オランダ 書類② 市役所に住民登録をしにいく

今週、市役所へ行ってまいりました。
前回の記事で、日本からの書類をどうやってこちらに通用するようにするかの記事を書きましたが、それを持って、アムステルダム市役所へ住民登録をしにいきます。


R0027696.jpg

他の市役所は分かりませんが、アムステルダム市役所は、まず、受付で今日はどんな用件で来た。と伝えます。すると、用件別に番号札が発行され,呼ばれるまで待つと行ったシステム。
大きな日本の郵便局を細かくした感じです。


住民登録をしにきた。と伝えると、
ここに書かれた書類を全部揃えて、予約をとってまた出直すように。といわれます。。。

という事で,まず1回目は、予約を取るために市役所へ向かいました。
私たちの予約は1週間後。


必要な書類は、二人のパスポート、
住民登録される家の家主(戸籍主)より、この人と一緒に住んでいる事を認めます。という書類を作成し、サインをもらうというもの。
それと、家主のパスポートのコピーが必要でした。
あとは、書類①で訳してもらった戸籍謄本(私が相方と日本で結婚してますよという証明ですね。)


これらの書類を用意して、1週間後に再び市役所へ。
アポイントを取っている有無にかかわらず、もう一度受け付けにいって、番号札をもらって待ちます(笑)


R0027699.jpg

こんな感じで全て個室になっている。
待っている間は無料のコーヒーがあったりして、なかなかいい感じ。


呼ばれて、書類を提出。
(オランダ人はオランダ語と英語,両方ぺらぺらなので,どちらでもしゃべってくれるけど,今回の担当者の英語は全く聞き取れなかった。。。クセが強すぎて。。。なんども聞き直したが、それでも分からなかったぞ。。。)


しばらくして,一枚の書類を頂きました。
「これをもって、IND(移民局)へいくように。」
といわれそれで終了〜!


市役所は、住民登録や税金や移民に対するサービスを提供するところ。
移民局は、この人が、オランダに住んでいいのか決める場所。

その1枚の書類には、「この人(私)は、ただいま、市役所で住民登録の手続きを進めていますよ。」と行った内容を証明するものでした。


R0027700.jpg
これで、市役所からは、手続きが全て終了して、住民登録されたときの手紙が来るのを待つのみです。


ついでに,移民(私のような外国人)が、住民登録された際に受ける事ができるオランダ語の語学レッスンについて聞いて帰る事にしました。
(また受付で番号札をもらって待ちます。。。)

オランダに外国人として来る人たちは、オランダに認められるために、語学訓練を受ける事ができるのです。(もともとは全てただでした!!)オランダ人の高い税金に感謝です。。。それもこれも、私たちが、語学の訓練を受けて、NT2という国家試験に合格し,就労して、税金を払える国民になってもらうためのもの。

しかし!!

2013年1月より法律が改正となり(ころころ変わる、オランダ法律なので,ちょこちょこチェックした方がいいです)、今現在は、無料というシステムがなくなったそうです。。。

そして、今は、自分自身で勉強をして、3年以内にオランダ語(これは、ニュースも聞ける、時事ネタにもついていけるほどの語学力)の国家試験に合格しないと、オランダ市民として認められない。。。というものなのです〜。

なんとか、がんばらないとね。。。
ということで、早速情報収集♪
語学担当者は、とっても素敵な人で,無料でレッスンが受けれる場所や、テレビ,ラジオを使ったレッスン、有料の語学学校のリスト一覧の情報を頂きました。

本当に,常に状況が変わっているので,チェックしてくださいねー。

ということで、次回は、移民局へ行ってきます。




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
オランダに到着しました。今日もどこかを地図を片手に歩いてますよ。





スポンサーサイト
02:18 | オランダ:申請書類、事項等 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ANA機体工場見学へ行ってきました! | top | 千葉 月の砂漠公園に大感激

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/405-4ba83198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)