NT2-1 オランダ語試験受けてきました。その詳細。

今週、NT2-1 オランダ語試験を受けてきました〜!!!
エントリーの記事はこちら。

場所はズヴォレ『Zwolle』 オランダ北部に住んでいる人は全員ここが最寄りの受験会場です。
試験内容は
話す
書く
聞く
読む

の4教科。

これを2日に分けて行います。
このブログを読んでくれている誰かの役に立つかな?と思い、試験内容の詳細を残したいと思います。
???っていう人もいると思いますが、ふ〜んって感じで読み流してください♪

私が受験したのはNT2-1というB1レベルの試験。
職業訓練校(mbo)の入学条件になります。

当日は受験者15、6人くらい。
辞書は3冊まで持ち込み可能です(・・・が検索している時間はほとんどないので、模擬試験などでは基本的には使わないようにしている方がいいと思います。)

<1教科目:Schrijven書く>

DeelAはコンピューターに打ち込む方式(80分)。11項目あって、9つがemailでした。
仕事や学校、インターンなどの状況で、前後の文章の中身が抜けていて、前後をつなげるような文章を1、2文作成する。というものでした。
11項目中2つは絵を見て長文作成するもの。
まず始めに(Eerste)・・・そして(Daarna)・・・それから(Dan)・・・最後に(Ten slotte)の様な順序立てた文章を要求されていました。

DeelBは答案用紙に記述する方式(40分)。5項目あって、DeelAと同じような内容でした。
(2016年からは、全てがコンピューターに打ち込む方式に変わるようです。)

<2教科目:Spreken話す>

コンピューターの状況を見ながら、ヘッドフォンで設問を聞き、マイクに向かって喋るというもの(26分)。
学校の先生とのやり取りや、どの職業に向いているかアドバイスする、仕事上のやり取りなど実践的なものが主で、残り3問??は「このことについてあなたはどう思いますか?最低2つ理由を述べなさい」というもの。

前半は喋る時間が20秒で、出来るだけ簡単な文章1、2文で答える。
後半は喋る時間が30秒で、多少長めの文章で答える。というものでした。

ポイントは出来るだけ簡潔に聞き取りやすい発音で喋る事が出来るか。だそうです。
時間いっぱい喋りすぎない事がポイント。隣の受験者の声がかなり聞こえますが、ここは自分の世界に入って周りを気にしないことが重要です!

<3教科目:Lezen読む>

答案用紙に8つの長文が書かれていて、設問42問に答えるもの(110分)。
1つの長文に約5問の設問があって、単純計算で1長文13分くらいで答えていかないので、スピードを求められる試験になります。何度も読み返している時間はありませんでした!

長文内容は取扱説明書とか、何か起きた時の対処方法や、専門分野(例えば大工さん、庭作り職人さん用の木の知識)とか、病気の説明など。。。
文章としては比較的読みやすいかな?と思ったのですが、とにかくスピード勝負!
模擬試験をいっぱいやって、慣れておくのが大切だと思います。
私は模擬試験では一度も時間内に全ての設問に答えれたことがなかったのですが、本番はなんとか1分前に終了。
(でも見返す時間はありませんでした涙)

<4教科目:Luisteren聞く>

コンピューターに出てくる設問に3択でクリックするというもの(70分)。
会話の内容は5つ。
現役スチュワーデスさんとスチュワーデスになりたい学生さんとの会話。
現役消防士さんと消防士に転職したい男性の会話。
お花屋さんでインターンをする学生が同僚さんに仕事内容を聞く。
などなど。。。聞き取りやすい会話が多かった印象です。
設問は30問だった気が。。。
前の設問に戻ることが出来ずに自動的に次の設問へ進んでいってしまうので、一発勝負。集中力が求められます。

・・・最後私は集中力が切れてしまった〜涙。

これで長い2日間の試験は終了です。
結果は5週間後。ウェブ上で結果を閲覧する事ができ、全てに合格していると、その後合格証明書が自宅に送られてきます。

R1024061.jpg


はぁ。。。
とにかく9月から頑張ってきたオランダ語の勉強も一区切りです。

次回は試験のために会場近くに宿泊したので、その様子をお伝えしたいと思います♪






ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
我が家のチューリップ、遂に咲き始めました〜!!
B2レベルの試験について。私が知っている事を少し♪

