私のたびに影響を及ぼした思い出⑧ セントルシア生活

ただいまオランダは、『秋休み』の真っ最中。
9月に新学期が始まったばかり。。。なんて思っていたのに,国中バケーションモードです。
街には移動遊園地も来ていたり、イベントが行われたり,お休み大好きのオランダ人。。。

オランダは、普段は節約して、バケーションにはどん!!っとお金を使う。という人が多いです。
バケーションは、南の島にいって、思いっきり日焼けしてくる人も多く,
休み明けは、必ず「どこに行ったの?」という、必ずどこかに行ったという前提の会話から始まります。。。

まとまった休みがあると、私もふらっと旅に出ることがありました。
昔は、時間があればあるほどいろんな場所を巡る、移動距離の長い旅が多かったのですが、セントルシアという環境が、私のたびの概念を大きく変えてくれました。


SANY0018.jpg

セントルシアは、カリブ海に浮かぶ小さな島。そこに2年間住んでいました。
日本のように、ものが溢れ,便利すぎる環境に慣れていた私は、セントルシアの小ささに驚き,やることがない。。。とはじめのうちは嘆いたものでした。


でも、地元の人を見ていると,セントルシアの自然を楽しみ,時間を気にせず、ただありのままに過ごす。。。という生活をしていることに気づき、時間があるから何かしなきゃ。。。と思っていた自分の考えを変えてみることにしました。
天気がよければ、海まで散歩して泳いでみる。
雨が降ったら家で読みたかった本を読んだり、勉強する。
時間があるときは、寄り道して、地元の人たちとおしゃべりを楽しむ。


P1012547.jpg

自然そのものを楽しむこと,時間を気にせず、ゆっくり過ごしてみること。
当たり前のことですが、「何かしなきゃ」と思っていた私にとっては、大きな変化でした。


P1013537.jpg

のんびり景色を眺めながら、ビールを飲むことも〜。
読みたかった本を片っ端から読んで、お腹が空いたら地元の食堂へご飯を食べにいく。
自分で挑戦したかった料理にチャレンジすることも、セントルシアが教えてくれました。


P1013825.jpg

セントルシアの家は、山の上にあり、山と海の眺めが良かったので,友人をよんで、のんびりおしゃべり。。。なんてことも。


P1012595.jpg

セントルシアは、観光に力を入れて、今までののんびりした姿が変わりつつあると言われていますが、まだまだ夜には蛍が一面に舞う姿を見れる位綺麗な、のんびりした国。

旅をしたときは、急がずのんびりも必要。
できるだけ日本人のいない場所へ行きたい。
普段の忙しさから解放されて、日本という情報に溢れた世界から解放されて、ふと自分のことを考え直すことができるようになった。
一番大きいのは、苦手だった海が、島国が好きになった。
やったこともなかった料理や編み物をすることが楽しくなった。

自分の価値観を大きく変えてくれた『セントルシア』という国での生活でした


P1020588.jpg
オランダでよく見る風景。
バケーション期間が始まると、自家用船で旅する人が増え,道路が一時閉鎖されます。
道路を開けて、船が通る。
それをのんびり待つ。
オランダのよく見かける風景です。


ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
木々の葉っぱがほとんど落ち,冬を迎えようとしています。。。
スポンサーサイト
17:45 | 旅行の影響力 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東京 安宿情報『荻窪温泉なごみの湯』 | top | バックパッカー 女性の一人旅は危険か?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/500-2dcf9018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)