オランダで妊娠:妊婦教室に参加してみました

つわりがおさまって来たときに興味を持ったことがありました。

『オランダの妊婦教室』です。

日本ではどのくらいの人がいくのでしょうか?私の参加した理由は、
出産前に何か勉強しておきたい。
オランダの妊婦さんはどういうものか興味があった。
オランダ人のご近所友達が出来るといいな。。。

この3つでした。保険によっては補助してもらえる場合もあり、私もタダで講習を受けれるとのこと。
そりゃ行くっきゃないでしょ!!ということでkraamzusというところの妊婦教室に申し込み。

会場は託児所を経営する大きな農家さんでした。
期間は週1でトータル10週。
参加者は私も入れて12人でした。

皆同じ地区に住む人。そしてばりばりの働く女性たち。
刺激になるぅ〜〜


講師には看護師さんや助産師さん、保健所のスタッフなど。
内容は
赤ちゃんがどうやってお腹の中で育っていくか。
出産過程について。
呼吸法の練習。
出産時の母体のダメージについて。
無痛分娩、様々な出産プランについて(水中出産、自宅出産、精神療法?などなど)
産褥期について。

など一般的な知識が中心。
実技は呼吸法1回のみ。
日本では入浴法やおむつの変え方?夫婦が協力して出産する方法など実技が多い印象ですが、こちらではそういった実技指導は実際に赤ちゃんと家に帰った後に教えてもらうので事前にはやりません。

そんな感じで、初め数回は出産までの過程をおさらい、おさらいで面白くなかった。。。
唯一良かったな!と思ったのは、Dunstan Baby Taal
赤ちゃんの言葉。赤ちゃんが何故泣いているのか、泣き方で理由と対策を探る。というものでした。

赤ちゃんにはだいたい5つくらいの泣き方の違いがあって、それを聞き分ければ、赤ちゃんが何故泣いているのか、何をしてあげれば良いのか大人が分かるというもの。
これは産褥期1ヶ月間すごく役に立ちました!
よく産後の私を見て「落ち着いているね。」といわれることが多かったのですが、赤ちゃんの言葉を習っていたからかもしれません。
これだけで、妊婦教室受けていてよかったな☆と思いました。


でもいちばんよかったのはやはり同じ地区に住むオランダ人の妊婦さんと知り合いになれたこと!
100%オランダ人のコミュニティはこれが初めて。
すごく緊張しましたが、終わってみるとみんなすごく仲良くなっていて、産後も連絡を取り合っています。ポジティブでアクティブで、パワフルな人がいっぱい。
既に同じ教室だった妊婦さんは全員出産しましたが、ほとんどのベイビーが体重4㌔超えでした。。。
さすがオランダ人。3㌔ちょっとの我がベイビーがかわいらしく感じる(苦笑)。

妊婦教室に通って感じた日蘭の妊婦さんの違い。

その1:何でもポジティブ!(もしくは人前ではポジティブ?)

なるようになれ!と思っている人が多いようで、妊娠中のトラブルや不安など口にする人はあまりいませんでした。
妊婦教室中も質問などほとんどなし!あっさりしたものです(苦笑)。
日本だとまず不安要素が先に挙ると思うのですが、それはなかったです。

その2:出来るだけ‘自然なお産’を目指す。

地域にもよると思いますが、人工的な手段を用いない出産法を望む人が多かったです。
ほとんどの人が自宅出産を希望していましたし、無痛分娩に興味がある人!に手を挙げたのは私一人きりでした(驚)。
会陰切開をするのもほとんどありませんよー。

その3:抱っこ紐、スリングに全く興味なし!
オランダはでっかいベビーカーでも問題なく街やお店を回ることが出来ます。だからなのか、スリングや抱っこ紐の使い方講座を開いたときに、全く皆さん聞く気なし(笑)。スリングを事前に買っていた妊婦さんは2人きりでした。
「そんな大変な思いしなくても、赤ちゃんをベビーカーに乗せて移動すれば良い。」というのがオランダ流の考えのようです。

私が街を歩いていて抱っこ紐を使っている人を見るのは、ほとんどありません。。。

その4:生まれたそのときから赤ちゃんにおしゃれを!
日本のように新生児用肌着、前開きロンパース、なんてものはほとんどありません。
お店には50㎝のTシャツ、ジーンズがずらっと並んでいます!
ロンパースは勿論首から通すものが普通。普通の子どもと同じようなファッションをさせるのがオランダ流です。。。

その5:産後の体型戻しに興味のある人、皆無??
マタニティのお店には授乳用の下着はありますが、体型戻し用のベルトやガードルなどはありません。
そして妊婦さんがそのような話をしていることを聞いたことがありません。
そして出産後に体型ががらっ!!と変わる人が沢山!
出産後すぐに動かなくてはならない、そして産後2週間といえばベビーカーを押して街のカフェへ出かける。。。といったオランダ人の体は相当酷使されていると思うのですが。
産後ベルト、ガードルは私日本から取り寄せました。。。

いろいろ違いはありますが、それでも赤ちゃんはすくすく育っていくもの。
あまり出産、育児の『正解』を求めず、いろんな考え方がある中で暮らしていくのがいいな。と思っています。

おまけ:

R1026060.jpg

オランダの典型的なベビーカー。
生まれた直後からベビーカー卒業まで長ーく使えます。
道の悪いところでもすいすいです!

R1025065.jpg

今が旬!オランダで手に入る桃です!!
平べったい形をしているものが日本の白桃のような味がして、
ジューシーで美味しい!!
毎年この桃が市場に出回るのが楽しみでなりません〜



ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
我が実家は朝晩涼しくてよかった♪♬
スポンサーサイト
07:22 | オランダで妊娠、オランダ妊婦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
日本でもアフリカ布!お布団カバーをハンドメイド | top | アフリカ布でハンドメイド:おむつポーチとショートパンツ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/686-c7eaa52a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)