩して、素敵なものを見て、美味しい空気を味わい、
楽しいお出かけになりました。
オランダに来た際は、こういう場所の見学もお勧めです!


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
18:34 | オランダ:フローニンゲン | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旅と通信機器

爽やかな秋晴れの朝を迎えました。
昨日雨降ったからお庭の花たちに水やりしなくていいし、今日はお家にこもって一日オランダ語と格闘します

今の時代は、海外に滞在していても、日本と簡単に連絡を取ることができます。欲しい情報はすぐに手に入るし、まるで海外に来ているのか、日本にいるままなのか分からないくらい便利。

携帯電話も、中に入っているSIMを各国でかえれば、どの国でもプリペイド携帯など簡単に使えるし、日本の携帯もプラン次第では海外で自由に使えるとのこと。。。
海外では、通信回線に衛星を使っているところもあるので,圏外なんてこと、聞いたことありません。

みなさんが、バックパックで旅に出かけるとき,持っていく通信機器は何でしょうか?

私は、機能的なものが好きなのですが、新しいものとか流行のものには余り興味がないので『機能的に使えて,丈夫なこと』が一番の条件になります。

アフリカ旅にもっていったものは、
CF-W5AWDBJR_236764.jpg
パナソニックのレッツノートシリーズ12インチ。
電気機器はパソコンとデジカメの二つでした。

厳密にいうと,私がセントルシアに滞在している時に買ったもの。
砂埃や熱気などに強いものはどれだろう。(そんな電子機器ないとおもうけど(笑))ととにかくタフで持ち運びやすいパソコンを探した結果これになりました。

結果、アフリカ旅があまりに過酷だったため(涙)パソコンは無事ですが、クリックボタンとCDの再生ができなくなりました。そしてとどめは帰国後、旦那がスクリーンをパッキーン。。。と割って使用不可になってしまったんですけど。。。

どの通信機器がいい!!というのは私にはいえないのですが、様々な通信機器がある中、持ち運ぶのは、一つか二つにしておいた方がいい。ということはいえると思います。

アフリカは思っている以上に砂、埃の影響が強いです。。。

また、アフリカでは、スマートフォンで音楽を聴きながら旅行〜♪なんてことは絶対にやめた方がいいです。なぜなら、

そういう電子機器を持っている=お金持ち=狙われやすい

からです。
私の場合は、パソコンは、デジカメでとった写真を外付けハードディスクに入れ直すときの仲介として使用していたことが多く、人前では使わず、日本と連絡がとりたいとき,安否の連絡をするときは、地元のインターネットカフェを利用するのが一番でした。よっぽどの僻地でない限り、いや、僻地であっても今の世の中はどこにでもインターネットカフェがあります。

バックパッカーの場合,それだけでも目立つので「どれだけ地元の人にとけ込めるか,目立たないようにするか。」が安全に旅行をするには大事だと思うので,その音楽,その動画、どうしても今見たいの?聞きたいの?と考え直してみましょう。周囲の音を遮断するのは、海外ではキケン!!です!
むしろ,地元の人の訳の分からない会話を聞いたり、活気溢れる町並みと、壮大な自然の風景を眺めている方がよっぽど楽しいと思います。


さて、スマホの普及により、旅を取り巻く環境も大きく変わったなーと最近感じます。

アフリカたびをしていた数年前、私が感じたヨーロッパ人の印象に
「携帯を全くいじらない人たちだなー。」ということがありました。
アフリカから帰国した日本の電車では、全ての人がメール、ネット。。。ほぼ全員が携帯をいじっていたのを覚えています。
それがヨーロッパにはなかったのです。
みんな楽しくおしゃべりをしたり、ぼーっと窓の外を眺めたり。本当にそういう感じでした。
唯一日本に近かった?のはスイスの電車に乗ったとき。

RIMG2415.jpg
ヨーロッパは2階建てが主流〜


スイス人は、電車に乗ると、雑誌か本を必ず読んでいました。
電車の中で必ず何かする。。。ということは日本に似ているなって思いました。


それがどうでしょう。
今回オランダで電車に乗ったり、バスに乗ったり、カフェでお茶したり,図書館にいても、
ほぼ全員の人が携帯をいじっているではありませんか(驚)
これは数年前にはなかった光景です。

びっくりしました。

RIMG2464.jpg
私は電車でランチしたり、おやつ食べるのが好き〜

スマホの出現により,まち行く人や旅する人の楽しみ方も大分変わっちゃったな。。。と思いました。

RIMG2481.jpg
ドイツ、ケルン駅

旅は多少不便な方が燃えるんですけど,スマホさえ持っていれば、いつでも情報が手に入りますからね。。。



ただし、唯一日本と違うのは、
「子どもは携帯を持っていない。」ということ。

どっちがいいとかは分かりませんが。
これも数年経ったら、日本と同じように、携帯を持つ子どもでヨーロッパが溢れかえるのでしょうか。。。

RIMG2484.jpg
4年前、ヨーロッパの新幹線『ICE』スイスのジュネーブからドイツのケルンまで乗りました。
ちょうど帰宅ラッシュにあたったこともあり、車内はビジネスマン、ウーマンでいっぱい!
この車内は、ほぼ全員がパソコンをいじったり,新聞や本を読んでいました。日本みたいで、不思議な車内でした。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
21:18 | 旅行と○○まるまる | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本からバリ島のお土産など。届きました♪

久しぶりの本格的な雨で朝が始まりました。
最近は、7時といっても暗い。。。雨が降っていればもっとです。こうやって、冬に近づいていくんでしょうね(涙)

嬉しい日本からのプレゼントが届きました♪
日本から来た荷物は一つ一つとっても大切な宝物!包んである新聞も、段ボールも愛おしい

いろいろ頂いたのですが、こちら。

R1021702.jpg
インドネシア、バリ島のお土産が入っていました〜。
私はインドネシアは本土しかいったことがないので,バリ島は興味津々♪


R1021703.jpg
とっても有名なバリのコーヒーだそうで、今朝飲んでみたら、寝ぼけていた頭がシャキッ!!としました。
だってめちゃめちゃコクがあって美味しいんだもん!


