ロッテルダム『Wereld Museumワールドミュージアム MANGA展』

先日、オランダ第2の都市『ロッテルダム』に行ってきました〜。

お出かけ大好き=私
マンガ、アニメ、デザイン大好き=旦那

ということで、マンガ展をやっていると聞きつけた私たちは、ロッテルダムへー!

今回は公共交通手段を利用。
週末に使える一日フリー切符を事前に購入しておきました。


R1021894.jpg

普段一日フリー乗車券は50ユーロ近くするのですが、
事前に季節限定で売られる(それも、ドラッグストアやスーパー、カフェで販売される)激安乗車券をゲットするのがお得です。
一人、約14ユーロ。かなりお得♪

R1021892.jpg

週末は、電車もガラガラ〜。
何度か乗り換えをしてロッテルダムへ。

R1021899.jpg
(乗り換えの途中で、フランス、パリ行きの特急列車を発見♪いいな〜)


ロッテルダムは、アムステルダムと比して、超近代的!
現在も開発が進んでおり,アムステルダムは昔の姿を残そうと努力していますが,ロッテルダムは新しい,残心的なものをどんどん取り入れていこう。のような、対照的な街です。


R1021945.jpg

まだ、工事中の中央駅。
私が4年前に来たときは,なーーーんにもなかったのに,ずいぶん変わりました。そして綺麗。。。


トラムに乗って目的地へ向かいます。

R1021903.jpg

工事中の為,案内通りにはトラムは動いておらず、何度か乗り換えをしなければなりません。
道を探すのは、私の得意技ー♪


R1021906.jpg

トラムで約15分、トラム7番の最終目的地で下車します。

R1021910.jpg

なんとも近代的なビルを横に見ながら、到着です。

R1021916.jpg

『Wereld Museum』
建物がとってもステキー。
ミュージアムカードを持っていると、入場料が無料です♪

海外の人が、漫画、や日本の文化を表現するとどのようになるのか。
どのように日本の文化を発信しようとするのか。とっても興味があります。
私たちが思いもよらない方向から、日本の文化を、漫画文化を表現するからです。


今回もまず入ってびっくり!

R1021922.jpg
分かりますか?
『閻魔大王』です。。。

そして?

R1021927.jpg
分かりますか?
『風神、雷神』です。

漫画の文化は、葛飾北斎から始まっていて、葛飾北斎が残した書物の中には、沢山の鬼や神様、妖怪がイラストで残されているそうです。
そこから、日本の漫画の中には、少なからず、日本で話されている神様や妖怪の存在があって、ドラゴンボールやストリートファイターのキャラクターなど、日本の鬼,妖怪、神。からキャラクターやストーリーが出来上がっている。ということでした。ほー。。。。


現在のかわいらしいキャラクターの漫画の中にも、なにかドロドロしたものが隠れていたり、かわいい主人公が実は恐ろしい一面を持っている。。。なんていうのも、この日本の思想が影響していると言われています。


ふーーーーん

『漫画』という世界を、宗教的、日本人の思想などから説明していくとは思いませんでした。おもしろい。。。

他にも,鬼の模型や、仁王(あ、うんの呼吸のお寺の前でお寺を守ってる二人)など、飾られていました。



後半は、今活躍する漫画の画家さんの作品などが飾られていたり、
漫画の世界と現実の世界の境目をなくすようなコスプレをしていたり,
海外で活躍する日本人漫画家さんたちの紹介などがありました。


R1021933.jpg

私の旦那も、知らない画家さんばかり。。。
でも、絵がスゴく綺麗で、うっとりしちゃいます。さすが日本が誇る漫画文化!

その中でも、私が一番好きだったのは?
これ!

R1021934.jpg

『加藤アカツキさん』という方の作品です。
どの作品にも自転車が組み込まれていて,この主人公の女の子はイギリス在住。
イギリスの自転車と言えば。そう!!


R1021936.jpg

『BROMPTON』です!!
私の愛車ブロンプトンが忠実に再現されて作品になっていました。
かわいぃ〜♪

その他の作品もとっても素敵でほれぼれします。。。


思っていたイメージとかなり違った展示でしたが、海外の人がこういう目線で漫画文化を表現しているのかー。というのがとても面白かったです。
漫画文化が葛飾北斎から来ている。というのも、はじめて知りましたし。。。


最後に、お土産コーナーは、日本のもの、アジアのもの,いっぱいおかれていて、子供用、大人用の着物も売られていたのですが、かなりの頻度で皆さん購入されていきます。。。
こういう、海外のひとって、着物を壁に飾る人が多いんですよね。家が広いので,着物を飾っても余裕がある!


そして見つけたびっくりなもの。。。それは。





R1021941.jpg

『お仏壇』

説明書きもなく、置かれているお仏壇。。。
どのように理解するんだろう。。。謎。
でも、キラキラしたもの,何か特別なもの。。。というのは見ても伝わるのか,沢山の人が見ていきます。


そして気になるお値段は???


R1021942.jpg

約20万円といったところでしょうか(驚)

誰かのオランダ人の家にいったとき,突如,お仏壇が飾られていたら、私、ショックだろうな。。。
でも、日本にいたとき,遊びにきた外国人さんたちは、みんなお仏壇に興味津々でした。
こういったもの、日本の文化,海外で注目されていますよー!!

意外な発見をした美術館巡りでした。
検索すると、日本関連の展示会がいろいろありそうなので,また機会があったら行ってみたいと思います




ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
日本ほどではありませんが、つかの間の紅葉楽しんでます。。。。。。。
スポンサーサイト
20:53 | オランダ:その他の街 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
バックパッカー 女性の一人旅は危険か? | top | アムステルダム『Singel Bloemen Markt』シンゲルの花市場で球根探索

comments

#
加藤さんの絵はブロンプトン
本社にも飾られたことがある
らしいですよ
by: | 2015/08/12 13:03 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
無名さま
ありがとうございます!ブロンプトンの本社に飾られたとのこと。納得です。ブロンプトンへの愛が感じられます。
私も台所に飾っています。本当に素敵で見るたびに嬉しくなっちゃいます。
by: tommi | 2015/08/15 09:55 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/499-3bb764ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)