私の語学クラスは、B1,B2レベルの生徒が合同で学んでいたので、模擬試験などは全てB2レベルで行っていました。
B1とB2の間にはかなりのレベルの差があって、B2に到達するまではB1のレベルに到達するよりかなりの時間を要する印象があります。

B1レベルが職業や学校などの特化したテストが多いのに対し、B2はもっと幅広い分野の知識を求められます。典型的な例は
『政治経済』
『有名企業の社長さんとの対談』
『世界で起こっているニュース』
『現在オランダが置かれている問題について』


などなど。
教科数と設問数はB1とほぼ同じですが、違う部分は

☆読み:
長文数は同じだけど長い!普段から練習していないとポイントを抑えて時間内に全ての答え埋めるというのは難しいです。
☆聞き:
聞き取った内容と選択答案の内容で違う単語(同意語)が使われている事が多く、どの位『同意語』を知っているかがポイントとなる印象です。もう1つは、文章の内容をひっくり返すような副詞、接続語を聞き落とさないことだと思います(maar, echter, Toch, tenzij などなど。。。)
☆話す:
B1レベルよりも1つ多く設問数があります。
『○○についてあなたが思っている事を3分以内で述べなさい。』
というもの。これも長く喋ればいいってもんじゃなくて、1分でもどれだけ的をついて賛成か反対か、またその理由は。ということが明確に述べられている事が大切のようです。
☆書き:
グラフを使った分析。自分の意見を求められます。長く書く設問がB1よりも多い印象です。そちらを優先して書いていると、他の設問に答える時間がなくなっちゃった。なんて事も。。。

以上私が知っているB2試験についてでした♪
スポンサーサイト
04:49 | オランダ:申請書類、事項等 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
オランダ ズヴォレZwolleに宿泊。街並と絶品お勧めカフェ | top | クラスメイトと夕食会♪ギリシャ×ブルガリア×ノルウェーの多国籍女子会

comments

# お疲れ!
試験終わったのねー。お疲れ様でした。”やり遂げたあなたがすごい!”と思います。内容見てて、いずれ受けようかと言う気持ちがすっかり薄らぎました(笑)←単なる怠け者。質問は仕事がらみばっかなのねー。
とりあえず、後はゆっくり休んで次の一大イベントにひかえてくださいねー。
by: anko | 2015/04/25 06:16 | URL [編集] | page top↑
# Re: お疲れ!
ankoさーん。
ありがとうございます。もしかしてロンドンから??B1レベルは超的を絞ってる感じがした。B2は学校でずっと模擬試験受けていたけど、もっと幅広いないようになってるんだよ。政治経済、ニュース、ラジオ討論番組、企業の社長に聞く。。。などなど。。。
私が9月に学校を再開した時はこんな試験を受けれるようになるなんて思ってもみなかったのに、ankoさんも時期がくれば挑戦したくなります(苦笑)。
週末は楽しみのKoningsdag!情報を頼りにいってみたいと思います。そして一大イベント。。。やっとそれだけ考えられるー♪もう気持ちはいつでもウェルカム〜!!って心境です。
またたび話聞かせてねー。
by: tommi | 2015/04/25 15:32 | URL [編集] | page top↑
#
身体のこと考えると集中力持たないのは当然だよ〜。っていうか、ここまで頑張れたこと自体が凄すぎる!
ほんと尊敬する〜♡
by: sagi | 2015/05/01 16:14 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
sagiへ。
ありがとう。結果はどうであれどうにか終わったー!模擬試験の時とかはかなりナーバスになったり、集中力キレキレだったけど本番は環境のおかげもあるのかわりと集中できたー。でも最後に切れたー!!試験官さんが優しい人たちで、妊婦の私にクッション性のいい調節可能のイスを用意してくれたりして、嬉しかった!オランダは妊婦さんや子どもつれに自然に優しくしてくれるのが嬉しいね。
by: tommi | 2015/05/01 18:31 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/648-bd0a089c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)