オランダで不妊治療体験談:IVF体外受精の場合

不妊治療の話の続きです。

IUI人工授精の話はこちらから。

人工授精をマニュアル通り6回失敗した我が夫婦は、1ヶ月お休み期間を経て体外受精にチャレンジする事になりました。
体外受精の前には、1ヶ月ピルを飲んで生理の調整(保険効きませんでした)、再度血液検査、そして夫婦揃って心理士さんとのカウンセリングを受けました(オランダではこれは必須のようです。)

体外受精のサイクルが開始、自己注射はデカペプチル(Decapeptyl)とゴナールF(Gonal F)です。
その間エコーでの検診は3回。最後の3回目に同時に血液検査をして、いつ採卵を行うかベストのタイミングを決定します。

私の場合、血液検査の結果思ったよりホルモン値の上昇が早かったため、翌日採卵を行う事になりました。


当日は日曜日。
採卵を担当してくれたのは不妊治療の医師ではなく、婦人科の当直医師と不妊治療専門看護師一人です。
7時半に病院へ到着。麻酔をして8時に外来診察室にて採卵の開始です。



採卵の痛みは。。。後半鈍痛がずっと続きました。
ひたすら卵子が採れる事を願いつつ我慢。。。

「沢山採れたわよ。」


と言われ、まずはホッと一息
麻酔でふらふらする中支えられて近くの回復室へ


ここからがこの病院の特殊なところなのですが、
採取した卵子をトランクに入れ、パートナーが(旦那が)隣の州の大学病院まで自家用車で運ばなければなりません。強調文
時間約片道1時間。。。
我が州の総合病院には、受精、移植をする施設がないので、提携している大学病院に行かなければならないのです。。。

準備が整い9時。旦那がトランクを抱えて一人大学病院へ旅立って行きました。


私はというと、採卵を担当したスタッフが帰宅するため、旦那が戻って来るまで産婦人科の一般病棟で休ませてもらう事に。
車いすで一般病棟へ連れて行ってもらいます。

1つベッドを空けてもらい、そこで一眠りです。。。


旦那は大学病院到着後、採精をしてスタッフに全て預け終了です。
再び私のいる病院へ戻ってきます。



旦那が戻って来たのは午後1時。
そこで帰宅となりました。


結果は翌日電話で伝えられます。
我が夫婦の結果は。。。


なんと採卵数:23個。。。(多すぎ?!)
実際に活性化している卵子:20個
受精卵になった数(embryo):17個

予想以上の結果に驚き!
それにしても卵子23個。完全に過刺激です。
同時に腹部の違和感と全身の倦怠感がありました。完全に卵巣過刺激症候群(OHSS)となってしまいました。


私の体調次第で新鮮4分割胚を移植する事になりましたが、まずは移植できる体の状態か病院へ受診しに行く事に。

移植の当日早朝に外来を予約し、OHSSの様子を見ます。
症状はありますが、重度ではないのでそのまま移植できるとの事。

ここから自家用車で大学病院まで移動して移植を受けます。。

「沢山卵子採れたわね!良かったね!」

そう医師は言いましたが、もう少し途中でフォローアップを入れて、その人に最適の自己注射の量かチェックして欲しいわ!と重い体で思う私。そうじゃなかったらもう少し数が少なくて質のいい?卵子が採れたかもしれないのに。(普通は15個くらい採れるのが良いと言われていますよね。)


移植前はトイレを我慢しなければならないので、水分をいっぱい摂りつつ大学病院へ移動。
そのまま移植となりました。


「とても状態のいい受精卵よ!」

と褒められ、ちょっと嬉しい私。
聞くと、17個全て分割が進んでいるそうです。

そして11個を選んで冷凍胚にするそうで。
(大学病院で3年間無料で保存してくれます。その後はその都度更新です)

移植はモニターを見ながらあっというまに終了。

そして帰宅となりました。

移植後ウトロゲスタン(Utrogestan)を1日3回。
その後は受診はなく、2週間後に自分で妊娠判定薬を試す事になります。
OHSSは、沢山水分を摂るように言われ、体がだるーくて重かったですが、学校も通い、普段通りに日常生活をしていました。

そして2週間後、妊娠検査薬の自己判定です。
私は嬉しい事に1回で待ちに待った陽性判定を見る事に

陰性判定の場合、次回の予約を取りに病院へ電話、
陽性判定の場合、妊娠確認は2週間か3週間後まで待たなければなりません。。。


オランダは
「初期の流産は誰にでもある事、妊娠が確実になる7−8週まで受診はしない。」というのが主流の考え。
自然妊娠の場合も、助産師さんに初めて会いにいくのは7−8週になります。

それまでいじらしい期間をひたすら待つのです。。。


1回ですが、体外受精の流れを書き留めてみました。
勿論地域によって違いがあるので、参考程度に。
何か質問があればコメ気軽にしてください!


R1026646.jpg



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
我が家の庭、ラベンダーの街道が満開になりつつあります。いい匂い〜♪♬
スポンサーサイト
19:24 | オランダで不妊治療 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
オランダで妊娠:助産師さんと産褥ヘルパーさんの選び方お勧め | top | ベイビーに会いにお客様!チリの友人&子どもたち♪

comments

#
初めまして。ブログ初めて読ませて頂きました。
まだ幾つかしか読んでいないのですが、まず、ベイビーのご出産おめでとうございます!!!
赤ちゃん、可愛いでしょうね♡

私は一ヶ月前にオランダのアムステルダムへ引っ越してきました。
結婚4年目で、夫婦共々、赤ちゃんを待っているのですが、
なかなか。。。
色々ネットで探したのですが、最近の情報が少なかったので、とても 勉強になりそうです!!!
今から過去のブログ読ませて頂きますね*\(^o^)/*

子育ては大変なことも多いと思いますが(私は保育士をしていました) 楽しみながら、頑張って下さいね!!
私も後に続けるよう頑張りたいと思います!!!!
by: mariko | 2015/07/02 06:45 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
marikoさんへ
コメありがとうございました。オランダへ1ヶ月前に越してきたとのこと。今はいろいろ生活の基盤を整えるのに大変だと思います。既にオランダ生活楽しんでますか?ブログ通じてこの記事を通じて知り合いが増えるのはとっても嬉しいです。
首都には日本人のコミュニティもたくさんありますし、不妊治療に関しての情報もいっぱいあるかもしれません。私は田舎で治療をした一個人の経験談なので、全てではないと思いますが、これでもいろいろ悩んで挑戦して来た結果なので、参考にしてもらえると嬉しいです。
質問あったらいつでもコメくださいね。今後は妊娠中のことをかこうと思いますが、参考になれば嬉しいです。
by: tommi | 2015/07/03 15:32 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2015/10/23 21:10 | URL [編集] | page top↑
# Re: 質問
鍵コメさま。
メールでよければ連絡ください。私の情報が参考になれば。
カテゴリーの連絡の中に私のメルアドがあります。
by: tommi | 2015/10/25 12:31 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/670-0bca5735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)