カリビアン諸国への行きかた

まずカリビアン諸国へたびをしたいなと思った場合、考えるのは

「どうやってカリブまで行くんだろう?」
P1013915_convert_20080525085351.jpg

ですね。残念ながら日本からカリブへの直行便は運行されていません。アメリカかカナダを経由してカリビアン諸国に入ると言うのが一般的な方法です。

カナダからはトロント(YYZ)がカリブへの玄関になります。
Air Canadaがトリニダード・トバゴ(POS)へ週3便、バルバドス(BGI)へ週7便、セントルシア(UVF)へ週2便、アンティグア・バーブーダ(ANU)に週1便運行しています。ANAを利用している方、スターアライアンス会員の方、アメリカ入国の際にビザが必要な方はカナダ経由をお勧めします。

アメリカからは各都市からカリブ諸国への直行便が運行しています。各航空会社に問い合わせてみるといいですが、カリブ諸国への主な経由地はニューヨーク(JFK)かマイアミ(MIA)が一般的です。
航空会社の拠点にもよりますが、例えばDelta Airlineはダラスからセントルシアへの直行便を運行しています。

珍しい航空会社に乗ってみたい方はトリニダード・トバゴの航空会社Caribbean Airlineがお勧めです。
SANY0046_convert_20080525084322.jpg

アメリカ、カナダとトリニダードトバゴを結んでいます。
カリビアン流の明るい雰囲気の飛行機、カリビアン体系を考慮してか少し広めの座席(笑)、そして一番お勧めは、『機内食がつく』ことです。
当たり前のようですが、アメリカ、カナダ航空会社はカリブ線に機内食を出さないところが殆どです。飛行時間は5,6時間かかるのに…。
P1012431_convert_20080525084046.jpg

ニューヨーク→トリニダード線に乗ったときの朝ごはんです。

そしてプエルトリコを経由してカリブ諸国へ入る方法も一般的です。こちらの場合はAmerican Eagleが殆どの航路をカバーしています。ジェット機が着陸しないセントビンセントやドミニカ国などへ行くには必須となります。JALを利用している方、ワンワールド会員の方にはお勧めの路線です。

ちなみにカリビアン諸国内の移動はアンティグア・バーブーダの航空会社LIATちぃさいプロペラ機がカリブ中をカバーしています。しかし、遅れることが日常茶飯事のこの飛行機、余裕を持って乗り継ぎなど余裕を持ってたびの計画を立てることをお勧めします!
P1012452_convert_20080525084629.jpg

LIATのプロペラ機。かわいい~。でもしょっちゅう遅れる問題児…。

一方思い切ってヨーロッパ経由で来る方法もあります。
イギリスの植民地(だった)国は、Virgin AtlanticBritish Airwaysがトリニダード・トバゴ、バルバドス、セントルシアなどに就航し、フランスの植民地(マルティニーク、グアドループ、セントマーティンなど)にはAir Franceが就航しています。もう一つ、オランダの植民地(キュラソ、セントマーチンなど)にはKLM Royal Dutch Airlineが就航しています。

いろいろあります。カリブ諸国への行きかた。日本からはヒト手間かかりますし、実は旅行会社でも分からないことが多いのです。でも、是非行きたい憧れのカリブ海。長いお休みが取れたときは、是非地球の裏側の南の島にたびするのはいかがですか?

ランキングに参加してます!
見ている人が一緒にたびする気分になってくれたら♪
カリブ、北海道中心にたび情報載せてきます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
アジア人率低し。ここもアジア人には穴場です。南の島が好きなあなた!マイナーなところへ言ってみたいあなた!
fc2ranking
スポンサーサイト
08:23 | 他カリビアン諸国Caribbean | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
グルメ旭川 お勧めバー | top | ラテンなアメリカ!プエルトリコへ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/13-8c6d8d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)