セネガル 村の占い師に私の将来を占ってもらう 前編

アフリカのおもしろれぽをお伝えしたいと思います

セネガルのある小さな村で、私は自分の行く末を占ってもらうことになったのです。
西アフリカには、集落に住人の悩みを解決したり、将来を見たり、病んでいる人を救ったりする人がいるのです何故かその方に私の将来??を見てもらうことに…。


だ、大丈夫かな…。

いくらかかるの?と聞いてみると、「気持ちでいいよ。」とのこと。。。

遠いアフリカの地で「気持ちでいいよ。」って…
なにすりゃいいの???!!!私


散々悩んだ末、100円程度(本当にいいのか?100円で…)をその方に差し上げ、指定された場所に夕刻に伺いました…。


RIMG0515s.jpg

その場所はその方の自宅

ぎょぎょっ


まだ家族全員が夕ご飯を食べているじゃないか…!
みんな笑顔で他の部屋へ移動します。

…申し訳ない…(涙)。


5分くらい待って『主』が登場しました

優しそうなおじさん。。。


しかしここでふと疑問が…。

おじさんが喋れるのは現地語『ウォロフ語』のみ。。。
私『日本語』

英語がしゃべれたって、アフリカの無数の現地語には歯も立ちません…。
世界言語と言われている英語。。。役にたたず

そこで、おじさん現地語→息子フランス語へ
    息子フランス語→私の友人日本語へ
    友人日本語→私というなんとも大掛かりなスタンバイになりました。。。


さて、おじさんはどうやって私を占ってくれるのか。
おじさんは平たい『ざる』をもっています。そこに、外からくんできたであろう砂をいっぱいに敷き詰めています。それを使うようです。。。

RIMG0618s.jpg



さて、準備完了!

おじさんと向き合って占いが始まります。

はじめにおじさんが私に言いました。
「砂を一握りして、自分が私に見てもらいたいことを願って。そして砂を戻して。」

「現地語で願うんですか?」


「ううん。砂に願えば君の言語でもわかるから、君の言語でいいよ。」


ひょ~!!

すごい!本当かな。。。

では遠慮なく…。


私はざるから道でくんできたであろう砂を一握りして願います。

「私のアフリカ旅が無事に進みますか?そして旅を終えて私の人生はどうなっていくでしょうか。」



さて、砂を戻しました。

ここからおじさんの占いが始まります。

次回驚きの占いが明らかに!!
では仕事いってきま~す♪



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
占い話、とうご期待!
スポンサーサイト
06:31 | 西アフリカ諸国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
セネガル 村の占い師に私の将来を占ってもらう 後編 | top | エジプト航空 アディス・アベバ→カイロ カイロ→ジュネーブ 機内食!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/234-54e43130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)