ドバイ 市内を散歩する&地下鉄巡り

ドバイに到着したのが朝の4時。。。

さすがにホテルは対応してくれないかもしれないと少々空港で時間をつぶし、5時半頃ホテルへ向かうと、飽いている部屋でよかったら休んでいいよ!と何とも親切な対応


夕方頃から、ふらふら町歩きをしました。
私がとったホテルは、運河の西側『ブルドバイ』地区。地下鉄のグリーンラインの駅前で、どこに行くにも便利。(ホテルの話はまた!)

a403f737.jpg

地図の場所から、東へ(ディラ、旧市街地区)西へ(高層ビルが並ぶ、マリーナ地区)散歩してみました。
旧市街をのぞむ運河までは、徒歩10分くらい。


R0027502.jpg

ここら辺は、マーケットなどが立ち並ぶ地域,客寄せも多い場所です。でも、そんなにしつこくない。
商品などを見るが、それほど安くないか?
聞いてみると,ドバイは特に物価が高く,他の都市に行くととっても安いけど,ドバイはあまり安い買い物をするところではない。とのこと。。。


R0027511.jpg

運河の向こう側(ディラ地区)には、こうやって渡し船があって、向こう岸の各地へ連れてってくれます。
定員が決まっていて、お金を払うと(安かった)、次々と出発していくシステム。
観光客や、外国人労働者が利用するようです。
人々がボートで行き来する姿を見ながらもう少し歩いてみます。



R0027512.jpg

街中を走っている車は、新しい車が多く,渋滞だらけ。
トリニダードトバゴみたいです。インフラに道路整備が追いついていない様子。
どこまでも渋滞は続き,クラクションが鳴り響きます。。。



運河近くに,歴史地区のようなものがありました。


R0027516.jpg
昔の家の形を残して、なかは、おしゃれなレストランやホテルになっている様子。
暗くなったので,誰もいない。。。みんな商売終えちゃったのかな?という位だれもいません。


R0027518.jpg

ドバイの街は、治安がそれほど悪くないので,日本と同じだと思います。
がやがやした繁華街の裏通りを歩かない。とか、金目のものをつけて目立って歩かない。とかそういうところを注意して町歩きをすれば、比較的安全だと思います。


砂漠の街なので,喉が渇く。。。
そう言うときは、街角の食堂で、搾りたてのオレンジジュースとかおすすめです!!!


翌日西側、ショッピング街の多い,西側地区へ地下鉄に乗っていってみました〜。



地下鉄は、レッドラインとグリーンラインに分かれていて、日本のスイカのようなカードで入ります。
(私はシルバーカードをスーパーマーケットで購入!)


中心街を抜けると地上にでるのですが。。。



R0027521.jpg
突如現れる巨大なビル街。。。
会社、ホテル、様々ですがまだまだ建設ラッシュ


あれがかの有名なブルジュ・アル・アラブがみえましたよ〜。


R0027520.jpg

すみません。地下鉄からで。
このホテルは、7つ星ホテルとして有名で,利用客しか入れないというVIPホテル。。。
(朝食やランチを予約すると入れるそうなので、その豪華なホテルの内部を見たい方は、予約してみるといいかもしれません)


高層ビル街が終わると突然砂漠地帯に。。。

そうですよね、ここは、砂漠地帯なんです。
R0027524.jpg
お金があると,砂漠の街も緑,お水溢れる街に変える事ができるんですねー。。。こわい。。。



地下鉄の外観はこんな風になってます。


R0027535.jpg
モダンな作り。
すっごくキレイです!!
だいたいの観光地には、地下鉄で行く事ができるので,タクシーもいいですが、庶民の足,地下鉄を利用するのがお勧めです。
ちなみに、地下鉄は、1等車両と(運賃2倍)、2等車両、2等車両の中にも女性専用車両があります。結構混むので,女性の方は専用車両を利用するといいと思います。様々な人種の女性がいて、おしゃれチェックも面白い!ドバイの他民族性を見れるようで、毎回地下鉄の乗るのが楽しかったです♪


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
今日もオランダのどこかを地図を片手に歩いてます。

スポンサーサイト
17:12 | 中東ドバイ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ドバイ 豪華すぎるショッピングモールを探索 | top | たびとカメラ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/409-bf68ccd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)