R1021704.jpg

キーホルダー♪
日本はキーホルダーじゃらじゃらつけるって当たり前だけど、オランダは皆無(笑)
こういうちっこくてかわいいものは珍しいです。嬉しい!

ナシゴレンの素も、チョコレートも、重宝します!ありがとう!
そして最後は?


R1021705.jpg
静岡が誇る『うなぎパイ』

オランダでも、うなぎ、食べます。
でも、うなぎの内蔵をとって、スモークして食べます。なので、日本のようなジュージーな感じではありません。ちなみに、旦那が小さい頃は、近所にうなぎ屋さんが行商していたんだとか。今は見られません。

うなぎパイ。どうやって説明しようか。。。

私「これは『真夜中のお菓子』って日本で有名なんだよ。」
夫「それじゃあ、『アフター8』と同じだね。」
(アフター8はミントチョコ。寝る前にリラックスする為に食べるチョコ)
私「違うよ。アフター8は寝る前、うなぎパイは真夜中。違い分かる?」
夫「じゃあ、僕はもう寝ている時間だからたべれないね。」

ってな会話になりました。。。
分かってくれたのであろうか。。。(笑)





ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
朝の気温、6℃(涙)。。。。。。。
19:35 | いただき物 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オランダの誕生日の祝い方

今日は、語学学校のクラスメイトの誕生日。
「おめでとう!」とみんなからお祝いされ、休み時間に誕生日の彼女が何だかいそいそ準備を始めます。

・・・なんだ?

彼女は、自分が用意してきた誕生日ケーキをクラスメイトと先生に配り始めたのです

なんと、オランダは、誕生日の本人が、クラスメイト、職場の仲間などにケーキを振る舞う習慣があるのです!

R1021680.jpg

びっくり!

でも、オランダ人には似たような習慣が他にもあって、以前記事にしましたが、
「赤ちゃんが産まれたとき、窓にあかちゃんうまれたよーー!!と張り紙や人形を飾る。」
「学校を無事卒業したとき、通っていたカバンを窓の外に飾る。」
などなど。。。
オランダ人は、自分から「一緒にお祝いしてー♪」という人々なのです(笑)

勿論,家では、家族や友人にお誕生日パーティーを開いてもらってます。

ちなみにこのケーキ。

R1021678.jpg
Oranje koekオランイェクック』というこのフリースラント州独特のケーキだそうです。タルトのようなパイのようなシナモンをいっぱい使った生地に甘い生クリームが乗っています。勉強中の甘いものはウェルカム♪とっても美味しかったです。

ところで、私の住んでいるフリースラント州は、オランダの中でも別の言語をしゃべる特殊な地域。
外見も、言語も文化も違う『フリース人』のことについて、またお伝えしたいと思います。
(我が旦那は、フリーズ語をしゃべれないので,同じオランダ人でありながら、地元の人とコミュニケーションがとれないことがあります。。。)



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
朝の気温、6℃(涙)。。。。。。。
03:51 | オランダ:異文化共生 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パックパッカーの荷物 あったらスゴく使えるもの『家族写真』

たびに出るときに、私は荷物が少なく,パッキングも早い方だと思います。
バックパッカーは、身軽にすぐ動けるように、荷物は極力少なく。が基本です。
今までにもこれは使える!!というものを記事にしてきましたが、今回は,持っていったら、話が盛り上がる!というものをお伝えしたいと思います。

バックパッカーをしていると,ふとした出会いから、ホームステイさせてもらったり,いろんな人にお世話になることが多いです。そこで、必ず聞かれるのは、『家族』のこと。

日本では、家族の写真を常に持ち歩いている人はそんなに多くないと思いますが、海外はだいたいの人が家族写真を持っています。そして、家族をとても大切に思っているので,まずは家族の話をすることが多いのです。

R0029473.jpg
保育園児のおさんぽ!

私も沢山の経験があります。
「お父さんはどんな仕事しているの?」
「お母さんは何をしているの?」
「兄弟はいるの?」
「兄弟は何をしている人なの?」
「他に家族はいるの?」
「家族の写真、みせて!」
自分の家族は『誇り』なのです。

写真を見せながらしゃべると、話がかなり盛り上がります。
私は今は、家族からはなれているのもあるけど,必ず家族写真を持ち歩いています。
いつでも、自分の家族について話ができるように。

バックパッカーをこれからしようと思ってる人。だまされたと思って(笑)家族写真を日記とか手帳に挟んでいくことをお勧めします♪

P1020226.jpg
オランダ行きのパッキングを邪魔する手伝う、我がちっこ家族(笑)



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
朝の気温、6℃(涙)。。。。。。。
20:50 | 旅行道具パッキング | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