オランダHoornホールン蒸気機関車、蒸気船ツアー

ずっといってみたかったところにいくことができました〜♪
アムステルダムから北へいったところに『Hoornホールン』という街があります。そこで蒸気機関車に乗ることができます。蒸気機関車に乗りながらオランダの風景を眺めることができる。。。
魅力的です

R1020527.jpg
Stoomtramホールン蒸気機関車

車で行くと1日2,3ユーロの駐車場があります。
時間ギリギリに到着。。。(11時発です〜)

R1020529.jpg

この駅には、昔の駅や機関車の様子を展示してあるスペースがあるので、早くいって、機関車や展示物を見るのがお勧めです。

平日なので余り混んでいないかなーとおもったら、最後尾の車両しか空いていませんでした。
あとでわかりましたが、日本人観光客が団体さんで乗っていたようです。。。


R1020538.jpg

車両ごとに座席が違うのも面白い!
最後尾は余り人がいなかったのでのーびのび♪


R1020604.jpg

かわいい切符
私たちはこれ。


R1020542.jpg
赤の切手です。
ミュージアムカードを持っていると(1年間有効のミュージアム無料カード。オランダで購入します)、タダ!なのも嬉しい〜!!


11時、出発でーす


R1020550.jpg

ドアは明けっ放しになっていて、きもちい〜!
あいにくの曇り空でしたが、天気がよければ最高に気持ちがよさそう!
(オランダは日本のようにトンネルがないので,窓を開けていても煙の被害には遭いません♪)


R1020543.jpg

車内販売もありましたよ。

R1020544.jpg

売っているのは甘いジュースがメイン。


R1020583.jpg

時速30キロくらいで走るので、のーんびり。
周りの景色を楽しみながら走っていきまーす。
今の季節はジャガイモの花が一面に咲き乱れています


中間駅に到着,しばしの休憩です。


R1020608.jpg
先頭まで歩いて、機関車を見に行きました。
今日私たちを引っ張ってくれているのは深緑の機関車でした。


R1020563.jpg

機関車に写る皆さんの表情が、楽しいたびを物語っています〜。
子どもも、大人も興奮するー!!
乗客は、夏休みに入ったので、子どもと一緒の家族と、おじいちゃん,おばあちゃん組がとっても多かったです。



1時間30分かけて港町『Medemblik』に到着。


R1020617.jpg

街をぶらぶらして、次はお隣の湾からでている蒸気船に乗り込みまーす


R1020620.jpg
日本人の団体さんは、蒸気船に乗らず、バスでお次の観光地へ出かけてゆきました〜。
この蒸気船もミュージアムカートでタダです


R1020633.jpg
船内では、おじいちゃま、おばあちゃまグループが、ランチコースを楽しんでいらっしゃいました。
結構としいっている人もいて、車いすや、歩行車を押している人も沢山!


私たちはこれを注文!


R1020627.jpg

ものすごいクリームの量。。。
これぞオランダ流。
旦那のホットチョコレートとアップルタルトです(笑)


あいにくの天気も徐々に青空が見え始め,外に出てみることにしました。


R1020637.jpg

天気がいいと最高だろうなー。と思いながら。


R1020639.jpg

船はゆっくりゆっくり進んで、1時間30分の航海が終了♪『Enkhuizen』に到着です。


R1020644.jpg
乗った蒸気船の名前が『Frieslandフリースラント』でした!親近感わくー♪

街をぶらぶらしながら、最後に蒸気機関車の出発地『Hoorn』に戻るための電車にのります。


R1020649.jpg

これは、普通の電車なので、お金を払って乗車。
夕方4時前にはホールン駅に到着です。
半日のわくわくたび、とっても楽しかったです。
またチューリップの咲く頃に遊びにきたいなー。



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、長野などマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
『夏』?なのに。。。早く夏服が着たいです。。。
スポンサーサイト
04:34 | オランダ:その他の街 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
フリースラント 週末ご近所サイクリング | top | スリナムソーセージと日本の枝豆

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/467-732ca946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)