オランダで二人目不妊治療。分割胚を戻す作業。

前回の記事の続きです。

胚を戻すタイミングは普段の生理サイクルで言われている約14日前後、排卵日を狙って行う訳ではなく、それ以上日にち,
私の場合は約20日くらいとっていたと思います。
(薬で卵子が育たないように調整しているので排卵日などは関係ない。)

分割胚を戻す当日、大学病院から電話がかかって来ます。
前日に融解した分割胚がどんな状態なのか、戻す事が可能な場合、何時に受診するか伝えられます。

私の場合、今回のプロセスで合計3つの凍結胚を融解したとの事。

オランダでは受精卵を戻すのは原則1つと決められています。
(こういった決まりは毎年微妙に改正されているようで、常に確認が必要です。ちなみにオランダでは数年前まで2つ認められていました。)

大学病院にいくまで車で片道1時間。
分割胚を戻す作業は約15分くらいで終了です。

「2週間後に自分で妊娠検査薬を試してね。」

そのまま服薬を継続し、検査薬で陽性がでたあとも、妊娠9週目付近まで服薬を継続してくださいと言われました。

今回の治療の自己負担は、ウトロゲスタン(膣座薬)代。
3回処方してもらって、その度に約1,500円支払いました。
(これも、前回の不妊治療時は保険でカバーされていました。医療が充実しているとはいえ、年々状況は変わっているようです。)

陽性反応が出て、7週と9週に不妊治療外来で診察してもらい、不妊治療は卒業となりました!

これからは通常の妊婦さんと一緒、地域の助産師さんにお世話になります。

オランダでも不妊治療外来には沢山のご夫婦が通院されているのを見ます。
日本のように半日がかり、とかすごい待ち時間。。。というのはありませんが、地域によっては(都市部)初診まで数ヶ月待つなんて事も聞きます。
オランダの最大のメリットは『不妊治療が保険でカバーされる』という事、です。
その反面でメリットは『患者さんごとのオーダーメイド治療がしづらい』という事だと思います。

薬の量、種類を微妙に調整する、ステップアップ、ステップダウンが自由にできる訳ではありません。
私も1回目の不妊治療時はかなり無駄なプロセスを踏んでいるンじゃないか。とストレス溜まりましたし、でもどうする事も出来ませんでした。

結果オーライなのですが。。。

オランダでの不妊治療のこと、何かわからない事があったら気軽に質問してください。


おまけ:

美味しくないとわかっていても買ってしまったこれ。


R1029422.jpg

スーパーマーケットのお寿司。
見た目まあまあ??なんて思うかもしれませんが、
シャリが固い!!!思わずネタだけ食べてギブアップしてしまいました(涙)。。。
買うの、止めよう。。。ううう。





ブログランキングに参加しています。
がんばって更新します。応援のクリックお願いします♪
カリブ、アフリカ、オランダなどマニアックな情報、異文化交流、思わず旅にでているような話をお届けします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
Tommiのたびスタイルは基本女ひとり旅です。
最近はたび嫌いな旦那を連れて出かけることも〜。
fc2ranking

皆がわくわく、どきどき(たまにおったまげた)話をお伝えしていきます
コメントなくても、拍手残してもらえると嬉しいです。Tommiがんばるぞ~!!
ミシンが、やりたい。。。
スポンサーサイト
16:01 | オランダで不妊治療 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
4年に一度 フリースラント オランダ空軍基地オープンデーに行ってきました | top | オランダで二人目不妊治療を開始。分割胚を戻すための準備

comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2017/05/24 18:05 | URL [編集] | page top↑
# Re: 治療について
鍵コメさま
コメありがとうございます。メールしますね。
by: tommi | 2017/05/26 14:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tabinomoto.blog96.fc2.com/tb.php/743-2d5306a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)