フローニンゲン州Howerzijl 『Theefabric』で世界のお茶を楽しむ

我が家から車で約40分のところにありますここに興味があったので行ってきました。


R1021792.jpg

De Theefabric
ここは、世界のお茶を飲んだり、手に入れたりすることができます。
小さな村の中にぽつんとたたずんでいます。地元の人の憩いの場にもなっているよう。

オランダ人も大の紅茶好き(でも、リーフで入れないでなぜかティーパックなんですよね。。。)
そして、中には、博物館も併設されているとか。
興味津々で行ってみたいと思います♪


R1021778.jpg

建物の周りの庭はすっかり紅葉モード。この赤が日に当たって、とっても綺麗でした。
我が家にも欲しいな。。。

博物館の入場料は3ユーロ(だったと思う)
ミュージアムカードは使えません(涙)

さて、中はどんな感じでしょうか?


R1021783.jpg

紅茶の歴史、紅茶の作られ方など説明されています。
残念ながら全てオランダ語。。。
展示物は個人が(学生さんが?)手作りで作りました〜。のような、学園祭の展示。。。の様な雰囲気(笑)
紅茶っていろいろ種類はありますが、もとは2種類にのみで、いろいろな加工や摘み取り方法が違ったりで、様々なお茶になっていくとのこと。


R1021784.jpg
こぶ茶の説明なんかも(驚!)
旦那は「日本のお茶って、海藻からできてるの??」と私に聞いてきました(笑)全部じゃないよー(笑)
こぶ茶は日本から世界に伝わり、薬としてヨーロッパでも飲まれていたそうです。


展示物はこんな感じで。。。。。。


R1021786.jpg
残った紅茶のバッグは、このように使いましょう。。。と?
『紅茶ドレス』見えますか?


R1021787.jpg

ひたすらショックです。。。何じゃこりゃ。
オランダ人の独創的なアイデアには,時々閉口してしまうものも。

正直、ここに出かける際は、お金を出して展示物を見るのはお勧めしません(笑)

お茶、お茶にしましょう。。。

イートインスペースは屋内外。

R1021780.jpg

皆さん,思い思いに紅茶を楽しんでいます。
勿論購入することもできます。私たちはお腹いっぱいだったので今回は飲食はパス。
購入コーナーへ。

いつも気になるのが、購入コーナーの日本茶の存在。
今回も日本茶はあるかな?と探してみると???


R1021794.jpg

抹茶から始まり,オリジナルのブレンド茶でしょうか?
ブッダ甘茶?
オランダ人はブッダ(大仏)が大好き。
家に普通に飾られています。そのブッダには宗教的な意味はなく『精神的な癒し』の要素が大きいようです。。。
なので、ブッダという名前は、オランダ人の心をとらえるに違いない!
そして、なぜか海外の人に多い、『お茶に砂糖を入れる』という行為。。。
このブッダ甘茶は、一番人気のよう。。。


R1021795.jpg
番茶
ほうじ茶
煎茶(掛川)
玄米茶

おお〜。ここまで揃っているのはびっくり!


R1021796.jpg
玉露
そして、くき茶まで!!

これにはびっくりしました。
私のお気に入りはくき茶。
昔、静岡の友人の家でだしてもらった食前食後のくき茶が本当に美味しかった〜それ以来のくき茶ファンの私♪
お値段も300円強とお買い得!
お店には何百もの世界のお茶が並べられており、日本のお茶だけでもこのラインナップ。

博物館はイマイチでしたが、このショップはなかなかお勧めです!
でも実際飲もうと思ったら、いっぱいありすぎて迷っちゃう。。。


R1021797.jpg

鉄瓶も意外と人気です。
家の中に飾る人が多い印象です。

誰か遊びにきたらここに行ってのんびりお茶したいな〜。と思いました。

R1021798.jpg



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流をお届けしてます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
連日雨(みぞれ)が続いています。
スポンサーサイト
18:29 | オランダ:フローニンゲン | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
オランダにシンタクラースがやってきた! | top | 天気の悪い日は手芸日和ートートバッグを手作りー

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/506-ad8e58cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)