回顧録 St.lucia セントルシア Jade Mountainジェードマウンテン

『クレアトラベル』という雑誌をもらって、読んでいたらこんな記事を発見しました。


R1020340.jpg
『St.lucia 天空のサンクチュアリ』

私が2年間住んでいた村にあるリゾートです。
カリブ海に浮かぶ小さな人口16万人の国、日本から距離的にも、飛行機の利便性からしても最も遠い国、地域の一つであろうこのマニアックな島を、日本の雑誌が特集しているのに驚きました。
よかったらこの記事もどうぞ!

この記事を読んで、自分が暮らした南国の島のこと,ジェードマウンテンに遊びにいったことなど思い出したので,記してみたいと思います。


セントルシアの中でも3番目に大きな街(村?)スフレというかわいらしい名前の村にいくつものリゾートが点在しています。年々高級化が進む印象で、そう言うところは一泊500ドルは下りません。
地元の人は、観光産業に携わる人がほとんどで、そう言う人を頼って、地元のコネを使い(笑)いろんなリゾートに遊びにいっていました♪

ジェードマウンテンはその中でもトップの高級リゾート。
私が住んでいるときに、建設していたのを覚えています。



SANY0034.jpg
セントルシアは火山国。
山を越えて越えて、、、写真の右側から山道をくねくね移動しながら矢印の湾の場所にジェードマウンテンがひっそりたたずんでいます。


2006 Oct 009

道中はセントルシアのシンボル『ピトン』というやまがそびえ立ちます。
といっても800メートルくらい。世界遺産です。
本当に美しいです。。。


ジェードマウンテンに到着。
ジェードマウンテンは一泊2000ドルほど。庶民には手が出ません(涙)でも予約でいっぱいというのだから、世界にはお金持ちさんがいっぱいいるってもんです。。。



CIMG3738.jpg
Jade Mountain

この建物を完成させるために、世界中の大工さんや技術者さんが働いていました。
角張った建物ではなく、円を描くような建物が特徴です。


CIMG3701.jpg

それぞれの部屋の入り口には専用の通路があります。
そして、一部屋一部屋に専属のスタッフがつきます。

中に入ってみると????




CIMG3710.jpg

じゃんっ!!
これです。部屋の中にプールがあり,なんと壁がない!
虫が入ってきたらどうするの?何機ものファンが回り,虫さされを予防してくれるという仕組み。
翡翠のようなプールは、光を浴びて、キラキラ輝いています。。。
全ての部屋が違うデザインになっているんです♪


CIMG3742.jpg

このエリアからのピトンの山々の眺めが一番です。
勿論ビーチもあります。
セントルシアは火山帯なので,白い砂浜というより、海の中は岩。その分,海の中が澄んでいて、深い青色で、最高に綺麗です。。。


CIMG0251.jpg

地元の人は未だに馬に乗っていたり、ラスタファリというエチオピア正教を信じる人たちが沢山いるので,その文化も面白い。


1231view from tommi

この国の人たちは、一日中ビールを飲んで(笑)
陽気で、楽しくて。
すばらしい場所です。
海外に行ってまで日本人に会いたくない方、完全な異文化を楽しみたい方には是非お勧めのセントルシアでした。

私もいつか、セントルシアに戻って、お友達に会いたいです。。。

ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
6月って『夏』?なのに。。。早く夏服が着たいです。。。
スポンサーサイト
22:27 | セントルシアSt.lucia | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
海外へ日本のお勧めお土産 その④ 便利グッズ | top | オランダ アムステルダム ハイネケンミュージアムHeineken Experience

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/462-fcf11d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)